音をひたすら弄って楽しむ

——ベースの重心の低さとパキッとしたドラムで、アルバム全体にグルーヴ感と安定感がありました。

ヤマダ : それは完全に中村くんの功績ですね。自分でやるとどうしてもキックが色んな音に混ざってしまうというか、抜けてこないんですよね。それをすごい頑張ってくれて、抜けとか分離の調整で重心をしっかり作ってくれました。特にキックが小さいか大きいかだけで曲の内容がすごく変わっていっちゃうんですけど、そこを上手く作っていくのは難しいんですよね。
中村 : 音数がすごい少ないバンドだったら、キックはいくらでも抜けると思うんですけど、今回はウワ音が多すぎるので、いかにキックの上の方が他と被らないようにするのかパズルのような作業でした。
ヤマダ : アルバムを一聴するとすんなり聞けると思います。「音数そんなに多いかな?」と思うかもしれないですけど、実際は同時に鳴っている音がかなり多いんです。最初のラフ・ミックスを聴いた時はサラっとしすぎちゃってて「もうちょっと色々な音が聞こえるようにしようよ」って簡単な気持ちで提案したら、そのまま徹夜で作業みたいな(笑)。
中村 : 最初はもっとバンドっぽい感じに作っていたんですけど、彼のほうからちょっとヒップホップっぽい重心を出したいという要望があったりして、2人で少しずつ詰めて変わっていったんです。
ヤマダ : MASに関しては、色んな編集をして手を加えるから面白いと思っている部分があって、それをしないと自分の曲にならないとも思っているので、今回のミックスでもなるべくそのようにしてもらいました。もともと自分でミックスまでやっていたということもあって、エディットやミックスの遊びみたいなことは曲作りの一環として普通にあるんです。音をひたすら弄って楽しむという部分は制作の中で大きいので、別の人が関わってもなるべくやれるだけやってもらおうと思ってました。

MAS

——音を楽しむという意味では、『えんけい / En Kei』の24bit/48kHzの高音質音源をリリースするわけですが、高音質ということについては、どう考えていますか?

ヤマダ : 正直、もっと単純な気持ち良さで聞いているかな。もちろん音が良ければ気持ち良いんですけど、聞いている人それぞれの環境で楽しんでくれたら良いと思っています。色んな選択肢がある中の1つというか。ざらっとしたアナログや古いラジオの音質も好きなので小難しくは考えていません。

——なるほど。中村さんはエンジニアとしてどう思いますか?

中村 : ドラムとかベースとか、楽曲の軸になっている部分はレートを落としても気持ちよく聞けるようにミックスしているつもりなので、環境に関わらず楽しんでもらえると思います。でも、その軸の部分の間に挟まっている素材、単体では聞きとれるかどうか分からない小さな音だけど、空間に肉付けしてトータルの雰囲気を作ってるみたいな音が沢山入っているんですね。ビットレートが高ければ、ダイナミック・レンジが広くて小さいものでもちゃんと再生されるので、色々な音が聞こえて来てより楽しめると思います。
ヤマダ : 聞き所を変えることによって新たな発見があるという部分は意識して作っているので、ドラム、ベースまたはサックスやバイオリンの音から意識を他の音に向けた時に「あ、こんなグルーヴも入ってるんだ」と、気づくかもしれません。そういう意味ではビットレートは高い方が良いかな。

——制作にはかなり時間がかかったんじゃないですか?

ヤマダ : そもそも相当デモを作り込んでいるので、その時点でかなり時間はかかってますね。ボツ曲もいくつかあります。レコーディング自体は6月末からはじめて... なんだかんだ延べ3ヶ月ぐらいですかね。2人とも忙しい時もあって合間合間を縫ってという感じでしたけど。とにかく編集に時間がかかりました。
中村 : 1日の作業が20何時間とかありましたよ。40時間連続作業みたいな状態の時もありましたね(笑)。
ヤマダ : マスタリングのために彼のスタジオに行って細かい部分を修正してたら、マスタリングできずにミックスだけで終わっちゃったこともありましたね(笑)。最終調整的に細かい部分を詰めるくらいの感じだったんですけど、「こんなに変えちゃう? 」みたいな感じですごいことになっちゃって。
中村 : あれはもうマスタリングではないです(笑)。例えばドラムだけとかベースだけとか楽器ごとにバラしたものを持って行って、それを1週間ぐらいかけてマスタリングするということもありますけど、そんなこと普通は出来ないじゃないですか? でも今回はそういうイメージで2日間押さえていたんですけど、ミックスだけで終わったっていうね(笑)。
ヤマダ : いままで自分のやり方でしかミックスしたことが無かったんです。中村くんのミックスが普通に良い出来だったとしても、僕の頭の中で鳴っているイメージとはちょっと違っている部分もあったりしたので、そのイメージにエンジニアがアジャストしていくという作業が大変だったと思います。
中村 : 基本的に打ち込みのサウンド・プロダクションと生楽器のそれって違うじゃないですか? 打ち込みだと、こういう音にしたいって後から思いついた場合、違う音色に差し替えればいいけど、生楽器だと差し替えることができないみたいなことが当然あるんです。その出来ないところを無理矢理もっていくっていう作業でしたね。
ヤマダ : でも最終的にはもっていってくれましたからね(笑)。バンドだから絶対バンドっぽくしなきゃいけないとも思っていないですし、自分でやるともっと音を動かしたりとか色々やりたくなっちゃうんです。そういう部分ではいつもと違うので納得するまでに時間はかかったんですけど、結果的にそれをやらない方がいいんだっていうところに落ち着きました。

——『えんけい / En Kei』を聞いていると、どうしてもLIVEに期待しちゃいます。

ヤマダ : MASの曲はどうしても楽曲の展開や構成上、変えられない部分が多くて、それを変えようとすると膨大な作業になってしまうんです。別の曲を用意したほうが良いんじゃないかぐらい大変なことになってしまうので、LIVEではそのままやってます。ちょいちょい変えている箇所はもちろんあるんですが。僕はあまりLIVE至上主義ではなくて、音源とLIVEで同じ曲なんだけど違う感じになってしまうのはなんとなく嫌なので、できればもっと近づけたいような離したいようなという... 正直色々悩んでます(笑)。LIVEはLIVEの良さがもっと出せるように... 頑張ります(笑)。

——MASはJAZZエレクトロニカという捉え方をされたり、DCPRGやROVOなどとも比較されることことも多いと思いますが、その点についてはどう思いますか?

ヤマダ : そういう意見もありますし、僕自身JAZZはもちろん好きですけど、JAZZ的なことをやろうと思ったことは全く無いですね。JAZZ的な要素をMASに持ち込んだのは大谷能生ですね。JAZZやエレクトロニカの要素はもちろんあるんですけど、そこを意識して作曲したことは実は無いですね。自分のやりたいようにやっているのでどう比較されても良いんですけど... LIVEパフォーマンスについては、今のトコロはどう考えてもDCPRGやROVOとはレベルが全然違う、と個人的には弱気です(笑)。ですが、たどり着きたい形みたいなバンドでもあるので、それに向けて精進していきたいですね。個人的にはROVOには思い入れがあって、かつてあった恵比寿みるく、新宿リキッドルームでやっていた時は良く見に行ってました。今でも大好きです。

大谷能生

——大谷さんとはどうやって出会ったんでしょうか?

ヤマダ : 2002年の時にサックスを吹いてくれていたメンバーがいたんですが、Flyrecのイベント『ReSet』の2週間前ぐらいに急遽出られなくなってしまったんです。その時たまたまJim O' Roukeのバンドで叩いていたTim Byrnesという人のセッションを原宿でやっていたのを見に行ったら、そこで大谷が吹いていたんですよ。で、僕の友達が彼を知っていたので紹介してもらって誘ったのが最初です。

——DUBミックスが入るのもMASならではだと思うのですが、石本聡さん(pasadena)との付き合いも長いんですか?

ヤマダ : 僕が名古屋から出てきた当時、石本さんが当時やってたcorkyeesというバンドが気になって連絡したんですよね。だから、それこそ10年以上前からの付き合いですよね。お互いの変遷を色々と見ています。DUB的な事をやろうというのは自発的に考えてます。結果がジャンルとしてのDUBじゃないとしても。

円径、遠景... 点と点がつながる輪や線。彼方の景色。

——『えんけい / En Kei』というタイトルについてですが、なぜこのタイトル名を?

ヤマダ : まず僕が曲作りをする時は、ぼんやりと遠い景色を思い浮かべることが多いので遠い景色という意味の「遠景」と、あとは人との繋がりで自分の活動が出来ているという部分が大きいので、サークルという意味の「円、そして縁」、点と点つなぐ線という意味の「経」と、この2つの意味が込められてます。「円経」について言えば、メンバーや中村くんはもちろん、今回のリリース元のPenguinmarket Recordsの北澤くんやsgt.の明石くんとの出会いもそうですし、ジャケットを作ってくれた軍司匡寛くんとの繋がりなんかもそうですね。今、PVも彼とTANGE FILMSというこれまた良い縁で出会ったスゴい映像制作チームが一緒に作ってくれてます。この円 / 縁が音楽だけじゃなくジャケや映像の高いクリエイティビティに繋がっていることはすごく幸せですね。

——今作からsgt.のメンバーでもある成井幹子(Villin / Vibrafone)が参加したのもそういう「円径」の繋がりからですか?

ヤマダ : そうですね。友達の紹介で成ちゃん(成井幹子)に会って、彼女に入ってもらって横須賀美術館で演奏し、「さぁがんばるぞー」っていう時になんだか活動休止みたいになったりしましたけど(笑)。でも彼女の加入で格段に良くなったと思います。

——自然にこの形になったっていうのが面白いですね。

ヤマダ : 元々1stに入っている「turn」という曲をLIVEでやるために集まったようなメンバーと構成で、なんだかんだここまで来たって感じです。狙いは特に決まっていなくて、その時に作りたいものを作っていたら自然と今の感じになったんですよね。

——「遠景」という意味では、聞いていると本当にここではないどこかにトリップしたような景色が思い浮かびました。しかもちょっぴりダークな世界というか。

ヤマダ : 元々ダークなものが好きなんですよ。ダークなもののほうがスタイリッシュというかクールに思うことが多くて。たぶん頭の中で、ものすごい混沌とした物事を考えていて、音楽はそのアウトプットの意味もあるのかもしれません。でもバンドの場合はその混沌としたものを音にしなければいけないので、少し整理して出しています。1曲目の「We should make strange things」なんかは、もう少し明るい部分もあっても良いかなと思って作った曲だったりします。

——例えば8曲目「Factactacfah」の冒頭でギターがブレイクする瞬間とかキング・クリムゾンの世界を思い出しました。

中村 : 素でやっているとそういう方向に行っちゃうのかもしれないですね(笑)。Radioheadみたいな最近の音楽の元ネタとしてのプログレとか、クラブ・ジャズの元ネタとしてのフュージョンとか、音質に文脈が見え隠れしてる感じがあるので、僕も70年代的な音を今っぽくアップデートしてミックスするっていうのは、今回ちょっと考えてました。けど、たぶん本人には全くそういう意識はないと思います(笑)。
ヤマダ : まあ... ないですね(笑)。

——今後の活動について決まっていることがあれば教えて下さい。

ヤマダ : 今はとにかく11/23(火・祝日)に渋谷O-Nestであるリリース・パーティーに向けてリハーサルをして、良いLIVEをするということですね。バンドとしてもLIVEが平均的に良いものになるようにしなきゃいけない時期だなと思っています。12月には名古屋、大阪のツアーもあるし。あとは中村くんと作業してアルバムの内容にすごく手応えを感じていたので、この作品をどういうふうに聞いてもらえるのかっていうのが今は一番楽しみです。

——最後に一言お願いします。

ヤマダ : We should make strange things」はこのアルバムというか自分のモノ作りのテーマというか宣言みたいなもので、音楽なりアートに携わっている限り僕らは世の中にとっておかしくて奇妙なもの・ことを作っていくべきなんだ、という気持ちの表れというか、そのまんまな言葉です。誰かにとって多少でもそういう感情や機会が与えられることをやり続けていきたいなと思います。

INFORMATION

PENGUINMARKET RECORDS 5th Annivarsary PRESENTS
ーWorld Penguin' s Carnival 滋7DAYS CIRCUIT DAY:6。シ
MAS "、ィ、ア、、 / enkei" Release Party!!!

ニ: 2010年11月23日(火/祝)
会場 : 渋谷O-NEST (03-3462-4420)
出演 : MAS with TANGE FILMS+仙(VJ) / Tujiko Noriko / Joseph Nothing danyoshikawa+タカノ綾(VJ) / aus(band set)
[FOOD] ゆるマクロビ屋台 naturemian
時間 : OPEN : 18:00 / START : 18:30

PENGUINMARKET RECORDS 5th Annivarsary PRESENTS
ーWorld Penguin' s Carnival NAGOYAー
MAS "えんけい / enkei" Release TOUR

日程 : 2010年12月11日(土)
会場 : 名古屋 KD JAPON (052-251-0324)
出演 : MAS / egoistic 4 leaves / BEMBE / sgt.
時間 : OPEN : 18:00 / START : 18:30

PENGUINMARKET RECORDS 5th Annivarsary PRESENTS
ーWorld Penguin' s Carnival OSAKAー
MAS "えんけい / enkei" Release TOUR

日程 : 2010年12月12日(日)
会場 : 大阪 心斎橋SUNSUI (06-6243-3641)
出演 : MAS / middle9 / Harp On Mouth Sextet / sgt. / Clean Of Core
時間 : OPEN : 17:30 / START : 18:00

RECOMMEND

World Penguin' s Carnival 2010 / V.A.

祝5周年! インストゥルメンタル・バンドを中心に運営する国内屈指のインディー・レーベルPENGUINMARKET RECORDSが、レーベル・コンピレーションを発売。sgt.、旅団、wooderd chiarie、Clean Of Core、oaqk、L.E.D.の現所属6バンドに加え、11月に5年振りとなる待望の新作を控えたレーベル・ニュー・カマーのMAS、更にゲスト・アーティストとして、大阪のmiddle9、名古屋からegoistic4leaves、東京からnenem、そして海外からは、ロンドンで活動する、 SCREAMING TEA PARTY、パリを拠点に活動するtujiko norikoが参加!

GAIA DANCE / L.E.D.

佐藤元彦(JacksonVibe)、加藤雄一郎(MEGALEV/NATSUMEN/Calm)、オータコージ(曽我部恵一BAND/The sun calls stars)ら、様々なバンドやフィールドで経験を重ねてきた7人で構成されたバンド。自主制作で2003年に発売された前作『LightEmittingDiode』以来、実に6年ぶりの本作は、ジャズ、アンビエント、ミニマルやエレクトロニカなどの要素を含んだサウンドと、メンバーがそれぞれ持ち寄ったフィールド・レコーディングによる音の断片がサウンド・スケープを作り出しています。

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In