Friends INTERVIEW

結成から間もない時期に制作したデモ音源が、海外のインディー音楽サイトなどで取り上げられ、そこから火が付くというパターンは近頃よくあるが、それを“よくある出来事”にしたのはHOTEL MEXICOをはじめとする多くの原石を発掘したSECOND ROYAL RECORDSの功績と言っていい。その次なる注目株はFriendsという3ピース・バンドだ。

海外から逆輸入的に盛り上がったという事実こそ、インディー・マニアの間ではメジャーなことかもしれない。だが、彼らのこれまでの歩みを細かく聞いてみると、ソーシャル・ネットワークをうまく活用していたことなど、そこにはとても興味深い経歴があった。さらに今回リリースされるファースト・アルバム『Let's Get Together Again』はサウンド、ミックスがかなり斬新であり、ドリーミーでローファイな質感を出すために、相当なこだわりを持っていることは音源を聴けば明らかだろう。そのあたりも含めて、金子尚太(vo、g)と三澤慶一(ds)の2人に話を聞いた。

インタビュー&文 : 田山雄士

>>「I Think I Love You」のフリー・ダウンロードはこちら(ダウンロード期間 : 9/21〜9/29)



Friends / Let's Get Together Again

1. I Think I Love You / 2. Since I Made A Mistake / 3. Make It Better / 4. When I'm Asleep / 5. Someone New / 6. You Are So Dirty / 7. Our Love Is True / 8. Hope You Were Mine / 9. Good For Us / 10. Cruel Sea


Twitterで知り合ったんです

――今日はベースの土屋さんがベトナム旅行中とのことで、なんだかすごく自由な感じなんですけど(笑)。まだ大学を卒業したばかりとかですか?

金子尚太(以下、金子) : そうです。僕は在学中、シドニーに10ヵ月間語学留学をして、そのあと関西の大学を卒業したので、1年多く学校にいました。
三澤慶一(以下、三澤) : 僕が今22歳で大学4年です。土屋は大学2年だっけ?
金子 : うん、今年ハタチになったばかり。かなり自由ですね(笑)。

――皆さん若いんですね。金子さんは神戸出身だそうですが、三澤さんと土屋さんは東京ですか?

金子 : はい、そうです。僕も今は東京に住んでます。就職をするタイミングで上京したんですよ。でも、最近辞めたんですけどね。

――あ、そういうことだったんですね。

金子 : はい、仕事は全然音楽とは関係ないことだったんですけど。

――じゃあ、最初はミュージシャン志望ではなかったんですか?

金子 : そうなんですよね。えっと、就職活動中にも個人的に作曲とかはしてはいました。バンドとして音楽をやろうと思ったのが2010年の5月ですね。6月末に企業から内定をもらって、そこからちゃんとライヴもやろうと。

――その前はバンド活動はやっていなかった?

金子 : 一応サークルではやってて、オリジナル曲も留学中にやってたんですけど、なんとなくでしたね。でも、バンドをやりたい気持ちはずっとありました。

――なるほど。いざ東京に出てきて、今のメンバーとはどういうところからバンドを組むことになったんですか?

金子 : Twitterで知り合ったんですよ。まず、東京に出てきたときには僕はもうSecond Royalに所属してたんです。それで上京後にライヴをやることになって、そのタイミングで募集をかけました。

――え? Twitterでですか?

金子 : そう。そこから知り合いの知り合いみたいな感じでつながって(笑)。
三澤 : もともと、彼の直接のフォロワーではなかったんです。僕の知り合いがリツイートしてたのを見たのがきっかけですね。

――「メンバー募集します! よろしくお願いします! 」みたいな?

金子 : もっと軽いですね。「やりたい人いませんか~? とりあえず、音源を聞いてもらってやってみたい人いればぜひ」くらいの。

――Twitterで結成っていうのは初めて聞いたかも。今っぽいですね。ということは、わりと1人で録っていた音源があったと。

金子 : はい。今までに録音をしてるものはほぼ僕1人で作ってますしね。

――ちょっと時系列が前後しますが、セカロイに所属するきっかけは?

金子 : それもほぼTwitterなんです(笑)。もともと、その前に録音はしてたんですよ。ちゃんとした録音ではなくてスタジオからの流れみたいなものですけど、それをファイルにしていろんなところにメールで送ってました。

――デモテープを送るようなことですよね?

金子 : そうです。そしたら「ちゃんとした音源が欲しい」っていう人が多くなってきて、なんとかしないといかんなと思って、オークションで安いMTRを買って録音をしたんです。それで初めて録音した曲をサイトにアップしたら、なぜかすぐに海外のブログで取り上げられて。最初にリリースしたカセット・テープに入ってる「We'll Never Stay Together」がその曲です。

――そのへんもめちゃくちゃ今の時代ならではですね。

金子 : そうかもですね。そういうのを3曲くらいアップしたときに、スウェーデンのNO MODEST BEARっていうけっこう有名なサイトに僕らのことが載って、それを見た誰かが僕らが日本人だということに反応してTwitterでつぶやいて、そのつぶやきを見た元Friendsのベースをやってくれてたzico(ジーコ)さんっていうDJの方がまた同じ内容をツイートして、さらにzicoさんのフォロワーにセカロイの小山内(信介)さんがいたんですよ。

――ん…?? その日本人は海外に住んでいる方ですか?

三澤 : いや、日本にいる方でしたね。
金子 : 最終的にそれを見た小山内さんが僕のフォロワーになって、いきなり声をかけてきたっていう(笑)。2010年の10月かな。そのあとにライヴを観に来てくれて、終演後に「すごくよかったから、これから応援していきたい」って言ってくださったんです。

――面白いですねぇ。TwitterはFriendsにとって相当大きなものだったんですね。

金子 : すごいものですね。
三澤 : 確かにね(笑)。

――その頃はまだお2人も知り合いじゃなかったんですもんね。

三澤 : そう。ただ、僕は友達がFriendsの存在を知ってて、何度か関西で観たことがあるとかそういう情報を聞いてたので、メンバー募集のときにわりとすぐ反応できたのはありますね。
金子 : ベースの土屋も同じタイミングで加入しました。僕はけっこうワンマンなので、とにかく音源と楽譜を15曲ぶんくらい送り付けて(笑)。

――こんな言い方も変ですけど、NO MODEST BEARに載ることができた理由というか、どうして気付いてもらえたと思いますか?

金子 : たぶん、Bandcampですね。その2010年の夏頃って、日本のバンドでBandcampをやってる人があまりいなかったと思うんですよ。だから、それが最初のきっかけかもしれないです。Bandcampを勧めてくれたのって、実はアメリカのCrocodilesのBrandon Welchezなんです。彼がやってるZoo Musicっていうレーベルに「音楽活動のアドバイスをください」みたいな連絡をしたら、いろいろ教えてくれて。

――それはすごいですね! そこは語学力を生かして、英語でやり取りをして。

金子 : ま、一応そうですね(笑)。

――そんな流れがあって、どのあたりからアーティスト/ミュージシャンとしての意識が芽生えてきましたか?

金子 : 少なくともその「アドバイスをください」って言ってた時点で、もうリリースができるんじゃないかなって思ってたところはありますね。それでも、まだちょうど1年前の話ですけど。

――面白いバンドですね。取材でこんなにTwitterの話をしたのも初めてだし。

金子 : しかも、発見したりされたりするのもけっこう早かったので。

日本のバンドがやってないような音にしたかった

――バンドの結成は正式にはいつになるんですか? メンバーの変遷はけっこうあったんですよね?

金子 : かなり変わってます。2010年の6月くらいに関西で結成したのがいちばん最初ですね。メンバーが変わりながらも続けてたんですが、それをひとまず終了させて、東京でバンドを固めていこうと思ったんです。今のメンバーになったのは、上京してすぐの2011年4月ですね。

――じゃあ、まだ間もないですね。あとはバンド名なんですけど、Friendsってイギリスにも同名のバンドがいるじゃないですか。そういうのって関係あったりしますか?

金子 : いや、僕… 知らなかったんですよ(笑)。

――知ってたら付けないですよね。バンド名が探しにくいというか、検索しにくい気がするんですけど、なぜこの名前にしたんですか?

金子 : インディーっぽいのにしたくて、あるときBeach Boysの曲名から取ろうと思ったんですよ。でも、曲名を見たらピンとくるのがなくて、結局はアルバムのタイトルから取りました。

――でも、バンド名はかぶっているっていう(笑)。

三澤 : あははは。
金子 : しかも、けっこういる(笑)。アメリカにも2、3バンドくらい。

――Brother → Viva Brotherの例とかありますからね。大丈夫だとは思いますけど。今のメンバーになってからはライヴはまだあまりやっていないんですか?

金子 : けっこうやりましたよ。何回くらいかな?
三澤 : 10回やってないくらい?
金子 : 関西から数えると、トータルで20回とかですかね。

――最近の若いバンドって、ライヴ数本のうちにデビューするのがよくある話だなと思っていて。もちろん、芸能的な人は別ですけど。

金子 : 海外はライヴをやる前にデビューって多いですよね。僕ら、集客は全然まだまだですよ。
三澤 : 今はまだインディー・マニアみたいな人だけが反応してくれてる状況ですね。でも、最近は徐々に広がっていってるとは思います。最初は僕や金子さん周りの知り合いが観に来てくれてただけだったんですけど、知り合いを通してどんどん広がっていってる気はします。ライヴも違う畑の人たちとやらせてもらえるようになってるし。
金子 : 『ジャパンタイムズ』のアメリカ人の記者の方がほぼ毎回来てくれてて、海外の人にも聴いてもらえる音楽なんだなって。

――今回のファースト・アルバム『Let's Get Together Again』は個人的にも好きなタイプのサウンドなんですけど、NO MODEST BEARに取り上げられた時期と今とでは、音の変化はありますか?

金子 : 方向性はほぼ変わってないですね。シドニーに留学中してるときに、アメリカのExplorers Clubっていうバンドの音源をよく聴いてたんです。めっちゃBeach Boysみたいな音なんですよ。海も好きでよく行ってたし、そういう雰囲気をやってみたいのはまずありましたね。で、就活のときにBest Coastの「When I'm With You」に出会うんですが、そのときに思ったのがなかなか簡単に作ってるなというか、難しそうなジャンルをうまくやったなって感じて、自分もやってみたくなったんですよね。でも、あまりにもかぶったら嫌なので、違いを出すようにして。

――違いはどこで出そうとしましたか?

金子 : やっぱり、ディレイかけたシューゲっぽいギターですかね。漂ってる、流れてるように聞こえる感じというか。Best Coastってわりとギターがジャキジャキしてるじゃないですか。その逆を行こうと思いました。ベースはそこそこ動いて、ハモリっぽいフレーズも入れたり。

――初めてのアルバムの制作作業はいかがでしたか?

金子 : いやー、苦労しましたね。最初に「3日間で作って」って言われたんですよ。

――小山内さんに?

金子 : そうです。「1人やったらできるやろ? 」みたいな(笑)。ドラムは全部打ち込みなんですよ。カセットのときとかのデモの状態に合わせた感じで。

――あ、じゃあ今回のアルバムは金子さんがほとんど1人で作ったんですね。

金子 : 1人ですね。メンバーが入ったのはそのあとです。挑戦してみたんですけど、3日目の時点で声が出なくなっちゃって。コーラスも歌も全部やってたから。結局、レコーディングは4日間に延ばしてもらいました。

――ミックスがかなり独特だと思いました。前にリリースされたコンピレーション盤『SECOND ROYAL VOL.6』のときの音と全然違いますよね?

金子 : 違いますね。今回は自分好みの音にできました。日本のバンドがやってないような音にしたかったんですよね。

――最初「これって本ちゃんの音源ですか? 」ってSECOND ROYALに確認しちゃいましたもん。大胆なミックスですよね。

三澤 : ギターがコーラスと間違うくらいの色合いで入ってて、大好きですね。
金子 : 完全に狙って作りました。もし音がクリアだったら、何がしたいんかわからないんじゃないかと思ったんですよね。イメージは初期Best Coastです。

――Hotel Mexicoとかと比べると、Friendsってもっとロックっぽいですよね。「Since I Made A Mistake」のリズムもそんな感じがして。クラシカル・ロック的な懐かしさも随所にあるし。

金子 : そうですね。Friendsを組む前はクラブとかもほとんど行ったことがなかったですし、踊れる曲は難しいんですよね。僕らは曲も短いし。

――曲は短くしたかったんですか?

金子 : パンクみたいにすぐに曲が終わる方が好きなんですよね。展開が無駄にあって長いバンドが最近多くないですか? 1曲をめちゃくちゃ大切にする人たちが多い気がするんですよ。だから、逆の方が新しいかなって。パンクだと聴いてたのはNOFXとか、No Use For A Nameとか。

――三澤さんはどんな音楽が好きなんですか?

三澤 : 僕は基本フォーク、カントリー、オルタナが好きです。サポートでもう1つバンドをやってるんですけど、そっちはエレクトロだし、Friendsのサウンドはあまり自分の中にはなかったものだから新鮮ですよ。好きなアーティストはAntlers、Neon Indian、Digitalismとかかな。

――やっぱり洋楽の影響が強いんですね。逆輸入的に人気のセカロイですけど、逆じゃない方でもっと浸透してほしい気持ちもあります。

金子 : そうなんですよ。なんとか聴いてもらえたらなと思います。口コミでどんどん広まってほしいですね。

RECOMMEND


Miila and the Geeks / NEW AGE

LOVE AND HATESとしても活動するmoe率いる3ピース・バンドMiila and the Geeks。シンプルなようでひねりの利いたギターとドラムに、クレイジーなサックスが吹き荒れる。NYポスト・パンク/ノー・ウェーヴのクールさと90年代オルタナティヴのルーズさを受け継いだ、DIYを地でいくローファイなサウンドや空気感が詰まったファースト・アルバム。


HOTEL MEXICO / His Jewelled Letter Box

京都発の6人組バンド、HOTEL MEXICO。DE DE MOUSEやThe xxのフロント・アクトを務めるほか、PitchforkやFADERといった海外ブログでも取り上げられ、驚異の勢いで活躍中の彼らのデビュー・ミニ・アルバム。煌めくチル・サウンドが心地良い作品。

HOLE

アナ

Album ¥1,500


アナ / HOLE

サンプリング・ミュージックからの発展を遂げたダンサブルなサウンド・アレンジ、センチメントな唄心、真っ直ぐ染み入る歌詞、そしてカラフルなハーモニーがこれでもか! と押し寄せる。踊れるのに切ない、珠玉のエレクトロニック・ポップ・ミュージックが誕生。

Friends PROFILE

神戸出身、現在は東京在住、金子尚太率いる3人組、結成4ヶ月デモの状態にも関わらずMYSPACE/ BANDCAMP等にアップされた音源が海外の複数音楽サイトで評判を呼び、逆輸入的にその噂を聞きつけたインディー・マニアを熱狂させる。国内では昨年11月に、デビュー作「Young Days Forever」をカセット限定でリリース。すでに海外レーベルかもリリース・オファーを受けるなど、今後の活動が注目される超フレッシュな新世代バンド。2011年夏、デビュー・アルバム『Let's Get Together Again』が遂に完成。SECOND ROYAL RECORDSより、配信&アナログ限定でのリリースが決定。

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事