シンガー・ソングライターと電子音楽家のデュオLuis Nanookの新作がリリース

シンガー・ソングライター佐立努と、“Chihei Hatakeyama”として世界的に注目を集める電子音楽家、畠山地平による2人組ユニットLuis Nanook。アコースティックでオーガニックな世界観が好評を博した1stアルバム『Place』から2年。佐立の歌を軸に、高揚感をもたらすエレクトロニック・サウンドが前作よりも強調され、洗練された2ndアルバム『丘の上のロメロ』がリリース。今回はその2ndアルバム『丘の上のロメロ』から「Romero」をフリー・ダウンロードでお届け致します。

>>>「Romero」のフリー・ダウンロードはこちらから

海外の音楽的要素をも消化し、スケール・アップした2ndアルバム

Luis Nanook / 丘の上のロメロ

ほぼ全曲に渡って、千葉広樹(ベース)と服部正嗣(ドラムス)のリズム隊が参加し、ゲスト・ミュージシャンとしてオルタナ・ポップの歌姫ツジコノリコ、trico!やsmall colorとしても知られる良原リエ、MAS等で活動するトランペッター外間正巳が参加した楽曲を含む全10曲収録。

【価格】
mp3 単曲150円 / アルバム1500円
WAV 単曲200円 / アルバム1700円

1stアルバムも絶賛配信中


Luis Nanook / Place

【Track List】
01. Six sounds for introduction / 02. A brand new day / 03. Kanui / 04. A illusory station / 05. Seeds / 06. Flowers / 07. Sun / 08. Luis / 09. Out of field / 10. L

アコースティック・ギターの響きに、エレクトロニックなサウンドとハスキーな歌声が加わったLuis Nanookによる最新型フォーク・サウンド。

古い音楽が持っていた感触を再構築する

Luis Nanook、この少し変わっているがなにか口に出したくなるような名前のユニットは、シンガー・ソングライターの佐立努、アンビエントやドローンのソロ作品を発表し、opitopeとしても活動している電子音楽家の畠山地平のデュオである。Luis Nanookのサウンドの基軸は、この2人のサウンドを混ぜ合わせることで出来ている。佐立のアコースティック・ギターのアルペジオと歌があり、畠山の出すエレクトロニカやアンビエント系統の浮遊感のある電子音が全体を包み込む。単に同居しているだけではなく、佐立の肩の力が抜けた少年のような声質は、電子音の質感とよくなじみ、ひとつの音像を作り出す。アシッド・フォークという、ギターの演奏や歌声の響き自体にどこかサイケデリックな感触があり、遠くに連れて行かれるような気分になる音楽性が特徴のジャンルがあるが、彼らの音楽はその現代版なのだろう。電子音によってギターと歌の音としての響きを際立たせることによって、アシッド・フォークの系譜にある音楽をアップデートしているのだ。

ファースト・アルバム『Place』ではゆったりしたテンポで音響を意識させ、こうしたサウンドをたっぷり聞かせてくれた。しかし、今作のセカンド・アルバム『丘の上のロメロ』はよりリズムを重視した楽曲が並ぶ。ドラムにスガダイローtrioにも参加している服部正嗣、ベースに服部と組んで活動し、近いところではmmmの『ほーひ』にも参加していた千葉広樹が全編に渡ってリズム隊を担当しているのだ。このジャズ出身の2人のリズム隊によって、Luis NanookのサウンドはGaster Del SolやMice Paradeなどのポスト・ロックに接近した。また、アイリッシュ・トラッドの要素を取り入れたり1曲目「Romero」に顕著なように、BeirutやDirty Projectorsなどの近年のUSインディー・ロックに感じられるようなワールド・ミュージックの消化の仕方を楽曲の端々に感じる。そして、そのことによってアシッド・フォーク的な内にこもるようなサウンドから、自分を取り巻く世界を描くようなサウンドにスケール・アップし、電子音を中心とした楽曲でもより広がりのある音使いがされている。

『丘の上のロメロ』で聞ける、Gaster Del Solなどのポスト・ロック、ワールド・ミュージックの要素を持ったUSインディー・ロックは、ともに現在のように産業化されきる前の音楽を、クラブ・ミュージックやエレクトロニカなどが当然になった時代に再解釈するという点で共通している。Luis Nanookが今作で聞かせてくれるサウンドも、そうした古い音楽が持っていた感触を日本において再構成するということを試みているのだろう。(text by 滝沢時朗)

RECOMMEND

Bon Iver / Bon Iver

2008年発表した奇跡のデビュー・アルバムで、その神秘的な歌声と幻想的な世界観に世界が絶賛。音楽メディア、批評家、アーティストから絶大な指示を得るシンガー・ソングライター=ジャスティン・ヴァーノンこと、ボン・イヴェールが日本デビュー。今年最も注目を集めているアーティストである。

nemlino / 100oracion

邦楽インディー・ロック~ポスト・ロック界期待の大型新人、nemlinoのデビュー・アルバムがkilk recordsより登場。奇跡のソングライティングとも言える至極の楽曲群。Sigur RosやMewなどにも通じる、普遍的で美しいバンド・サウンド。

>>>namlinoの特集はこちら

AZURE BLUE / RULE OF THIRDS

「スウェーデンのインディーズ版グラミー賞」とも呼ばれる「マニフェスト賞」で見事"ベストポップ2012"を受賞。ニュー・オーダー、ザ・キュアー、デペッシュ・モード、ゴー・ビトウィーンズを彷彿とさせる名盤ポップ・アルバムが遂に日本で発売。ズール・ブルーはスウェディッシュ・ポップ・シーンにおいて才能が際立つソングライター、トビアス・イサクソンによる新しいプロジェクト。

PROFILE

Luis Nanook
弾き語りのブルース・スタイルで各地でライヴ活動を続けていたシンガー・ソングライター佐立努は、2005年『凧の平地』(Airplane label)をリリース。現在は都内を中心にソロ・ライヴ活動を展開している。一方、畠山地平はミニマル・ドローンな音楽を基調にラップ・トップとエレキギターによるライヴ・リリースを展開。伊達伯欣とのユニット「opitope」としても知られる。2006年『minima moralia』(kranky(米))を皮切りにroom40(豪)、HomeNormal(英)、OwnRecords等各国のレーベルからリリースがある。2005年に2人は出会い、意気投合してLuis Nanookを開始する。空気を一変させるような存在感を放つ佐立の歌声と、ディープでアトモスフィリックな電子音を操る畠山のエレクトロニック・アンビエンスが混ざり合い、まったく新しいタイプのサイケデリック・フォーク・サウンドを奏でる。2010年にFlyrec.よりファースト・アルバム『Place』リリース。

>>Luis Nanook official HP
>>丘の上のロメロ 特設HP

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸