『risu作品のエンジニアリング行程を通して自身のエンジニアリング哲学を肯定するハンサムは私だ。』

こんにちは、テクマ! です。今回はこちらに文章を書く機会をいただきましたので、私がトラック作成やミックスを手掛け、ototoyからリリースされるrisuさんの音源の製作についての解説を、Twitterにおける「〜ハンサムは私だ。」の文体とは違う、サンレコの機材レビュー調の文体にて、やんわりかつ一方的かつ各方面に配慮しつつ書かせていただきます。

まず今回の音源でトピックになるのはいまみちともたかさんの参加だと思います。ご存知、バービーボーイズのギタリストでありソングライターであり、ししゃもを食べまくったおかげで顔が長くなったという逸話も持つ、自称:ギターも得意なホラ吹き、です。近年では、椎名林檎さんの『ありあまる富』への参加で彼を知っている方も多いのではないのでしょうか。実はいまみちさんの参加については私がキッカケになっています。私の友人であるmusic from the marsの藤井友信君がいまみちさんと接点を持つようになり、ツイッターを薦め、そのツイッター上で私といまみちさんがだんだん交流するようになり、私が前作のミックスを手掛けたrisuさんにも興味を持つようになり、彼女主催で私も出演したイベント『ホンモノのニューウェーヴ』(他にはYorz In The Sky、ロマンポルシェ。、DJとして花形ハヤシさんも出演。)に来場してくれたのが、昨年の9月25日のこと。

その翌日、いまみちさんから私とrisuさんに「おとなげないことをします」というメールがあり、突然いまみちさん作詞・作曲のデモ曲が送られて来たのでした。「これはスゴイ!曲もメチャクチャカッコイイ!」ということで、メールでやりとりし、私がベーシックトラックを作成し、いまみちさんのギターをダビング、risuさんの歌もダビングして私がミックスする、という製作の段取りを決めました。

最初に私が行った作業は、BPMを測定して、送られたデモを愛用のLogic Expressに張ってリズムを組む、というものでした。ちなみにいまみちさんのデモはギター数本とオートチューン(ヴォコーダー?)がかけられた歌数本、というものでしたので、リズムは組みやすかったです。デモで使用されていたメトロノームの音が良かったので、これだけのデータをもらい、それと噛み合うようにリズムを組み、ベースライン、シンセパートなどを打ち込んで、risuさんにmp3を送ったところ「ベースがハネててやだ。こういうのがいい。」というお言葉と共にTelexのYouTubeのURLが送られてきましたので、それを参考にハネていたベースラインを8分音符のみの世界で再構築し、また、元のデモのデータともども構成をエディットして全体の長さを伸ばし(この時点で最終版とサイズは同じになっています。)、risuさんの確認の後いまみちさんに送付しました。

キーを変更することがメールのやりとりで決定され、昨年の某月某日、risuさんといまみちさんがテクノポップ研究所(私の自宅スタジオです)に来て、いまみちさんのギターのダビングが行われました。それからはrisuさん自身によるシンセのダビングと歌のレコーディング、いまみちさん自身によるギターのダビング、最終版の歌のダビング、をメールとファイル交換でやりとりし、私がミックス、いまみちさんがマスタリングして出来上がったのが、いま皆様の前にある『Cover Me』となります。

最近私が得意とするノーEQ、ではさすがに全てのミックス作業をやりきることはできませんでしたが、ギターの各種トラックはノーEQノーオートメーションで一曲を通して成立するバランスをギリギリまで追い込み、それでも演出としてどうしても強調したい場所だけリージョンを切る、という手法でミックスしたため、いまみちさんのプレイを活かした、整えられすぎていない音像になっているのではないか、と自負しています。また、作業途中でキーが変わったため、新しいキーで綺麗に鳴るシンセベースにするために、ネース用シンセのフィルターとエンベロープのエディットを行ったのも、興味深い思い出ですね。そうだ、私アナログモノシンセのSH-101も所有していますが、今回はLogic Express付属のソフト音源しか使用していないことも報告しておきます。

一方、『Space X』は元々risuさんがライヴでやっていた曲でして、これについてはファイル交換でrisuさんのマルチデータ(risuさんもLogicユーザーですのでプロジェクトファイルごともらいました。)といまみちさんがダビングしたギターのデータを送ってもらい、私がミックスしました。8ビートの曲というのは、全体の重心をどこに置くかでスピード感がガラっと変わってしまうものです。『Cover Me』はかなりズシっとした重心になっていましたが、こちらは重心を上げないとスピード感が削がれるけれどかといって軽い音場になってしまってもなぁ、、、といった方針決めでかなり悩みました。また、ノーアクセントで16分音譜で鳴るハイハットといまみちさんのリズムギターがどのぐらいの割合で耳に聞こえるといちばん機械的かつ人間的で、言うならばrisuさんの世界観に合うのか、という部分の方針決めにもかなり神経を使いましたね。『Cover Me』で得たノウハウでかけたトータルコンプレッサーがこちらには合わず、結局トータルコンプは無しにして、いまみちさんによるマスタリングに音圧出しはぜんぶ任せたことも報告しておきます。

といった具合で製作しましたこの2曲、末永く皆様にお楽しみ頂けますと幸いです。とはいえ、今度は、モア・ベターよ!テクマ! でした。

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事