2011.12.16 SATORU WONO MOODCORE SQUAD@音楽実験室・新世界

年の瀬も押し迫った12月の週末、日本屈指の繁華街、六本木は忘年会のグループやパーティー・ピープルで賑わっている。この街の繁栄を象徴するようなランドマーク、六本木ヒルズを間近に臨む「西麻布新世界」も、カジュアルだがどこか洗練された観客で溢れかえっていた。

本日の主役、ヲノサトル ムードコア・スカッドは明和電機の「経理のヲノさん」としても知られているキーボーディスト、ヲノサトルを中心に、2011年にブレイクしたファンク・バンド、在日ファンクの後関好弘、コールド・フィートの中心人物Watsuiなど、実力と人気を兼ね備えたミュージシャンが集結したスーパー・グループ。2011年の結成以降、メンバーを変えながらステージを重ね、「ハードコアなムード・ミュージック」を追求している。

そんな彼らの2011年を締めくくるステージは、重厚な音響処理が心地よいダブのビートの上で、環境音楽のようなしっとりとしたエレクトリック・ピアノのメロディが鳴り響く「サイレンス・トゥ・グッドバイ」で始まった。なるほど、ムード・ミュージックなのにどこかハードコアだから「ムードコア」ということか、と思わず頷いてしまう。その後も、哀愁を帯びたメロディと爽やかなアレンジで知られている映画「ティファニーで朝食を」のテーマ曲の妖艶なカヴァー、森の中の小川のような、みずみずしいシンセサイザーの音色が印象的なアンビエント系ナンバー「フラジャイル」などを立て続けに披露する。「ムード・ミュージック」と名乗りつつも、MPBやエレクトロなどのエッセンスを盛り込んだポップ・ミュージックは、前衛音楽家であるヲノをはじめ、様々なジャンルで活躍するミュージシャンが集まったバンドならではのものだろう。

だが、この日のハイライトはヲノや高橋幸宏の作品でキュートな歌声を聴かせてくれるBE THE VOICEの和田純子女史が加わったヴォーカル曲だろう。ミニー・リパートンのような可憐さと強靭さが同居した歌声は、上品だけどどこか毒のあるムードコア スカットの音楽と相性が良いようだ。和田のウィスパー・ボイスがアダルティな雰囲気を醸し出すミディアム・バラード「アフタヌーン・ウェザー」、ボサノバっぽい上品なパーカッションがアクセントになっているR&Bナンバー「彼方へ」、ムーディーだけどどこか攻撃的な「ロスト・フューチャー」など、「ムードコア」の名にふさわしい楽曲を披露していた。

休憩時間を挟んだ第二部は、MCも控えめに、ダンサブルなナンバーを次々と繰り出した。ラテン音楽の要素を取り入れたハウス・ビートの上で、メロウなギターとポップなサックスが踊る「リターン・トゥ・トラブル」や、ファンクやジャズのエッセンスを盛り込んだブレイク・ビーツ「アルマス・イシマス」、ダンス・ホール・レゲエのビートを使ったムード音楽「キャシー」などが続く。クラブ・ジャズやヒップホップの要素を取り込みつつも、ムード・ミュージックらしさを失わないのは音の職人、ヲノサトルの本領発揮というところか? スペーシーなサンバ・ビートとファンクっぽい大胆なサックスのリフが印象的な「ドルフィン」などは、さまざまな音楽のエッセンスを吸収しながら枠に嵌らない、彼らならではのものだろう。

アンコールでは再び和田を迎え、ヲノのデビュー・アルバムから「ビキニを着て月へ行こう」を披露。ドラムンベースのビートとピチカート・ファイヴっぽい都会的なメロディが同居したポップ・チューンは、ムーディーな音楽の中で良い意味で異彩を放っていた。

2時間半を超える長丁場をしっかりとこなしてくれたヲノサトル。このライヴの興奮をあなたも体験してほしい。(text by 高野裕介)

 
 

その他

オトトイの学校
[SCHOOL]・2017年11月16日・ 音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ「岡村詩野音楽ライター講座」。プロのライターを目指す人から、ライティングの経験はないけれど音楽が好きで、表現の幅を広げたい! という人まで大歓迎です! 10月期となる今回のテーマは、「Year in Music 2017」。2017年も後半に差し掛かったいま、今年あなたが聴いた音楽を振り返ってみませんか? 2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆していきます。講師である岡村詩野による添削・指導によりライティングの力を高めるとともに、その作品の歴史的背景(縦のつながり)、また現在のシーンにおいてどういった立ち位置(横のつながり)にその作品があるのかを考察し、作品の理解を深めていきます。最終回の12月9日(土)には、先日アルバム『20/20』をリリースしたスカート・澤部渡さんがゲスト講師としてご登壇! そして1月20日(土)からスタートする1月期のお申し込みも受付開始! 本講座では「新人を発掘し、紹介する方法を学ぶ」をテーマに、新たな才能を探し出し、より多くの方にその音楽の良さが届くような文章の書
[OTOTOY]・1968年08月23日・特定商取引法に基づく表示 更新:INSERT::MTIME 「特定商取引に関する法律」に基づき以下に明示いたします。 販売業者 オトトイ株式会社 所在地〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-11-11 松涛伊藤ビル 連絡先電話: 03-5829-8371電子メール: info{atmark}ototoy.jp 販売責任者 竹中 直純 料金 商品価格は権利者であるアーティスト、レーベルとの取り決めにより決定しております。 お支払い期限 各種チャージは都度決済で即時です。 商品引渡時期 ダウンロード商品の場合、決済後速やかにトラックデータ(以下コンテンツ)ファイルがダウンロードできるようになります。ハイレゾプレイバックについては決済後直ちにスマートフォンでの高品質再生が可能となります。 キャンセルおよび返金 販売形態の特質上、決済完了後のキャンセルや返金に応じることはできません。ただし下記のコンテンツデータの瑕疵についてはこの限りではありません。 不良品の取り扱い 何らかの理由でコンテンツデータがダウンロードできない、ダウンロードしたデータが有効でない、端末が対応していない、などの理由により問題が生じた場合、個
by オトトイ
3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)
[CLOSEUP]・2017年02月28日・3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)!!!! 今はちょっとお休み中の富士山ご当地アイドル、3776とOTOTOYが、5月14日(こいよ)にイベント開催決定! そうです、下北→渋谷→新宿と伝説のワンマンを撒き散らしている3776×OTOTOY企画のvol.4 復活ライブ東京編! タイトルはズバリ『3776514』(みななろこいよ)。 3776の盟友、そして今ノリにノってるamiinAと、BELLRING少女ハートから改名した話題沸騰中のThere There Theresを迎えてo-nestで開催です。ちょっと豪華過ぎなので、チケット即日完売必至の予感… みんな、こいよーーーー!!! さらには、『3776514』(みななろこいよ)開催記念として(?)、3776の名作『序曲』がハイレゾでリリース決定。3776のハイレゾで、石田Pのこだわりを堪能してください! 5月14日はo-nestに集合!3776×OTOTOY企画 vol.4 3776復活ライブ東京編『3776514』(みななろ来いよ)'【日時】2017
2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を配信開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版を配信開始! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVIBES4. TOBACCO5. SNOOZE6. DUMBO7. INTERLUDE S.G.S.48. MINT9. SEAWEED10. ARE
by 鈴木 雄希
OTOTOY AWARDS 2016──2016から2017年へ、カテゴリー・トッピックス編──
[CLOSEUP]・2016年12月15日・OTOTOY AWARDS 2016番外編──2016から2017年へ、カテゴリー・トッピクス編── 50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。番外編として、ここでひとつ、OTOTOYの新機能とともに、それぞれの音楽ジャンルの2016年、もしくは2017年に向けてトピック発表です。 さて、その新機能とは、要望多数のためOTOTOYを総合トップとハイレゾ音源、そして8つの各ジャンル(ロック、ポップ、アイドル、アニメ/ゲーム/声優、ヒップホップ/R&B、ダンス/エレクトロニカ、ジャズ/ワールド、クラシック/サントラ)、合計で10カテゴリーのトップ・ページに分けました。トップ・ページ最上部のメニューからそれぞれのカテゴリーを選ぶと、その属性に紐づいた最新のFeatures(記事)、News、Top Charts (Weekly) 、New Releases(音源)が掲載されています。この改修により記事や音源がとても探しやすくなったので、それぞれ気になるカテゴリーをご利用してください! ロック : サニーデーサービスの度肝を抜く新作 >>ロック・トップページはコチラ サニーデーサービス『D
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『ハンドルを放す前に』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE Vol.24、25の放送が決定!! OTOTOYのUstream番組「
オトトイのススメ! Vol.9は、2016年12月15日(木)TSUTAYA o-nestにて!!
[OTOTOYNOSUSUME]・2016年11月21日・OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント、Vol.9は〈オススメ〉の女性アーティスト 音楽配信サイトOTOTOYと〈BAYCAMP〉を主催するロック・エージェントATフィールドがタッグを組んで行うライヴ・イベント〈オトトイのススメ〉。9回目となる今回は、いまOTOTOYが本気でおもしろいと思う女性アーティストが出演します。11月6日(日)に2度目となるワンマン・ライヴ〈Solitude HOTEL 2F〉を渋谷WWW Xにて開催、即日完売のチケットを手に入れることができた約700人の観客の前で圧倒的なパフォーマンスを見せたMaison book girl。MV撮影で本物のゴリラに会いに行くためにアフリカまで飛ぶという行動力の持ち主でレペゼン地球のゴリラッパー、あっこゴリラ。自らコントロールするLED照明システム、Mac、アナログシンセ、ペダル鍵盤、全自動キックマシーンなどの機材に囲まれ「要塞のよう」なパフォーマンスで度肝を抜き、矢野顕子のオリジナル・アルバムにトラックメイカーとして参加するなど多彩な才能の持ち主、AZUMA HITOMI。それぞれが作詞・作曲を担当し、スクールカースト
オトトイのススメ! Vol.8は、2016年10月12日(水)TSUTAYA o-nestにて!!
[OTOTOYNOSUSUME]・2016年09月07日・OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント、Vol.8は〈オススメ〉のアイドルが大集結!! 音楽配信サイトOTOTOYと〈BAYCAMP〉を主催するロック・エージェントATフィールドがタッグを組んで行うライヴ・イベント〈オトトイのススメ〉。8回目となる今回は、いまOTOTOYが本気でおもしろいと思うアイドル・グループ3組が出演します。 なかでも最大の注目は、再始動したばかりのBiS。3泊4日の合宿オーディションを経て選ばれた5人のメンバーが熱いライヴをぶちかまします。そんなBiSを中心に、BELLRING少女ハートの楽曲制作を手がける「DCG ENTERTAINMENT」がプロデュースする清純派アイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。そして、ゆるめるモ! プロデュース・チームによる第2弾グループ、レッツポコポコの3組が出演します。オープニング・アクトには、オトトイの学校のアイドル講座がきっかけになって生まれた、Summer Rocket、・・・・・・・・・の2組が出演。まさにこれぞOTOTOYといったラインナップで〈オトトイのススメ〉8回目を開催いたします。 どのグループもこれから
筆者について
オト トイ (オトトイ)

OTOTOYの運営事務局です。よろしくお願いいたします。

同じ筆者による他の記事