京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。今回のお相手は、にせんねんもんだいが主催する美人レコードより CD-R作品『LEONIDS』『fin,fur and feather』をリリースし、現在は主にソロで、八丁堀七針、高円寺円盤などを中心に活動中のoono yuuki。アルバム『stars in video game』をリリースしたばかりの彼の音楽観をききました。

oono yuuki「motor park」フリー・ダウンロードはこちら(期間 : 4/22〜4/29)


message from youcan

oono yuukiというミュージシャンがいる。

手紙の中でも触れているのだが、彼が2008年から09年にかけて制作した二枚のCD-Rを、ぼくは愛聴してきた。バンド、にせんねんもんだいが主宰するレーベル美人レコードからリリースされたそれらは、パーソナルな手触りの向こう側から、抑えがたい創作への野心が聴こえてくるような、不思議な魅力にあふれていた。そんな彼が、初の全国流通音源でもある『stars in video game』をリリースした。かねてより、この高知出身の音楽家の中に流れている何かをもっとよく聴き取りたいと思っていたぼくは、ototoy編集部からの「次は誰に手紙を書きますか? 」という電話に、間髪入れずoono yuukiの名を挙げた。

oono yuuki×ゆーきゃんのてがみの続きはこちらから

続きはこちら

oono yuuki

1983年、宿毛(高知)生まれ。歌、ギターの他、ドラム、鍵盤やトランペットなども演奏する。2003年、 イースタン・ユースのライブ会場で屯していた麓健一に、「歌いそうな奴に見えた」という理由で声を掛け、バンド・エーテルを結成、活動を始める。エーテル解散後、再び麓と共にメモリーズとして活動、解散。その間に麓を通して、にせんねんもんだいと知り合う。その後は2002年から続けていた宅録のみで活動を続ける。2007年、CD-Rアルバム『SENSEI ANONE』を自主制作でリリース。同年夏に春日部公民館にて初のソロ出演。その後2008年より活発にソロ出演を重ねる。
2008年12月に、にせんねんもんだいが主催する美人レコードより、 CD-R作品『LEONIDS』をリリース。2009年には同じく美人レコードより『fin,fur and feather』をリリース。現在は主にソロで、八丁堀七針、高円寺円盤などを中心に活動中。

PROFILE

ゆーきゃん

富山出身のシンガー・ソング・ライター。京都で歌い始め、現在は主に東京で活動している。アシッド・フォーク/サッド・コアを体現するようなその声と日本語詩は、聴くものに儚くも強烈な印象を残す。弾き語りのほか、サポート・メンバーを加えたシティ・ポップス・バンド 「ゆーきゃんwith his best friends」、関西アンダーグラウンドが誇る鬼才ダブ・トラック・メーカーとのコラボレーション・ユニット「シグナレス(ex.ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへ)」、Limited Express(has gone?)のJJ、PARAの家口茂樹らとのバンド「conterattack from the babymoles」など活動は多岐にわたる。京都で開催されるD.I.Yフェス「ボロフェスタ」主催メンバーのひとり。「生まれ変わったら天使になりたい」と言ったとか言わなかったとか。

BACK NUMBER

各てがみのBCCKSページにとびます。

#9 未知瑠

#8 enami Taisuke

#7 オオクボ-T

#6 キツネの嫁入り

#5 Akron/family

#4 Qurage

#3 and Young...

#2 Mirah

#1 とうめいロボ

BCCKSとは?

「本のようなもの」「ノートのようなもの」「本屋さんのようなもの」をweb上で作ることができるサービス。
写真集、雑誌、マンガのような、慣れ親しんだ「本のようなもの」を作ることができます。また、日々気づいたことを書きつづる日記のように使うことや、好きな本や自分に関係ある本などをまとめて並べることもできます。
BCCKS : http://bccks.jp/

この記事の筆者