『risu作品のエンジニアリング行程を通して自身のエンジニアリング哲学を肯定するハンサムは私だ。』

こんにちは、テクマ! です。今回はこちらに文章を書く機会をいただきましたので、私がトラック作成やミックスを手掛け、ototoyからリリースされるrisuさんの音源の製作についての解説を、Twitterにおける「〜ハンサムは私だ。」の文体とは違う、サンレコの機材レビュー調の文体にて、やんわりかつ一方的かつ各方面に配慮しつつ書かせていただきます。

まず今回の音源でトピックになるのはいまみちともたかさんの参加だと思います。ご存知、バービーボーイズのギタリストでありソングライターであり、ししゃもを食べまくったおかげで顔が長くなったという逸話も持つ、自称:ギターも得意なホラ吹き、です。近年では、椎名林檎さんの『ありあまる富』への参加で彼を知っている方も多いのではないのでしょうか。実はいまみちさんの参加については私がキッカケになっています。私の友人であるmusic from the marsの藤井友信君がいまみちさんと接点を持つようになり、ツイッターを薦め、そのツイッター上で私といまみちさんがだんだん交流するようになり、私が前作のミックスを手掛けたrisuさんにも興味を持つようになり、彼女主催で私も出演したイベント『ホンモノのニューウェーヴ』(他にはYorz In The Sky、ロマンポルシェ。、DJとして花形ハヤシさんも出演。)に来場してくれたのが、昨年の9月25日のこと。

その翌日、いまみちさんから私とrisuさんに「おとなげないことをします」というメールがあり、突然いまみちさん作詞・作曲のデモ曲が送られて来たのでした。「これはスゴイ!曲もメチャクチャカッコイイ!」ということで、メールでやりとりし、私がベーシックトラックを作成し、いまみちさんのギターをダビング、risuさんの歌もダビングして私がミックスする、という製作の段取りを決めました。

最初に私が行った作業は、BPMを測定して、送られたデモを愛用のLogic Expressに張ってリズムを組む、というものでした。ちなみにいまみちさんのデモはギター数本とオートチューン(ヴォコーダー?)がかけられた歌数本、というものでしたので、リズムは組みやすかったです。デモで使用されていたメトロノームの音が良かったので、これだけのデータをもらい、それと噛み合うようにリズムを組み、ベースライン、シンセパートなどを打ち込んで、risuさんにmp3を送ったところ「ベースがハネててやだ。こういうのがいい。」というお言葉と共にTelexのYouTubeのURLが送られてきましたので、それを参考にハネていたベースラインを8分音符のみの世界で再構築し、また、元のデモのデータともども構成をエディットして全体の長さを伸ばし(この時点で最終版とサイズは同じになっています。)、risuさんの確認の後いまみちさんに送付しました。

キーを変更することがメールのやりとりで決定され、昨年の某月某日、risuさんといまみちさんがテクノポップ研究所(私の自宅スタジオです)に来て、いまみちさんのギターのダビングが行われました。それからはrisuさん自身によるシンセのダビングと歌のレコーディング、いまみちさん自身によるギターのダビング、最終版の歌のダビング、をメールとファイル交換でやりとりし、私がミックス、いまみちさんがマスタリングして出来上がったのが、いま皆様の前にある『Cover Me』となります。

最近私が得意とするノーEQ、ではさすがに全てのミックス作業をやりきることはできませんでしたが、ギターの各種トラックはノーEQノーオートメーションで一曲を通して成立するバランスをギリギリまで追い込み、それでも演出としてどうしても強調したい場所だけリージョンを切る、という手法でミックスしたため、いまみちさんのプレイを活かした、整えられすぎていない音像になっているのではないか、と自負しています。また、作業途中でキーが変わったため、新しいキーで綺麗に鳴るシンセベースにするために、ネース用シンセのフィルターとエンベロープのエディットを行ったのも、興味深い思い出ですね。そうだ、私アナログモノシンセのSH-101も所有していますが、今回はLogic Express付属のソフト音源しか使用していないことも報告しておきます。

一方、『Space X』は元々risuさんがライヴでやっていた曲でして、これについてはファイル交換でrisuさんのマルチデータ(risuさんもLogicユーザーですのでプロジェクトファイルごともらいました。)といまみちさんがダビングしたギターのデータを送ってもらい、私がミックスしました。8ビートの曲というのは、全体の重心をどこに置くかでスピード感がガラっと変わってしまうものです。『Cover Me』はかなりズシっとした重心になっていましたが、こちらは重心を上げないとスピード感が削がれるけれどかといって軽い音場になってしまってもなぁ、、、といった方針決めでかなり悩みました。また、ノーアクセントで16分音譜で鳴るハイハットといまみちさんのリズムギターがどのぐらいの割合で耳に聞こえるといちばん機械的かつ人間的で、言うならばrisuさんの世界観に合うのか、という部分の方針決めにもかなり神経を使いましたね。『Cover Me』で得たノウハウでかけたトータルコンプレッサーがこちらには合わず、結局トータルコンプは無しにして、いまみちさんによるマスタリングに音圧出しはぜんぶ任せたことも報告しておきます。

といった具合で製作しましたこの2曲、末永く皆様にお楽しみ頂けますと幸いです。とはいえ、今度は、モア・ベターよ!テクマ! でした。

 
 

インタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー
・2018年05月23日・【対談】amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND)──amiinA新シングルをハイレゾ独占配信 彼女たちが創造する新たな世界観によって、いまやファンだけでなく異なるステージで活躍するアーティストをも虜にしているガールズ・ユニット、amiinA。2018年初リリースとなる5thシングル「Jubilee」を、OTOTOYでは2週間のハイレゾ独占配信にてお届け。そんな彼女たちの新作リリースに伴い、「Jubilee」を書き下ろした松本素生(GOING UNDER GROUND)とamiinA(miyu、ami)の3人によるスペシャル・インタヴューを公開。amiinAの世界観を更に輝かせる今作への3人の想いを、ぜひともチェックしていただきたい。 2週間ハイレゾ独占配信! amiinA待望の5thシングルリリース amiinA / Jubilee (PCM 48kHz/24bit)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC (24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】''1. Jubilee2. eve3. Unicorn4.
by ?
STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”
・2018年05月23日・STEPHENSMITHが生み出す艶やかな“隙間”──3週連続配信リリースの新作をハイレゾ独占配信! 福岡にて2013年に結成され、現在は都内を拠点に活動中のトリオ・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴンスミス)。彼らより前作、『sexperiment』より1年半ぶりの新作が届いた。なんと今作は5月30日のアナログ7インチ販売に先駆け、5月16日より3週連続先行配信でのリリース。OTOTOYでは今回配信される3曲全て、ハイレゾ独占配信を実施。 さらに先行配信タイトル第2弾「手放せ」の配信開始に際して、新作について語ってもらったメンバー3人へのインタヴューを公開。 様々なジャンルのサウンドを吸収しながらも、ルーツへのこだわりを忘れない彼らの魅力を本記事と共に感じてほしい。 3週連続配信リリース! ハイレゾ独占配信中!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】各曲 300円(税込) ※「放蕩の歌」は5月30日(水)よりページにて配信開始 INTERVIEW : STEPHENSMITHインディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、まさにさ
by 鈴木 雄希
美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信
・2018年05月24日・18年ぶりの白昼夢──sugar plant、新作『headlights』をハイレゾ配信 ショウヤマチナツとオガワシンイチによるデュオ、シュガー・プラント。なんと18年ぶりに新作『headlights』を発表する。1993年に結成され、結成当初からいちはやくUSインディー・シーンと結びつくなど世界規模で活躍してきたユニットだ。最新作でも、ある意味でその真骨頂とも言えるサウンドを展開している。サイケデリックに広がっていく音像のなかで、ショウヤマチナツの歌声が心地よく鳴り響く。そんな彼らのスタイルを踏襲しながらも、これまでポストロックや、レイヴ・カルチャー由来のチルアウトな感覚を取り込み、独自の音響感覚を取り込んでいったように、やはり現在のチルアウトな音楽の感覚を迎え入れ、アップデートされたシュガー・プラントのサウンドを展開していると言えるだろう。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともにインタヴューを掲載する。 18年ぶりの傑作をハイレゾ配信sugar plant / headlights (24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレ
by 渡辺 裕也
Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース
[POWERPUSH]・2018年05月23日・Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース! メンバー全員インタヴュー KURUMI.、AI.、YUME.、KAEDE.、AIRI.からなる5人組アイドル・グループ、Devil ANTHEM.。5人での新体制後初のシングル『Like a 熱帯夜』をリリース、ハイレゾ配信も開始した。グループ名の訳は「悪魔の聖歌」という意味を持つデビアン、OTOTOYでは初となるインタヴューを南波一海がお届けします。 Devil ANTHEM. / Like a 熱帯夜'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 300円(税込) アルバム 1200円(税込)【Track List】''01. Like a 熱帯夜 / 02. 以心伝心 / 03. Replay / 04. Like a 熱帯夜 Instrumental / 05. 以心伝心 Instrumental / 06. Replay Instrumental   INTERVIEW : Devil ANTHEM. Devil ANTHEM.のインタヴューをお届けする。新作「Like a 熱帯
Ryu Matsuyamaインタヴュー メジャー1stアルバムをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2018年05月21日・ピアノ・スリーピース・バンド、Ryu Matsuyama メジャー1stアルバムをリリース Ryu(ピアノ・ヴォーカル)、Tsuru(ベース)、Jackson(ドラム)からなるスリーピース・バンド、Ryu Matsuyama。メジャー1stアルバム『Between Night and Day』をリリース、ハイレゾ配信も開始。アートワークにも注目が集まる本作品が作られるまで、そして、それぞれの音楽性についても訊いた。 Ryu Matsuyama / Between Night and Day'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2500円(税込)【Track List】''1. Window2. Footsteps3. City4. That Mad Rad Tale5. Istante6. Take a Piece7. Simply, Something8. Return to Dust9. Landscapes INTERVIEW : Ryu Matsuyama 「Ryu Matsuyamaの音楽とはこうだよね」と言わ
メロディーやフレーズが新たな理想にーThe Sea and Cake、新アルバムをハイレゾ配信
・2018年05月18日・メロディーやフレーズが新たな理想に到達した──The Sea and Cake、6年ぶり新アルバムをハイレゾ配信 実に6年ぶりとなる新アルバム『Any Day』を完成させて、ザ・シー・アンド・ケイクが帰ってきた! 今作は、サム・プレコップ、ジョン・マッケンタイア、アーチャー・プルウィットの3ピースとなって初のリリース作であり、近年では最も“歌”にフィーチャーしたポップ・アルバムとも言えるだろう。今作には、2016年のブライアン・ウィルソン〈『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアー〉にて音楽監督を務めたポール・マーテンズがフルートとクラリネットで、そしてユーフォン(Euphone)名義での活動でも有名なニック・マクリがダブル・ベースで参加し、オリジナリティ溢れる傑作アルバムが完成した。OTOTOYではそんな『Any Day』を、ハイレゾ独占配信中! 細部までこだわり抜かれたそのサウンドを、ぜひハイレゾで体感してみてください。 6年ぶりの新作アルバム! The Sea and Cake / Any Day 【配信形態・価格】ALAC、FLAC、WAV、AAC(24bit/96kHz) : アルバム
【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」
[EMPIRE]・2018年05月11日・【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。 EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格
by 西澤 裕郎
多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース
・2018年05月15日・多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース ダンス・ミュージックをコンセプトに、幅広い音楽を変幻自在に織り交ぜる、4人組インストゥルメンタル・バンド、Sawagi。前作『Starts to think?』リリース・ツアーにて、南アフリカ13箇所のツアーを敢行し、バンドの持つ高度なアンサンブルやグルーヴ感をより一層確かなものにしていった。そんな彼らが、2018年5月23日に、1225日ぶりの新作『Kabo Wabo』をリリースする。そして共同プロデュースとして、卓越した音楽センスを持つ、松田“CHABE”岳二を迎えての制作となっている。今作では、ファンク、ジャズ、エレクトロの他にも、ヒップ・ホップやバレアリックなどの多彩なジャンルを融合し、独自のダンス・ミュージックを鳴らしている。そんな今作の魅力をいち早く伝えるべく、OTOTOYでは今作の先行配信開始するとともに、インタヴューを敢行! ぜひアルバムとともにチェックしていただきたい。 待望の新作!!Sawagi / Kabo Wab'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 2
by ?