So many tearsデビュー・アルバム配信開始!

FISHMANS、東京スカパラダイスオーケストラ、Polaris… この3バンドのメンバーが共に音楽活動をしていると聞けば、注目せずにはいられないだろう。 茂木欣一(Dr、Vo)、加藤隆志(G、Vo)、柏原譲(B)。それぞれのバンドに所属する3人が集まり、So many tearsとしてデビュー・アルバムをリリースする。リヴァーブのかかった神秘的な音が宇宙の中へと私たちを誘い、ゆらゆらと浮遊感に身を任せればその先へと魂が飛んで行く。このアルバムを聴いた時、そんな感覚が体を貫いた。しかしその音は決して足取りの覚束ない不安定なものではない。メンバー各々の持つ確固とした音楽性を上手く融和させ、一つの核を持った「So many tears」という空間を彼らは奏でるのだ。期待大という言葉で表現するのがもったいない程のビッグ・ネームで構成されたSo many tears。彼らのサウンドの世界観を探るべく、メンバーの茂木欣一にインタビューを試みた。


So many tears / So many tears

茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ / FISHMANS)、加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ / LOSALIOS)、柏原譲(FISHMANS / Polaris / OTOUTA)の3人による新バンドSo many tearsのデビュー・アルバム。時間感覚が無くなる様な中毒性と浮遊する音の快感が味わえる傑作。様々な活動を展開する彼等だからこそなし得る音の芸術作品。

【Track List】
01. How many miles? / 02. (don't let go of your) PRECIOUS / 03. FINE TIME
04. Rio de Junho / 05. EVERYWHERE MAN / 06. Lazy Midnight Hour
07. He's Got Soul / 08. I'M INTO THE SUN


流した涙の先には明るい光が射すはずだ

――2008年に茂木さんと加藤さんの2人で結成されました。どのようなきっかけでバンドを組むことになったのですか? また、そこから柏原さんが加入し現在の3人になった経緯を教えてください。

茂木欣一(以下、茂木) : 2008年夏にスカパラで色々とフェスに出演していました。その移動中の列車でカトウくんと隣どうしの席になり、「現在の音楽シーンをどう思うか」などと話をしているうちに2人で熱い気持ちになり、「だったら自分たちならではの音楽を作ろう!! 」と思い立ったのです。そして世田谷のスタジオで2人で音を出してみたところ、1日にして3曲のモチーフが出てきたので、カトウくんとの楽曲作りの相性の良さを確信しました。そこが始まりです。ユズル(柏原譲)が参加するのはその2年後、2010年の春。初ライブを6月に行うことを決めたのですが、ベースを弾いてくれる人が必要だということで連絡を取りスタジオに来てもらいました。1曲オリジナル曲をセッションし始めて、彼独特のベース・ラインがスタジオに鳴り響いた瞬間「やっぱこの男最高だわ! 」となり、現在の3人になったというわけです。

(左から)柏原譲、茂木欣一、加藤隆志

――今回発表されるデビュー・アルバムの製作期間は?

茂木 : 楽曲制作のところから数えたら2年半以上ですが、レコーディングの準備から完成で言うと3ヶ月位かな。

――3ピース・バンドでありながらも音の広がりを感じました。曲作りはどのようなコンセプトで行っているのですか?

茂木 : 出来る限り3人だけで完結するアレンジを目指す。音数を増やしすぎず、ギター、ベース、ドラムの温もりが感じられる空間を大切にしてます。そして余韻の快感。聴く人たちが、いろいろイマジネーションを膨らませられるようなサウンドでありたいですね。

 ――Polaris、東京スカパラダイスオーケストラ、そしてFishmansとメンバーそれぞれが別のバンドに在籍しています。各々のバンドからの影響はありますか?

茂木 : そりゃあ、あると思うよ! 自然なことです。皆がどんな音を想像しているのかがとっても楽しみです。

――3人の中の音楽性の合致点、または相違点を感じたことはありますか? それによって音作りがとてもスムーズに進んだり、逆に意見がまとまらず苦労したということはありますか?

茂木 : 合致点と相違点が混ざりあってこそ最高の音楽が生まれると僕は思います。自分のイメージを覆す意見が飛び出したときが本当に大事で、「そこに新しい音楽が生まれるカギがある! 」とか思って、盛り上がってリハーサルしています。カン違いが重要な答えを導いたりするからね。新しい音楽の探究は終わらない。

――4曲目「Rio de jnnho」や6曲目「Lazy Midnight Hour」からは、ダブのリズム+フィルターがかった声が気持ちの良い浮遊感を生み出しており、Fishmansのアルバム『宇宙 日本 世田谷』を思い起こしました。曲作りで佐藤伸治を意識したりしますか?

茂木 : どうもありがとう。サトちゃんを意識しているかどうかは分からないです。ただ、自分にとってFishmansとは「最高の音楽の基準」です。自分からそのような感覚が滲み出るのは当然のこととも言えます。今こうして、新しい楽曲を生み出せていることが、僕にとっては何よりの喜びです。

――全てが5分以上と長めの曲になっていて、最後の曲は13分半にも及ぶ大作です。この時間の長さは何か理由があるのですか?

茂木 : 長くしようという発想は全然ないです。「あれ、そんなに時間が経過してるの? 」って感じじゃないかな。13分の曲もポップで聴きやすいと思うよ! So many tearsの快感を伝えるには、今はこの位がちょうどいい。

――バンド名「So many tears」はどのような意味をこめてつけられたのですか?

茂木 : 僕らは人生の中で様々な出会いや別れがあり、そこにはうれし涙や悲しみの涙があったりする。でも「流した涙の先には明るい光が射すはずだ」と信じたい気持ちをバンド名に託したつもりです。あと、カトウくんの涙が美しいんだよね! これが。

――So many tearsはメンバー各々が他のバンドと同時進行で活動していますが、このバンドでしか出来ないような、独自の目標はありますか?

茂木 : 色んなアーティストと対バンしたり、また共作していきたい。

――デビュー・アルバムのリリース、レコ発ライブと続きますが、今後の活動としてはどこに一番焦点を当てていきたいですか?

茂木 : レコーディングもライブ活動も、どんどんやって行きます。すでに次のシングルのアイディアもあるし、年末に向けてライブ企画も練っています。楽しみにしていて下さい!!

(インタビュー&文 : 碇真李江)

Live Information

2011年09月14日(水)@大阪・心斎橋JANUS
OPEN 18:30 / START 19:00
info: : キョードーインフォメーション tel : 06‒7732‒8888

So many tears 「So many tears LIVE」
2011年09月12日(月)@東京・渋谷WWW
OPEN 19:00 / START 19:30
info : ホットスタッフプロモーション tel : 03‒5720‒9999

Profile

茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ / FISHMANS)、加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ / LOSALIOS)、柏原譲(FISHMANS / Polaris / OTOUTA)の3人による新バンド。2008年に茂木(ds、vo)と加藤(gt、vo)によって結成。その後、楽曲制作活動を断続的に行い、2010年初ライブを迎えるにあたり「やはりあの男を呼ぶしかない」と柏原譲(bass) と連絡をとりスタジオへ入り、その数分後に正式メンバーとして参加が決まる。

So many tears Official Web

Recommend

FISHMANS+ / A PIECE OF FUTURE(DSD+mp3 Ver.)

FISHMANSが多数のゲストを迎え「FISHMANS+」という名義で制作した、20分を超える大作ナンバー「A Piece Of Future」を配信開始。この楽曲は佐藤伸治が生前書き下ろした最後の作品と言われており、1998年にFISHMANSのライヴ・ツアー「8月の現状」で演奏された。その後レコーディングも予定されていたが佐藤の逝去により実現していなかったが、茂木欣一、柏原譲、HAKASE-SUN、木暮晋也、zAk、勝井祐二(ROVO)、原田郁子(クラムボン)、七尾旅人、カントゥス、Bose(スチャダラパー)、小山田圭吾(Cornelius)、UA、やくしまるえつこ、永井聖一、飴屋法水、沢田穣治(CHORO CLUB)、大野由美子(Buffalo Daughter)という豪華な顔ぶれがレコーディングに参加し、「フィッシュマンズ+」という名義で作品を完成させた。ジャケット・デザインは宇川直宏が担当。

Polaris / Live at SHIBUYA-AX 2006/11/10

アルバム「空間」をひっさげ、昨年秋に行われた WALKING MUSIC TOUR 2006。ツアーファイナル、SHIBUYA-AXでの116分に及ぶライブ音源を完全収録。

OTOUTA / 2009042509pm.

カラダに染みわたる低音。世代を超えた奇跡のリズム隊とゆらめく旋律。インストを基軸に、音の新境地を作り出す。2009.4.25(7TH FLOOR) 、ボーナス・トラック2009.3.16(SHANGRILA)ライブ音源+デモ音源を含全7曲収録。

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之