良いパーティーってなんだろう? 一つに、無名の音楽を紹介すること。だって、音楽を聞きにきているのだから。そんな紹介するってことにおいて、第一線のパーティーがある。弦先誠人、神啓文とタイラダイスケ。3人のDJが、新宿のMARZを拠点に全国で主催し、今最も盛り上がっているパーティー、FREE THROW。the telephones、THE BRIXTON ACADEMY、Quattro、The Bawdies… 海外のニュー・レイヴ・ムーブメント等といち早く呼応していた前述のバンド達をクラブとライブ・ハウスを渡り歩く早耳のリスナーに紹介し、毎回、会場は満員御礼。そして2011年3月2日には、『FREE THROW COMPILATION』なるオムニバス・アルバムまでリリースしてしまう。OTOTOYの新シリーズ・コーナーでは、そんなFREE THROWを徹底分析。6回に渡って、彼ら3人のインタビューでFREE THROWを掘り起こします。さらには3人がお勧めするニューカマーを、1回に1バンドずつ紹介します。最も耳の早いDJが、今注目しているバンドを、いち早く体感せよ。

インタビュー&文 : JJ(Limited Express (has gone?))

FREE THROWが紹介する今月のバンド!

タイラダイスケ : 名古屋でFREE THROWに呼ぶバンドを探してて、偶然MySpaceから彼らを知ったんです。音もかっこよかったし、ドラム1人とシンセ4人で一列に並んでるライヴ写真もインパクトがあった。彼らは毎月クラブでやってる自主企画のイベントでしかライヴをしてなかったんだけど、「絶対悪い様にはしないから! 」って押して(笑)。FREE THROWに出た時にはメンバーが1人減ってて、三角形で向かい合ってライヴしてました。すごいいいなと思うのが、彼らのライヴだとこういう音楽でもダイヴが起きるんですよね。
弦先誠人 : 彼らの姿勢もいいと思うんですけど、音がすごい自分好みです。ダンス・ミュージックに生音を入れていて、すごい乗りやすい。
タイラダイスケ : 意外と曲にアングラ感がなくポップで、ミニマルなだけじゃなく起伏がある。普通のロック好きが聴いてもひっかかるものがあるかなって。
神啓文 : あとは… 観た目ですかね(笑)。
タイラダイスケ : ステージを真っ暗にして少しだけブルーのライトが差して、スモークを焚いてたんです。クラブかライヴ・ハウスかってところにはこだわってなさそうだけど、深夜の時間帯にはこだわりがあるかもしれないですね。

ORLAND / 「Fancy Free」のフリー・ダウンロードはこちらから

ORLAND profile

名古屋を中心に活動中の3シンセ+1ドラムの4人組。海外のインディー・シーンと共振した音楽スタイルは名古屋はもちろん全国に支持を広げようとしている。手売りと一部店舗で限定発売された三枚のデモCDはこだわりのアート・ワークと共に話題になり即完。自主企画WHITE / BLACKも定期的に開催。
ORLAND official HP

Vol.1 『FREE THROWの成り立ち』

——FREE THROWが始まったきっかけは何ですか?

神啓文(以下、神) : 最初タイラはいなくて、俺と誠人さん2人で始めたんです。
弦先誠人(以下、弦先) : 自分で新しいパーティーを始めたくて色んなDJを見に行ったんですけど、面白そうな人が神くんしか居なかったんですよ。当時、神くんはDJを一旦辞めてたんだけど誘って、とりあえず2人で始めて、その時タイラはお客さんで来てたんだよね。

——それはいつぐらいですか?

弦先 : 2006年の5月です。

——それぐらいの時期、世の中のDJパーティーってどういう状況だったんでしょう?

タイラダイスケ(以下、タイラ) : 俺が色んな所に遊びに行って思ってたのは、当時は邦楽はあんまりかかんなかったですね。かかってたのといえばSyrup16g、9mm Parabellum Bullet、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやBLANKY JET CITYとかそんな感じ。
神 : そうだ、最初9mmだ! だってCD作ったもん。来てくれたお客さんにCD配って、そこに9mm入れて、かっこいいでしょって紹介してた。
弦先 : あの頃はまだ邦楽ロックのインディー・バンドが出てくる流れが、今ほどちゃんと出来てなかった気がする。あとはやっぱりROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下、ジャパン・フェス)の磁場にいるGetting Betterの片平(実)さんやpuke! の前田(博章)くんに付いてったり、自分でもやったりとか。

弦先誠人

タイラ : ジャパン・フェス系のロックDJイベントって求められるものも明快で、そこに応えなきゃいけないDJっていうものがあった気がしていたんです。でもFREE THROWはそこへのカウンターというか、その求められてるものから外れた時に… 暗かったんですよ。

(一同笑)

タイラ : その時俺はまだDJとしてペーペーだったんですけど、FREE THROWに行った時、すごい音楽的だなと思ったんです。何の制約も無くて、1人1時間ずつを3回ぐらい回す。

——場所はどこでやっていたんですか?

神 : タイラが入る前までは下北沢のDaisy Barですね。タイラと俺はまた別でパーティーをやってたんですよ。ROOTS!っていう高円寺の沖縄料理屋さんの地下にあるクラブで、イベント名は「MONSTER」(笑)。
タイラ : 誠人さんのDJはお客さんとしてよく聴きに行ってたんですけど、神さんのDJはそれまであまりちゃんと聴く機会がなかったんですよね。MONSTERをやり始めた時にちょうど第1回目のFREE THROWがあって、その時に初めて神さんのDJを近くで観て、すごいいいなと思ったんです。そういう元々好きなDJ2人が何の制約もなしにやるとどうなるのかなって。その時まだ俺の音楽の知識が浅かったっていうのもあるけど、一晩のうちに聴いたことのない良い音楽がたくさん流れてて、またそこも、暗かったんですよ(笑)。この暗い感じも新鮮だなーと思って。
弦先 : 変な熱があったんですよね。最初、お客さんは40人ぐらいだったんですよ。で、二回目って大体減るじゃないですか。でも50人に増えたんですよね。
タイラ : その時の客目線で言うと、この2人が何かを始めるってことに変な期待感があったんです。ジャパン・フェスの流れを汲んだパーティーがあって、そこに出てる人達がまた違うことを始めるっていうのはトピックとしても面白かった。
弦先 : 2回目の7月から3回目までちょっと間が空くんですけど、他のパーティーでお客さんに「次いつFREE THROWやるんですか? 」って、そればっかり聞かれてました。これはまたやんなきゃいけないのかなって思いましたね。

観てる側からしたら、あれは確実にカウンターだった

——ジャパン・フェスで流れていなくて、FREE THROWで流れている音楽って何ですか?

タイラ : 今ほど顕著ではなかった気はしますが、ジャパン・フェス系パーティーのお客さんって、当時の感覚で言うとASIAN KANG-FU GENERATION、STRAIGHTENERやELLEGARDENのような邦楽のバンドを聴きたくて来る人が多くて、それ以外の音楽、例えばTHE SMITHSの様な音楽はあまりかかりませんでしたね。

——THE SMITHSがジャパン・フェスでかかってたらかっこいいですね(笑)。

神 : カウンターとしてというより、他にもパーティーっていっぱいあるじゃないですか。そこと同じことしちゃいけないなっていう気持ちの方が強いですね。
タイラ : 新しいパーティーでお客さんが見えなかった分、2人とも素に近いコアな部分でやってたのが観てて面白かった。

——神さんはその時Getting Betterをメインで?

神 : FREE THROW立ち上げの前は1年間活動を休止してたので、何もやってなかったです。FREE THROWを2、3回やってまたGetting Betterでもやり始めてって感じですね。

——他のパーティーとFREE THROWで選曲の違いはありましたか?

神 : 普段やってたのをそのままFREE THROWでやっていました。

神啓文

——弦先さんは?

弦先 : 神くんは分かりやすくロックンロールなDJをする人だったので、僕はダンス・ミュージックっぽい四つ打ちの音楽寄りのDJをしていました。でも僕もカウンターとかそういうのはあんまり意識はせず、好きな事をやってただけ。だって、1回目とかミスチルかけてたもんね(笑)。
神 : かけてたね(笑)。
弦先 : ミスチルとTHE SMITHSっていう(笑)。
タイラ : マイケル・ジャクソンもかけてませんでした?
弦先 : 何回かかけてたね。(笑)

——タイラさんにとって、FREE THROWは東京の他のパーティーとどう違いましたか?

タイラ : 東京って言っちゃうとちょっと広すぎるのかもしれないけど、自分達がよく遊びに行くいわゆるロックのDJパーティーとは違ったというか、そういうものよりも刺激的に映りました。

——刺激的というと具体的には?

タイラ : 人が多く入るパーティーって、ゲストのDJが居て1人の持ち時間が短くて、お客さんの求めてるものが明快だから終盤はそこに沿ってお約束の流れに落ち着く感じがあるんだけど、FREE THROWはDJが2人しか居なかったし、1人ずつの時間も長くてすごい濃かった。2人は好きにやってたという感じだったと思うんですけど、観てる側からしたらあれは確実にカウンターだった。すごく音楽的だったし、踊らせるためにやってるというよりも、我をすごい出してました。
弦先 : 多分なんですけど、Getting Betterとかpuke! とか、ジャパン・フェス的なDJパーティーに慣れた人が来たんだと思う。FREE THROWに来たからといってGetting Betterに行かなくなった人もお客さんもそんなに居なかったし、こっちもやる側としてそこを切り捨てるつもりはないし、そこで遊び慣れたぐらいの人が来るようになってきたのかなっていうのは当時感じましたね。
神 : さっきの我が出てたっていう意味では、2人とも自分でオーガナイズしたのはこれが初だったんで、失敗しようが何しようがケツ拭くのは自分だしやりたいようにやっちゃえって、そういう勢いはあったかもしれない。

——その「やりたいように」っていうのに、2人の中で明確で具体的な話し合いはあったんですか?

神 : そういう話は特にない。でも2人とも他とは違う事をやろうと考えてたと思います。

——他っていうのは、たとえばGetting Betterとか?

弦先 : Getting Betterには毎回遊びに行ってるし、自分がやってるpuke! もそこまでの規模じゃないけどそれなりに盛り上がってきてるし、保坂さんのsoultodayもありますね。三人の直属の上がジャパン・フェスのDJブースをやっている状況だったので、そういうパーティーにどっぷりと浸かっていたから、違うことをやりたくなったのかもしれません。

これは面白いことが出来るかもしんない

タイラダイスケ

——タイラさんがFREE THROWに入ったきっかけは何ですか?

弦先 : 2回目から3回目までに5カ月間が空いて、続けるか続けないかを話してるうちに神くんからタイラを紹介されて、その時まだタイラとは面識ぐらいしかなかったんだけど、神くんが言うなら面白いんだろうと思ったので、3回目から一緒にやりました。

——神さんがタイラさんを面白いと思ったのは?

神 : エロかったからですね。

(一同笑)

神 : ちょうどタイラがMARZで働きだす時期だったんですよね。

——同世代に他のロックDJも居た中で、なぜタイラさんだったんでしょう?

神 : 音の話で言うと、彼はDJじゃないDJをするから面白いな思ったんです。
弦先 : タイラはどこにも所属せずふわっと楽しんでたから、色が付いてないという意味で彼がいいと思いました。

——2人じゃなくて3人がよかった理由って?

神 : 単純に、2人はしんどいな。夜長いなって(笑)。
弦先 : あと、タイラはお客さんにすごくもててた。12月の初めてタイラがやった時には80人来ましたね。

——FREE THROWがDaisy barからMARZに移ったタイミングはいつ頃ですか?

弦先 : 翌年の4月ですね。タイラがthe telephonesThe Brixton Academy、Avengers In Sci-FiやPILLS EMPIREの前身バンドのBB-LTDの音源を持ってきて、「こういうバンドと一緒にやりませんか?」って話を出したんです。僕は日本のインディーズを全然聴いてなかったんですけど、聴いてみたらめちゃくちゃかっこいいんですよね。
神 : ちょうどその時ニュー・レイヴが始まったぐらいで、Klaxonsとか海外の方にはアンテナ張ってたんですけど、そこでタイラに紹介されたバンドがすごいリンクしたんですよ。これは面白いことが出来るかもしんないって思いました。

——タイラさんの思惑の中には、場所をMARZに移す=バンドとの融合もはかれるというのもあったんでしょうか?

タイラ : 2007年の1月からMARZで働き始めてすぐにthe telephonesThe Brixton AcademyやBB-LTDにMARZで会って、「めっちゃいい! 」 って思って、バイト先の居酒屋にラジカセを持って来て2人に聴かせたんです(笑)。その時は深夜にバンドが入るパーティーがあまりなかったんですよね。いつもの夕方の時間帯にライヴ・ハウスに行かない人達に彼らを紹介出来るのはすごいいいと思ったし、彼らの音楽もクラブで遊んでる人にリンクするものがあったので、僕らは僕らで好きなバンドだからモチベーションも上がるし、お互いにメリットがあるなと思って。

——2人はバンドを入れることに抵抗はなかったんですか?

神 : 全然ないですね。
弦先 : 音源が面白かったからオッケーってのがまず第一にあったんですけど、ただ、バンドマンとDJってその当時はあんまり仲良くなれる気がしなかったんですね。最初に一緒にやったのがThe Brixton Academyだったっていうのが良かったのかなって思います。
タイラ : その当時、The Brixton Academyはまだ全国流通の音源なんかないし、持ってきた手刷りのデモ50枚が全部売れたって言ってました。
弦先 : FREE THROWをやってて何が面白いって、自分も知らなかった、聴けばかっこいいインディーのロック・バンドがたくさん居て、自分達にお客さんが80人ぐらい付いていたとして、みんなにこのバンドを見せたいって思えるところじゃないかなと思います。

⇒⇒⇒次回『FREE THROWの軌跡』に続く

FREE THROW /// NEWS!

『FREE THROW vol.49』に抽選で5組10名様を無料でご招待!!!

2011/02/19(sat)@新宿MARZ
open/start 23:30
adv ¥2000(1D込)
door ¥2300(1D込)

GUEST LIVE : ORLAND
DJ : 弦先誠人(puke!)
神 啓文(Getting Better)
タイラダイスケ(soultoday)

【応募方法】
件名に「『FREE THROW vol.49』に行きたい!」、 本文に氏名/住所/電話番号をご記入の上、info(at)ototoy.jpまでメールをお送りください。
『FREE THROW vol.49』応募締め切り : 2月17日(Thu)
当選者の方には、追ってメールにてご連絡します。
※あらかじめinfo(at)ototoy.jpからのメールを受信できるよう、設定ください。

『FREE THROW COMPILATION』発売&リリース・ツアー決定!
3月4日(金)FREE THROW OSAKA@大阪難波ロケッツ
3月5日(土)FREE THROW NAGOYA@名古屋アポロシアター
GUEST LIVE : QUATTRO and more!

そして50回記念パーティーは、新木場STUDIO COAST!
VOL50 Anniversary&『FREE THROW COMPILATION』Release Party!
2011/03/13(sun)@新木場STUDIO COAST
open/start 13:00
adv ¥3500yen(1D別) / door ¥4000yen(1D別)
一般発売日 : 2/20(日)
ローソンチケット[Lコード : 72849]

GUEST LIVE
the telephones / group_inou / riddim saunter / sleepy.ab / LITE / the chef cooks me BAND / QUATTRO
DJ
弦先誠人(puke!) / 神啓文(Getting Better/COUNTDOWN JAPAN 08/09) / タイラダイスケ(soultoday/COUNTDOWN JAPAN 08/09 WEST) / HANDSOMEBOY TECHNIQUE / BRITISH PAVILION / Nur.(西村道男/eyama/eetee)

FREE THROW /// PROFILE!

2006年5月に下北沢Daisy Barにて弦先誠人、神啓文により始動。
2006年12月タイラダイスケの加入により現在の3DJに。
2007年4月から新宿MARZにホームを移し、DJ×LIVEという従来のCLUBシーンではほとんど成立例の無かった新しいパーティーのスタイルを確立させ、クラブ・シーンとライブハウスの垣根を無くし、その距離を縮める。3人によるジャンルや洋邦新旧問わないDJプレイは幅広い音楽ファンから高い評価を受けている。
また、有名無名問わず自分達のアンテナに引っかかったバンドには助力を惜しまず、それをきっかけとして台頭をあらわしたバンドも少なくない。その活動は東京だけに止まらず、これまでに名古屋・大阪・新潟・長野・柏・水戸・仙台・札幌・静岡とその活動の幅を広げている。

FREE THROW official HP

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事