配信限定のHQD高音質オフィシャルDJ Mix 配信開始!!

曽我部恵一BAND、DE DE MOUSEなどのリミックスを手掛け、川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているインダストリアル・レイブ・パーティー「DKSOUND」でレジデントDJを務めるTraks BoysCRYSTALによる配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質で配信開始! 国内ではototoy限定販売!! DOMMUNEでのプレイも記憶に新しいCRYSTALのDJ Mixを、最高の音質で聞いてください!


タイトル : Made In Japan "Future" Classics
アーティスト : CRYSTAL
リリース形体 : 配信のみ(高音質はototoy限定)
発売日 : 2010.04.01
価格 : ¥1,800(HQD ver.) / ¥1,400(mp3 ver.)

<トラックリスト>
01. Leonids - oono yuuki (Bijin)
02. Rock Expert - Eater (Op.Disc)
03. Fair - Inner Science (Soup-Disk)
04. The Sun Sets - Dublee (Mule Electronic)
05. Time For Trees - Ametsub (PROGRESSIVE FOrM)
06. Extra Ignored - Suzukiski (Logic)
07. Blue - Akio/Okihide (Sublime Records)
08. The Day Of Return (With Dolphins) - Drawing Future Life (Syzygy Records)
09. dic - mophONE (Moph Record)
10. Used UFO (From Time To Time/7 Remix) - Organization (Transonic Records)
11. A Mirror In Mirrors - MY (CODONA)
12. Digital P (Cherryboy Function Remix) - Traks Boys (SWC)
13. Luminosity - Quadra (Frogman Records)
14. I've Found A Central Mountain Of The World, But It Is Everywhere - Fulkram (Dub Restaurant Communications)

【購入特典】
『Made In Japan "Future" Classics』をご購入頂いた方に、特典として大原大次郎氏とTraks Boysのジャケットも担当している西原大輔氏によるジャケット画像をプレゼントします。楽曲をダウンロード後、こちらのリンクからダウンロードしてください。

>>>CRYSTALのインタビューはこちらから

『Made In Japan "Future" Classics』へ、収録アーティストからコメントを頂きました。

INNER SCIENCE(Soup-Disk)
何かを饒舌に物語っているように思うけどここには書かない。
なぜなら、みんなのこれからの楽しみを奪う権利は誰も持っていない。
けど、聴いた後の人にはこう言います。
そして遊びに出かけましょう。

収録いただきとても光栄です。


Suzukiski
この度は御用命賜りまして誠に有難う御座います。
キープ・オン・ビッキビキで御座います。


OKIHIDE(CX AUDIO IE/TANZMUZIK)
とても素敵なMixの中にセレクトしてもらってとても嬉しいです。
懐かしい友人の音もいろいろ再発見して新鮮。
Future感とは無縁のような日常気分のこの曲、当時タンツムジークのAkioさんと“交換音日記”(笑)的に作ったスケッチ集の中の1曲で、恥ずかしいくらい素直、シンプルですが。
ありがとうございます。


ヤマモト アキヲ(AUTORA/TANZMUZIK)
リズムが整理されていて、なんかすごく心地いいです。
さらに今一度、別の角度から命が吹き込まれたような気がして、とてもうれしいです。
ただ、まぁこれOkihideさんの曲なんですが、、。


Ken Inaoka (ex-Drawing Future Life/ Syzygy Records)
90年代初頭、日本でも日本独自のテクノという花を咲かせるべく当時僕も微力ながらみんなの中に混じって種を蒔いたり水を遣ったりしてました。自分の中ではそんなに長い年月は経ってないような気がするんですが、思えばあれからもうすぐ20年。ずいぶんと長い時間が過ぎ去ったんですね。

これまでの歴史、そしてこれからを想起させるタイトルにその流れた年月の長さを痛感させられると共に、DJ CRYSTAL君が体験したその歴史の文脈の中で、自分の昔の当時の曲が選ばれプレイされた事をとても嬉しく思っています。そしてその文脈を紡ぎミックスしてくれている彼や、今のシーンで活躍している彼のような人達には咲き誇った綺麗な花々を見せてもらっているような気持ちで感謝しています。ありがとうございます。僕もまた自分の信じる音楽を創り、世に出して行く事で彼やシーンに恩返しをしたいと思っています。

最後になりましたが、リリースおめでとうございます。
このアルバムが一人でも多くの人の心に残り、また次世代への種の一つになる事を願っています。


Shotaro Hirata(mophONE)
DJとして常にアンテナを張り、海外だけでなく国内のインディペンデント・レーベルにも目を向けていることにグっときました。素晴らしい楽曲が並ぶ中に選曲していただき、大変光栄に思います。


永田一直 (ORGANIZATION/ExT Recordings)
今でも自分が現場に居れるのは、昔撒いた(というかこぼしてた)種を拾って大事に育ててくれたクリスタル君達のおかげだと思っています。


MY
この曲はリリースの随分前から、CRYSTAL君には気に入ってもらっていた曲です。今回、この曲が正式にリリースされた後という絶好のタイミングで、MixCDへの収録が決まったことを本当に嬉しく思っています。


FULKRAM
ほんの10年ちょっと前の音源でも、現在とは確実に違う空気にちょっと感動しました。

『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストを紹介

compositionist & eater / compositionist & eater
2002年4月、細野春臣氏の主催するレーベルdaisy warld discのコンピレーション『V.A/strange flowers』に参加、現在は前 述daisy warld discから来春予定でリリースの自身の1stアルバム、サブライム・レコードのコンピレーション・アルバムへの参加、及び半野喜弘氏の主催するCirqueよりリリース予定のコンピレーションへの参加が予定されている。また今後、AOKI takamasa、渡辺満 (Dr/multiphonic ensemble)とのセッションを通じたバンドも視野に入れており、様々な楽器やプレイヤーとのコラボレート、また生演奏とコンピュータ、それぞれの可能性の追求を通じて、独特で個性的なeaterワールドの可能性を模索する。

NO NAME, NO PLACE. / INNER SCIENCE
異能ヒップホップ集団THINK TANK周辺のエンジニアリングや、ONEOWNERのレーベル・オーナーとして知られる新世代トラック・メイカー西村尚美によるソロ・ユニットINNER SCIENCE。狭義のヒップホップという枠を逸脱するようにインストゥルメンタル/エレクトロニック/ダンス・ミュージック全般に対して柔軟なスタンスで臨み、音楽性の幅を広げていった2002年のセカンド・アルバム。

dublee & Den / dublee & Den
1981年生まれ。高校時代に友人から聞かされたrage against the machineに衝撃を受け、バンド活動と打ち込みでの音楽制作をスタートする。自らの音楽性をより追求する為に次第にエレクトロニック・ミュージックに傾倒して行く。そして2000年より本格的に楽曲制作をスタート。外部からの一切の情報を断ち、自身の創造性を高めて行く。2002年、ミニマル・ダブの手法を用い、独自の解釈で自身の創造性を推進すべくdubleeとして活動をスタートする。dubleeの楽曲はビートを残しつつも空間を重視した「気持ちの良い音」を基本とし、徐々に支持を得て行く。

The Nothings of The North / Ametsub
坂本龍一推薦盤!! ピアノを中心としたこの上なく美しいメロディー・ラインの数々と、さらに磨きのかかった緻密かつスリリングなリズムから生み出される至高の楽曲群から構成される、近年のエレクトロニック・ミュージックにおけるひとつの金字塔とも言える傑作!

SKETCH FROM A MOMENT / QUADRA
NYの名門ナイト・グルーヴスからはHIROSHI W、ジョニ・ヴィシャスのヴィシャス・ミュージックからはNITE SYSTEM名義で作品をリリースし、世界的に評価されるハウス・プロデューサー、ヒロシ・ワタナベ。クアドラ名義で彼が自らのメランリックな側面と、テクノ的な要素を強調したこのアルバムは、ダンス・クレイジーだけでなく、全ての音楽ファンに愛されるべき端々しい感性で綴られている。

PROFILE

CRYSTAL
95年からDJを開始。2004年からスタートした日本産ソウル/ファンク/ディスコ/テクノだけで構成されたDJ Mixシリーズ『Made In Japan Classics』Vol.1〜3が、非売品/ネット配布のみながら、大きな話題を集める。トラック・メイカーとしてはk404とのTraks Boys(トラックス・ボーイズ)名義で、2007年7月に12inchシングル「Badwiser」、そしてファースト・アルバム「Technicolor」を発表。また川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているインダストリアル・レイブ・パーティー「DK SOUND」では、Traks BoysとしてレジデントDJを勤める。2008年10月にトラックス・ボーイズの2ndアルバム「Bring The Noise」を発表。2010年4月に自身初となるオフィシャルMixを配信でリリース。

Traks Boys
メンバーはK404(World Invaders)とCrystalの二人。2002年よりトラック制作開始。コンピレーション「TURBOSONIC VOL.1」、「Electro DynamycVol.2」などへの楽曲提供、曽我部恵一BAND、DE DE MOUSE、Aira Mitsuki、Back Drop Bomb、The Arrowsなどのリミックスを手掛ける。また川崎工場地帯の某工場屋上にて行われているパーティー「DKSOUND」ではレジデントDJを務める。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
滝沢 時朗 (滝沢 時朗)

1982年東京生まれ。twitter ID:@sarigenaginger

同じ筆者による他の記事