2012年秋に向けて、ソロ・アコースティック・アルバム第二弾を制作中の、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬が、2012年3月11日に書き下ろした新曲「世界はお前を待っている」と、ソウル・フラワー・ユニオンの名曲「そら〜この空はあの空につながっている」のセルフ・カヴァーをカップリングした、配信限定シングルを緊急リリース!! 積極的に被災地への演奏活動や、反原発デモなどに参加している中川が、2012年に歌うこの2曲は多くの人たちに聴かれるべき重要な作品となっています。OTOTOYでは、この2曲をHQD(24bit/48kHzのQAV)でお届けいたします。その歌声をじっくりと味わいながらお聴きください。

>>ジャケット及び歌詞カードは、中川敬の特設ページより無料ダウンロードできます。

ソウル・フラワー・ユニオン、中川敬のアコースティック・ソロ・配信シングル第一弾をHQDで!

中川 敬 / 世界はお前を待っている C/W そら 〜この空はあの空につながっている(HQD ver.)

【Track List】
01. 世界はお前を待っている
02. そら〜この空はあの空につながっている

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのWAV)

【価格】
まとめ購入のみ、400円

街頭から発信するドキュメンタリー・ソング

琵琶法師が物語る『平家物語』の時代から、歌はある種のニュースであり、ドキュメンタリーである。歌は娯楽・芸能としての側面も有する一方で、世俗の事象や歴史的出来事の顛末を広く口承するという点で、いわば一つのリアル・タイムなメディアとも言える。その意味で、ソウル・フラワー・ユニオンは、間違いなく現代における琵琶法師=ドキュメンタリー・バンドの筆頭である。昨年リリースされたミニ・アルバム『キセキの渚』のインタヴューにおいて、中心人物である中川敬の「2011年を音に刻み込む」との発言にもあるように、明らかに彼らはそのことに自覚的である。

しかし、ソウル・フラワー・ユニオンは、社会へのコミットを体現した歌詞だけではなく、文字通り日本や世界を縦断した音楽性も兼ね備えた希有な存在である。しかも、世間の様々な深刻な問題を取り上げながらも、それを深刻なままに伝えるのではなく、その逆境を跳ね飛ばすかのような底抜けな明るさを欠かさない。「『今はひとまずしんどい話は抜きにして、一緒に音楽で遊びましょう』みたいな感覚が、ずっと基底にある」との中川の発言からもそのことは裏付けられるし、そこにこそ彼らの存在意義がある。

一方、日常を忘却した非日常を演出するそうした享楽的なお祭り騒ぎからはひと呼吸置き、中川敬のソロでは、落ち着いた場所で酒を飲みながら肩をぶつけ合う感覚で、優しく、たくましく寄り添う。(ほぼ)弾き語りというスタイルを取るのも、演奏が極限まで削られる分、歌と言葉にフォーカスを定め、もっと身近な距離感で伝えることを目指したためであろう。それこそ、街頭で物語る琵琶法師のように。

その“街頭”という歌詞から歌い始められる「世界はお前を待っている」は、この一年余り、ソウル・フラワーみちのく旅団としての被災地への出前ライヴや各地でのデモ活動に活発に参加し、自らも街頭に立ってきた彼ならではのドキュメンタリー・ソングである。<街頭から時の声 気高い人垣の波>と中川はゆっくりと語り始め、様々な“お前”が群像劇のように描かれていく。もちろん、この曲での“お前”は、世界を救うカリスマ救世主などのことではない。<誰もが証言に立つ>と歌われるその言葉通り、今、世界を変えるのは他でもない“あなた”なのだ。公民権運動の最中、静謐に希望を歌ったカーティス・メイフィールドのスタンダード曲「People Get Ready」を思わせるコード進行に乗せて、彼がここで促しているのは、一人一人の行動なのである。

カップリングの「そら」は、ソウル・フラワー・ユニオンのセルフ・カヴァーである。その内容について細かくは触れないが、それが過去の曲であろうと、他人の曲であろうと、今の時代にふさわしいのであれば、彼は何度でも何度でも歌うということなのであろう。秋に向けて制作されている新作は、そんな彼のドキュメンタリー・ミュージシャンとしての面目躍如となるに違いない。(text by 青野 慧志郎)

中川敬 / ソウル・フラワー・ユニオン DISCOGRAPHY


ソウル・フラワー・ユニオン MUSIC VIDEO

【asfファイルとmp4ファイルについて】
・ Windows標準のWindows Media Playerをご使用の方 → asfファイル(WMV8)
・ mac標準のQuickTime Playerをご使用の方 → mp4ファイル
※Windows環境で、mp4を再生出来る環境の方はmp4をおすすめします。

LIVE SCHEDULE

NO NUKES 2012 (ソウル・フラワー・ユニオン)
2012年7月7日(土)@幕張メッセ国際展示場4・5ホール

ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン

『続・世界はお前を待っている』ツアー
2012年7月11日(水)@大阪・SUNHALL
2012年7月13日(金)@横浜・サムズアップ
2012年7月15日(日)@宮城・石巻 ラ ストラーダ
2012年7月16日(月・祝)@宮城・白石 カフェ ミルトン
2012年7月18日(水)@福島・郡山ラストワルツ

ソウル・フラワー・モノノケ・サミット

『もののけ BON DANCE TOUR 2012~SONGS OF SOUL~』
2012年8月17日(金)@京都・磔磔
2012年8月18日(土)@大阪・心斎橋JANUS
2012年8月23日(木)@宮城・石巻 ラ ストラーダ
2012年8月25日(土)@東京・下北沢GARDEN

ソウル・フラワー・ユニオン

『寝覚め月の遊芸一揆』ツアー
2012年9月15日(土)@大阪・Music Club JANUS
2012年9月17日(月・祝)@京都・磔磔
2012年9月22日(土・祝)@東京・下北沢GARDEN
2012年9月24日(月)@宮城・仙台MA.CA.NA

「ソウルフラワー基金」について

長きに渡り阪神淡路大震災の被災地への寄付を続けてきた「ソウルフラワー基金」が、2011年3月11日の震災を受け、東日本の被災地への支援へと切り替わりました。

>>ソウルフラワー震災基金からの報告とお願い

PROFILE

ソウル・フラワー・ユニオン
80年代の日本のパンク・ロック・シーンを語るには欠かせない存在であったメスカリン・ドライヴとニューエスト・モデルが合体する形で、'93年に結成。'95年、阪神淡路大震災を機にアコースティック・チンドン・ユニット「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」としても、被災地での演奏を中心に精力的な活動を開始。'99年には、韓国にて6万人を集めた日本語による初の公演を敢行。トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなどなど、世界中のあらゆる音楽を精力的に雑食、それを具現化する祝祭的ライヴは、日本最強のオルタナティヴ・ミクスチャー・ロックンロールと評される、唯一無二の存在として、国内外を問わず高い評価を得ている。

>>オフィシャル HP
>>オフィシャル Twitter
>>オフィシャル myspace
>>「REVIVE JAPAN WITH MUSIC」中川敬インタビュー
>>9/28-29「ソウル・フラワー・みちのく旅団 被災地ライヴ・ツアー」レポート

中川敬参加の東日本大震災救済支援コンピレーション『Play for Japan Vol.7』の購入はこちらから

中川敬参加の東日本大震災救済支援コンピレーション『Play for Japan 2012 vol.1』の購入はこちらから

>>『キセキの渚』リリース時のインタビューはこちら
>>『死ぬまで生きろ!』リリース時のインタビューはこちら
>>『アクア・ヴィテ』リリース時のインタビューはこちら

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
筆者について
青野 慧志郎 (青野 慧志郎)

■ yoji & his ghost band @YojiGhostBand / No Eyes @no_eyes / Ghostlight @ghostlight_jp / 折坂悠太 @madon36 サポート (Gt, F.Mand, Cl, Banjo, Key) ■ 音楽評論文執筆 ■ インフラエンジニア

同じ筆者による他の記事