京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。今回のお相手は、東京芸術大学音楽学部作曲科を首席にて卒業し、横浜開港博Y150 に於いてはパビリオン『氷山ルリの大航海』音楽を担当するなど幅広い活動をする作曲家。クラシック音楽の基礎をルーツとしながらも、ポップ、エレクトロ、民族音楽、Jazz、Rockや現代音楽と、ジャンルの垣根を越えた音楽を希求する彼女に迫ります。


message from youcan

まだ会ったことのない人の、すばらしい創作に触れる。
作品だけを手掛かりにして、あれこれとイマジネーションを膨らませ、「問い」が浮かび上がってくるのを待つ。思いこまないように、おざなりな質問にならないように、潜水艦のソナーのように、いま相手の居るはずの、ジャストな位置に向けて問いかける。
今回の手紙は、そんなふうにして書いた。未知瑠という名前の通り、計り知れないポテンシャルとまばゆい輝きを秘めた女性音楽家に向けて、彼女が最初に放った”WORLD'S END VILLAGE”という光だけを、頼りにして。
どうか、読んでみてほしい。

続きはこちら

BACK NUMBER

各てがみのBCCKSページにとびます。

#8 enami Taisuke

#7 オオクボ-T

#6 キツネの嫁入り

#5 Akron/family

#4 Qurage

#3 and Young...

#2 Mirah

#1 とうめいロボ

PROFILE

ゆーきゃん

富山出身のシンガー・ソング・ライター。京都で歌い始め、現在は主に東京で活動している。アシッド・フォーク/サッド・コアを体現するようなその声と日本語詩は、聴くものに儚くも強烈な印象を残す。弾き語りのほか、サポート・メンバーを加えたシティ・ポップス・バンド 「ゆーきゃんwith his best friends」、関西アンダーグラウンドが誇る鬼才ダブ・トラック・メーカーとのコラボレーション・ユニット「シグナレス(ex.ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへ)」、Limited Express(has gone?)のJJ、PARAの家口茂樹らとのバンド「conterattack from the babymoles」など活動は多岐にわたる。京都で開催されるD.I.Yフェス「ボロフェスタ」主催メンバーのひとり。「生まれ変わったら天使になりたい」と言ったとか言わなかったとか。

BCCKSとは?

「本のようなもの」「ノートのようなもの」「本屋さんのようなもの」をweb上で作ることができるサービス。
写真集、雑誌、マンガのような、慣れ親しんだ「本のようなもの」を作ることができます。また、日々気づいたことを書きつづる日記のように使うことや、好きな本や自分に関係ある本などをまとめて並べることもできます。
BCCKS : http://bccks.jp/

この記事の筆者