祝還暦! 坂本龍一を祝うトリビュート・アルバムが到着

1978年のデビュー後、 細野晴臣、高橋幸宏とYellow Magic Orchestra(以下、YMO)を結成。以降音楽、映画、出版、広告などメディアを越えた活動を続け、活動の中心をNYへ移してなお国内外ともに活躍する坂本龍一が、なんと今年で還暦を迎えます! 彼の生誕60周年を祝い、スペシャルなトリビュート・アルバムが到着。まずは『坂本龍一トリビュート - Ryuichi Sakamoto Tribute -』。トベタ・バジュンがプロデュースを手掛けた本作はAtom™、半野喜弘、MimiCof、DJ Yogurt、Fugenn& The White Elephants and Shintaro Aoki、Cokiyuら話題のエレクトロニカ・アーティストが参加しています。そして『Congratulations on your 60th Birthday Dear skmts』は、坂本龍一がパーソナリティーを務めるラジオ番組「RADIO SAKAMOTO」(J-WAVE)にて、多くの公募作品の中から選ばれた作品がオンエアされる「Audition」のコーナーを通して出会ったニューカマーたちによる坂本龍一への敬意を表したトリビュート作品。坂本龍一の60回目の誕生日にリリースされる異なる2つのトリビュート・アルバム。どうぞ様々な坂本龍一像を感じとってみてください。

坂本龍一トリビュート - Ryuichi Sakamoto Tribute -

収録曲 :
1. Merry Christmas Mr. Lawrence(トベタ・バジュン)
2. War and Peace(yuanyuan)
3. Riot in Lagos(Atom™)
4. Perticepation Mistique(半野喜弘)
5. 美貌の青空(Ngatari)
6. Self Portrait(Fugenn& The White Elephants and Shintaro Aoki)
7. Ballet Mecanique(MimiCof)
8. 1919(Sabi)
9. サルとユキとゴミのこども(antennasia)
10. Thatness and Thereness(DJ Yogurt)
11. Tibetan Dance(no.9)
12. The Last Emperor(Sabi)
13. The Other Side Of Love (feat. Cokiyu) (トベタ・バジュン)

販売形式 : mp3 / HQD(24bit/48kHz)

Congratulations on your 60th Birthday Dear skmts

収録曲 :
1. ゴリラがバナナをくれる日 (Babi)
2. Out Of The Red (Tsuyoshi Obata / 4D Modulation Studio)
3. IHTOV (Babi)
4. soil (caméra-stylo)
5. a flowing (Saya Nishida)
6. とんぼ (RAKASUPROJECT.)
7. NewYearOfLife (Cube(K5))
8. On Thier Next Steps (The Phonos+Saya Saya Nishida)

【Babiからのコメント】
今回、坂本龍一さんの還暦を祝しまして、RADIO SAKAMOTOを通して出会った方々と感謝と敬意の気持ちを込めてトリビュート・アルバムを制作しました。 坂本龍一さんのラジオ番組RADIO SAKAMOTOでは、多くの方々が楽曲やその他制作物を見聞きしていただく事ができるオーディション・コーナーがあるのですが、その中で、教授からのとても厳しくも愛情のこもった生の声でコメントをいただく事ができるのです。そこを通してアドバイスや意見をいただき、噛み砕き、音への追求をする事の喜びを感じ、そしてまた精進する強い想いが重なって行きます。

私の人生において、素敵な師に出会える事は大きな大きな喜びです。私はRADIO SAKAMOTO、著書やインタビューなどを通して、坂本龍一さんの愛情深く真っ直ぐで熱いお人柄から、音楽の事に留まらず、多くの事を学んでいます。 今回は、若輩者ではありますが、強い感謝と敬意を込めましてトリビュート・アルバムのまとめ係をさせていただきました。また、このトリビュートアルバムの売上はこども音楽再生募金への寄付とさせていただきたく思います。皆で心を込めて作りました。

どうぞお聴き下さい。(Babi)

坂本龍一が最前線に居続ける理由

2012年1月17日、坂本龍一氏が還暦を迎えた。書いておいて何だが、その一文が全くピンと来ないのは僕だけだろうか。commmonsを設立したり、ライヴをUstreamで中継したり、今も時代の最先端にいる。そのため還暦と言われても、実感を持って伝わってこないのだ。とはいえ、活動歴は長いし、残してきた作品も多い。ここでは、1982年生まれの僕の視点から見た坂本氏について語ってみたいと思う。

僕が坂本龍一という人を知ったきっかけは、音楽からではなく、小学校の頃に見たテレビのお笑い番組だった。本当に“アホ”らしい役を演じていて、子供心ながらにタブーなものを見ているような気がしたのを覚えている。次に意識したのは1997年のこと。坂本龍一 featuring Sister Mで「The Other side of Love」をリリースした時だった。それもドラマの主題歌だったので、テレビを見て知った。極めつけは、1999年にリリースされた「energy flow」。三共株式会社のCM曲として使われ、連日のようにテレビで耳にした。同曲を収めた『ウラBTTB』は、累計180万枚を売りミリオン・セラーになり、芸能ニュースでも取り上げられた。以上のことから分かるように、僕の中での坂本龍一像は、テレビを介して伝わってきた部分が大きい。

2000年以降、僕が坂本氏について触れるのは、テレビ以外のメディアが中心になっていった。それは本であったり、レコード・ショップであったり、ネットだった。それらに触れながら、坂本氏の印象は少しずつ変わっていくことになる。最もイメージが変わったのが、2009年に新潮社から発売された『音楽は自由にする』を読んだときだった。坂本氏の自伝といえる同書は、読み物として大変おもしろいものである。坂本氏の天の邪鬼な青春をはじめ、時代に向かい合って生きてきた人ということが伝わってくるのだ。僕は勝手に、スタジオに閉じこもって音楽ばかり作ってきた人というイメージを持っていたが、そうではないことが分かり、新鮮な驚きを覚えた。

学生運動の時代に高校生だった彼は、学校に対するストライキをしている。また、YMOを結成して世界ツアーをしているときは、日本の工業製品が外国を席巻し出した時代だったため、ナショナリティックな役割を演じているように感じたという。音楽産業が右肩上がりだった1994年と1995年には、「ポップなもの」「売れるもの」を作らなければという意識を持って、『スウィート・リヴェンジ』『スムーチー』を作ったそうだ。それらの証言から見えてくるのは、坂本氏が社会の動きとともに活動してきたことである。世の中にコミットしながら、活動してきたこと。それが坂本氏が今も最前線にいる理由でもあり、還暦を感じさせない理由でもあるのではないだろうか。坂本氏がネットで音源を配信したり、Ustreamでライヴを中継することも、今も時代と向かいあって活動していることを如実に物語っている。

不思議なのは、彼の音楽から時代性がそれほど強く漂ってこないことだ。時代に向かいあえば合うほど、音楽にもその時代の色がつくものだと思っていたが、坂本氏の音楽からはあまり感じることがない。それは、他者に届けるということを意識してきたからなのだろう。多くの他者が理解できるようにするためには、具体的なものを抽象化することが有効だ。出来る限り曲を届けることを意識したからこそ、僕のように受動的な人間にも彼の音楽は届いてきたに違いない。

前置きが長くなってしまったが、坂本龍一氏の還暦に2作の音源がリリースされる。1作は坂本氏をリスペクトするアーティストたちによる、トリビュート盤『坂本龍一トリビュート -Ryuichi Sakamoto Tribute-』。トベタ・バジュンを始め、半野喜弘、大貫妙子、cokiyuなど錚々たるメンバーが参加している。各アーティストの色が出たエレクトロ中心の聞き応えのある作品だ。もう1作は、坂本氏がJ-WAVEでやっているラジオ「RADIO SAKAMOTO』のオーディション・コーナーで紹介されたアーティストたちによるトリビュート作品『Congratulations on your 60th Birthday Dear skmts』。この作品は、2011年に自身のアルバムをリリースしたBabiが指揮をとっている。これからの音楽を作っていく新しい芽が作る可能性に溢れた作品である。この2作を聴いて、各アーティストの持つ坂本龍一像が、どう反映されているかを楽しんでほしい。今後も坂本氏がどのような作品を聴かせてくれるのか、還暦をお祝いしながら楽しみに待とう。(text by 西澤裕郎)

左からトベタ・バジュン / 半野喜弘 / Atom™

『坂本龍一 NHK session』

大友良英、大谷能生、ASA-CHANG、菊地成孔、やくしまるえつことのセッションを、特典付きで完全収録!

価格 : 2500円
特典 : 当日の模様を収めたスペシャル・ブックレット

収録曲はこちら

坂本龍一+大友良英「improvisation inspired by Ornette Coleman」
オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏

坂本のピアノは日本ツアーで愛用しているYAMAHA製のMIDI対応グランド・ピアノ。大友のギターはGIBSON ES-125で、アンプはFENDERのBlues Deluxeを改造したもの。事前にメールのやり取りによって、オーネット・コールマンの「ロンリー・ウーマン」をモチーフにすることは決まっていたが、現場では打ち合わせもそこそこにいきなり本番へ突入。まずは互いの音を 探り合うような音の交換が始まり、しばらくしてから大友がテーマを奏でる。それに呼応しつつも余白を十分にとるように坂本がピアノでコードを添えていくが極端に音数の少ない、いわゆる即興演奏と聞いて思い浮かべるイメージとは随分異なる繊細なものである。

坂本龍一+大谷能生「adaptation 02 - yors」
坂本が立てる物音と大谷のラップが織りなすゴダール的な空間

まずは大谷が即興で書いてきたという詩をラップ。そのリズムに合わせながら坂本はステージ上を靴音を響かせて歩き回り、空間の空間の響きを楽しむように手を打つ。さらにはスタジオの隅に置かれていた小さな土のうのような重しを持ち上げて床にたたきつけ、“ドスン”というキックのような低く音圧のある音を出したり、紙をくしゃくしゃにまるめて音を立てたりと、なかなかピアノを弾く気配がない。ようやくピアノの位置についたと思いきや、今度は弦を手で押さえながらの内部奏法を開始。大谷がアルト・サックスを手にブレス中心の……それこそ吹きながらポエトリー・リーディングを続けるようなプレイを展開すると、坂本は今度はピアノ弦をスペアの弦でこすり始めた……。

坂本龍一+ASA-CHANG「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」
エレクトロニック・ドラムで奏でられる「千のナイフ」

ASA-CHANGがセッションのモチーフとして希望したのは坂本の名曲「千のナイフ」。まずはガラガラやシンバル、さらにはタブラボンゴで強烈なリズムをたたきだすと、坂本もそれに応えるようにピアノのボディをたたき、まるでパーカッショニスト同士のセッションのような趣。リズムの交換が終わると、坂本がピアノで「千のナイフ」のイントロを弾き始める。その上にシンセ・ドラムULT SOUND DS-4の持続する上昇音が鳴らされると、急にYMOっぽく聴こえてくるから不思議だ。コードに続いて印象的なメロディがゆっくり奏でられ、そのすき間をさまざまなパーカッションが緩急自在に縫っていくさまはとてもスリリング。

坂本龍一+菊地成孔「adaptation 04 - nkrs」
2人の知性派ミュージシャンが相まみえた歴史的な記録

この番組のために呼ばれたミュージシャンの中では「自分が一番坂本さんの音楽を聴いている」と豪語する菊地は、坂本のアルバム『音楽図鑑』に収録されていた「A Tribute to N.J.P.」を書き起こした譜面を用意。しかし、坂本は逆にマイルス・デイヴィスの「ブルー・イン・グリーン」をモチーフとした演奏を提案。実際に試してみるもののうまくいかず、完全な即興演奏としてもう一度始めたのがこのトラックだ。ピアノとソプラノ・ サックスそれぞれが、本来得意とする音を出しつつも、もつれ合っていくような密度の濃い音響空間が展開していく様子は、ある意味今回のセッションの中では最も即興演奏という言葉が喚起するイメージ通りの作品だ。

坂本龍一+やくしまるえつこ「adaptation 05.1 - eyrs 〜 adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」
独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を

坂本が柔らかなタッチでピアノをゆったりと奏でる中、やくしまるは飴を袋から開けてなめ、ティーカップでお茶を飲み、ペットボトルのふたを開ける。そして軽くほほ笑んだかと思うと、久しぶり会った知り合い……それもかつては深い仲にあったと思われる異性を相手に駆け引きめいた会話を始める。相手の声は聞こえず、やくしまるの声だけが聞こえる様子は、幽霊と会話をしているよう。軽い鼻歌が発せられたと思いきや、今度は英語の朗読が始まる。坂本のアルバム『未来派野郎』収録の「Ballet Mécanique」の歌詞だ。さまざまなアーティストによってカバーされているこの曲に、やくしまるはまた新たな息吹を加えて、この日のセッションを締めくくっていた。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】『君だけの旅路 Re:boot』&『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』
・2018年04月25日・ 再始動と共に進化した楽曲達──Suara『君だけの旅路 Re:boot』、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』ハイレゾ、DSD配信開始 2018年4月26日に『AQUAPLUS』より発売される、PlayStation4、Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。その主題歌を収録したSuara『君だけの旅路 Re:boot』と同作品内の楽曲を中心にセレクトされたピアノ・アレンジ・アルバム、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』のハイレゾ、DSD配信がスタートしました! オリジナル版の発表から12年の時を経て生まれ変わった主題歌と、美しくアレンジされた楽曲群は『うたわれるもの』ファンもそれ以外のかたも必聴です! (Text by 伊達恭平) Suara / 君だけの旅路 Re:boot 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲324 円(税込) / アルバム 1200円(税込)1. 君だけの旅路 Re:boot2. キミガタメ
by 伊達 恭平
変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/