2011年3月11日以降、デモという行動が日常的なものになってきている。とはいえ、実際にデモに参加したことがある人、継続して参加し続けているという人は、まだまだ少数であることに変わりない。その理由として、デモに参加したときに一体どういうことをするのかが分からなかったり、知識がないことによる不安が大きいのではないだろうか。音楽ライターの遠藤妙子は、デモに参加し続ける人物の一人である。きっかけは、1つのツイートだったという。一体デモというものがどういうもので、参加している彼女からどのように見えるのか。彼女のテキストと、秋山理央の写真から、デモがどういうものなのかを感じ取ってほしい。そして、興味を持ったのであれば、足を運んでみてほしい。

いい社会にしたい、その一歩がデモだと思う(TEXT : 遠藤妙子 / 写真 : 秋山理央)

「もし仮に、Twitterで人を集って、渋谷辺りで脱原発デモを行なうとして、参加したいという方がおられれば、公式RT願います」

震災と原発事故から一ヶ月弱後の昨年の4月5日。被害はますます広がり事故の真相は藪の中。原発はいらないという思いはあるが何をしていいかわからない。そんな時にこのツイートを目にした。ツイートの主は政治活動をしているわけでも団体に所属しているわけでもない、20代の会社員・平野太一氏。私の、多くの人の友だちにいるような若者だ。この呼びかけから一ヶ月も経たない4月の終わりに第一回Twitterデモが行われた。

皆さんはデモに対してどういうイメージを持っているだろう? 政治団体や活動家など特定の人達が幟を立ててシュプレヒコールをする、という感じだろうか? Twitterの呼びかけに始まり個人の有志達によって運営されているTwitterデモは、「特定の政治的スタンスに依ることなく、脱原発/反原発のみを唯一のポリシーとする」もので、誰でも、飛び入りだって参加OK。「原発はいらない」、その思いだけあれば参加していいのだ。だから、若い人や家族連れ、40代、50代、それ以上の方も参加している。そりゃ、「原発はいらない」という思いの内側には各々で様々な理由があるだろうし知識の差だってあるだろう。全ての人が全て同じ思いであるわけではない。しかし「原発はいらない」というたった一つの、そして許容量あるメッセージだからこそ様々な人達が集まれるのだ。「原発はいらない」というメッセージは、様々な人達の意見を統率するものではなく、様々な人達の意見を許容するものなのだ。Twitterデモがこのシングル・イシューを貫くのは、そういうことだと私は思っている。

第一回目から一年、10回目を数えるTwitterデモが4月29日に開催された。デモのコースは若者や家族連れが多く集まる渋谷~原宿~渋谷。スタート場所の宮下公園には、手作りの「NO NUKES」と書かれたTシャツやバッグを売っている人達、ステッカーやバッジを配る人達がいる。誰に頼まれたわけでもない、自らのアイディアで持ち寄っているのだ。アイディアと言えば「SAYONARA ATOM」と称するデザイナー・チームによる小旗。参加者や途中の沿道の人達に配られるのだが、可愛い小旗なら沿道の人も受け取り易いしそのままデモに飛び入りもし易い。そう、デモの参加者達は、オーガナイザーじゃなくともより良いデモにしようと自らが工夫している。この感じ、ライヴを企画する人、出演するバンド、ライヴをよく見に行く人ならわかるんじゃないか? ライヴやイベントをより楽しい空間にしようと、みんなで作っていく感じに近い。ならばデモは、ライヴと同じように楽しいものなのか? と問われれば、YesでもあるしNoでもある。沿道の人達の様々な視線、中には奇異なものを見るような人もいて、そんな視線が突き刺す中、約2時間も歩くのは居心地のいいものではないかもしれない。心身共に疲れる。だけどデモに人は集まる。私個人はデモに行くことを嫌だと思ったことはない。そりゃ、しんどいこともあるけど、やっぱり楽しいのだ。その楽しさは今まで感じたことのない楽しさだ。いい社会にしたい、その一歩がデモだと思うし、社会に対して意見する場としてデモという手段を未来に残すことはとても大事なことで、大事なことに少しでも関わっていく充実感や楽しさは、デモで初めて実感した。

さて、宮下公園からスタートしたデモは、消防署、区役所から公園通り、井の頭通り、109から渋谷駅前、表参道、明治通りを経て宮下公園に戻るというコース。「SAYONARA ATOM」が作った可愛い横断幕を先頭に、ドラム隊が士気を高め、「原発いらない」「子供を守れ」「未来を守れ」といったシンプルで力強いコールが叫ばれ、コールの後に多くの人の声が続く。1200人が参加したこの日、その声が波のように動いていく。私は何度も参加しているので大声を出すことに照れはなくなっているが、勿論、歩くだけだっていい。私も最初は黙って歩いていた。歩きながら、沿道で冷笑する人と「原発いらない」と叫んでいる人との距離感を考えていた。冷笑する人を、こっちがあんたらを冷笑するわ、と開き直ったりもした。だけど、デモの存在を知らなかったら私だって沿道で冷笑していたかもしれない。きっかけがないだけで参加したいと思っている人は、きっと多いはずだ。そういう人達がいつでも参加できるよう、私は歩くのだ。

この日、回を重ねてきたTwitterデモに、沿道の人達の反応はあたたかいものが多かったし手を振る人もいた。年配のご婦人がハンカチで目を拭いながら応援している姿にはこっちまで泣きそうになった。渋谷駅前では国と東電の不正を訴えるスピーチをしている、福島の「希望の牧場」の方とエールを交わした。表参道では車椅子のお母様と共に給水所を準備してくれた方がいた。興味津々に列に着いて歩いていた10代のカップルは参加しただろうか? いや、参加していなくても、デモのことや何故デモが行われているのかを考えるだろう。

改めて、何故デモが行われているのか。勿論、原発はいらないと思っているからだし、デモという意思表明の場を未来に残す義務が、私達にはあるからだ。おかしいと思ったことはおかしいと表明する、そんな当たり前のことを、私達は長い間、忘れていたのではないか? おかしいことにはおかしいと言う、それは当たり前のことで、当たり前のことは日常の中に浸透させていけばいい。気負うのではなく、ライヴの前にデモに寄ってみよう、それでいいのだ。

この日、Twitterで人気のもんじゅ君も共に歩いた。私の横にはゆーきゃん(京都在住なのに(笑))が歩いていたし、KIRIHITOの早川氏は常にデモや抗議行動で会う一人だ。勿論、ECD、そしてアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ。この日は未確認だが20年前から反原発を表明し行動しているランキン・タクシーもいたかもしれない。まだまだ多くのバンドマンがいた。個人として来ているのだから敢えて記すことはないのかもしれないが、バンドマン達が歩く姿には、やっぱり励まされる。だって私は音楽が好きだし、その音楽から「自分で考える」ことだったり「行動する」ことだったり「未来を想像する」ことだったり「壊す」ことだったりを教わってきたのだから。それを脈々と受け継ぎ表現しているバンドマン達と共に歩くのは嬉しいし、でも本当は、まだ足りない、もっと来てほしいと願っている。

ゴールに辿り着き、達成感があるかというと、実はそうでもない。本当のゴールはずっと先だから。しかし、社会に動かされるのではなく、社会を動かしていこうとする人達は少しずつ増えている。ブームではなく、街の中に、人々の生活の中に、少しずつ浸透している。回を重ねるたびに少しずつそれを実感できるTwitterデモに、私は多大な感謝をしている。

勿論、Twittreデモ以外にもたくさんのデモが行われている。まずは参加してほしい。来られる時だけでいい。参加するのに遅過ぎるってことはないのだ。

追記(2012年5月21日)

この「TwitNoNukes」主催するTwitterデモは東京以外にも、北海道、青森、群馬、神奈川、浜松、名古屋、滋賀、大阪、奈良、関西(滋賀・大阪・奈良の連合体)、中国、九州、そしてニューヨーク・シティ(!)と広がりを見せ、他に神戸と沖縄でもTwitterから始まったデモが生まれている。主催者達は音楽好きやバンド関係者も多く、関西圏のTwitterデモにはソウル・フラワー・ユニオンの中川敬、はちようび( http://hachiyoubi.daa.jp/hp/top.html )のメンバーなど多くのバンドマンやDJ達も共に歩く姿がある。自分達の問題として立ち上がったTwitterデモはまさにD.I.Y.なのである。

Twitterの各アカウントをチェック!

@twitnonukes
@TwitNoNukesOsk
@TwitNoNukesNARA
@TwitNoNukes4GA
@TwitNoNukesKNS
@TwitNoNukes_KNG
@twitnonukes_hmt
@TwitNoNukes758
@TwitNoNukesCGK
@THINKFUKUSHIMA

5.27反原発デモ@渋谷・原宿

歴史的原発全停止の今、第11回目の渋谷・原宿Twitterデモ!

日時:2012年5月27日(日)予定
集合場所:みやしたこうえん北側
時間:14時集合 15時出発予定
主催:TwitNoNukes

※時間・デモコース等詳細は下記HPより。

Twitterデモ http://twitnonukes.blogspot.jp/

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎