未来を担うシンガー・ソングライター“伊集院幸希”の新作が登場!

2011年に、ミニ・アルバム『あたしの魂(ソウル)』でデビューを果たしたシンガー・ソングライター、伊集院幸希。マライア・キャリーをきっかけに、マーヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリン、サム・クック、キャロル・キングといった優れた音楽家から多くの影響を受け、音楽的バック・ボーンには1960~70年代のソウル/R&Bの影響が色濃くみられる彼女のセカンド・アルバム『This Is My Story 憐情のメロディ』がリリース。作詞、作曲を全て自分で手掛ける彼女が、心の底から伝えたいメッセージを歌い上げた全12曲を収録。


伊集院幸希 / This Is My Story 憐情のメロディ

01. あたしのこの路 baby,this my way featuring ロニー・バリー(スクーターズ) / 02. SUNNY / 03. 迷子 featuring 鬼 / 04. Dirty Man ~痛みの快楽~ / 05. Tonight / 06. Hard workin' Blues / 07. WINDY CITY / 08. わるいゆめ / 09. 挽歌(エレジー)~僕たちの愛よ~ / 10. 家に帰ろう / 11. LIFE TIME / 12. 大きな世界

【価格】
mp3 単曲 150円 / アルバム 1500円
wav 単曲 200円 / アルバム 2400円

伊集院幸希 INTERVIEW

前作『あたしの魂(ソウル)』のリリースからもうすぐ一年というところで、伊集院幸希が初のフル・アルバム『This is My Story~憐情のメロディ』を完成させた。これが、思わず彼女のキャリアにおける決定打と呼びたくなるほどの素晴らしい完成度なのだ。60年代のソウル・ミュージックを基調にしたヴィンテージ・サウンドと、思わず胸が高鳴るようなビートに乗せて、彼女はこの時代を生きる中で必然的に伴うような痛みや孤独を歌い、それを吹き飛ばす歓喜の叫び声を上げる。

つまり、この作品はどこまでもオーセンティックで、本質的なのだ。たとえば海外でエイミー・ワインハウスやアデルなどが現代のモダン・ソウルとして受け止められたように、彼女の歌声もこれから、同時代と寄り添ったものとして多くの聞き手に響いていくのでないか。そんな思いに胸を膨らませつつ、本人に話を訊いてきた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

自分の心と向きあって曲を作る

——前作『あたしの魂(ソウル)』をリリースされて以降は、伊集院さんを取り巻く状況も少しずつ賑やかになってきたように感じているんですが、そうした環境の変化は新作にどんな影響を与えましたか。

あたしはどの曲をつくるときも、基本的にはすべてを世に出すという気持ちで書いているんです。前作と今回ではちょっとやり方が違っていて。前作ではアレンジなどに関しては、自分の考えていることをお伝えした上でお願いしたんですけど、今回はプリプロから音を作っていく作業のすべてに自分が関わっていくようにして進めていったんです。ヴォーカルにもけっこうこだわって。曲に合った表現をするために、いろんな歌い方を試してみたりしました。

——アレンジのイメージはどのようにして伝えているのですか。

自分の曲のイメージに近いものを参考にしてもらって、そこに言葉で補足していく感じですね。ただ真似するのではなく、そこにいろいろなアイデアを加えていくんです。岡田ユミさん(アレンジャー)はすごく理解のある方で、もちろんスキルも素晴らしいので、スムーズにできましたね。

——つまり、作品の全体像が伊集院さんのなかで明確に出来上がっていたということですね。

それは、そうですね。だいたいは出来上がっています。アルバムを作り始める前の段階ですでに何曲かあって、そこからどんな曲が必要かを考えていく感じでした。あとはバランスを考えながら進めていって。曲は、楽器を手にする前からイメージが出来上がっているものもあるし、こういう曲を作ろうと考えていく中でアレンジを思いつくこともありますね。今回はあたしが信じているものを思いきってやりたかったんです。信じているものというのは、自分の言葉とか、今まで聴いてきた音楽のセンスとか、そういうものですね。

——では、実際に伊集院さんがどんな音楽に触れてきたのかを教えて頂けますか。恐らくそのほとんどはリアルタイムで出会ったものではないですよね?

そうですね。中学生の頃にマライア・キャリーを聴いたのがはじまりで、そこをきっかけにR&Bやブラック・ミュージックをたくさん聴くようになっていきました。そこからは自然と年代の古いものに惹かれるようになっていきましたね。

——中学生だった伊集院さんは、マライア・キャリーのどんなところに引っかかるものを感じたのでしょうか。

音楽そのものもそうだし、一番はやっぱり声だったと思います。たぶんその頃は技術的なこともなにもわからずに聴いていたと思うんですけど、それでもなにか伝わってくるものがあって。もちろん歌われている言葉の意味はわからなかったんですけど。

——マライアと出会ってからはどのようなアーティストを発見していったのでしょう。

ジャクソン5あたりを聴くようになって、そこからはマーヴィン・ゲイとか、モータウンの音楽を知っていきました。あとはアレサ・フランクリン、オーティス・レディング、サム&デイヴとか。どんどん広がっていきましたね。

——それは一人で自主的にディグしていったんですか。それとも身近に教えてくれる方がいたのでしょうか。

自分でいろいろ調べていって。他になにもやりたいことがなかったし、なんとなく音楽だけは自分にとって特別なものだってわかっていたから。それはもう歌い始める前からそう思っていました。なんていうか、音楽を聴いていたら、身体に入り込んでいくものを感じた時があって、きっとこれはあたしにとっての間違いない道なんだなって勝手に思っていたんです(笑)。それからは自然とのめり込んでいきましたね。

——では、そうやってリスナーとして音楽と接していたところから、どのようにしてご自身で歌うようになっていったのでしょう。

自分で音楽を作り始めるのは、もっとあとになってからのことですね。最初はシンガーになりたかったんです。だから、もともと自分で曲を作るつもりはなくて、(インタヴュー録音用のICレコーダーを指さして)あたしもこういうものを使って、キャロル・キングとか、いろんな曲を歌ったデモを作って送っていたんです。でも、いまいち反応が返ってこなくて、そうしているうちに、シンガーだけではやっていけないんだなと思うようになって。それで自分で曲を作ってみることにしたんです。

——とはいえ、いざ書こうと思っても、なかなかすぐに書けるものではないですよね。

そうですね。はじめはギターを持って、なんとなくメロディを口ずさんでいました。あと、その頃のあたしは英語の曲しか聴いてこなかったから、なにを歌詞にしてよいのかがまったくわからなかったんです。そこでとりあえず知っている簡単な英語を並べていって曲にしてみたら、それが自分でも悪くないと思えたんですよね(笑)。またデモを作って送ってみたら、けっこういろんなところから反応が返ってきて。それであたしは曲づくりに向いているんじゃないかと思ったんです。そこからですね。

——では、どのようにして現在のような歌詞表現を身につけていったのですか。

ウルトラ・ヴァイヴにデモ・テープを送っていたときに、高さん(高護。ウルトラ・ヴァイヴ代表取締役)から「もっと自分の心と向き合って曲をつくりなさい」というアドヴァイスを頂いて。それが一番のきっかけだと思います。

——実際に自分の心と向かい合ってみて、なにか発見はありましたか。

いっぱいありました。それから日記をつけ始めて、自分の考えていることや、心の中がわかりやすくなって。

——つまり、伊集院さんのつくる楽曲にはパーソナルなものが色濃く反映されているということですよね。

すべての曲で私自身のことを歌っているわけではないんですけど、たしかにそうですね。

ずっと長く聴かれていってほしい

——楽曲を通して自分の内面的な部分を見せることに躊躇はありませんでしたか。

いや、逆に嬉しかったですね。自分にもこういうものが書けるんだって思えたことが嬉しかった。別になにか目標にしているものはないんですけど、自分でもどんどんよくなっていってるのがわかったので。

——曲を書くほどに自信を深めていったということですね。では、アルバム・タイトルにある“憐情”という言葉について教えてください。この言葉に伊集院さんはどんな思いを込めているのでしょう。

もともとは曲をつくったときに“恋情”という言葉を使っていたんですけど、その響きがなんとなく気に入って、これはなにか使えないかと思っていろいろと字を調べていったんです。そうしたら“憐情”という言葉が出てきて。あたしの詞の中には、闇や孤独が表れている部分があるんですけど、そこにネガティヴな意味合いはまったくないんです。そういう部分って、人生のなかで起こっているリアルなことを歌おうとすると出てくるものだから。そこに“憐情”という言葉は綺麗にあてはまると感じたので、この言葉を選びました。

——確かに伊集院さんのリリックには痛みや孤独を感じる部分があります。その一方で、曲調や作品全体のムードはとても高揚感がありますね。

それはやっぱり音楽なので、楽しんでもらいたいんです。自分も昔の音楽を聴いて楽しませてもらってきたから、それと同じように、人を楽しませるアーティストになりたいんです。

——エンターテイメント的な要素が重要だということですね。でも、それと赤裸々な感情表現を両立させることってきっと簡単ではないと思うんですが、どうでしょうか。

それはうまくバランスをとってやっているつもりです。でも、そういうことを考えられるようになったのは比較的最近のことで。作曲を始めたばかりのころはもちろんそんなことは考えられなかったですね。

——アルバムにはゲストとしてスクーターズのロニー・バリーさん、そしてラッパーの鬼さんが参加されています。このお二人の参加はどのようにして決まったのでしょうか。

ロニーさんはアルバムを作る前の段階からお願いしていたんです。鬼さんの場合は、あたしがアルバムにフィーチャリングで参加させてもらったことがあって(『蛾』収録の「帰れないふたり二人」)、そのときに「次はあたしのアルバムに参加して下さい」とお願いしていたんです。そうしたらOKを頂けて。ラップはほとんど聴いたことがなかったですけど、鬼さんのラップを聴いたら、リリックがものすごくて。それですぐに入り込むことができました。どちらも、一緒にやりたいっていう一心でお願いしたんです。ジャンルとかは関係なく、いいものはいいです。

——こうしてリリースを間近に迎えているわけですが、伊集院さんはこれからアーティストとしてどんなステップを踏んでいきたいと考えていますか。

とにかくこのアルバムを多くの人に聴いて頂きたいと思っています。そうすればきっとなにかは感じて頂けると思うので。自分の歌がたくさんの人にずっと長く聴かれていってほしいし、ずっと残っていくものを作っていきたいですね。

RECOMMEND

スクーターズ / 女は何度も勝負する

驚異のロング・セールス『スクーターズコンプリート・コレクション』から8年。作家陣は橋本淳・筒美京平コンビをはじめ小西康陽、宇崎竜童、伊集院幸希、志磨遼平(ドレスコーズ/ex.毛皮のマリーズ)と個性あふれる最強のメンバー!

>>>スクーターズの特集はこちら

Aniss and Lacanca / Aniss and Lacanca with the Chill Hearts

mmm(ミーマイモー)、そして埋火の見汐麻衣による偽装姉妹「アニス&ラカンカ」待望のファースト・アルバム! ライヴで好評のコンビが放つ、軽快で爽やかなタダならぬファンキー・フォーキー・サウンド。

>>>Aniss and Lacancaの特集はこちら

柴田聡子 / しばたさとこ島

1986年北海道生まれの柴田は、2010年から東京・南池袋のミュージック・オルグなど都内のライヴ・ハウスを中心に活動開始。アコースティック・ギターによる弾き語りのほか、ニュー山バンドのメンバーとしてもライヴを行ない、現在は高知・四万十に拠点に音楽活動を続けている。浅草橋天才算数塾からのリリースとなる同作には、全10曲を収録。

>>>柴田聡子の特集はこちら

PROFILE

伊集院幸希
14歳の時に天啓を得て音楽の途を志した伊集院幸希はマライア・キャリーをきっかけに、マーヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリン、サム・クック、キャロル・キングといった優れた音楽家から多くの影響を受けた。彼女の音楽的バック・ボーンには1960~70年代のソウル/R&Bの影響が色濃くみられる。それは例えばタイロン・デイヴィス、シャイ・ライツのBrunswickやサム&デイヴ、オーティス・レディングのStax、シュガー・パイ・デサントやエタ・ジェイムスのCHESSといった数々のアーティストやレーベルに代表される高次なサウンド・プロダクションや個性に溢れた歌唱である。

伊集院幸希の大きな特徴は作詞作曲と歌唱のすべてを自らがこなすことである。自在性とヴァリエーションに満ちた旋律を伴う、深いメッセージが込められた歌詞は21世紀のリアルな現実や心象風景が独自の言葉で綴られる。熊本市出身。岩谷時子と安井かずみを敬愛する。女性。

>>伊集院幸希 official HP
>>伊集院幸希 official blog

o

 
 

インタヴュー

ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事