藤本一馬ソロ・プロジェクトのデビュー・アルバムが配信開始

藤本一馬 / SUN DANCE

国籍やジャンルを越え、聴く人を魅了するギタリスト、コンポーザーである藤本一馬の初ソロ作品。日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲と、ジャズ~ワールド・ミュージック~各種インスト系音楽のエッセンスを滲ませつつ、オープン・チューニング等を使用した型破りなパフォーマンスで、リリース前から話題になっていた一枚。

【Track List】
1. 海への祈り / 2. 空のように / 3. Harmony Ball / 4. 山の神様 / 5. やじろべえ 〜a balancing toy〜 / 6. こころの瞳 / 7. SUN DANCE / 8. Blue Light

フレッシュな音楽を探している人の耳へ

藤本一馬の『SUN DANCE』は、orange pekoeのギタリストのソロ・アルバムというよりは、新しい一人の音楽家の誕生を告げるアルバムと紹介した方が良さそうだ。藤本一馬は1998年にヴォーカリストのナカシマトモコと結成したorange pekoeで、これまで6枚のオリジナル・アルバムを発表している。ジャズやラテン、ブラジル音楽やソウル・ミュージックを自在に横断するコンポーザー、ギタリストとしての実力を示してきた藤本一馬だが、この2、3年はソロでも活動を開始。岡部洋一(ドラムス)、工藤精(ベース)とのトリオや、様々なミュージシャンとのセッションで、インストゥルメンタリストとしての方向性を模索してきた。

SUN DANCE』はそのトリオでの録音となり、レコーディングはライヴ感溢れる一発録り。だが、同時に構成力に富んだサウンド・スケイプも感じさせるアルバムにも仕上がっている。弾いているギターはナイロン弦とスティール弦のアコースティック。変則チューニングも多く使われて、ドローンやハーモニクスの使い方に独自のスタイルを感じさせる。そして彼が今作で、orange pekoeのギタリストというイメージを裏切っているのは、ラテン的な要素が意外に少ないからかもしれない。ジャズ・ボッサ的なギター・インストゥルメンタルは最後まで出て来ない。もっとも、藤本一馬本人によると、歌もののリズムとしてボサノヴァ的な要素をorange pekoeでは使ってきたが、彼自身はそれほどボサノヴァからの影響は受けていないという。また、ブラジル音楽で強い影響を受けてきたのは、ミナス地方の音楽家であるミルトン・ナシメントやロー・ボルジェス、イヴァン・リンスやトニーニョ・オロタ。あるいはエリス・レジーナやエルベルト・ギスモンチといった人達だという。

そう聞くと、『SUN DANCE』の持つ幻惑的なリズムやハーモニーの由来が、少し紐解けたような気がする。さらには、ラルフ・タウナーやパット・メセニーといったギタリストの音楽観も受け継ぎつつ、クラシック、ジャズ、様々なワールド・ミュージックなどの影響をスケールの大きい時空感覚の中に解き放ったのが、この『SUN DANCE』と言えるかもしれない。冒頭の「海への祈り」はハワイのスラック・キー・ギターのようにも響くし、4曲目の「山の神様」などは中近東や北アフリカの香りを感じさせたりもする。また、近年、日本で注目されているカルロス・アギーレなど、アルゼンチンのネオ・フォルクローレ派のミュージシャンの音楽と触れあう感覚もあるように思える。録音は生々しく、ギターのマイクが拾う藤本一馬の息づかいまで伝わってくる。トリオの演奏はライヴ同様、フリーな部分が多いようだが、抽象的になり過ぎない作品性を感じさせるのは、コンポーザーのアルバムでもあるからだろう。アルバムのレコーディングは昨年中に終了していたが、マスタリングでの最終的な音の質感調整を何度もやり直すことになり、完成したのが3月の初め。震災の起こる数日前だったという。そして、震災前に完成していたアルバムではあるものの、そこに込めた藤本一馬の想いは不思議なことに、震災後の世界と共振するものでもあった。

ジャケット・デザインやインナー・スリーヴのポートレートからも窺えるが、このアルバムの楽曲の多くは、ネイティヴ・アメリカンやオーストラリアのアボリジニ、あるいは日本のアイヌといった先住民族の文化や儀式、そこにある教えに触発されて出来たものだという。彼の中では、ギターという弦楽器に触れる、という行為そのものが自然を壊すことなく、その一部として、調和して生きようとする先住民族の考え方と強く結びついているのかもしれない。ギタリストのソロ・アルバムではあるけれども、演奏を中心に聞かせるというよりは、言葉のない詩集のような、そんなニュアンスもあって、それはどこかラルフ・タウナーの作品に似た肌あいでもある。

今回のアルバムでは、アコースティック・ギターだけをプレイ。現在パーマネント・メンバーであるトリオでの録音だけだったが、演奏形態はシンプルでも、そこから広がるイマジネーションは豊か。音楽的にも、彼のソロ活動がこれから大きく枝を伸ばしていく可能性を感じさせる。『SUN DANCE』はそんなアルバムだ。ジャンルを問わず、何か、今の時代にフレッシュに響くインストゥルメンタル音楽を探している人の耳にとまったらいいなと思う。(text by 高橋健太郎)

Recommend

Turn On The Sunlight (Carlos Nino & Jesse Peterson) / TURN ON THE SUNLIGHT

ダヴィデ・バルラや中村としまるら様々なアーティストとの演奏経験を持つNY在住のギタリスト、インプロヴァイザー、ジェシー・ピーターソンと一緒に作り上げられた、フォーキーで、そして最近のビルド・アン・アークにも感じられるアコースティックなアンビエントの空気にも包まれた素晴らしい音楽空間を作り上げた!

ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート / In Mantra

デュオ通算6作目となる本作は、自身初のライヴ・レコーディング作品。インドの聖句マントラにオリジナルのメロディをのせ、演奏した内容で、新曲も5曲収録。共演にショーロクラブの沢田穣治(contrabass)、UAのプロデュースで知られるヨシダダイキチ(sitar)を迎え、既発曲も全く新たに生まれ変わった

CHOCOLATE GENIUS INCORPORATED / SWANSONGS

個々の歌は、明瞭かつ痛みを伴った知性をもって彩られているが、その奥底には、人生は喪失と欠如、そして失ったものの幻影によって作り上げられているとする認識が横たわったいる。マンハッタンを遠く離れ、これまでのパートナーであったマーク・リボーでさえわずか1曲「Enough For/Of You」にしか参加していない本作で、トンプソンは、近年気脈を通じてきたパートナーたちと共演をしている。

INFORMATION

プロジェクトFUKUSHIMA! in 鎌倉 「FOR 座 REST trip」
2011/06/19(日)@鎌倉 浄土宗大本山 光明寺
open : 12:00

ソロ・ギター・ライヴ
2011/06/19(日)@渋谷BAR MUSIC
open : 17:30

SOUND OF WAVE'11
2011/06/25(土)@cafe fish
open : 14:00

NRT presents『[[』
2011/07/03(日)@逗子 CINEMA AMIGO
open : 17:00

PROFILE

藤本一馬
ギタリスト、作曲家、サウンド・クリエイター。1979年7月13日産まれ。兵庫県出身。フォーク、ブルース・ギタリスト&シンガー・ソング・ライターの父親の影響でギターを弾き始める。その後ジャズ・ピアニストであった叔父の影響でジャズに傾倒する。ギター演奏は独学で習得。1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど、様々な音楽を独自に昇華した自作自演のスタイルで、現在までに6枚のオリジナル・アルバムを発表。韓国やニューヨークでのライヴなど海外にも活動の幅を広げ、日本のオーガニック・ミュージック・シーンを常にリードする存在として注目を集めている。2010年より並行して、ギタリストとしてのソロ活動を開始。日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲を、アコースティックギターからエレクトリックギターまで様々な彩りで演奏する。またライヴ活動も定期的に行なう中、野外フェスやイベントへの参加等、精力的に活動し、その他様々なアーティストとのライヴやレコーディングへの参加、さらに作曲家としての楽曲提供など活動の幅を広げている。

official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
[CLOSEUP]・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事