たぶんクセになるけど大丈夫? 和んで踊ってneco眠る!

お得なもんとお祭りが大好きな大阪人から愛されて、おどらにゃ損々! とフロアを沸かせ続けるneco眠るが、9曲プラスPV2曲のお得なミニ・アルバム『EVEN KICK SOY SAUCE』をリリース。

洗濯や身支度をしているときに、ふと思い出して頭の中で流れ続ける曲ってあるけれど、このアルバムはどこを切ってもそんな雰囲気のメロディで溢れていますヨ。次の音を予想して聴いていたわけでは決してないけど、ココっていうツボににちょうどハマるメロディ炸裂。挙句にはneco眠るっていうバンド名まで心地よく響いてきます。neco眠るワールドは、いつでも誰にでもオープンな雰囲気がダダ漏れだから。

今回は、「盆踊り系ってよく言われてますけど、全然しっくりきてないんです…」と洩らす森雄大(G,etc)と、晴れて正式加入したBIOMAN(Synth/Percussion/Air Drum)の2人に話を伺ってきました。このアルバムを聴けばわかるはず! neco眠るは「盆踊りでもなければ、 DUBでもなければ、インストでもナイ!!(※インストではアル!!)」(neco眠る最新プロフィールより抜粋)

インタビュー&文 : 小山真帆

INTERVIEW


—ミニ・アルバムにしては盛りだくさんな内容ですね。
森雄大(以下、森) : そうですね。NO,1〜NO,5が作品って感じで、あとのリミックスや映像、ライヴ・テイクはボーナス・トラックです。ライヴ・アルバムもまた作ろうとは思っているんですけどね。


—このアルバムはDODDODOのカヴァー「猫がニャ〜て、犬がワンッ!」で始まりますが、どうしてDODDODOの曲を?


森 : それはもうDODDODOが大好きで、彼女から影響受けてますので。前々からDODDODOのカヴァーをやろうという話はあったんです。この曲を出したくてアルバムを作り始めたようなものです。


BIOMAN(以下、BIO) : 僕もDODDODO大好きです。


森 : あと、DODDODOを広めたいという気持ちもすごくあって。彼女はむちゃむちゃいい音楽をやってますんで。僕等はたまたま注目してもらえてる分、ものも言いやすいかな、と。昔、自分が好きな音楽を集めてテープに入れて好きな子にあげたような、そういう感覚です。


DODDODO以外には、どのような音楽を聴きますか?


森 : 僕ら2人は最近、DJ SHHHHHさん、CMTさんやALTZさんをよく聴いてますね。ダンス・ミュージックばかりです。あと大阪のEM records(エム・レコード)の音源をあほみたいに聴きます。どこから見つけてくんねんっていうような昔の変わった音源を再発してくれるんです。あとのメンバーはバラバラです。


BIO : ジャズを聴いたり。音楽より漫画の方が大事な人もいるし(笑)


森 : そうそう。まぁ区別なく何でも聴きますけどね。いいバンドはいろんなところにいますからね。


—今回のアルバムと前作『ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK』で大きく変わったところはありますか?


森 : 前作はライブで既にやっていた曲をアルバムにするという順序でしたけど、今回は逆で、レコーディングした曲をライブでやるっていう感じですね。


BIO : 前のアルバムはほんわかした録音になってたから、ライブと音源が違うってよく言われたね。


森 : そうなんですよ。前作は、リスニング用に作ったんで。完璧に家聴き仕様。僕らはパーティーをやりたいわけではなくて、日常のなかにある音楽が好きだし、やりたいんです。家でポケーっとしながら聴いたり、自転車こぎながら思わず鼻歌を歌ってしまうような音楽。そういう音楽を作りたいって気持ちは変わってないんですけど、今回はフロアにも対応した音を作りたくって。


BIO : 音質をこだわったんで、盛り上がった感じになってますね。


森 : 具体的には、前作よりも少しハイ・ファイにしてみたり、と。あと、前作をリリースしたときにハッピーな楽しいバンドとしか捉えられなかったので、もうちょっと違うところを見せたくて。僕自身ハッピーな人間でもないのにそんなこと言われたので、よくわからないなと思って(笑)。


—今年はFUJI ROCK FESTIVALにも出られますが、有名になりたい、という欲はありますか?


森 : ないです。むしろ・・・恥ずかしいです。フジ・ロックはおもしろそうなイベントなんで呼んでもらえて単純にうれしいんですけど。はっきりとお客さん対アーティストっていう関係で接されるのが苦手で…。


BIO : 崇拝っぽい感じがね。


森 : 特別自分らのことをミュージシャンだともアーティストとも思ってませんので。素人の音楽なんですよ、僕ら。楽器を始めて2日くらいの人でも出来るくらい簡単なことやってます。


—最後に何かメッセージを!


森 : PVもすごいものをつくってもらったんで1回見て欲しいですね。どうぞのんびり聴いてください。


BIO : あと…見かけたらお酒おごってください。


森 : あ、僕もそれで!


—はーい、書いておきます(笑)


neco眠る好きにおすすめ



『S/T』 / DODDODO×Limited Express(has gone?)


「猫がニャ〜て犬がワンッ」収録。世界中を飛び回り、今やオルタナ・パンクを代表するバンドとなったLimited Express(has gone?)と、同じく世界をまたにかける、関西ブレイクコア・ムーヴメントの火付けガールDODDODOの驚異的でちょっと意外なスプリット・アルバム。


『ニカセトラ』 / 二階堂和美


DODDODOのカヴァーを披露した彼女。小さい頃に合唱で歌った、TVやラジオで流れていた、そんな馴染み深い選曲のカヴァー・アルバム。優しく伸びやかで時にアグレッシヴなヴォーカルは、日本の季節や情景、また個人の記憶を連想させます。涙腺を刺激する温かいうたは、力みや計算とは縁のない、自然体で輝きのある音楽。自然に出てくるものだからこそ、惹きつけられ、揺さぶられるのだと思います。お洒落にアレンジされたカヴァー・アルバムが溢れる昨今だからこそ、是非聴いて欲しい一枚です。


『Drifting my folklore』 / OORUTAICHI


ウリチパン郡ではギタリスト、ヴォーカリストとして活躍するOORUTAICHIの2002年に発売されたアルバム。ヴァイナル・レコードで発表され現在では入手困難になっている曲を含めた6曲から構成されており、初期のトラックから最新の曲までを網羅したベスト・アルバム的な内容です!


LIVE SCHEDULE

「neco眠る presents SPLAY23」12inch SINGLE 「DASI CULTURE」 RELEASE PARTY!!

  • 7月11日 @大阪SHANGRI-LA

「neco眠る presents SPLAY24」mini ALBUM 「EVEN KICK SOY SAUCE」RELEASE PARTY!!!!

  • 8月21日@大阪SHANGRI-LA
  • 9月5日@新代田FEVER


  • 7月12日@下北沢GARDEN
  • 7月12日@所沢航空記念公園 野外ステージ
  • 7月18日@神戸HELLUVA LOUNGE(レコ発神戸編的な)
  • 7月19日@京都METRO(レコ発京都編的な)
  • 7月20日@大阪SOUND-CHANNEL
  • 7月26日@FUJIROCK FESTIVAL'09(苗場食堂)
  • 8月1日@江ノ島OPPA-LA(レコ発江ノ島編的な、というよりはただ遊びたいだけ的な)

LINK


PROFILE


neco眠る

ENGAWA〜フロア〜老人ホーム〜まで

マイ・ペースにイーブン・キックで繋ぐ唯一無二のONYANCOオブスキュアGROOVE!!! neco眠る!!! 2008年リリースの1stALBUMは、賞賛!! 酷評!! 実に多方面からのリアクションあり!! 言っとっけどよ、盆踊りでもなければ、 DUBでもなければ、インストでもナイ!! (※インストではアル!! )青春ビザールDISCO!!

森雄大:GUITAR/etc
岡本陽典:DRUMS/PERCUSSION
根倉伸人:SYNTH/MELODION/SPRING/TAPE
伊藤コーポレーション(株):BASS
BIOMAN:SYNTH/PERCUSSION/AIR DRUM


CLOSE UP : RIDDIMATES

CLOSE UP : グッバイマイラブ

CLOSE UP : 残像カフェ

CLOSE UP : RATVILLE

TOP