BiSとtengal6のコラボ楽曲がOTOTOYで独占フリー・ダウンロード開始!!

BiS×Tengal6 / いんたああくしょん

tengal6とBiS、異色アイドル・グループ同士の奇跡のコラボレーション!

80年、90年代を咀嚼した、10年代のブラック・コンテンポラリー・サウンドにあどけないアイドルの歌声がマッチして中毒性の強い楽曲となっている。トラックを担当したのはBiSの楽曲の中でも異彩を放つ楽曲を提供しているShtein&Longer。ホーン隊が不気味な気持ちよさを放っている。

OTOTOYではツーマン・ライブを控えた彼女達のコラボ曲を、独占配信開始!!

早くもSOLD OUT直前のBiSとtengal6のツーマン・ライブ

5 月21日 (sat) @下北沢SHELTER
『BiS vs tengal6』
OPEN 12 : 30 / START 13 : 00
ADV 2,500円 / DOOR 3,000円
e+からはこちら>>>
(番号順の入場になります)

出演 : BiS / tengal6

Information
下北沢SHELTER : 03-3466-7430

両陣営のクリエイターが集結して作られた、渾身の1曲!

レポートでもお伝えした通り、ワンマン・ライヴはお陰様で超満員! 無事に振替で行われたインストア・イベントも予想以上の大盛り上がり、デビュー・アルバムも好調のうちに8月には初のシングル・リリースが決定と、まさに破竹の勢いで突き進むBiS。順風満帆! もはや向かうところ敵なし!

と言いたいところですが、やっぱりそう単純には進まないところもまた、我らがBiSなのであって。もうバタバタです。内紛勃発しまくり。「あのさ、遅刻とかマジありえないんだけど! 」「こんなことアイドルのやることじゃないよ! 」「言いたいことがあるならはっきり言えばいいじゃん! 」「少女時代の“MR.TAXI” すごくいいなぁ」みたいな調子で、もう毎日が危なっかしくてしょうがない。まあそれもしょうがあるまい。そもそもこんなことでもなければまず友達にもなっていなかっただろう、あまりに個性の強すぎる4人だってことは結成前からわかってたことだし、ここまでの展開が凄まじすぎて忘れがちだけど、彼女達全員が初めて顔を合わせてからまだ半年しか経ってないのだ。それがお互いに我慢せず言いたいことを言い合えるようになってきたんだから、これもやっと本物の4人組になってきた証なのかな。何やってもいいから、仲良くケンカしな!

BiS

さて、最近は他のアイドル達と比較されることも増えてきたBiSですが、実は結成当初から特別に意識せざるを得ない他のグループが一組あったんです。BiSの活動を追っている方ならもしかするとなんとなくお気づきかもしれませんね。

そのグループの名はtengal6。NEWTRALの企画構成として活動していたキムヤスヒロの主導によって結成された6人組のアイドル・ユニットだ。ヒップホップをベースにしたスタイリッシュな音楽性、そして「清純派」をコンセプトに組まれた統率のとれたメンバー構成と、徹底してスマートでキュートにまとめられている一方、成人男性にはお馴染みのアダルト・グッズ・メーカー「TENGA」がスポンサーを務めていることでも話題を集めている。

こうやって比べると、まったく共通項が見つからないBiSとtengal6。しかし、実は彼女達、ほぼ同じ瞬間に誕生しているのです。そう、なんとこの2組、偶然にもまったく同じ日に公開でメンバー選考オーディションを開催していたのだ。

数多くの話題を振りまき続けているBiSに対して、限られたライヴ活動によって注目を集めてきたtengal6。結成以来、まったく違う方法論で活動を進めながらも常にお互いを意識し続けた両者がいよいよぶつかり合います。

tengal6

BiSとtengal6のコラボレーション楽曲が完成しました。タイトルは「いんたああくしょん」。メンバー合わせて10人全員が参加しているのはもちろん、作曲には、BiSへの楽曲提供はもちろん、アレンジ面においてはまさにBiS制作チームの中核を担っているサウンド・コンポーザー集団Schtein&Longer。リリックは、tengal6側から岩渕竜也、BiSから竜宮寺育の二人が共同で手掛けている他、演奏ではtengal6のサウンド・プロデューサーである坪光成樹が参加と、まさに両陣営のクリエイターが集結して作られた、渾身の1曲となりました。

5月21日には下北沢シェルターでこの2組による2マン・ライヴが決定。間違いなくこの曲がお披露目されるでしょう。tengal6とBiSが一同に介した瞬間、いったいステージ上で何が起こるか! こりゃ大変なことになりそう。

(text by 渡辺裕也)

なななんと! オトトイの学校にBiSが入学!?

OTOTOYアイドル研究室 授業参観日
生徒 : BiS
講師: 南波 一海
日時: 2011年6月〜7月 (1クール全4回)
受講料: 7,000円 (税込)
定員: 30人
募集期間日時: 2011年5月18日 〜 2011年6月06日

詳しくはこちらをチェック!>>>

BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催中!!

あなたの楽曲がBiSの未来を作ります! 期日は5月31日(火) 24時まで! 迷っている暇はない!!

プロアマ問いません!
まったくの初心者さんで、鼻歌メロディーでもかまいません! 資格はmp3で楽曲を添付してメールできる方! あとBiSを愛する方!
楽曲の方向性についても、デビュー・アルバムを試聴してもらえれば分かりますが、ジャンルは多岐に渡っており、いわゆるジャンル分けはしていないので、好き勝手、でも本気で作ってきてもらえるとうれしいです!!!
いわゆるアイドル・ソングという固定概念はぶっこわして、楽曲を提供してください!
またアレンジについては、できる限りのアレンジをほどこしてもらえるとうれしいですが鼻歌だけでも最悪、大丈夫です!
尺については、ワン・コーラス!!

たくさんのご応募お待ちしております!

締切 : 5月31日(火) 24時まで

宛先は下記まで
bis-compe@scrambles.jp


BiSプロフィール

2010 年アルバム『みんなのプー・ルイ』でデビューした、新世代アイコン「プー・ルイ」がアイドルを研究する、アイドルになりたい4人組のアイドル・グループBiS-新生アイドル研究会-なって再始動! サウンド は今回も中川翔子なども手掛ける売れっ子プロデューサー松隈ケンタ氏が担当し、よりパワフルでチャーミングなアイドル・ポップが堪能できる! 遂にデビューアルバム『Brand-new idol Society』発売!

BiSファースト・アルバム『Brand-new idol Society』絶賛発売中!!

BiS / 『Brand-new idol Society』

ソロ・アイドルだったプー・ルイからアイドル・グループBiSへと変貌を遂げた彼女等が、初のレコーディング作品『Brand-new idol Society』を遂にリリース! OTOTOYで配信開始致します!!
サウンド・トータル・プロデューサーとして柴咲コウや中川翔子への楽曲提供で知られる松隈ケンタ氏が参加。現在活動休止中のcuneから生熊耕治氏、小林公一氏(ex.超飛行少年)が楽曲提供をする等、豪華な参加陣。

収録曲 : one day、太陽のじゅもん、パプリカ、レリビ、ティーンネイヂフレイバ、BiS、nerve、Four dimention、他

特典 : BiSアーティスト・フォト・ブックレット

tengal6プロフィール

2010年夏、多様な若手クリエイターが結集したチームNEWTRALの企画構成キムヤスヒロによって企画されたアイドル・プロデュース・プロジェクトに、アダルト・グッズで注目を集める「TENGA」がスポンサーに名乗りを上げ実現されたユニット、tengal6。オーディションを通して最終メンバー6人が決定され、各分野で実績・能力を持つ若手スタッフを揃えプロデュースに挑む。敢えてアダルト要素を一切排除し、「清純派」「ヒップホップ・アイドル」「美少女」「TENGA」という異色の組み合わせが生む意外性やクオリティが評価されウェブ・メディアを中心に話題を呼んでいる。

プー・ルイの最後の作品がリリース!

プー・ルイのラスト・シングルは、なんとSpank Happyのカバー「エレガントの怪物」

■まだ誰もやってこなかった、Spank Happyをカバー!!
90年代を代表するサブ・カルチャー・ユニット、菊地成孔と岩澤瞳からなるSpank Happyの「エレガントの怪物」をカバー。今回のカバーに至ったいきさつとしては、プー・ルイ本人がライブ・パフォーマンスの参考にと、担当ディレクターから教えられ、Spank Happyのライブ映像を見るうちに岩澤瞳に自分を投影しはじめたことがきっかけとなった。Spank Happyカバーのニュース・リリースでは、Twitter等で300件以上のリツイート、コメントが書き込まれた。

■楽曲は2バージョンを用意!!
エレクトロを意識したPink ver.とミドル・スクールhip hopを意識したwhite ver.の2パターンのカバーver.が用意されている。どちらも原曲とはかなり違ったアレンジが施されている。Pink ver.ではシンセを前面に押し出し、心地よく突き刺さるビートが気持ちよい楽曲となっている。white ver.ではホーン隊とピアノが前面にフィーチャーされ、スモーキーで叙情的な楽曲となっている。

ソロだったプー・ルイを聴いてみよう!

第4回レコチョク新人杯にデビュー曲「限られた時間の中で☆」がノミネートされ、デビュー。中川翔子「フライングヒューマノイド」柴咲コウ「ラバソー〜lover soul」やAimmy「end of the world」の作曲で注目されている松隈ケンタ氏(Buzz72+、The tod-mats)をサウンド・プロデューサーに迎え、強力タッグでJ-POPにロック・サウンドをミックスした新しい音楽の形を表現した。2010年6月23日にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」はタワーレコード・オンライン・セールス1位を記録MySpaceランキング2位、アメリカからのドキュメンタリー取材やフランスTV局でPVがOAされるなど、デビュー時から話題を欠くことはない。

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定!-

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始!-

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライブ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定!!

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回
[REVIEW]・2017年12月12日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回──2017年度総括編 2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーンを斎井直史による視点で総まとめ! 先日公開のblock.fmの番組「INSIDE OUT」のMC・渡辺志保を聞き手に迎えた「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」と合わせてチェックを! 来年も引き続きよろしくお願いいたします! >>「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」はこちら
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩
[TECH]・2017年11月14日・Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩 大きさ、重さともに世界最小クラスのDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)、PAW Pico。こんなに小さいのに、PCM192kHz/DSD5.6MHz(PCM変換)までのフォーマットに対応している優れものの音楽プレイヤー!! Bluetoothを用いてスマホ上の専用アプリで選曲することも可能。さらに、移動距離、平均速度、歩数、消費カロリーなどの記録を取って、アプリで管理もできちゃいます。今回、OTOTOYでは「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)のメンバー、愛わなびがPAW Picoを持って、神泉〜渋谷の街をお散歩、おススメスポットを巡り、それに合うハイレゾ音源10作品を紹介していきます。音楽好きに大人気の喫茶店・FRIENDSや、カクバリズムの事務所があったり、音楽好きが集まる場所神泉をPAW Picoとともにお楽しみください。日々の生活に音楽が彩りを与えてくれること間違いなし!! >>PA
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」
[BISH]・2017年10月09日・【BiSH】Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第2回はアユニ・Dへのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレット
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事