東日本大震災チャリティ・コンピレーション『PUNK DONATION』先行配信開始!

日本の再建と復興を願い、アメリカ、オーストラリア、スウェーデン、ブラジル、オランダ、イギリス、スペインなど国境を越えて世界中からバンドが集結し、「被災地に音楽を」をテーマに掲げたドネーション・コンピレーション・アルバム『PUNK DONATION』が完成。集まった楽曲数はなんと50曲! 未発表曲、入手困難になっている楽曲も収録されています。アルバムとしても、シーンを牽引するバンドから今後の活躍が期待できるバンドまで、バラエティに富んだ内容に。配信限定リリースとなる本作、OTOTOYではどこよりも早くお届けします! 本作品の売上収益の全額は、被災地にいる方にラジオ、または音楽プレイヤーなどを届ける活動に充てられます。

PUNK DONATION

V.A.

Album ¥1,500



V.A. / PUNK DONATION
発売日 : 7月11日(一般発売8月11日)
全50曲(M30、50は2011年12月31日までの配信となります)
ファイル形式 : mp3 / wav
価格 : 1500円(まとめ購入のみ)


参加アーティスト

【日本】
DAY TRIPPER / FAT RANDY / FEELFLIP / JT301 / NINE IDEAS / ONC / PIPECUT WEDDING / STACKERS / THE SKIPPERS / TOY LET / PSYCHO FOOD EATERS / THE MEANS

【アメリカ】
AUTHORITY ZERO / BLACKOUT SHOPPERS / COMMON ENEMY / DEATH BY STEREO / FLAG OF DEMOCRACY / GUTTERMOUTH / JASON DEVORE / LIONIZE / MATTHEW SIKORA / MUSKET / SLAB / SPECIAL C / STRUNG OUT / THE BOUNCING SOULS / WULFBANE / UNDERDOG / HUGE / PERICLES / ZEBRAHEAD

【スウェーデン】
ALL SPENT / BOMBSHELL ROCKS / MILLENCOLIN / SAME OLD STORY / THE HEADLINES / TWOPOINTEIGHT / SMALL TOWN / TYSTA MARI

【オーストラリア】
BRITISH INDIA / HUNTING GROUNDS / SPEEDLAB / THE RUMJACKS / PARKWAY DRIVE

【アイルランド】
BLOOD OR WHISKEY

【イギリス】
GBH

【オランダ】
HEIDEROOSJES

【スペイン】
SEGISMUNDO TOXICOMANO

【ドイツ】
RADIO DEAD ONES

【ブラジル】
HERDEIROS DO ODIO

>>もっと詳しく知りたい人はPUNK DONATION特設サイトへ!

内省の時期から行動の時期へ

東日本大震災が発生してから4ヶ月。津波被害からの復興はまだ半ばだし、原発事故は一向に終息のめどがついていない。冬から夏へ。季節の移ろいとともに、地震当時の気持ちは薄れていないか?東京にいる僕は、時よりそんなふうに自分に問いかけないといけないくらい、日常のようなものにぼんやり感覚を鈍らされている。一時期は聴く気にならなかった音楽も当たり前に聴いているし、作品も何事もなかったかのようにリリースされている。日常というのは壊れやすいと同時にそれだけ盤石なものだということもわかったし、長い人生を歩んでいくためにはある程度の鈍感力も必要なのかもしれないとも思う。震災の中心地である東北地方に人々にとって、こんな甘ったるい気持ちを持てる状況ではないことも分かっているけれど、毎日揺れ動くどうしようもない気持ちの中で過ごしている。

左 : Authority Zero / 右 : Bombshell Rocks

PUNK DONATION』は、PUNKを中心としたミュージシャンの音楽を通して寄付を集めることを第一義に、国の違う50組のバンドが参加したコンピレーション・アルバムだ。音楽コンピレーションの売り上げを寄付金として役立てようというのは、とりわけ新しい試みでもなければ、震災から4ヶ月経った今からしてみればスピード感があるものでもない。OTOTOYでも『Play for Japan』というコンピレーション・アルバムを作ってリリースした。その中で、僕はパンク/ハードコア色の強いvol.4を担当したこともあって、今回の『PUNK DONATION』についても文章を書かせてもらう機会を得た。

先にスピード感があるものではないと書いたが、世界各国から50組ものバンドの参加を募ってまとめることは、本当に大変で骨の折れる作業だ。いくら震災に際して何かをしたいというバンドがいたところで、それをまとめあげる人がいない限り、プロジェクトは動かない。そうした点からも今作をまとめあげたレーベルBANGCHAKの労力は本当に大変なものだっただろうし、今作について書かせてもらえることは光栄なことである。また今回のコンピレーションに関していえば、PUNKというキーワードが冠されていることが大きな特徴だ。『Play for Japan』やDIY HEARTSなどは動きも早かったし、参加アーティストも著名な人たちが多いけれど、アーティストたちにとって音楽性での連帯意識はさほど重要ではなかった。しかし、この作品においてはPUNKという言葉がとても大きな意味を持っている。

左 : GBH / 右 : Millencolin

50組のバンドを個別に取り出してみれば、けっして全世界的に知られているバンドばかりではない。ZEBRAHEADやAUTHORITY ZEROのような知名度のあるバンドも参加しているけれど、それならば少数のバンドで個別に名前を打ち出したほうがインパクトがあったはずだ。そうではなく、有名無名、新人ベテラン関係なしに混ぜこぜの50組をまとめているのは、もっと大きな総体として復興に寄与したいという気持ちからのことだと思う。そういう点でいえば、精神性や考え方が大きな意味を持っているPUNKは強い繋がりを発揮する可能性がある。

こうして50組のアーティストの曲を通して聴いてみると、社会に対して疑問を呈したり、攻撃的な側面があるように思いがちなPUNKが、とてもポジティヴなエネルギーに溢れたものだということがわかる。もちろんそれがPUNKのすべてだとは言わないけれど、このコンピレーションに収められた50曲は、徹底して外に向かって発せられている。自分たちの葛藤を表す以上に、聴いている人を巻き込んで輪を広げていこうというオープンさを感じるのだ。それはこれまでPUNKが社会に対して何かを発してきたからこそ、同じように外に向けて発することに抵抗感がないことも表している。

左 : ONC / 右 : Strung Out

昨今チル・ウェイヴやグローファイなど、一種の逃避的な音楽が流行っているが、そうした内面性を志向したものの反動としてPUNKの持つエネルギーをより感じることができる。この50曲を通して聴いてみると、理屈ではないポジティヴさと肉体性を感じることができるのだ。内省の時期から行動の時期へ。季節の移ろいとともに我々も変わっていかなければと感じさせられるPUNKのコンピレーションが届けられた。(text by 西澤裕郎)

ONC『BEER'S RAIN』

PUNK DONATIONにも参加している、ONCの最新リリース作品。

【TRACK LIST】
1. Wanker / 2. Beer's Rain / 3. Welcome To The Darkness / 4. Takeshit Project Featuring Shine5 / 5. Theme Of Youngman

BANGCHAK presents「ATTENTION PUNX vol.11」

7月23日(土)@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
open 18:30 / start 19:00
前売 1,800円 / 当日 2,100円
LIVE : STACKERS / FAT RANDY / NINE IDEAS / レベラーズ・ユナイテッド

o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事