プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

プールイのラスト・シングルは、ちょー可愛いアー写付き!
■まだ誰もやってこなかった、SPANK HAPPYをカバー!!

90年代を代表するサブ・カルチャー・ユニット、菊地成孔と岩澤瞳からなるSPANK HAPPYの「エレガントの怪物」をカバー。今回のカバーに至ったいきさつとしては、プー・ルイ本人がライブ・パフォーマンスの参考にと、担当ディレクターから教えられ、SPANK HAPPYのライブ映像を見るうちに岩澤瞳に自分を投影しはじめたことがきっかけとなった。


■楽曲は2バージョンを用意!!

エレクトロを意識したpink ver.とミドル・スクールhip hopを意識したwhite ver.の2パターンのカバーver.が用意されている。どちらも原曲とはかなり違ったアレンジが施されている。Pink ver.ではシンセを前面に押し出し、心地よく突き刺さるビートが気持ちよい楽曲となっている。white ver.ではホーン隊とピアノが前面にフィーチャーされ、スモーキーで叙情的な楽曲となっている。

1. エレガントの怪物〜pink ver〜

2. エレガントの怪物〜white ver〜

特典として、プー・ルイのオリジナル・アーティスト画像が付いてくる!

BiSのメンバー活動報告メール!

プー・ルイのソロでのラスト・ステージ、そしてメンバーお披露目会も無事に終わり、ついに動き出したアイドル・グループ、BiS!
4人から毎日届けられる活動報告メールを参考に、BiSの動きを追っていきましょー。

12/7
4人揃ってのミーティング。徐々に結束を固めているようですが、一方でプー・ルイはアイドル活動と学業の兼ね合いに少し悩んでいるよう。
「大学で学ぶことも大切って言われるしわかるけど、学びたいことないし、大学行ってる時間が一番もったいないと感じてしまいます(´・ω・`)何より最近自分の中で大学が言い訳みたいになってしまっているのが嫌です。。。そして色んな意味で勇気がない自分も嫌。。(´・ω・`)」
ちょいと心配ですが、その分BiSとして活動している時は充実しているみたい。リナちゃんが自宅で試験的にニコ生を放送したところ、なんと視聴者数500人超。これまでの個人活動の賜物ですな。

12/8
4人揃ってのボイトレをのんちゃんが体調不良で欠席。前日からどこか元気がなさそうだったようで、3人ともずいぶん心配したみたい。のんちゃんは一日中横になりながらも自分の課題について考えていたようです。
「昨日のメイクは、大失敗でした。私の顔にはアイラインがっつりが似合わないというのがよく分かりました……。もっと見せ方を研究していかないとです。とりあえず、姿勢を良くする所から始めたいと思います。(>_<)」
リナちゃんが韓国旅行へ出発。

12/9
スケジュールの都合で、実はこの日がプー・ルイのラスト・ライヴに。でも本人の気持ちとしては先日のワンマンで区切りはついていたので、特に感傷的になったりはしなかったみたい。
「ソロでのやることはとりあえず今日で終わったのでBiS一筋で頑張ってきます★」
のんちゃんは今日も寝たきり。

12/10
のんちゃんは洋服、リナちゃんはメガネを購入。ユケは垢擦りと岩盤浴。それぞれが女子力アップに努めた1日。

12/11
プー、ユケ、のんちゃんの3人でフライヤーのデザインについて話し合う。そのあとは3人でカラオケ。仲いいですね。そしてリナちゃんが帰国。

12/12
今度はプー・ルイが風邪でダウン。連日気を張っていたせいか、相当疲れていたみたい。

12/13
年末だけど、書き初め。2011年の抱負を色紙に書く。こういうことやらせると、4人のキャラクターがよく表れますね。各ニュース・サイトにBiS結成の記事が掲載され始める。メンバー一同大喜び。

12/14
OTOTOY忘年会に全員で出席。来場者に挨拶して回る。大勢が集まっている中で、常に固まって動く若い4人はやたらと目立つ。はしゃぎすぎたマネージャーが泥酔したため、毎週恒例のニコ生放送が急遽中止に。こら!

12/15
プー・ルイのソロでのラスト・シングル『エレガントの怪物』の先行販売が開始。ユケ、のんちゃん、リナちゃんの3人でボイトレ。その後プー・ルイも合流し打ち合わせ。最近4人揃うとつい雑談に走りがちだということで、プーとユケで事前に話し合いの道筋を決めてから臨む。おかげでこの日はかなり真剣な話し合いになったそうです。少しずつチームワークが出来てきた。

12/16
初めて4人でブッキング交渉の電話をかける。たどたどしい会話ながらもなんとかイベント出演を決める。その勢いでラジオ局にも電話。交渉してみたところ、なんとラジオ番組の出演も決定! やったー! そのあとは4人でプリクラ。普段おっとりしてるリナちゃんがここぞとばかりに仕切る。ユケいわく「リナちゃんはプリクラの神」らしい。このプリクラ、フライヤーに使うつもりらしいけど、一体どんなの作るつもりなんでしょ。乞うご期待。

次回からは、ついに新章突入か!?

プー・ルイのブログが始まった!

オフィシャル・サイトでは、プー・ルイが毎日更新するブログが始まっています。彼女の近況を知りたい人は、ブック・マークをお願いします。
http://pour-lui.syncl.jp/?p=diarylist

プー・ルイ・オフィシャル・サイト http://pour-lui.syncl.jp/

ソロだったプー・ルイを聴いてみよう!

第4回レコチョク新人杯にデビュー曲「限られた時間の中で☆」がノミネートされ、デビュー。中川翔子「フライングヒューマノイド」柴咲コウ「ラバソー〜lover soul」やAimmy「end of the world」の作曲で注目されている松隈ケンタ氏(Buzz72+、The tod-mats)をサウンド・プロデューサーに迎え、強力タッグでJ-POPにロック・サウンドをミックスした新しい音楽の形を表現した。2010年6月23日にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」はタワーレコード・オンライン・セールス1位を記録MySpaceランキング2位、アメリカからのドキュメンタリー取材やフランスTV局でPVがOAされるなど、デビュー時から話題を欠くことはない。

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

TOP