Second Royalが放つポップ・オルタナ・バンド

日本のミュージシャンが本気でアメリカ音楽を追求すると、こんなに強烈な作品ができてしまうのだ。地元である京都を中心に活動を続けるバンド、ターンテーブル・フィルムズのファースト・フル・アルバム『Yellow Yesterday』に、思わずそんなことを実感させられてしまった。ここには海外のルーツ・ミュージックに向けた最大限の敬意があり、それを今の時代にフィットさせる柔軟な感性がある。そして、あわよくばそれさえも解体してしまおうという並々ならぬ気迫にも満ちているのだ。これには圧倒された。

実際、この作品の土台となっている音楽性は、フォークやカントリーといった、とてもアーシーな質感を持ったもの。つまり、下手するとかなり地味な印象を抱かれがちなものなのだが、そこにブライトなメロディと豊富なリズム・ワークが加わり、どの曲も瑞々しいポップ・ソングになっている。聞けばこのアルバムの制作はメイン・ソングライターの井上陽介がこれまでになくイニシアチヴを握って臨んだそうだが、その作曲能力、及びそれを具現化させる演奏力たるや、並大抵の経験値では身につかないはずだ。はっきり言って、これは「現在のUSインディとのシンクロニシティが云々」なんて評価だけで終わらせてはいけない作品でしょう! 『Yellow Yesterday』は、脈々と続くアメリカーナの流れから生まれた、ひとつの大きな成果なのだ。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

待望のファースト・フル・アルバムが登場!

Turntable Films / Yellow Yesterday

【Track List】
01. Misleading Interpretations / 02. Portrait / 03. Animal's Olives / 04. Toy Camera / 05. Uncle Tree / 06. Named For / 07. Ghost Dance / 08. Collection Of You / 09. Evil Tongue / 10. Days Plus One / 11. Summer Drug / 12. Little Giant

【価格】
mp3 単曲 200円 / アルバム 1500円
WAV 単曲 250円 / アルバム 1800円

井上陽介 INTERVIEW

——アルバムが完成に近づいているという話をけっこう前から聞いてたんですけど、だいぶ長引いたようですね。

伸びまくりましたねぇ(笑)。ドラムのベーシックなんかはもう去年の6月くらいにほぼ終わってたし、Predawnに歌ってもらった「Animal's Olives」も、ふたりの歌を含めてほぼ録り終わっていたので、このまま行けばたぶん11月くらいには出せるだろうと思ってたんですけど。結局すべて録り終わったのは昨年末でした。プロデュース作業のほぼすべてをやってもらったRufusの上田修平さんが、ちょうどHalfbyのアルバムも同時進行でやっていたので、スケジュールの都合がなかなかうまくいかなかったところもあって。あと、なによりも今回は、僕がただのひとつも妥協しないで作ろうと思って臨んだアルバムだったんです。ピッチひとつや鍵盤のオクターブ、ギターの音、演奏のニュアンスに至るまで、とにかく自分の頭の中にある完成品に近いものを作りたかった。だから僕ひとりの作業にどうしても時間がかかっちゃって。

——制作過程が長引いたことで、方向修正した部分はないのですか。

今回に関しては、8割くらいが出来上がっているデモを先に作っていたんですよ。つまり完成型があらかじめわかっている状態で始めて、そこにできるだけ近づけていく作業だったんです。もちろん微妙なアレンジの変化はありましたけど、あんまり最初のコンセプトや指針がずれることはなかったですね。去年『10 Days Plus One』という会場限定の音源を出してるんですけど、その時には既に歌詞も含めてほぼ書き終えてたんです。

——実は一度ご本人に確認したいと思ってたんですけど、ターンテーブル・フィルムズの音楽に、たとえば現行のUSインディ・バンドからの影響ってあるんでしょうか。というのも、よく今時のブルックリンのバンドなんかを引き合いに出されてるじゃないですか。正直僕はそこにあまりピンときてなくて。

(笑)。その辺りを引き合いに出されることは全然嫌ではないです。それこそ「vampire weekendのあのドラムの感じをやってみよう」みたいな、パート的なところを狙ったことはあるので、そう言われたら「この音を聴いてもらえれば、そりゃそう思うだろうな」って(笑)。でも、基本的に僕はアシッド・フォークやサイケが一番好きで、USインディなんかはあくまでもその流れの中にあるんです。だから、最近のバンドにしても、いわゆるトロピカルな感じのやつより、それよりももっとフォークなことをしている人たちが好きなんですね。たとえば、めちゃめちゃでかいところだと、Fleet Foxesとかですけど、それよりもう少し知られてないところで面白いと思ってるのがいっぱいあって。

——じゃあ、もし井上さんのロール・モデルと呼べるギタリストがいたら教えてください。

あ、それは3人いるんです。今まで誰にも聞かれなかったので、まだ言ったことがなかったんですけど。まず1人目がWilcoのネルス・クラインですね。で、もう1人がTony Scherr。Sex Mobっていうニューヨークのアヴァンギャルド・ジャズみたいなバンドでベースを弾いてる人なんですけど、Norah JonesやJesse Harrisのバックでギターも弾いてて、それがRobbie Robertsonをものすごく荒っぽくした感じで、すごいんですよ。あともう1人が、カナダのSandro Perriです。トロントに留学していた時にライヴも見に行きました。あと、そのトロント周辺の音楽シーンに、Eric Chenauxというアーティストがいるんですけど、その人も、ちょっとジャズっぽいと言うか、かなり自由なインプロっぽいギターを弾く人で、面白いんですよ。

——ジャズがひとつのキーワードということ? ネルス・クラインにしてもそうですよね。

でも、ジャズ・ギターにはそんなに興味がないんですよね。むしろ、ジャズの中ではギター・ソロが一番面白くないと思ってるくらいで(笑)。スタンダードなジャズをやる上では、ギターって他の楽器と比べると制約が多いような気がして。いま挙げた人の場合、そのジャズというのはあくまでも一部であって、基本的にすごくエクスペリメンタルだし、同時にルーツ・ミュージックっぽくもある。タイム感やフレーズから、いろんなものがごちゃっと混ざった感じがして、そこが面白いんですよね。

——ちなみに、去年出たウィルコの最新作はどうでした?

僕、ウィルコは『Yankee Hotel Foxtrot』と『A Ghost Is Born』から『Sky Blue Sky』にいくまでの流れがすごく好きなんですよ。それ以降の2枚は、ちょっとわかりやすいというか。クオリティはめちゃくちゃ高いし、曲によってはものすごく好きなものもあるんですけど、そこまでグっとこない感じでしたね。でも、僕が一番掘り下げて聞いているのは、間違いなくそのWilcoだったり、M・ウォードやYo La Tengoなんかですね。

——あぁ、トラッド・ミュージックを正当な形で引き受けつつ、同時に新しい挑戦があるっていう。

そうそう。コードや曲の進行だけを見るとめちゃくちゃルーツな音楽なんですけど、その前後の要素が見えないというか。そういうものからインスピレーションを受けてるんだと思います。

——それこそ「Animal's Olives」なんて、クラウト・ロックみたいじゃないですか。あの曲のアイデアはどこから引っ張ってきたんですか。

あれはNEU! です。クラウト・ロックはすごく好きなんですよ、あの抑揚のないハンマー・ビートがずっと鳴ってて、そこにエクスペリメンタルでサイケデリックなパートを足して、そこで男女がポップなメロディを歌ったら面白いなぁと。ずっとやりたかったことではあったんです。

——とにかくこの作品は井上さん個人の趣向性が強くでているということですね。となると、メンバー間のコミュニケーションも重要だったんじゃないかと思うんですが。

とにかく説明してみんなで共有して、何回も聞き直してっていう作業でしたね。ちょっとよく覚えてないんですけど、確かレコーディングが始まる前にそういう話し合いもしたんですよ。今までは録音しながらみんなで足していく感じだったから、デモも作ってなかったんです。今回はしっかりアレンジまで詰まったデモを用意したから、みんなすごくつらそうだった(笑)。

——それでも受け入れてもらえたんですね。

音楽的な趣味はすごく近いんです。特にベースの谷(健人)は僕とすごく似ています。面白いと感じるポイントにあまりブレがなくて。常にバンドの音を新しくしていこうという面白さは、みんなが共有しているところだと思います。ベースの谷と出会った時は、確か僕が19歳で、あいつはまだ14歳くらいだったんですよ。バンドとかも確か16歳くらいの時から一緒にやってて。ドラムの田村(夏季)はジャズとかエレクトロ辺りが好きなんですけど、基本的にルーツ・ミュージックが好きというところは一致していて。

——そういえば、今回のリリースを迎える前に、キーボードの船田のぞみさんが脱退されたそうですね。レコーディングにはフルで参加されてるんですか。

はい。ただ、今回のアルバムでやりたいことは僕が一番わかっているので、できる楽器はなるべく自分でやることにしたんです。鍵盤もコード感なんかはすべて僕の中で決まっていたので、半分くらいは僕が弾いて、弾けないところをお願いする感じでした。

——1人が抜けたことで、バンドのアンサンブルに影響はありませんか。鍵盤も含めた4人編成って、井上さんのやりたい音楽性を実現させていくのにすごく適しているんじゃないかと思うんですが。

とりあえずライヴはサポートしてくれる友達がいたので、女性コーラスがなくなったことを除けば、やってること自体はあまり変わってないです。でも、僕はその時々でメンバーの数が変動したとしても、それはそれで面白いと思うんですよね。曲ってその編成や時間の流れで変わっていくものだと思うし、特に今回はライヴで演奏することをまったく意識しないで音源を作ってみたいという気持ちもあったから。僕は情報量の多いアルバムが好きなんです。ライヴはまたその時に考えればいいかなって。

曲が書けなくなるかもっていう不安はあまりない

——井上さんの編曲方法って、イメージとしては足し算寄りの発想なんですか。

ちょっと微妙なところもあるんですけど、とりあえず思いついたものはバコーンと入れてしまうんですよ。そこからどれが本当に必要なパートなのかを考えて、抜くものは抜いていく感じですね。

——では、同時代の日本人アーティストで、自分と作家性が近いと感じる人がもしいたら教えてください。

趣味とかじゃなくて、やってることってことですよね? うーん…。思いつかないかなぁ。ただ、いまはメンバーが変わったりもしたのでちょっと違うかもしれないですけど、クアトロの(岩本)岳士は、同じような考え方で音楽を作ってるような感じが勝手にしてたかも。つくる音はもちろん、聞いているものや方向性、作り上げていく手法、インスピレーションを受けるもの、たぶんすべて違うだろうけど。基本的に自分が聴きたいものを作りたいという感覚が似てるような気はする。あ、でもそこを言っちゃうとクアトロだけに限らないか。リスナー目線から作っているという意味では、HOTEL MEXICOとかNEW HOUSEなんかもきっとそうだと思います。そういう人たちの作るものが僕は好きなのかもしれないですね。

——このアルバムは、楽曲個々を見ていくとさまざまな方向性を持っているように感じるんですが、一方で井上さんには全体像があらかじめ見えていたということですよね。そこがすごく面白いと思ったんですが。

どの曲もまったく違ったものにしたいという気持ちがまず強かったというのと、作品のトータリティって、曲順によるものなんじゃないかなと僕は思ってて。そういう意味でのバランスは意識したかな。曲順もデモを作った段階で決まってたんです。自分で並べて聞きながら、理想的な流れをイメージしていたので。

——では、今回の作品を形にしたことで、自分のイメージに忠実な制作をしたいという欲求には決着がつけられましたか。

そうですね。疲れるからこういう作り方はもうしたくないなと思いました(笑)。

——(笑)。では、次はまったく違うやり方で臨むことになると。ちょっと気の早い話ですが。

そうですね。今はまだ着手してないのでなんとも言えないですけど、またなにか面白いやり方を見つけたいですね。でも僕、練習はあまりしないんですよ。特に自分の曲なんかを改めて弾いたりはしてなくて。でも、家でアコースティック・ギターを持ちながらぼーっとしている時間は好きなんです。それにそういう時も、常にいい曲を書こうという意識がどっかにあるんですよね。これはひとつの趣味みたいなもので。そこでいいと思ったものが出てきたら、ICレコーダーで録音しておいて、あとで暇な時に聴き直すんです。で、その時にはほとんどその記憶がなかったりするので、意気込んでる感じがないんですよね。ほとんど遊びというか。

——曲作りが癖になってる?

そうそう。そういう感じです。たとえば自転車に乗りながら、その録音したメロディにくっつけるパートの音とかを頭の中で足していったり。アルバムを出したいまはそれを一旦出し切ってゼロになった状態ですね。

——そのゼロの状態って、不安になったりはしないものですか。

曲が書けなくなるかもっていう不安はあまりないです。でも、常にいい曲を書けるかどうかはわからないので。今回のアルバムに入れたものはもちろんいいと思ってますけど、あくまでもそのタイミングで生まれていった曲だから、そこで満足するわけではないんです。だから、不安というよりは、ぼんやりしたまま、そのうちまた何かが出てきたらいいなぁと思ってるというか。

——ちょっとざっくりした質問ですけど、井上さんにとってのいい曲かどうかを図るものさしはどういうものなのでしょうか。

やっぱりメロディありきですね。同じコードを使っても、メロディの乗せ方ですごくイメージが変わりますから。それがひとつの指針にはなってるかな。

——僕はギター・プレイヤーとしての井上さんもすごいなと思ってるんですけど、そこでのエゴはないんでしょうか。

えーと、多分あるかな。僕、昔の音楽を聞いて、その演奏の手法とかを調べるのがすごく好きなんです。今回のアルバムでも、George Harrisonが「アイ・アム・オンリー・スリーピング」でやっていたギターの手法を自分でやってみたり。まずフレーズを弾いて、それを逆回転させて、さらにそれを覚えてもう一度弾いて、もう1度戻すっていう作業。「named for」のAメロがそれですね。

——すごい! わかんなかったです(笑)。

逆回転だったら最高だと思ったんですよね。普通に弾いたものと微妙にタイム感がずれるものを弾いたら完璧だと思って、そこでそのアイデアを思いついたんです。これは多分エゴですよね(笑)。「Animal’s Olives」のソロもそう。あれはインプロで弾いて、20テイクくらい録った中から、最も自分が覚えられなさそうな、ヘンテコなフレーズがあるテイクをそのまま使ってて。とにかく新鮮味がほしいんですよね。それも含めて作品のトータリティの中に収めたいというか。

——そりゃ時間がかかるはずだ(笑)。

(笑)。それをぱっと聞いてよくわからないようにしてあるところが、上田さんのすごいところで。録ったままの状態だと、もっとわかりやすい形になってたと思います。それが作品のバランスとして僕が聞きたい感じのものにうまく落とし込んでもらえました。

——では、最後に。今回の作品で上田さんが担当したような役割も含めて、井上さんによる完全セルフ・プロデュースの作品を今後このバンドでつくる可能性はありますか。

どうかなぁ。やっぱりバンドをやっている上では、誰かと一緒にやりたいかな。特に音質に関しては人の意見を聞きたいですね。だから、どうしてもこれは自分にしかできないということでもなければ、バンドで完全セルフはたぶんやらないと思います。今回のアルバム以上に自分で統制をとったものって、実はそんなにやりたくないんです。やっぱり自分にないアイデアを持っている人と一緒にやりたいんですよ。それこそサンドロ・ペリと一緒にやるってことも、ひとつの夢ですから(笑)。まったく知らないところからアイデアが生まれてくるのを見たいんです。それを自分のモノにしたいというよりは、自分の中にまったくない発想を知りたいという気持ちが強いですね。だから次はそういうことがしたいな。

LIVE INFORMATION

2012年4月30日@東京 上野水上音楽堂「TOKYO春告ジャンボリー」
2012年5月04日@東京 新宿 MARZ w / NEW HOUSE / ミツメ
2012年5月12日@京都 京都タワーレコード京都店
2012年5月19日@東京 下北沢「下北沢サウンド・クルージング」
2012年5月26日@東京 新宿タワーレコード新宿店
2012年5月26日@茨城 水戸 SONIC w / The Cigavettes / FREE THROW DJs
2012年5月27日@東京 渋谷HESO w / 王舟
2012円6月02日@大阪 南堀江 FLAKE RECORDS

Turntable Films『Yellow Yesterday』RELEASE TOUR
2012年6月03日@京都 京都MUSE
2012年6月23日@広島 福山POLEPOLE w / Predawn
2012年6月24日@福岡 大名ROOMS w / Predawn
2012年7月07日@愛知 名古屋K.Dハポン
2012年7月08日@大阪 心斎橋CONPASS(旧SUNSUI)
2012年7月22日@東京 新宿MARZ w / COMEBACK MY DAUGHTERS

RECOMMEND

The Cigavettes / We Rolled Again

ロックンロール界の神童バンドが前作より1年振りに放つ、歴史的2ndアルバム。よりソリッドに進化を遂げたバンド・サウンド、驚異的なまでにポピュラリティーを上げたグッド・メロディーの数々。このアルバムをアンセム盤と呼ばずに何と呼ぶのだろうか。ここで鳴っているのは、間違いなくロックンロールの未来だ。

HOTEL MEXICO / His Jewelled Letter Box

京都発の6人組バンド、HOTEL MEXICO。DE DE MOUSEやThe xxのフロント・アクトを務めるほか、PitchforkやFADERといった海外ブログでも取り上げられ、驚異の勢いで活躍中の彼らのデビュー・ミニ・アルバム。煌めくチル・サウンドが心地良い作品。

>>>HOTEL MEXICOの特集はこちら

ミツメ / mitsume

飾り気のない佇まいで淡く爽やかな直球のインディー・ポップを奏で、ライヴ・ハウス・シーンを中心にじわじわと注目を集めている彼らが、活動最初期から演奏してきた曲を新たに録音し直したファースト・アルバムを配信。

>>>ミツメのインタビュー特集はこちら

PROFILE

Turntable Films
井上陽介(Gu)、谷健人(Ba)、田村夏季(Dr)による3人組バンド。地元京都でライヴを重ねながら2008年自主制作CD「Turntable Films」を制作、1000枚を完売させる。2010年2月にデビュー・ミニ・アルバム『Parables of Fe—Fum』をリリース。うち2曲が京都FM"α—station"のヘヴィー・プレイに選出。「ボロフェスタ」「京都大作戦」「都音楽祭」 といった京都 のフェスにも出演。11月にはライヴ会場限定アルバム『10 Days Plus One』をリリース、発売に伴い開催した初の全国ツアーでは東京公演がソールド・アウト。また「モナレコードのおいしいおんがく」、「FREE THROW」、「FM802」等のコンピにも参加。これまで100本以上のライヴを行いながら、約1年に渡るレコーディング期間を経て、 待望のファースト・ フル・アルバム『Yellow Yesterday』が完成した。

Turntable FIlms official HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事