結成から15年。今宵も行進を続ける、ハードコア・ヂンタの列。世界中どこにも鳴っていない、日本だけでしか生まれ得なかった未来のジャパニーズ・トラッド!?

大熊ワタルという人物をご存じだろうか?
1999年に涙が出るほどの名インスト揃いのサウンド・トラック『豚の報い』をソロ名義でリリースする傍ら、自身のユニットを「シカラムータ」と名付け活動しているアーティスト。日本が誇るクラリネット奏者である。大熊ワタル個人としてはソウルフラワー・モノノケ・サミットに参加していることでも有名であるが、火花を散らして観客を圧倒した2003年のフジ・ロックでのステージ、または2000年ブラーの前座を皮切りにしたヨーロッパ・ツアーは語り草となっている。そのシカラムータが3年半ぶりの音源『裸の星』を携えてまた音楽的大移動を始める。満を持して1月にリリースされるアルバムからの先行配信が、今回の音源だ。
内容の全貌はまだ明らかではないが、15分近くの壮大な楽曲をはじめ、残りの3曲もそれに負けない大作。少なくともこの4曲については、デビュー作『シカラムータ』や『凸凹』、『ゴーストサーカス』から不変のアイデンティティを保ちながら、ハードコア・ヂンタ期を経て美しくも愉快な楽曲を追求したプログレッシブ・ヂンタな内容となっている。

photo by kohide

もともと大熊ワタルはチンドン出身のクラリネット奏者である。出前チンドンというと、「賑やかし」によって雰囲気を明るくし、広告塔を兼ねながらも民衆に一時の笑いと平穏を与える役割を担ってきた。その筋では全国的に有名な富山県のチンドン・コンクール(毎年8万人を動員、大熊ワタルもほぼレギュラーで出場)も、50年前の設立当初は戦後の復興への願いを込め、民衆に平和と明るさを取り戻すための方法としてチンドンが誘致されたのがはじまりである。OZOMATLI、渋さ知らズ、ソウル・フラワー・ユニオン、Fermin Muguruza、ヒプノティック・ブラス・アンサンブル、マヌー・チャオやタラフ・ドゥ・ハイドゥークスなど、音楽性は直結しないものの、彼らの全身から発せられる生命力、音楽に触れる際の祝福と言ってもいいだろうか、客席を必ず笑顔にしてしまうある種の願いが込められているという意味ではどれもシカラムータとの共通点を感じてしまうミュージシャンばかりである。
都会の喧騒の中、ロンドンやニューヨークの地下鉄に必ずといっていいほど出現する街頭JAZZミュージシャンの僅かな演奏が日常に花を添えてくれるように、ニューオーリンズ・ジャズ、ネパール民謡、トルコ・トラッド、チンドンのお囃子・・・ 全く異なるようでいて、本質的なところでは全く同じ、とさえ思ってしまうのである。
楽団の行列から流れ出すメロディ、その周りにある笑い声。そう、人生は喜劇だ。ヂンタの行進の列に並んで少しの間、楽しもうじゃないか。(text by 南日久志)


高音質HQDファイルで、ニュー・アルバム『裸の星』から独占先行配信開始!



結成15周年を迎えて、ますます充実、異次元へと弾けまくるシカラムータ。国内外から高い評価を得てきた彼らの、3年半ぶりとなる新作は、近年大好評のツイン・テューバ態勢では初となるライブ録音で音像化。シカラムータを素材とした太宰治賞受賞の小説『テューバはうたう』に出てくる架空の曲名に由来する「火の中の火」、怒涛の大曲「ちぎれ雲のバラード」、「迷Q都市」や「ヤマナミ」の圧倒的なサウンドを、高音質HQDでどうぞ。

PROFILE

シカラムータ
アバンギャルドとチンドンのストリート魂が絶妙にシェイクされた大熊ワタルのクラリネットに、サックス、ヴァイオリン、ギター、トロンボーン、テューバやドラムが刺激的かつ絶妙に絡む。ロック、ジャズやトラッドと、あらゆるジャンルの垣根は完璧に踏みにじられ、シカラムータの破壊/再生のメリー・ゴーラウンドに乗って、すべては爆笑と号泣の渦に巻き込まれていく。 「東京アンダーグラウンドの底力」と言われた曲者揃いの超異才集団による脳天直撃サウンドは、国内外で常に反響を呼び続けている。 1994年頃より、クラリネット奏者大熊ワタルがリーダーとなり活動を始めた「大熊亘ユニット」を、97年あらたに「CICALA-MVTA(シカラムータ)」と命名、戦前の大道演歌師・添田唖蝉坊の墓碑銘にちなんでいる。

LIVE SCHEDULE

  • 11/6(金)@沖縄那覇・桜坂セントラル
  • 11/7(土)@宜野湾CAFE UNIZON
  • 11/17(火)【シカラムータ超大祭<祝>結成15周年記念】 @渋谷O-WEST
o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実