初音ミク登場! OTOTOYボーカロイド配信企画第一弾!!

ill. by KEI © Crypton Future Media, Inc.
YouTubeやニコニコ動画などのネット動画共有サービスが生活の中で当たり前になった頃、「初音ミク」という言葉をちょこちょこ目にするようになった。どこかの無名アイドル歌手が自分の歌っている姿を動画に収めて公開しているんだなと感心しながらスル―していると、段々頻繁に見かけるようになる。「おお、初音ミクは頑張ってるなあ! 応援してやるか! 」と検索して調べてみると、なんと実在しないというじゃないか! 嘘つき!!

そして今、「初音ミク」があちらこちらに居ることはネット・ライフの中で当たり前になりつつある。いつの間にか初音ミク=ボーカロイド(注1)=音声合成ソフトというのが多くのネット・ユーザーの中で共通認識になってしまった。が、正直言って私はイマイチわかっておりません。みんなが初音ミクの話題で盛り上がる中で「あーあー、うんうん、わかるわかる」と同調するも、知ったかぶりもそろそろ限界です。ボーカロイドとやらが完全なるメイン・ストリームになってしまう前に一度ちゃんと勉強したいところ。

そんな私、本サイトでライターを務めている水嶋美和が、ほぼ知識ゼロの状態でボーカロイドの世界に突っ込んでいく本企画。いやいや、さっきから言ってる「ボーカロイド」ってまず何? そもそも「初音ミク」って何者よ? というわけで、今回はまず基礎知識を得る為、何でも詳しいライターの滝沢時朗(別名: タキペディア博士)氏をお招きし、超初歩的な質問(本日ミク(3/9)の日にちなんで9つ! )に答えて頂きました。

注1: VOCALOID(ボーカロイド)はヤマハ株式会社の登録商標です

Q1 : まず、初音ミクって誰ですか?

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から発売されているボーカロイド・ソフトの名前だよ。でも、「初音ミク」っていうバーチャル・アイドルが歌っているっていう設定だから、キャラクターそのもののことも指しているんだ。。

Q2 : ミクの他にもいるの?

まず、ミクより先に発売された女性ボーカロイドのMEIKO、男性ボーカロイドのKAITO、そして、三作シリーズとして初音ミクの他に元気な少年と少女でセットのボーカロイド鏡音リン・レン、より大人っぽい声の巡音ルカがいるんだよ。言ってみれば兄弟みたいなものだね。

Q3 : そもそも、ボーカロイドって何?

ボーカロイドは、人の声をサンプリングして歌詞とメロディを入力することによって歌声を再現できるようにした技術だよ。市販されているボーカロイド・ソフトは、サンプリングされた人の声のデータベースがセットで販売されているんだ。

Q4: 誰でも作曲できるってこと?

ボーカロイドはキーボードと同じように打ち込めるソフトで、音符(メロディ)と歌詞を入力する方法は、とても簡単なんだ。一般的なピアノ・ロールでメロディーを打ち込んで、 歌詞を日本語で入力するだけなんだけど、それなりに慣れや試行錯誤は必要なんだ。人によってはパラメータ等の調整で試行錯誤してるんだよ。ミクをどう歌わせるかを「調教」って言うんだけど、作る人によって「調教」のうまさが違うんだよ。うまい人だと、人間が歌ってるものとほぼ区別がつかないときがあるくらいだね。でも、基本的には誰でもできる易しい仕組みになってるんだ。

Q5 : 何で人気があるんですか?

音楽作成ツールとして優れているのはもちろんだけど、ミクを通してみんながコミュニケーションを図れるからだね。動画サイトにアップされるミクを使用して作られた楽曲は、その人が作った楽曲であると同時に「自分はこんなミクが好きだ」っていう意見でもあるから、それに対してみんなでコメントを付けれることでイメージを共有することができるんだ。その面白さが人気の理由だと思うよ。

Q6 : 楽しみどころを教えてください!

初音ミクはアイドルだから、まず普通にアイドルを見るような感覚で接してみるといいと思うよ。ネット上には無数の初音ミクを使った楽曲がアップされてるけど、再生数が高いものは楽曲だけでなく、PVとしてよくできているものが多いんだ。ミクで曲を作る人たちをアイドルのプロデューサーって捉えてPって言うんだけど、最初は色んなPによる色んなミクを見てるだけで楽しくなってくるよ。

Q7 : どんなジャンルがあるの?

ジャンルの幅は広いんだけど、やっぱり、ボーカロイドの性質上、R&Bやヒップホップは少ないね。逆にオルタナティブ・ロック、テクノ、エレクトロニカ、とは相性がいいからたくさんの楽曲があるよ。ニコニコ動画の中ではテクノ・ポップをもじって「ミクノ・ポップ」、オルタナティブ・ロックをもじって「オルタナティブ・ミック」などボーカロイド専用のジャンル分けがされているんだ。でも、そこにはくくりきれない色々なことをする人たちがいて、ミクに般若心経を読ませたり、ミクを主人公にして歌とともに進む物語を作る人もいるよ。

Q8 : 曲を作ってる人に有名な人はいるの?

専業の音楽家では、GLAYやJUDY&MARYのプロデューサーとして有名で四人囃子とプラスチックスのメンバーでもあった佐久間正英、東方神起、倖田來未、AKB48関連やももいろクローバーの作曲をしている前山田健一(ヒャダイン)がいるよ。元プロのアーティストだったひとも結構いて、キャプテンミライ(キャプミラP)はインディーロックバンドのアポジーズマサミ・タンジェリンという名前でG,Voをしていたね。他の職業でも、トランス・アーティストHiroyukiODAでもあり「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で有名なイラストレーターでもあるかんざきひろ(鼻そうめんP)、フリーゲーム作家で小説家の泉和良(ジェバンニP)が有名なところだね。ボーカロイドで作っていた曲が気に入られて柴咲コウに楽曲提供することになったDECO*27なんて人もいるよ。

Q9 : 色々あってどれから聞いていいか分かりません! タキペディアおすすめの曲を教えてください。

まず、そのままNHKで流せそうなクオリティのトラボルタ「トエト」。インディー・ロック好きの人には、せつないギターポップのそらいろくらぶ「ステラプレイス」、アニマル・コレクティブを思わせるwhoo「Parades」。エレクトロニカが好きな人には、「ジェミニ」っていう曲でもで有名なDixie Flatline「ジェイコブズ・ラダー」、深夜のドライブの雰囲気にぴったりのeffe「night drive」。と、こんなところがおすすめだよ。自分でも色々探してみるともっと聞くときに楽しくなるよ。

(質問: 水嶋美和 / 回答: 滝沢 時朗)

OTOTOYが選ぶボーカロイド楽曲はこちら

新連載「なるほど・ザ・ボーカロイド」と銘打ち、OTOTOYでついにボーカロイド楽曲が配信開始となりました! 初音ミクをはじめ、様々なボーカロイドを使用した音源をOTOTOYがセレクト。様々な楽器を生録音し、生音ならではの温かみのある音に仕上げ、従来のボーカロイド音源のイメージを一新する、whooによる1stアルバム『音のない部屋の中で』。ゲーム作曲家の菊田裕樹をはじめ、個性豊かなミュージシャンが多数参加するYSの『Progressive Android』は、なんとアバコ・スタジオ録音、マスタリングはあのイギリスのアビー・ロード・スタジオで行われたという作品! またOTOTOYでも配信しているゆよゆっぺがリミックスを手がけたAVTechNO! の『Draw the Emotional × AVTechNO! 』等、ボーカロイドをまだ聞いた事がないという方にお薦めの楽曲を揃えました。引き続き、良質なボーカロイド作品を配信していきますので、乞うご期待! まずは聞いて、ボーカロイドの今を感じてください!

whoo / 音のない部屋の中で

whooによる1stアルバム。メロディオン・キーボード・ギター・ベース・木琴など、演奏のほとんどを生録音している。その粒立ちの良い楽器の音色や楽曲の完成度は、市場に出回っている音楽CDと比べても、決して遜色のない完成度。収録時間約40分。

Progressive Android

V.A.

Album ¥1,200

YS / Progressive Android

ゲーム作曲家の菊田裕樹、下田祐、坂本昌一郎や、プログレッシブな楽曲で知られる、揚げ物P&いーえるP@TinySymphony、ドラマーの後藤マスヒロ、ヴァイオリニストKRYER、夜長オーケストラの中村康隆らが参加する、変拍子、生演奏のヴォーカロイド楽曲の豪華コンピレーションCD! ドラムやヴァイオリンはアバコ・スタジオ録音、マスタリングはロンドンのアビー・ロード・スタジオで行われました。

AVTechNO! / Draw the Emotional × AVTechNO!

AVTechNO!の楽曲を、ゆよゆっぺがリミックスしたらこうなりました。繊細な旋律と荒々しいバンド・サウンドの融合。是非聴いてください。

さらにボーカロイドに興味を持った方はコチラ

KarenT home Page

初音ミクとムーブメントについて

ill. by KEI © CFM
ポップでキュートなバーチャル・アイドル歌手『初音ミク』は、声優「藤田 咲」の声をデータ化して、それを元に作り上げられた歌声制作用ソフトです。PC画面上で歌詞とメロディを入力することによって歌声(ボーカル・パート)を作成することが可能です。このソフトはVOCALOID(ボーカロイド)と呼ばれる、ヤマハ株式会社が持つ歌声合成技術を使って、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発し、2007年夏に発売されました。

『初音ミク』発売後、ニコニコ動画などの動画投稿サイトを中心に、ユーザーたちの手により、たくさんの楽曲や映像作品などが発表されました。更に発表された作品は別のクリエイター同士の創作意欲を刺激し、新たな作品が生まれる創作の連鎖を生み出しました。

その現象は、主要なメディア媒体などに大きく取り上げられ、様々な賞を受賞。更に、赤十字社、文化庁や内閣府などでも取り上げられ、日本を代表するデジタル・コンテンツの一つとして、海外のフェスティバルなどでも紹介され、現在では、CD、DVDのリリースや立体化や書籍化、ゲーム化、CG技術を駆使したライブ・イベント等を展開し、音楽ソフトの枠をはるかに超えた多方面での活躍を見せています。

CRYPTON FUTURE MEDIA, INC

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回
[REVIEW]・2017年12月12日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回──2017年度総括編 2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーンを斎井直史による視点で総まとめ! 先日公開のblock.fmの番組「INSIDE OUT」のMC・渡辺志保を聞き手に迎えた「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」と合わせてチェックを! 来年も引き続きよろしくお願いいたします! >>「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」はこちら
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
同じ筆者による他の記事