ともに今年がデビュー10周年にあたる2人の歌うたい、畠山美由紀とアン・サリー(しかも誕生日も1日違い! )。彼女たちが、2011年9月11日、日経ホールにて開催した『ふたりのルーツ・ショー』。その名の通り、それぞれ自らの音楽のルーツとなる楽曲をカヴァーした一夜。そして、12月7日にリリースしたオリジナル・アルバム『わが美しき故郷よ』の記憶もまだ新しい畠山美由紀のこの日のライヴの模様を、OTOTOY独占で配信開始いたします。新曲「わが美しき故郷よ」は詩の朗読から歌へとつながる10分に及ぶライヴ・バージョンをノーカットでお届けします。さらにアン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録しました。

故郷の宮城県気仙沼市が3月に起こった震災で大きな被害を受け、母校へ赴き後輩=子供たちの前でライヴを行い、5枚目となるフル・アルバムを完成させた彼女。彼女でなくとも、2011年、自らの原点を見つめ直さざる機が多く巡ってきた方も多かったのではないでしょうか。静かでありながら大きな力を込めて歌う畠山美由紀。彼女の声の魅力を取り逃さずに、そのままこの音源の中に閉じ込めました。日本を代表する歌うたいの魅力溢れる歌声に酔いしれてください。

「わが美しき故郷よ」の朗読、アン・サリーとのデュエットによる「蘇州夜曲」も収録

畠山美由紀 『ふたりのルーツ・ショー -LIVE at Nikkei Hall 2011.09.11-


【配信形態/価格】
DSD+mp3、HQD共にアルバム購入のみ1,500円

【TRACK LIST】
01. ひこうき雲
02. 難破船
03. I Won't Last A Day Without You
04. Each And Everyone
05. Romanticが止まらない
06. Slow
07. わが美しき故郷よ Poem+Song ver.
08. 蘇州夜曲 (アン・サリー & 畠山美由紀 Duet)

<メンバー>
畠山美由紀 (Vocal) / 笹子重治 (Guitar) / 織原良次 (Bass) / 黒川紗恵子 (Clarinet)

Recorded by 高橋健太郎 & 簑島亘司 at 日経ホール 2011.09.11
mixed & Mastered 高橋健太郎 at Memory Lab
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by 沼田学

※歌詞が、原曲と異なっているものもありますが、ライヴ音源のためそのまま収録しています。何卒ご了承下さい。
【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)>ototoy.jpまでお問い合わせください。

アン・サリー & 畠山美由紀『ふたりのルーツ・ショー』

日程 : 2011年9月11日(日)
会場 : 日経ホール
出演 : アン・サリー(Vocal) 、畠山美由紀(Vocal)、笹子重治(Guitar)、織原良次(Bass) 、黒川紗恵子(Clarinet)、中原仁(司会)

セット・リスト

photo by 沼田学

01. All I Want *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
02. ひこうき雲 *(荒井由実) / 畠山美由紀
03. Me And Bobby McGee *(ジャニス・ジョプリン) / アン・サリー
04. 難破船 *(中森明菜) / 畠山美由紀
05. 蜃気楼の街 *(シュガーベイブ) / アン・サリー
06. I Won't Last A Day Without You *(カーペンターズ) / 畠山美由紀
07. Street Walking Woman *(マリーナ・ショー) / アン・サリー
08. You'd Be So Nice To Come Home To *(ヘレン・メレル) / 畠山美由紀
09. Tom's Diner *(スザンヌ・ヴェガ) / 畠山美由紀
10. Each And Everyone *(エヴリシング・バット・ザ・ガール) / 畠山美由紀
11. A Menina Danca *(ノヴォス・バイアーノス) / アン・サリー
12. Vou Deitar E Rolar (Quaquaraquaqua) *(エリス・レジーナ) / アン・サリー
13. Bridge Over Troubled Water *(S&G -アレサ・フランクリン-) / アン・サリー
14. Romanticが止まらない *(C-C-B) / 畠山美由紀 (chorus アン・サリー)
15. ゴンドラの唄 *(ちあきなおみ) / アン・サリー
16. Carta de Poeta *(エルゼッチ・カルドーゾ) / 畠山美由紀
17. 機関車 *(小坂忠) / アン・サリー
18. SLOW *(RUMER) / 畠山美由紀
19. For Once in My Life *(スティーヴィー・ワンダー) / アン・サリー
20. わが美しき故郷よ -Poem+Song ver.- (original) / 畠山美由紀
21. 新しい朝 (original) / アン・サリー
22. 蘇州夜曲 (詩 : 西條八十・曲 : 服部良一) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet
〜encore〜
23. Help Me *(ジョニ・ミッチェル) / アン・サリー & 畠山美由紀 Duet

*(オリジナル・アーティスト)

>>>「ふたりのルーツ・ショー」ライブ・レポートはこちら

ソロ・デビュー10周年を飾るスタジオ録音『わが美しき故郷よ』配信中

畠山美由紀 / わが美しき故郷よ

故郷を気仙沼にもち、その故郷への愛をただひたすら綴る畠山美由紀の散文詩「わが美しき故郷よ」をタイトルとした畠山美由紀のスタジオ録音版! 圧倒的な演奏力を制する様な畠山美由紀の歌声には脱帽する。

【TRACK LIST】
01. その町の名前は / 02. 風の吹くまま / 03. What A Wonderful World / 04. Moon River / 05. わが美しき故郷よ ―朗読― / 06. わが美しき故郷よ / 07. 教えて、ママ / 08. Over The Rainbow / 09. 浜辺の歌 / 10. 花の夜舟 / 11. Untitled / 12. ふるさと

>>>『わが美しき故郷よ』完成! 畠山美由紀インタビュー・ページこちら

『わが美しき故郷よ』TOUR 決定!

2012年2月5日(日) @福岡 イムズホール
17:00 open / 18:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : HANABI (TEL 092-531-1199)

2012年2月6日(月) @大分 アートプラザ
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き)
問い合わせ : gallery blue ballen(TEL 0977-84-4968)

2012年2月16日(木) @名古屋 TOKUZO
18:00 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 整理番号付き / オーダー別)
問い合わせ : ジェイルハウス(TEL 052-936-6041)

2012年2月17日(金) @大阪 BIG CAT
18:30 open / 19:00 start
4,500円(税込 / 全席自由 / 整理番号付き / ドリンク代別)
問い合わせ : 清水音泉(TEL 06-6357-3666)

2012年2月19日(日) @岡山 ルネスホール
16:30 open / 17:30 start
4,500円(税込 / 全席自由 / ドリンク代別)
問い合わせ : 城下公会堂(TEL 086-234-5620)

2012年2月23日(木) @渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
18:30 open / 19:00 start
5,800円(税込 / 全席指定)
問い合わせ : ホットスタッフプロモーション(TEL 03-5720-9999)

【バンド】
中島ノブユキ(Pf)、小池龍平(Gt)、栗原務(Ds)

PROFILE

畠山美由紀

1972年8月18日 宮城県気仙沼生まれ。

1991年上京後、10人編成のダンス・ホール楽団、Double Famousのヴォーカリストとして活躍する中、ゴンザレス鈴木率いるSOUL BOSSA TRIOのフィーチャリング・ヴォーカリストとしてCDデビュー。その後、ギタリスト・小島大介とユニットPort of Notesを結成。Port of Notes、Double Famousの活動を続けながら、2001年9月シングル「輝く月が照らす夜」でソロ・デビューを果たす。現在までに4枚のオリジナル・アルバムの他、カバー・アルバム、ライヴ・アルバム、ライヴDVDなど多数作品を発表。ヴォーカリストとして、他アーティストの作品、トリビュート・アルバム、映画音楽等の参加も多い。また、ソロ・デビュー時から、キリスト品川教会グローリア・チャペルにて毎年行われているプレミア・ライヴ“Live Fragile”のチケットは、毎公演即日完売。同世代の女性をはじめ、本物の音楽を聴きたいという音楽ファンたちから圧倒的な支持を受けている。

CM曲やナレーション参加も多く、これまでに、小田急ロマンスカー、女性化粧品「Obagi」、ハウス「こくまろカレー」、プラチナ・ギルド・インターナショナル「サンクスデイズ・プラチナ」、Honda「LIFE」、HITACHIやJR西日本企業CM、パナソニック「LED電球EVERLEDS」のTVCMソングや、KOSE「薬用 雪肌精」TVCMナレーションなどを担当している。また、2007年には、ヱビス「ザ・ホップ」TVCMに自身が出演し、話題となった。

生きる歓びと悲しみ、目に見えない豊かな世界、畠山美由紀の歌声の中には、この人生をより愛おしく生きるための確かな手触りがある。2011年9月、ソロ・デビュー10周年を迎え、ますます、聴く人の心に寄り添う歌をうたっていく。

畠山美由紀 official website
アルバム『わが美しき故郷よ』 official blog

o

 
 

その他

[OTOTOY]・1968年08月23日・特定商取引法に基づく表示 更新:INSERT::MTIME 「特定商取引に関する法律」に基づき以下に明示いたします。 販売業者 オトトイ株式会社 所在地〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-11-11 松涛伊藤ビル 連絡先電話: 03-5829-8371電子メール: info{atmark}ototoy.jp 販売責任者 竹中 直純 料金 商品価格は権利者であるアーティスト、レーベルとの取り決めにより決定しております。 お支払い期限 各種チャージは都度決済で即時です。 商品引渡時期 ダウンロード商品の場合、決済後速やかにトラックデータ(以下コンテンツ)ファイルがダウンロードできるようになります。ハイレゾプレイバックについては決済後直ちにスマートフォンでの高品質再生が可能となります。 キャンセルおよび返金 販売形態の特質上、決済完了後のキャンセルや返金に応じることはできません。ただし下記のコンテンツデータの瑕疵についてはこの限りではありません。 不良品の取り扱い 何らかの理由でコンテンツデータがダウンロードできない、ダウンロードしたデータが有効でない、端末が対応していない、などの理由により問題が生じた場合、個
by オトトイ
3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)
[CLOSEUP]・2017年02月28日・3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)!!!! 今はちょっとお休み中の富士山ご当地アイドル、3776とOTOTOYが、5月14日(こいよ)にイベント開催決定! そうです、下北→渋谷→新宿と伝説のワンマンを撒き散らしている3776×OTOTOY企画のvol.4 復活ライブ東京編! タイトルはズバリ『3776514』(みななろこいよ)。 3776の盟友、そして今ノリにノってるamiinAと、BELLRING少女ハートから改名した話題沸騰中のThere There Theresを迎えてo-nestで開催です。ちょっと豪華過ぎなので、チケット即日完売必至の予感… みんな、こいよーーーー!!! さらには、『3776514』(みななろこいよ)開催記念として(?)、3776の名作『序曲』がハイレゾでリリース決定。3776のハイレゾで、石田Pのこだわりを堪能してください! 5月14日はo-nestに集合!3776×OTOTOY企画 vol.4 3776復活ライブ東京編『3776514』(みななろ来いよ)'【日時】2017
遅れてきた韓流? 大型新人Nulu Pong『五反田』でデビュー!!!
[CLOSEUP]・2013年01月01日・ おくれてきた韓流アイドル(?) Nulu Pongを元旦の五反田駅にて発見!! 歌謡調のデビュー曲Nulu Pong / 五反田1. 五反田 2. 五反田(カラオケ・バージョン)【価格】=3,990円 ⇒ 200円※期間限定プライス(2013年12月31日まで)【豪華特典】'''①Nulu Pongの生声着ボイス5種 (おはよう / おやすみなさい / 五反田 / 坊主 / 時報)②手書き歌詞カード③ジャケット写真④拇印つき誓約書(紅白歌合戦出場への誓約書)⑤Nulu Pongファンクラブ会員証 (※会員証は後日郵送いたします。DLしたフォルダ内のテキストに従い、お届け先をご連絡ください) Nulu Pongの噂 1、Nulu Pongと書いて“ぬるぽん”と読むらしい2、五反田に毎日出没するらしい3、2013年の紅白歌合戦に出演しなければ引退するらしい4、日本語をしゃべるらしい5、土下座が得意らしい 五反田駅でNulu Pongを発見(2013年1月8日追加) >>>Nulu Pongの情報求む!! ここからつぶやいてください!!
by ?
24時間限定!sleep warp過去作36曲フリー・ダウンロード
[CLOSEUP]・2012年10月30日・ sleep warpが、2年間の活動休止期間を経て、ついに復活! 活動再開にあたり、なんと過去に発表した全36曲のフリー・ダウンロードを10月30日の1日限定で敢行。そして、あまりにも大好評だったため、もう1日だけ、11月14日に全36曲のフリー・ダウンロードをやっちゃいます。さらには、12月に発売予定のアルバムから「8月のモノクローム」(3年ぶりの新曲! )に引き続き、「星のレプリカ」も発売。OTOTOYでは、HQD(24bit/48kHzの高音質wav)でお届け。今、再び仕掛けるsleep warpに要注目です! sleep warp / 星のレプリカ販売形式 : HQD(24bit/48kHzのwav)価格 : 200円sleep warp / 8月のモノクローム販売形式 : HQD(24bit/48kHzのwav)価格 : 200円 動き出す季節へ 聴き手を暖かな春のひだまりに連れ出すような楽曲である。ぽかぽかとした春の日差しのごとき歌声と音が降り注ぐ。どこか浮世離れした夢見心地な雰囲気を感じもする。約2年に渡る活動休止期間を経て活動を再開する、sleep warpが12月にリリースを予定している
by 小澤 剛
KOTOがOTOTOYをジャック!
[CLOSEUP]・2016年04月01日・ KOTOからOTOTOYを取り戻しました。
秋期講座申し込み受付中!!
[POWERPUSH]・2014年11月13日・パート別解析でアレンジをモノにしてみましょう! 今週おすすめしたい講座は、11月15日(土)に開催されるぺぺろんPのアレンジ学園です!! コンピュータで作曲したいというすべての作曲者に向けて、必要な知識や役立つテクニックを、確かな教授法でお伝えしてきたぺぺろんPこと虹原ぺぺろん。今回は受講生からのリクエストが多かった、楽曲のアレンジ術、リミックス術をテーマに講座を開講! 例えば、ギター、ピアノ、ドラムやベースなど、パート別に、どのパートをどういじると、どのように曲は変わるのか、伴奏づくりのテクニックや考え方を、ヒット曲などを題材に分かりやすく解説します。また、“アレンジする”という視点から楽曲をとらえ、その上で役立つ音楽の基礎理論や楽器の知識も解説。講座内容は既存曲のリミックスにももちろん応用可能。曲の表情を大きく変えるアレンジ(=伴奏)を制覇し、この秋もまた1つ、コンポーザーとしての階段を登りましょう。
エレクトロニカの注目アーティストを紹介
[POWERPUSH]・2014年07月03日・美しいレイヤーと“音”による風景作品ーー日本のエレクトロニカ・シーン注目2作品を紹介! 日本のエレクトロニカ・シーンを根底から支えつつ、鋭い作品を発信し続けるレーベル、“PROGRESSIVE FOrM”、“moph records”。その両レーベルから気鋭のアーティストらによる2作品がリリースされた。どちらの作品も内容、向かう方向は違えど、聴く人々のどこかに確実に引っかかるような良作であることは確かである。今ページでは両アーティストの作品と彼らがそれぞれ所属するレーベルの他作品を紹介していきたい。 LASTorder / Allure(24bit/48kHz) 今年初めにリリースされたPROGRESSIVE FOrMのコンピレーション『Forma. 4.14』にも参加した、今最も期待される若手アーティストのひとりであるLASTorder。郷愁と未来へと誘うエレクトロニカと称され、19歳までの楽曲をコンパイルした1stアルバム『Bliss in the loss』の良質なエッセンスを踏襲しつつも新たに書き下ろされた本作では、一聴して心に留まるメロディー・メイキングにおいても、緻密なビート・プロダクションに
11月13日(水)21:00より、HAPPY BIRTHDAYのUstream番組「秘密のじかん」第6回を放送!! 劇団ロ字ックがゲストで登場! 「ブスにまつわるエピソード」をなんでも募集中!!
[POWERPUSH]・2013年04月23日・ INTERVIEW : きさ、あっこ(HAPPY BIRTHDAY) 人が成長していく姿を見ることは、とても楽しい。HAPPY BIRTHDAYの2人に出会って、その喜びを身をもって教わり続けている。会うたびに違う顔を見せてくれるかと思えば、思いがけないことをやってのけたりもする。その瞬間瞬間で学んだことを咀嚼して新しい道を作っていく姿は、とても頼もしい。だけど、その裏には多くの苦悩やつらい思いがあることも事実だ。それを乗り越え続けてきているのは、彼女たちが作った道を一緒に走ってくれるリスナーやファンの存在だ。 HAPPY BIRTHDAYのライヴにいくと、女の子の多さに驚かされる。そして、ライヴ中に涙を流している女の子たちの素直さにも胸をうたれる。HAPPY BIRTHDAYという存在は、多くの女の子たちにとって大きなものなのだろう。そうした支持の大本にあるのは、きさとあっこが、自分たちの想いや創作意欲にまっすぐに向かいあっている姿勢に違いない。このたび、その姿と成長を記録しておきたいと強く願い、2人への取材をお願いさせてもらった。いまからでも遅くない。一緒にその姿に目を向けてみてほしい。 インタビュー
by 西澤 裕郎