DUBで旅する上海

時代も国境も不明! 中国への憧憬や偏見をダブ・ミュージックと掛け合わせるバンド泰山に遊ぶが、新作『上海旅遊』をリリースしました! 本作は、オリジナル5曲と、ダブ・バージョン5曲の計10曲を収録。アルバムの裏テーマとして、今年開催された上海万博へのオマージュがあり、上海の街並みや万博にまつわる事柄がアイテムとして散りばめられています。録音を担当したのはThe BOOM、アン・サリー、原田知世などを手がけたフジイサトル。ダブ・ミキサーとして、まつきあゆむ、バンド内でDUB PAを担当するprof.watanabe、神谷千尋などのサポートもつとめる沖縄ミュージック・シーンの重鎮ベーシスト/プロデューサー、ドン久保田、maoオーナーでもあり、自身のユニットpasadenaやあらかじめ決められた恋人たちへ/world's end girlfriendのDUB PAもつとめるイシモトサトシらが参加。色とりどりのダブワイズが展開されています。彼らの奏でる音に乗って、いざ旅へ!


☆アルバム購入特典として、壁紙2種類(それぞれ1280×1024px、1400×1050pxの2サイズ)とiPhone用着信音をプレゼント!

■windows PCをご利用のお客様へ
ダウンロードしたzipファイルの展開方法がwindows標準の解凍設定になっている場合、正常に解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。

>>「リニア 万博 FES」のフリー・ダウンロードはこちら(期間 : 9/9〜9/16)


泰山に遊ぶ インタビュー

中華DUBというものをご存知だろうか?中国製の入浴剤でも、巨大な中華なべのことでもない。中国四千年のメロディーをDUBという名のベールで包み込んだ全く新しいオリエンタル・ミュージックのこと。

このどこか怪しく少し胡散臭いサウンドを作り上げたのは、メンバー全員純日本人の泰山に遊ぶという名のバンドだ。細野晴臣の『トロピカルダンディ』や『泰安洋行』に込められた、中国に対するメルヘンチックな偏見を受け継ぎ、そこにDUBの方法論を加えたサウンドは、多くのエキゾ・ミュージック・ファンを虜にしている。FUJI ROCK FESTIVALや沖縄国際音楽祭などの野外フェスを経験して、更に強度を増したサウンドをもってニュー・アルバム『上海旅遊』を完成させた彼らは、一体なぜ今中国に注目しているのか? 青山月見ル君想フでのライヴを終えたばかりのメンバー、リーダーの寺尾ブッダ、踊りと歌の成瀬晃一にインタビューを試みた。

インタビュー&文 : 池田義文


中国人にはなれない

——なぜ「中国」に的を絞ったバンドをはじめようと思ったの?

寺尾 : 前のバンドを組んでいた時に語学留学で中国に行ったんだ。その時に1ヶ月北京に滞在して受けたカルチャー・ショックがあまりに大きくて、その影響を何とか音楽で表現したいと思ったのがきっかけ。

——カルチャー・ショックってどんなことがあったの?

寺尾 : 夏に満員のバスとか電車に乗るわけ。そうすると、20代の女の子たちがつり革をつかむと、腋毛がドーン!って感じで(笑)。

——えっ!? それがきっかけ??

寺尾 : いやいや。バンドとは関係ない! カルチャー・ショックの話(笑)。
成瀬 : 要するに全員、黒木香ってことですね。
寺尾 : (笑)。インドやヨーロッパは日本と違って当たり前なんだけど、中国は日本と容姿も含め色々と似ているけど、微妙に何かが違うパラレル・ワールドな感じがあるんだよ。それがすごく面白いんだよね。

——中国のどんな要素にDUBミュージック的な部分を感じたのかな?

寺尾 : オフィシャルのコメントにも書いたんだけど、中国は以前、社会主義などで画一化されている時代があった。そのときは同じような服を着て、同じような顔が沢山ならんでいるように見えた。ただそこにはたまに違う人、内面的には画一化されていない人がいるという部分。つまりミニマルな中に一瞬現れる違った表情をリズムに落とすとDUBになるんじゃないかなって思ったんだ。

——ちなみにメンバーに中国人は1人もいないよね?

寺尾 : うん。残念ながら(笑)。

——僕が初めて泰山のライヴを見たときに感じたのは、ハリウッド映画に出てくるデフォルメされた眼鏡をかけてる七三の日本人、それの中国版というイメージかな…。

寺尾 : 現地の音楽や文化をそのまま表現しても敵わないし、中国人にはなれない。だから、逆に中国にあこがれる日本人を表現してみようと思ったんだ。日本にいながら中国に対する偏見や妄想を膨らましてうまく音楽に還元できればいいんじゃないかなと。

——成瀬さん何か言いかけましたが。どうしました?

成瀬 : ……。僕の両親は満州や樺太から引き上げてきているんで、中国人が両親を逃がしてくれた恩義を感じているんです…。
寺尾 : その時に中国の人たちがかくまってくれなかったら、成瀬さんはこの世に生まれていないかもしれないわけですからね。

——本当か嘘か分からないんですけど(笑)。ちなみに今まで中国人が泰山のライヴを見たことはある?

寺尾 : ありますよ。その人はすごい感動して、「大きなチャイナのパワーを感じました!」って言ってくれたね。細かい旋律やリズムからではなく、ゴチャっとカオスな状態で演奏している姿から中国を感じたんだと思う。

——最終的には中国で演奏したいという気持ちは?

寺尾 : もちろんあるよ。日本人が中国をこんなにもハイブリッドに表現できるんだというところを見てほしいです。

北京の伝統芸能を面白おかしく、オルタナティブに表現してみたい

——話は変わるけれど、「ダンボール肉まん」についてはどうお考えですか?

成瀬 : まだまだ法的な整備が遅れているというか、日清戦争の恨みをもっているのか…。
寺尾 : でもあれは実は中国のテレビ局の人がネタ欲しさに捏造したんだよね。

——えっ!! そうなの? 餃子中毒事件などマイナス・イメージもまだまだ強いよね。

寺尾 : 実はそういうのいっぱいあって、革靴からミルクが作れるとか。都市伝説が沢山あるんですよ(笑)。

——なぜかメルヘンチックなものを感じる(笑)。そういう胡散臭いメルヘンが泰山にもあるよね。

成瀬 : そうですよ。孫悟空は山から生まれたんですからね。

——(笑)。メンバーで中国について語り合ったりすることはありますか?

寺尾 : ほとんど無いです(笑)。
成瀬 : 中国語わかりませんからね。
寺尾 : ただ今度Ustreamで週に1回、泰山の曲をテーマに中国語講座をやろうと考えているんです。今回のアルバムの歌詞カードにも中国語を対訳として入れてあるので、それを教材として使用しようかなと思っています。日本語で説明しきれない部分も、中国語にすると浮かび上がってくることもあってとても面白いんですよ。

——おそらく泰山に遊ぶは1人1人の中国に対するゆがんだイメージが現れていると思うんだけど、あの成瀬さんのダンスはどういう中国観に影響されているのですか?

成瀬 : 上海というゲームです。同じものを選んで山をくずしていくゲームなんですけど、さっき言っていた同じDUB観ですね。
寺尾 : 完全に後付けですね(笑)。

——メンバーで中華料理を食べに行ったりすることは?

寺尾 : それはもちろん。みんなで池袋のマニアックな中華料理屋に行ったりしますよ。料理に関するモチベーションは高いから(笑)。そこから生まれるグルーヴがあるからね。麻というしびれる料理を食べれば、ギターのディストーションがファズに変わるし、広東料理を食べればバラードの曲が書きたくなったり(笑)。

——少しはアルバムの話をしましょうか(笑)。裏テーマが「上海万博」とのことですが、どういうことですか?

寺尾 : 今回のアルバムは、上海の過去から未来までを一気に旅行するというのがテーマなんです。その中でも上海万博は今の中国の夢が詰まっている。だから、とても感慨深いんです。

——リミキサー陣も豪華ですね。

寺尾 : 最初はLee Perryぐらいのぶっ飛んだDUBアルバムを作ろうとしていたんだけど、作ってみたら意外とポップなアルバムに仕上がったんです。それに5曲しかないから、DUBミックスを入れてバランスのいいアルバムにしたかった。リミキサーの人たちに関しては、活動の流れからなんとなく見えてきた自然な人選だね。

——まだまだアルバムを作るうえでのネタは沢山あるのかな?

寺尾 : 次は個人的には北京の伝統芸能を面白おかしく、オルタナティブに表現してみたい。さらに、三国志をテーマにしたら50作くらいアルバムが作れちゃうからね。まだまだやりたいことは沢山あるよ。ただやっぱり現在の中国のことは行ってみないと分からないから、このバンドで中国ツアーに行きたいですね!

——では最後に質問。今後ももちろん中国ありきですよね?

一同 : 当たり前ですよ! (笑)
寺尾 : 今後も中国のことは泰山にご用命ください。

寺尾ブッタ流DUB&SURF


『The Boy Meets DUB』 V.A.
寺尾ブッタ監修のコンピレーション・アルバム第1弾。東京のDUBは歌から始まる?! 既成の枠にとらわれず活動するDUB魂溢れるバンド11組による歌モノDUBが収録されています。このコンピを聴けば、すぐにどこかへ飛んでいけます(笑)。


『The Boy Meets SURF』 V.A.
寺尾ブッタ監修のコンピレーション・アルバム第2弾。いなかやろうの土岐と寺尾のデュオ、ニュートリノ、成瀬晃一、KIKORI、alter bingo、灯台守、big sirrus、ザジ、NIGHT!&NIGHT!PRODUCTION、井上智徳(TAYNTON)、を収録。


PROFILE

歴史の語るように音を奏で、黄河よりも深いグルーブを生み出す、二十一世紀の東アジア・エスニック楽団。 天然のリバーブ値が1msを超え、太古から民間芸術としてダブ・ミュージックが根付いている中国の霊峰、泰山の麓。そこで果てることなく繰り返されるダブ・セッション。いつしか人は、それを「泰山に遊ぶ」と呼ぶようになる。 「泰山に遊ぶ」がひとたびメロディーを奏でれば、その年に幸福が訪れると話題に。いくつかの体制の変革を経て、二千と二年、横浜に上陸。主に都内ライブ・ハウス・カフェにて中華ダブ・ライブを披露している。 1st album『四合院 MY LIFE』には、四千年の喜怒哀楽が収められ、様々なシーンで好評を博している。二千と九年。夏。富士(フジロック)で泰山、という日中霊峰共演が実現! 二千十年には沖縄国際アジア音楽祭に参加、9月には上海旅遊がmaoから発売!! ますます目が離せない!!!

LIVE SCHEDULE

  • 2010/9/12@青山月見ル君想フ
  • 2010/9/16@渋谷LUSH
  • 2010/10/17@青山月見ル君想フ アルバム・リリース・パーティ!
  • 2010/11/12@名古屋KDハポン
  • 2010/11/13@京都アバンギルド
o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事