Pascal Pinon来日決定&日本特別盤をリリース

BjörkやSigur Rósを生んだ北欧の小さな島国、アイスランド。その首都であるレイキャビクで生まれ、レイキャビクで育ち、レイキャビクで音楽活動にいそしむ双子姉妹のデュオがいる。彼女たちの名前はPascal Pinon(パスカル・ピノン)。2010年にデビュー作『Pascal Pinon』をリリースした時はまだ16歳! つまり今もまだ10代な訳なのだが、早くも3月30日より4月8日までツアーのために来日を果たす予定だ。そのツアーに先駆けて、彼女たちは日本特別盤を制作。過去作を新たにミックスし、自らリメイクし、さらには制作中のセカンド・アルバム収録予定の新曲をも本作に閉じ込めました。

Pascal Pinon / Partywolves

双子のティーン・エイジャーが紡ぐ瑞々しく、温かいアコースティック・サウンド。本作は日本ツアーに先駆けて、アナログ・シングルとしてリリースされた「New Beginning」、そしてデビュー・アルバム『Pascal Pinon』に収録されている「Moi」を新たなミックス。さらに自分達の曲をリメイクした「Kertid og husid brann』、今年発売のセカンド・アルバムに収録予定の新曲「5 hour party people」「Vandamal ulfsins」を収録した日本特別盤。

【TRACK LIST】
01. New beginning / 02. Moi / 03. Kertid og husid brann / 04. Five hour party people / 05. Vandamal
★アルバム購入特典 : デジタル・ブックレット

海を越え大陸を越え、届けられたレイキャビクの今

Björk、Sigur Rós、湖、森、オーロラ、「北欧」という響き。多くの日本の若者がアイスランドの音楽、文化に魅了され憧れているけれど、今のアイスランドって実際のところどんな感じなんだろう。現地で活動するアーティストに聞くのが一番! なので、Pacal Pinonに教えてもらいました。向こうには今どんな若いアーティストがいて、どんな音楽を奏でているの? アイスランドの若者はどこで音楽の情報を手に入れているの?

>>GOGOYOKO website

レイキャビクのストリートは? そこで2人はどう過ごしてる?

のんびりと穏やかな日々を送っている2人。彼女たちに日本のせわしなさはどう映るのか… 少し心配。でも2人の凛とした空気を残していく音楽や、少女らしいあどけなさを残した瑞々しい声を生で聴けるのはとても楽しみです。そして今度はレイキャビクへPascal Pinonを見に行くのもアリかも。なんせ、アイスランドを訪れるベスト・シーズンまで教えてくれてますからね。まずは、3月末を期待して待ちます。(text by 水嶋美和)

Pascal Pinon ::: JAPAN TOUR

2012年3月30日 @東京 Cafe JUHA
w / Girls Pancakes

2012年3月31日 @神戸 グッゲンハイム
w / キノ・イグルー / Ice Cream Shout / Les Glass Glace

2012年4年1日 @奈良 Bolik coffee
w / キノ・イグルー

2012年4年2日 @京都 Prinz
w / キノ・イグルー / 安藤明子 / DJ erimews

2012年4月3日 @愛媛 CAFE CABARET
w / キノ・イグルー

2012年4月5日 @仙台 Cafe Mozart Atelier
w / キノ・イグルー

2012年4月6日 @東京 Coolie's Creek
w / Tenniscoats

2012年4月7日 @東京 Vacant
w / 伊藤ゴロー / Predawn

2012年4月8日 @金沢 21世紀美術館シアター21
w / キノ・イグルー / Sylvain Chauveau / Rima Kato / Asuna

RECOMMEND

Dirty Projectors + Björk / Mount Wittenberg Orca

Dirty ProjectorsとBjörk、奇跡のコラボレーションが実現! 本作『Mount Wittenberg Orca』は、彼らが2009年にニューヨークで行ったチャリティ・コンサート用に書き下ろした7曲を、ライヴの1年後にスタジオ・ヴァージョンとして収録したもの。以前Björkのトリビュート・アルバムにDirty Projectorsが参加したこと、Björk本人が彼らのヴォーカル・アレンジをいたく気にいったことから、この組み合わせが実現しました。互いの才能が見事に融合した、全音楽ファン必聴の一枚が完成

Sigur Rós / Inni

アイスランドを代表する唯一無二の4ピース・バンド、シガー・ロスがバンド初となるライヴ作品をリリース! 2002年作『()』は、グラミー賞にもノミネートし、商業的な成功を音楽の力だけで成し遂げた稀有な存在としてあのレディオヘッドとも並ぶ存在。ここ日本でも来日公演が全て完売する等その人気は絶大!

ULFUR / White Mountain

ヨンシー(シガー・ロス)のバックを支える俊才、ULFURことウルヴル・ハンソンのソロ2作目が完成! チェロ、ヴァイオリンやヴィオラ、さらにサックスやフレンチ・ホーンといったブラス、ウォーター・パーカッションまでを使用した本作は、壮大でオーケストラルなサウンドスケープが広がる作品。ヨンシーも絶賛した異色のチェンバー・エレクトロをどうぞ。

Pascal Pinon ::: PROFILE

アイスランドの首都レイキャビク出身のJofridurとAsthildur姉妹によって若干14歳で結成し彼女達のベッドルームで楽曲が製作され、初のライヴも友人を招いて開催された。一つの小屋を借り、たった一つのマイクを使って録音されたファースト・アルバム『Pascal Pinon』がMumや It’s A MusicalなどもリリースするMorrレーベルからリリースされ、その初々しく可愛らしい音楽で注目を集め、2009年のアイスランド・ミュージック・アワード、新人賞にもノミネートを果たした。現在セカンド・アルバムを制作中。アルバム・リリースに先駆けて日本独自盤『Partywolves』も3月8日にViolet And Claireレーベルよりリリースされ、初の日本ツアーも決定している。

>>Pascal Pinon official tumblr
>>「violet and claire」shop official website

o

 
 

インタヴュー

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信
・2017年12月18日・DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信 東京のDJカルチャーにすでに20年以上のキャリアを持つ2人のDJ、DJ TASAKAとJUZU a.k.a. MOOCHY。彼ら2人によるユニット、HIGHTIME Inc.の1stアルバムがこのたびJUZU a.k.a. MOOCHYの主宰レーベル〈CROSSPOINT〉からリリースされた。『Alchemist Now!』と題された本作は、ハウスやテクノといったイーヴンキックなダンス・ミュージックをひとつの起点にしながらも、まさにその名の通りさまざまな多様なスタイルが溶け込んだダンス・サウンドを展開している。OTOTOYでは本作をハイレゾ先行配信中。実はそのDJキャリアのそれ以前からの朋友というふたりのインタヴューを行なった。またDJ TASAKAの2015年のアルバム『UpRight』も配信開始(CDと同等音質で1200円!)。 砂原良徳のマスタリング、ハイレゾ版(24bit/48kHz)配信中HIGHTIME Inc.[DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY] /
by 河村 祐介
Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事