SA.RI.NA INTERVIEW

母親への想いを綴った「シングルマザー」が、2010年の有線放送でJ-POP年間リクエストの1位を獲得した女性シンガー、SA.RI.NA。自身も一児の母親である彼女は、地元横浜で自然と音楽に目覚め、レゲエをベースにしつつも、R&B、ソウル、ジャズなどを織り交ぜた楽曲で、様々な心の結びつきを歌い続けてきた。新作『光 –HIKARI-』からのリード・トラック「赤い糸 feat.ハジ→」も、すでにレコチョクの「クラブうたチャート」で1位を獲得し、女性を中心とした高い人気を実証している。

とはいえ、着うたや有線などとの接点が少ないリスナーにとって、まだまだ彼女の認知度は十分とは言えないかもしれない。僕自身、彼女のようなタイプのアーティストの取材をするのは初めてで、その内容は非常に新鮮なものだった。印象的だったのは、母親であるためライヴの回数が少なく、アーティスト写真を全面に出すタイプでもない彼女は、だからこそ自分自身に偽りのない音楽を作ることで、リスナーとの絆を作り上げてきたということ。また、取材中に“勉強”という言葉を何度も繰り返し、自身がプロの作家であるという意識が非常に高いということも、同時に強く感じられた。この2点があるからこそ、今のSA.RI.NAの高い人気が築かれているのだろう。

インタビュー&文 : 金子厚武

SA.RI.NA / 光-HIKARI-

SA.RI.NAの新たなスタートを告げるアルバムが完成! ソフト・レゲエ的なテイストに“声”と“歌詞”を全面に出した、心地良いサウンドに身をゆだねられること必死。ハジ→とのデュエット曲「赤い糸」などを始め、充実した楽曲が並ぶ作品!!

【収録曲】
1.赤い糸 feat.ハジ→ / 2.あなたに恋してるよ / 3.Wedding Song / 4.きっとできるよ / 5.願いが叶いますように / 6.あなたの勇気に / 7.サヨナラ / 8.ママの日記

私の性格がそのまま出ている音楽をしたい

――OTOTOYでSA.RI.NAさんを紹介させていただくのは初めてなので、まずはこれまでの活動について聞かせてください。そもそも人前で歌うようになったのはいつ頃からですか?

SA.RI.NA : 一番始めは高校生のときですね。横浜に高校があったので、音楽が周りに溢れていたんです。当時はHIP HOPが流行っていたり、ダンスをしている子や、サウンド・マンも結構いる中で、自然と「私は歌おう」と思いました。

――影響を受けたミュージシャンというとどんな名前が挙がりますか?

SA.RI.NA : 小さい頃の記憶ですが、父親はレコードが好きな人で、父のレコードの中でベレス・ハモンドが一番好きでした。今はもうおじいちゃんだけど、内容も心に響くものがいっぱいあって、今でも素敵な曲ばかりで、強い影響を受けましたね。ただ、そんなにレゲエを意識していたわけじゃなくて、自分の歌いたいインストを拾ってきて、それをかけて歌っていました。他にもグレゴリー・アイザックスやルトリシア・マクニール、日本人だったらTinaさんとか、かっこいいなって思ってましたね。

――クラブとライヴ・ハウスだとどっちで歌うことが多かったんですか?

SA.RI.NA : クラブの方が多かったですね。この頃はクラブ・イベントが遊びの場でもあったし、ライヴ・ハウスはバンド! という感じだった気がします。当時は、イベントに出演をする際に、お客さんを呼ぶ事が大変でした。全然見てくれる人がいなくて、自分がみじめで、辛かった時代を経験しているからこそ、今もこうして歌えている事に感謝の気持ちでいっぱいです。

――今はお子さんもいらっしゃるし、ライヴはあまりやられてないようですね。

SA.RI.NA : そうですね。今は、フィーチャリングでお声をかけて頂いたライヴにしか出演していません。私一人でできるならいいのですが、サポートをしてくれるスタッフがいないとできないことですからね。ただ、地元でずっと音楽をやってきてる子たちと、またライヴをしていこうと話してます。その際、お客さんにはお金を払ってきて頂くわけだから、それに応えるライヴがしたいと思っているし、自分のためにも深夜、頑張ってライヴを見にいったり、常に勉強させて貰っています。

――ライヴはできていなくても、SA.RI.NAさんの楽曲は着うたや有線などでとても人気があります。現在の状況をどのように考えていますか?

SA.RI.NA : サポートしてくれているスタッフの皆がいてくれるということは、私にとって、とてもありがたいことなんです。今の環境はこれ以上望まないぐらい幸せだし、その中で自分がどれだけ音楽に一生懸命になれるかっていうのが大事だと思うんです。一生懸命さが伝わらないと、リスナーの人も「ん?」ってなると思うし、嘘くさいリリックを書いたら、それはSA.RI.NAの音楽ではなくなってしまうので、浮き沈みはあるんですけど、なるべくポジティヴに作れるようにしています。

――最近はどんな音楽に興味がありますか?

SA.RI.NA : 最近、かっこいいなと思うのは、韓国の音楽ですね。ビートやベース・ラインが、すごくかっこいいんですよね。さすがに私には歌いこなせませんが、特にビートは勉強になるものばかりです。

――「願いが叶いますように」のシンセの感じとかは今のエレクトロとかにも通じるものがあるように思いました。

SA.RI.NA : 特に、エレクトロを意識したわけではないのですが、ジャンルが違うだけで、やはり、音楽には共通点が沢山あるから、そう感じるのかも知れませんね。この曲のアレンジャー(M.Kamishiro)さんは、昔からレゲエ・アーティストさん達をプロデュースしている人で、日本のレゲエ・シーンを築き上げてきたアーティストさん達と音楽をやっている方なんです。どんどんサウンドが進化していく中で、どうやったらSA.RI.NAらしく作っていけるか、自分自身、ホント、勉強しかないって感じで(笑)。でも、私以上に、私の曲のサウンド・プロデュースをして下さっているアレンジャーさん達全員が、より「SA.RI.NAらしく」を追及しながら進めて下さっているので、とても心強いです。

――今おっしゃった「SA.RI.NAらしさ」って、ご自身ではどう捉えていますか?

SA.RI.NA : 全部自分の実体験だったり、自分の考えは全面に出していきたいっていう気持ちはあります。「私の性格がそのまま出てる音楽をしたい」みたいな。例え一線を退いたとしても、そのスタンスでいれば、ずっと音楽をやっていけると思うし、歳を取っても音楽には携わっていきたいですね。横浜は、私の親の世代の方たちも、まだまだ現役で音楽をやっていますからね。ほんとにカッコイイですよ、大人の音楽っていいな、自分もこうなれたらいいなって、憧れの気持ちが湧いてきます。私は曲を書くのがすごく楽しいし、書いてないといられないので、この先も常に曲は作っていると思います。

失恋から立ち直るには新しい恋が必要

――新しいアルバムには『光-HIKARI-』というタイトルが付けられていますが、SA.RI.NAさんにとっては音楽がずっと光だったと思うし、今はお子さんも光でしょうし、いろんな意味が込められていると思うんですけど、なぜこのタイトルにしたのですか?

SA.RI.NA : 今まで『絆-キズナ-』、『心-ココロ-』って漢字3文字を選んできて、それにつながる言葉を探していたときに、このタイトルが出てきたんです。去年の震災のこともあったし、希望が持てるタイトルがいいなって。

――「あなたの勇気に」や「願いが叶いますように」の歌詞の中にも「光」という言葉は出てきていますよね。

SA.RI.NA : 「光」っていう言葉は元々私の歌詞に結構出てくる言葉なんですけど、「あなたの勇気に」は去年の震災の後すぐに書いた曲なんです。 悩み事があったり、前に進めずにいる方たちに、SA.RI.NAっていうアーティストが自分の背中を押してくれてるって思ってもらえたらいいなって。ただ、震災について直接書いているのではなくて、「あの日の出来事」という歌詞は、それぞれ、その方の環境にあてはめてくれればいいなって思ってます。

――個人的に面白いなって思ったのが「サヨナラ」で、失恋の歌かと思いきや、1曲の中で次の恋愛が始まってるんですよね。こういう曲って珍しいなって。

SA.RI.NA : そうですよね。私もそう思ってます(笑)。

――いわゆる「泣ける歌」みたいなものって、悲しいまま終わるじゃないですか? でも、意外とすぐ次の恋愛に行ったりもするもので、逆にリアリティがあるなって思いました。

SA.RI.NA : 実は、失恋ソングを沢山聴いてきました。でも、私は一曲の中で完結したい派なので、「何で失恋したまま終わるんだろう?」って思ってしまい、失恋してため息をつくような感じで終わりたくはなくて。プラスの未来が予想できる終わり方にしました。実際、これも私の実体験で、立ち直るには、やはり新しい恋が必要なんですよね。このアルバム自体、ポジティヴな事を書いている事が多いです。

――失恋ソングを沢山聴いたっていうのも、途中でおっしゃってたのは勉強の一環ですか?

SA.RI.NA : そういうことは常にやってます。ただ、流行りのものを取り入れて作っていても、またそれは難しいのかもしれなくて、「今これが流行ってるなら、逆にこっちをしよう」みたいな発想で制作していますね。歌詞を見ていると、「同じようなフレーズがたくさんあるな」って思うけど、でも人それぞれ、その人がおかれている環境にハマって聴いてるんだと思うし、今は配信の時代だから、最初の視聴で心に響くかで決まると思うんです。それに見合うメロディーも歌詞も作らなきゃっていうのは常に思っていますね。

――SA.RI.NAさん自身はCDの世代でしょうから、CDで聴いてもらいたい気持ちも強いですか?

SA.RI.NA : それはもちろん、そうですね。アルバムのブックレットも制作チームで力を合わせて作ったものだから、絶対に見てほしいし、アーティストはみんなそうだと思います。インディーズの最初のアルバムとか、今聴くと、自分のレコーディングのクオリティは低いかもしれないけれど、初めてそれを手に取ったときの喜びは今も覚えてるし、自分の曲がアレンジャーさんに渡って、初めて聴いたときは感動して涙が止まらなくなったりした事もあるんです。そういう感動は常に忘れないようにしたい。自分の置かれてる状況を当たり前に思わないようにしないといけない。そうなると、いい曲も書けなくなっちゃうと思うんで、初心は絶対に忘れないようにしたいですね。

SA.RI.NA PROFILE

1982年9月7日 横浜生まれのママ・シンガー。あらゆる形の愛、命のメッセージを歌う。2009年6月17日、インディーズ1stアルバム「絆 -キズナ-」をリリースし、同時に妊娠、出産を経験する。母親となり、優しい音、強い想いが更に込められた、メジャー・デビュー・シングル「シングルマザー」、メジャー・デビュー・アルバム「愛・絆」を、2010年4月14日、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。「シングルマザー」は、2010 USEN J-POP 年間リクエスト・ランキング1位となった。2011年2月9日、mini Album「心 -ココロ-」をリリース。

SA.RI.NA HP

SA.RI.NAを聴くならこちらもオススメ!

Tico&Icchie / 青春レゲエ

豪華・最高のアーティストと黄金の名曲が勢揃い!まるで王道の娯楽映画のように、誰もが楽しめる『青春レゲエ』! EGO-WRAPPINの中納良恵をはじめ豪華アーティストが勢ぞろい!

LUCK

ACO

¥ 1,543

ACO / LUCK

ACOプロデュースによる新作『LUCK』は、オールド/ニューの感覚が同居した「2010年代版クラシカル」をテーマに生楽器を用いてシンプルな構造を意識して創られている。シンプルな中にもACOの現在が詰まった作品となっている。

Wyolica / Castle of wind

99年のデビュー以来知名度、人気ともに音楽リスナーのみならず、アーティスト達への人気も高く、ここまでスネオヘアー、MOOMIN、SOFFet、 FLOW、Steady & Coなどとコラボレーションを果たし、多くの人の心と耳を掴んでいる彼女。フル・アルバムとしては6枚目の今作は7年振りとなる。昨年リリースしたミニ・アルバムもロングセラー中、2009年12月に東京グローブ座でのライヴのチケットも即完するなどその健在ぶりをアピール。今作は特有の優しくも切ない路線はそのままに更にバラエティに富んだ楽曲が揃っており、ゲストの椎名純平と唄うバラードの完成度は鳥肌モノ。

o

 
 

インタヴュー

音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う
[CLOSEUP]・2017年12月18日・【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2.
by 西澤 裕郎
ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは 踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースする。さらに下津が参加するバンド、GODによる1stフル・アルバム『DOG』も同日リリースすることが決定している。GODのメンバーは下津に加え、濱野夏椰(G / Gateballers)、jan(B / GREAT3、jan and naomi)、照沼光星(Dr / ex. QUATTRO)、日高理樹(G, Syn)と、現在活躍中バンドのメンバーにより構成。まさにスーパー・バンドと呼ぶにふさわしい面々が揃っている。OTOTOYではこの注目すべき両アルバムを、CDリリースも2018年1月10日に先駆けて、3週間先行で配信! さらに、GOD『DOG』はハイレゾ音源も配信中なので、ここでのダウンロードがマストですよー! 今回行った下津へのインタヴューと共にチェックしていただければ、楽曲の理解が深まるほか、両作に収録されている楽曲違いをより強く感じ楽しめること間違いなし! 2
筆者について
同じ筆者による他の記事