このコーナーは日々新しい才能を排出し続け、今最も勢いのあるライヴ・ハウス新宿Motionのスタッフが、“NEXT POP”をキーワードに次世代のミュージック・シーンを担うアーティストを、どこよりも早く紹介するコーナー。新宿Motionの店長である鶉野拓人とブッキング・スタッフの池内恵己が今回紹介するのはオワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に企画されたプロジェクトTOKYO NEW WAVE 2010。この春には、SuiseiNoboAz、FARFRANCEなど、東京のインディー・シーンを賑わす異質なバンドが収録予定のコンピレーション・アルバムを発売する。2010年激動の音楽シーンにおいて、このプロジェクトが果たす目的について、SuiseiNoboAzの石原正晴、FARFRANCEの英真也、オワリカラのタカハシヒョウリの三者を交えてインタビューを決行した。

TOKYO NEW WAVE 2010とは?

2010年、新宿という場所で巻き起こる最新型の東京インディーズ・ムーブメント!
縦横無尽に駆け回る異質なバンドが、一日だけ集まるライブ・イベント!
そして、2010年のドキュメンタリーとしてのコンピレーション・アルバムを鋭意製作中!
1979年に新宿で生まれた伝説的コンピ『東京ニューウェーブ'79』の名前を後継し、いよいよ本格始動!
第一弾が3月28日、新宿motion新宿MARZで開催!
mail : tokyonewwave2010@hotmail.co.jp

タカハシヒョウリ(オワリカラ)

INTERVIEW

——TOKYO NEW WAVE 2010というプロジェクトを始めようと思ったきっかけは?

タカハシ : タクトさんのabout tessというバンドが年末にMARZとmotionのニ店舗で開催しているSWAN SONG COUNCILというイベントがあります。2008年に行われたSWAN SONG COUNCILの2日目に、motionに出演しているバンドを中心に集めた日があったのですが、非常に盛り上がり、「これは何か面白いことが起きているな」と感じました。しかもその勢いがその後も衰える事なく、むしろ徐々に盛り上がっていくのが解りました。その時に、この盛り上がりをドキュメンタリーとして、まとめたら面白いんじゃないかと思ったのが始まりですね。最初は「やれたらいいよね」ぐらいだったんですけど、実現可能な状況になってきたので、この春にコンピレーション・アルバムを発売する事になりました。それに合わせて、アルバム収録予定のバンドが出演するライヴ・イベントも一緒にやっていこうと思い、3/28にMotionでイベントも企画しました。
タクト : 2008年の年末の二日目が本当にすごく盛り上がって、主催者ながらこの流れはすごいと感じました。その様子を見て2009年の年末は「これでいこう!」と決めました。

——TOKYO NEW WAVE 2010というタイトルの由来は?

タカハシ : 30年前に新宿で、パンク・バンドが集まったTOKYO NEW WAVE 79というムーブメントがあって、TOKYO NEW WAVE 79という新宿LOFTのライヴを録音したコンピレーションを発売したんです。その30年後の2010年版、つまり最新型の新宿のロック・シーンという意味を込めて、その名前をお借りすることになりました。
: その79年のコンピに参加しているバンドの名前がすごいんですよ。SEXとか、自殺とか(笑)。かっこ良すぎるだろって(笑)。

——2010ということは、一年を通してこのプロジェクトを進めていく予定ですか?

タカハシ : そうですね。2010年の間にイベントをいくつか開催したいと思っています。まずは、まだ僕らのことを知らない人たちに伝えたいです。だから、イベントはドンドン大きくしていきたいし、音源が出来たらたくさんの人に聞いてほしいと思っています。2010年通して、一つの形にしていきたいと思っています。
タクト : もちろん固まって一つのシーンとして、見てもらう事も重要だと思うんですけど、このコンピは今ここで何かを起こそうというものではなく、ここからそれぞれのバンドが巣立っていって、あのバンドがここで集まっていたという一つの結果になればいいと思いますね。
タカハシ : 単純に音楽的に似ているということでなく、全然違った色のパワーをもったバンドが集まった瞬間のドキュメンタリーにしたいと思っています。だから今後、全然違う方向に進んでもいいと思います。そういうバンドが現在新宿の一カ所に集まっているという意味を音源やイベントで表現できたらいいなと思っています。

FARFRANCE

——コンピに収録されているバンドの共通点はどこにありますか?

タカハシ : まずは場所の磁場というのがありますね。下北沢や高円寺という所謂ライヴ・ハウス・シーンに何か違和感を感じてきた人たちが必然的に集まったと思います。あとは東京の街で聞いて、リアリティがある。この街で暮らしている人の認識が、ストレートに出ているバンドだと思います。
: このコンピに参加しているバンドは、他のイベントで対バンする時も、なれ合いではなくイベント自体を高め合おうとする心意気が感じられるんです。妙な緊張感が毎回あります。他のシーンとは何かが違うとは感じていたんですけど、誰もそれを一つにしようとは思っていなかったんですね。だから、今回そういう話が来た時は、遂に来るべき時が来たと思いましたね。
石原 : 僕は自分のバンドの名前一つで喧嘩をしていきたいという思いがあるので、あんまり「シーン」という言葉が好きじゃないんです。ただ、前から話をしていたのは、「サマー・オブ・ラヴ」とか「オール・トゥモロウズ・パーティー」の様なイベントをしたいと話していました。基本的にはごっこ遊びじゃない、本気のぶつかり合いが出来ればいいと思います。

——今はまだ、東京の一つのシーンという実感ですか?

石原 : シーンとして見たら、実際には形になっていないと思います。今は形になっていく過程なのかなと思いますね。周りの人が感じている以上に、シーンとして形になっていないので、それが中身の伴った出来事になる一歩だとは思いますね。
: 仲はいいんですけど、各バンド壊し合うというか、やたら攻撃的なんです(笑)。依存し合うようなバンドではないんです。さっき石原さんが言っていたように、自分たちでのし上がって行こうという意識が高いバンドばかりですね。
タカハシ : 依存し合うバンドじゃないからこそ、まとめあげても大丈夫だと思いました。各バンドが自分たちのパワーだけで成り立っているからこそ、安心できるし、そのパワーが薄まる事なく増幅する。すごくリアリティがあるものになるという自信は最初からありました。

——先ほど話に挙った既存のモノに対する違和感とはどういうことですか?

タカハシ : それぞれバンドによって違和感の形は違うと思います。ただ、違和感があるから、こういう音楽を演奏しているんだと思います。
: 僕はメジャー、インディーズに関わらず自分を持っているバンドが好きです。メジャーだから持っている訳でもなく、むしろインディーズの方がそういうバンドは多いかなと思います。もちろんメジャーにもいるんですけど。だからあまり境目として、関係ないかなと思いますね。
タカハシ : メジャーとアンダーグラウンドという概念を簡単に行ったり来たりできるバンドばかりが集まっていると思います。それぞれ十年後にどういった方向に進むのかは非常に楽しみなので、注目していてほしいですね。
石原 : 僕はそういった境目はどうでもよくて、そういう面では音楽に関わっている人よりも、お客さんの方が音楽に対しての姿勢がはるかに自由だと思います。音楽ってやっぱりLOVEの話で、何をどういう風に愛するかという話だから、自由な奴の方が偉いと思います。お客さんは自由に音楽を愛しているから、そこに新たなビックリ・サウンド(笑)を提示していけたら、それでいいのかなと思いますね。
タカハシ : あとは指針を必要としている若い人は絶対にいると思うので、そういう人たちにある方向を示して挙げることも必要なんじゃないかと思っています。曽我部恵一さんや向井秀徳さんがオススメするレコードを自分自身が参考にしていた事と同じだと思います。そういう事で僕は音楽の扉を開いてきたから、今度は自分がやれる立場になったので、やろうよという気持ちが強いです。それで、今回のイベントは高校生以下は入場料無料にしました。ワクワクするものに触れたい高校生に、少しでも機会を増やしたいからです。好きな音楽に触れて、さらに新しい扉を開いて行くことは、音楽に出来る大きな事だと思います。

——いよいよ今月末には一回目のイベントが控えています。最後にTOKYO NEW WAVE 2010の今後の予定を聞かせてください。

タカハシ : まずは3/28にmotionでイベントを行います。コンピに入るバンドから数バンドと、シークレット・ゲストが出演します。後は6月にコンピのレコ発イベントを行います。それから、まだ構想段階なんですけど、新宿のライヴ・ハウスの力を借りてもう少し大きな規模で開催したいとも考えています。ワクワクすることは絶対に保証するので、是非楽しみにしていてください。

SuiseiNoboAz

Event Shcedule

Tokyo New Wave 2010 vol.1

  • 3/28(日)@新宿MARZ & Motion
open/start 17:30/18:00
前売/当日 ¥2,000/¥2,500 (D別 ¥500)
★高校生以下無料 (D別:1Drink ¥500 or ソフト・ドリンク飲み放題 ¥1,000)
★MARZ⇔Motion 往来自由!!
w / FARFRANCE / 太平洋不知火楽団 / シャムキャッツ / SEBASTIAN X / 東京カランコロン / the mornings / 壊れかけのテープレコーダーズ / オワリカラ / (O.A)笹口騒音ハーモニカ / +1 secret guest band!!!

■MARZ
17:45-18:05 1.笹口騒音ハーモニカ
18:10-18:40 2.SEBASTIAN X
19:00-19:30 3.the mornings
19:50-20:20 4.太平洋不知火楽団
20:40-21:10 5.secret guest band!!
21:30-22:00 6.オワリカラ

■Motion
18:35-19:05 1.シャムキャッツ
19:25-19:55 2.壊れかけのテープレコーダーズ
20:15-20:45 3.東京カランコロン
21:05-21:35 4.Far France

Tokyo New Wave 2010 参加バンドを一気に紹介!

Motionとは?

新宿Motionは新宿歌舞伎町に2005年10月にOPENしたキャパ120人のライヴ・ハウス。良い歌、良い演奏、良いライヴというのはジャンルを超えて伝わるものだという思いで、多くのバンドが「どうすればもっと良くなるだろう? 」と思う気持ちを一緒になって考えています。伝える事、伝わる事の難しさ、楽しさ。その伝達力の強さが強ければ強い程「POP」なんだという思いから、OPEN一周年記念コンピのタイトルは「NEXT POP」にしました。その「NEXT POP」という言葉がそのまま新宿Motionのカラーになっていると思います。

BACK NUMBER

VOL.1 JUGONZ

VOL.2 東京カランコロン

VOL.3 allportdiary

VOL.4 太平洋不知火楽団

4th Anniversary Special

VOL.6 kanina

SWAN SONG COUNCIL 特集

VOL.8 Sorrys!

VOL.9 imamon

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事