ムーンライダーズのニュー・アルバムを高音質で!

デビュー35周年を迎えた日本のキング・オブ・オルタナティブ・ロック・バンドの最新作

ムーンライダーズ / Ciao!

1. who's gonna be reborn first? / 2. 無垢なままで / 3. .Mt.,Kx / 4. ハロー マーニャ小母さん / 5. Pain Rain / 6. 折れた矢 / 7. Masque-Rider / 8. オカシな救済 / 9. 弱気な不良 Part-2 / 10. 主なくとも 梅は咲く ならば(もはや何者でもない) / 11. ラスト・ファンファーレ / 12. 蒸気でできたプレイグランド劇場で

配信形式 : HQD(24bit/48kHzのWAV)、mp3
価格 : HQD、mp3共に2000円


アルバム『Ciao!』未収録の新曲「Last Serenade」無料配信は2011年12月31日まで!

ムーンライダーズ / Last Serenade
作詞・作曲・編曲 : roomdiners
ファイル形式 : HQD(24bit/48KhzのWAV) / mp3の2種類
期間 : 2011年11月11日(金)午後11時11分〜2011年12月31日(土)午後11時59分

>>「Last Serenade」のフリー・ダウンロードはこちら

ムーンライダーズの活動休止へ寄せて

既報のとおり、ムーンライダーズは今年2011年をもって無期限活動休止となる。オフィシャル・サイトの声明文には解散という文字はないが、おそらく、現メンバーで今後アルバム制作、ライヴ活動をすることは当面ないと考えていいだろう。12月にリリースされるニュー・アルバム『Ciao!』が、まさに最後のオリジナル作になる。そして、そのリード・トラックとしてダウンロードされるのがこの「Last Serenade」だ。

彼らのかくも長い活動を追いかけている人なら先刻ご承知のように、彼らは前身バンドのはちみつぱい時代を含むと約40年ものキャリアを数えている。その間、もちろん活動を休止していた時期もあったし、決して順風満帆とはいかない時代もあっただろうが、少なくとも現在のメンバー――鈴木慶一、岡田徹、武川雅寛、かしぶち哲郎、鈴木博文、白井良明――に落ち着いてからというもの、常に一定のクオリティと体温のままシーンのど真ん中で居続けてきた。おまけに、同じような作品を延々作り続けていたわけではなく、作品ごとにアングルを変え方法論を変え、しかも時代の先端を切り取るような作業を続けてきたのだ。そう、実に約40年もの間。そのセンスと好奇心とバイタリティはどう考えてもすさまじいものと言える。

個人的に敬服しているのは、そんな長いキャリアの彼らも、実は今現在がバンドにとって頂点であるということだ。例えば90年代は彼らにとって決して最良のシーズンだったとはいえなかった。レーベルを転々とする中で、もう一つ方向性を模索していた印象がないわけでもない。だが、00年代の幕開けと共に、彼らはポップでありながらも攻めを見せたエッジーな作品を立て続けに発表するようになった。旧作のリイシューが進んだのも00年代以降のことだが、若い世代からお手本になったことも大きな推進力になったかもしれない。自身のレーベル=ムーンライダーズ・レコードを立ち上げ、順調に作品をリリースする一方で、メンバーそれぞれのソロ・ワークスに今一度しっかりと脚光が集まるようにもなった。そう、日本の音楽シーン発展の立役者はムーンライダーズにあり、なのだ。 だが、いい加減にもう解放してあげてもいいのではないかと思う。鈴木慶一以下彼ら6人が、この40年近くの間、どれほど自身の肉体と頭脳をなげうって日本の音楽の底上げに貢献してきたか。そう思えばこそ、アラカン(アラウンド還暦)の彼らには、もうレジェンドの称号にも縛られずのびのびと自由に音楽活動にいそしんでもらいたいと願う。いや、間違っても隠居や退官を強いているのではない。彼らにこれからもよりヴィヴィドで豊かな活動をしていってもらうには、ムーンライダーズという老舗の看板をいったん下ろしてあげることが必要なのかもしれない、ということだ。キャリアというのはもちろん強力な武器ではあるが、時として足を引っ張ることにもなる。

この「Last Serenade」はそんな彼らの本音をほんの少し垣間みることができるナンバーだ。イキのいいビート・チューンでもないしロック・ナンバーでもない。バラードはバラードでもタイトルに相応しい感動的な1曲とは少し様相も違う。どうやって作ったのか、と思えるような断面を持った、実にユニークで複雑な作業によって産み落とされた彼ららしい楽曲だ。だが、これが彼らからの回答なのだろう。活動休止?だから?So What? そんな飄々とした、でもほんのりとしたほろ苦さを持った彼ららしい1曲である。

鈴木慶一からは今でも会うたびに「●●の新作っていい?」「●●の来日はやっぱり見に行くべき?」などと聞かれる。それはデビューしたばかりのアメリカのインディー・バンドだったり、日本の若手クリエイターだったりすることが多い。近年だけでもトクマルシューゴや相対性理論ら精鋭たちをいち早く共演相手に抜擢し、曽我部恵一からダンボール・バットまでネーム・ヴァリューにとらわれない現場でプロデュース・センスを発揮してきた鈴木慶一は、60歳になってもデビュー当時と変わらぬ切れ味で音楽に攻めているのだ。おそらくそれはこれからも変わらないだろう。

おつかれさまでした。どうもありがとう。でも、これからもどうぞよろしくお願いします。今はムーンライダーズの6人にそう伝えたい気持ちでいっぱいだ。(text by 岡村詩野)

ムーンライダーズ 無期限活動休止のお知らせ

いつもムーンライダーズへご声援を賜りまして、ありがとうございます。

今年はアルバム「火の玉ボーイ」でデビューしてから35年目の節目の年でした。震災の影響で順延いたしましたが、5月5日には、ゆかりのゲストをお迎えした、記念の「火の玉ボーイコンサート」を開催し、多くの皆様に、ご来場いただきました。その後、アルバムの制作に入り、12月には新作アルバムのリリースと大阪、東京でのライヴを開催いたします。

そんな「進行形」のさ中、メンバー間での話合いの結果としまして、本年末をもってムーンライダーズはバンドとしての活動を無期限で休止する事になりました。

バンドの歴史と共に、長く、深く、聴き続けて、支えて、愛してくださった皆様のお陰で、35年もの間、ムーンライダーズは活動できました。

心より、お礼を申し上げます。

12月には新作アルバムのリリースに加え、大阪と東京でライヴを行います。是非、この、ムーンライダーズのライヴに足をお運び下さいませ。会場で皆様にお目にかかれればと存じます。

今後も、メンバーのソロ活動などに、ご声援をいただければ幸いです。

2011年11月11日 満月の日に
ムーンライダーズメンバー 一同



12月7日、最新アルバム『Ciao!』をHQDでリリース!

アーティスト : ムーンライダーズ
アルバム・タイトル : Ciao!
2011年12月7日(水)発売(配信は先行での販売 / CDは12月14日(水)発売)
品番 : XPCA-1015
価格 : 3,200円(税込)
全12曲収録
販売形式 : mp3 / HQD(24bit/48kHzのwav)

ライヴ会場、通信販売限定のアナログ盤もリリース決定。
2枚組LP『Ciao!』
価格 : 4,000円(税込)
※アナログ限定の組曲「Ciao!」(仮)が収録されています。

ムーンライダーズ Archives


Here we go'round HQD
2009年9月1日発売

6ヵ月連続でリリースした配信限定シングルを、OTOTOY限定シングル・コレクション『Here we go'round HQD』として、HQD(24bit48KHzのWAV)ファイルで高音質配信。購入者特典は、配信形態では入手不可能だった歌詞入りのウェブ・ジャケットです!

収録曲はこちら





ムーンライダーズLIVE情報

活動休止直前ライブ「Ciao! THE MOONRIDERS」

【大阪】
2011年12月13日(火)@なんばHatch
18:30開場 / 19:00開演
(問)SMASH WEST 06-6535-5569

【東京】
2011年12月17日(土)@中野サンプラザ
18:00開場 / 18:30開演
(問)キョードー東京 0570-064-708

※チケット代:7,350円(税込)
※大阪公演のみ1ドリンク込

PROFILE

1976年、鈴木慶一とムーンライダーズ名義のアルバム『火の玉ボーイ』でデビュー。メンバー全員がソングライターであり、プロデューサーである希有なバンド。常に新しいサウンドとテクノロジーを導入して、先鋭的な作品を発表。ライブでも、実験的な演出を数多く試み、人々に大きな影響を与えた。 2005年には自らのレーベル”moonriders records”を立ち上げ、作品を発表している。

>>ムーンライダーズ・オフィシャルweb

o

 
 

コラム

スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
筆者について
岡村 詩野 (ms.KITTEN)

ライターをやりながら、3ヶ月に1冊ペースで自主制作の音楽雑誌『KITTEN』なんかも作っています。

KITTEN webhttp://www.kittenmagazine.net/

同じ筆者による他の記事