ALOHA、5年ぶりの新作が完成!


ALOHA / うたのゆくえ

世界中のグッド・ミュージックをかき集めたトロピカル・サウンド!西尾大介のソロ・プロジェクトとして再始動した ALOHAの5年ぶりのフル・アルバムは、ハートフルな「うた」が凝縮されたシティ・ポップ集。ゲスト・ミュージシャンには、柏原譲(フィッシュマンズ)、浜野謙太(SAKEROCK)、野村卓史(グッドラックヘイワ/NATSUMEN)らが参加している。

—ALOHAの音楽でフワリとSWINGしてこのままどこかへ行っちゃいましょう。(曽我部恵一)

ゆくえを追って桃源郷へ

ALOHAの新作『うたのゆくえ』を聴く。一周目、浮遊感漂うサウンドとそこに乗る西尾大介の軽い声に、地に足が付かない夢うつつの心地よさを覚えた。西尾の声はとにかく甘い。甘いのだけれどしつこくなく、曲に溶け込みながらもしっかりと主役をこなしている。二周目、一曲目の「恋のリズム」を聴きながら無意識に口ずさみ、もう覚えたのかと我ながら驚いた。他の曲も一度聴けば覚えられるような印象的で親しみやすいメロディばかりだ。浮遊感と甘い声に陶酔し地に足が付かない宙ぶらりんの気分の中、ふと、足が地面に触れる。おや? と思い、確かめるように三周目。曲の中に入り込んで聴くと、さきほど足が触れた地面は木漏れ日が差す路地裏だったり(「恋のリズム」)、パーティ会場だったり(「China Town」「Lemoned & Wine」)、南国だったり(「HANA」)はたまた桃源郷(「tack」)に繋がっていることに気付く。『うたのゆくえ』とは、この作品を聴いた後の私たちのゆくえのことを指しているのかもしれない。なので、このアルバムの真意を知るには少なくとも三周は聴いて欲しい。

2004年、西尾のソロ・ユニットとして始まったALOHAだが、活動を続けるうちに4人組のバンドへと変化した。着実に人気を得、地元、福岡のシーンを沸かし、勢いに乗り2009年に上京するも、2010年秋には西尾以外のメンバーがALOHAから離れることとなり、ALOHAは再び西尾のソロ・ユニットとなった。しかし2011年2月には多くのミュージシャンを迎え今作の制作を開始。浜野謙太(トロンボーン/SAKEROCK、在日ファンク)、丸野康信(トランペット)、RIN(サックス)のホーン隊を入れ、さらに柏原譲(ベース/フィッシュマンズ、Polaris、OTOUTA)、野村卓史(鍵盤/グッドラックヘイワ、NATSUMEN)、MR.DOIRA(ギター)、朱雀佑輝(ベース/MIM、NANANINE)、矢野智明(ドラム/ex.nontroppo)、PECO(スティール・パン)と、頼りがいある演奏陣が西尾のために集まった。「恋のリズム」では見汐麻衣(埋火)も歌で参加している。ソロになったのに人も楽器も増えた。おかげでグル―ヴもパーティ感も増した。その分厚い音の骨となるのが西尾の甘く軽い声という、この構造がバンド時代のALOHAと全く異なり、面白い。

4人組だった頃のALOHAのライヴを見たことがある。ブルース、ジャズ、ヒップ・ホップなど様々な要素を含んでいるところは今作にも引き継がれているが、もっと一つ一つの音が太く、パーティー・ライクな演奏の中に生真面目さが見え隠れしているバンドだった。今作の発表にあたり、制作風景の動画がALOHAの公式HPにアップされている。その中で参加ミュージシャンの多くが西尾のことを「ほっとけない奴」と嬉しそうに話す。その愛されるキャラクターのために、これほど多くのミュージシャンが集まったのだろう。信頼できる演奏陣をバックに、西尾は思う存分に自分の音楽を奏でる。その姿は生真面目さよりも無邪気さを感じる。音との戯れの中で、人を桃源郷に連れていくような音楽が生まれたのだろう。まあ、桃源郷なんて行ったことないけれど。ないけれど、夏の晴れた休日にベランダに出てALOHAを聴きながら缶ビールを開ける。その瞬間、その場所こそが私にとっての至上の桃源郷になるのだろうから、今はただALOHA片手に夏を待つのみ。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

nontroppo / NIGHT OF TROPICALIA

エレクトロとフォーク・ミュージック、それらを独自のDUBエッセンスで融合したサウンドで多くのミュージシャンや音楽評論家からも絶賛される、博多が誇る最新型バンドの2ndアルバム。フィッシュマンズなき現在、その幻影を追い続けるリスナーにこそ聴いて欲しい都市型(リゾート)ダブ。ひんやりとした前衛POPミュージックに加え、今作はトランシーな高揚感もプラス。ダンス・フロアからチルまで至福を与える極上のミュージック。

埋火 / わたしのふね

二階堂和美、トクマルシューゴに続く、埋火による正式デビュー盤にして大名盤。 レトロでサイケ感漂う雰囲気を兼ね備えながらも、サウンドはエモーショナルでキャッチーなメロディー、静と動が入り混じったこのロック・サウンドはクセになります。

cero / WORLD RECORD

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップデートした新しい潮流! ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ。マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴。

LIVE SCHEDULE

2011年6月4日(土)@京都 club METRO
LIVE : ALOHA / アナ
DJ : 西村 道男 / LONDON CALLING DJs / LOOP TO LOOP CREW
VJ : TR3(BANQUET)
FOOD : Ital Gabon

2011年6月5日(日)@梅田 Shangri-La
LIVE : ALOHA and more...

2011年6月7日(火)@タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
LIVE : ALOHA / アナ
参加方法 : タワーレコード渋谷店・新宿店・池袋店・秋葉原店・横浜モアーズ店で 5月20日(水)発売ALOHA 『うたのゆくえ 』もしくは、4月27日(水)発売アナ 『HOLE』 をお買い上げの方に先着でイベント入場券を配布致します。CD1点につき1枚の入場券、CDは一度に2点までご購入いただけます。→注意事項

2011年6月19日(日)@青山 月見ル君想フ
LIVE : ALOHA(with SPECIAL GUEST) / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / tobaccojuice
DJ : YOGURT / 西村道男
VJ : eetee
FOOD : Cap Curry

ALOHA PROFILE

ALOHA=西尾大介(ニシオダイスケ)
2004年から活動をスタート。2006年夏に1st ALBUM『CITYMOVIE』をリリース。自主制作ながらタワーレコード第一回「タワレコメン」に選ばれるなど、パワー・プッシュされ全国的に展開され話題となる。2007年9月からは多彩なゲストを招いての自主イベント「JUST NIGHT」を定期的に開催。福岡の野外フェス「SUNSET LIVE」に2年連続出演。2008年4月にMINI ALBUM『TROPICAL COOL』をリリース。カフェなどで行なわれるひとり弾き語りライブでは「トロピカルダンディ西の」の名で活動している。2009年より東京に活動拠点を移し、関東で数々のライブに出演。2011年ALOHAは西尾大介のソロ・ユニットになり、多くのサポート・メンバーを迎えて様々な形態でライブ活動をしている。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事