ハンバートハンバート 佐藤良成による新バンド

気の合う友達と初めてのバンドを組んで、スタジオに入る。ドキドキ、ワクワクしながら「せーの! 」で一斉に音を出す。エレキ・ギターを爆音でならし、ドラム・セットを力任せにぶっ叩く。そして、ボーカルはひたすら思いの丈を歌う。これだけで最高のロックンロール・バンドのできあがりだ。

ハンバートハンバートの佐藤良成と村井健也による、グッバイマイラブの音楽にはそんな溢れんばかりの初期衝動がギッシリと詰まっている。彼らの音楽を、中学生の僕が聴けば絶対にバンドを始めただろうし、今聴いてもすぐにスタジオに入ってギターを大音量で鳴らしたくなってしまう。しかも、それほどの力をもった楽曲を、ボーカル・ギターとドラムという最小限の構成で作り出しているのだ。そう、この二人が鳴らしているのは紛れもないロックンロールなのだ。

インタビュー & 文 : 池田義文

photo by 船橋岳大


INTERVIEW

—バンドを組んだきっかけを教えてください。

佐藤良成(以下 佐藤) : 僕が“ハンバートハンバート”、 村井健也が“なさいど”というバンドをやっていて、その後新しくPIRAMIDESというスリー・ピースのバンドを僕と村井君ともう一人で組みました。ほんの短い間のバンドで、半年くらいしかやっていないんです。で、ドラムが抜けて二人になって、それでバンド名をグッバイマイラブに変えて続けました。

—その時に新しいドラムを入れようとは思いませんでしたか?

佐藤 : 全く思いませんでした。ドラムが抜ける少し前くらいから、村井君はドラムを絶対にやるだろうと思っていましたから。

—村井さんは本当にそう思っていたのですか?

村井健也(以下 村井) : いや。僕は全く思っていなかったです(笑)

佐藤 : ドラムをやるようにしむけたんです。「やっぱりドラムは君がやったほうがいいよ」って(笑) それで、割とすんなりやってくれましたね。

村井 : ドラムが抜けたのが、ライヴの二日前だったんですよ。あわてて、ライヴの当日にドラムのスティックを買いに行って、そのままドラムを叩いています。

—その時のライヴはどうでした?

佐藤 : とてもよかったですよ。全然これでいいじゃんって感じでした。

村井 : 曲が簡単なので、すぐにできちゃいましたね(笑)

佐藤 : 知っている曲なので、何も練習がいらないという。

—今回のアルバムに収録されている曲はPYRAMIDESの頃からの楽曲ですか?

佐藤 : 基本的にはそうです。その後増えた曲もあるんですけど。

村井 : 「地動説」とかはPYRAMIDESの時からやっていましたね。もともとはテンポがものすごく早い曲だったんですよね。最初はノリノリな曲でした。

—他の楽曲もその頃と比べ、アレンジは変わっているのでしょうか?

村井 : そうですね。アレンジは全部作り直していますから。「これはいける!」となるまで、全曲つめました。

—バンド名をPYRAMIDESから、グッバイマイラブに変えようと思ったのは何故ですか?

佐藤 : PYRAMIDESという名前が、あまりよくないんじゃないかって。それだけです。いかにも売れなそうな名前だから、もうちょっとインパクトがあって、キャッチーな名前にしたいなと思って。

—お2人は元々どういうお知り合いでしたか?

佐藤 : 高校の同級生です。バンドを一緒にやっていた事もあります。

—その時はどんな音楽を演奏していたのですか?

村井 : 最初はLED ZEPPELINやKING CRIMSONのコピー・バンドをやっていました。でも、それも僕らがやりたかった訳ではなく…。そのバンドのボスが全て選曲をしてきて、しょうがなくやったというだけですね。

photo by 船橋岳大

—一緒にバンドをやるのは、それ以来ですか?

佐藤 : そうですね。長い事暖めていたバンドです。構想12年…。こういうとすごいですね(笑)

—今後も二人で音楽を続けて行くつもりですか?

佐藤 : そうですね。喧嘩もしないし、割とすんなりと色々な事が進んで行くので。

—曲作りはどのように行っているのですか?

佐藤 : とりあえず、お互いが楽曲を持ってきて、とにかく演奏するスタイルですね。

村井 : それでもアレンジはかなり練っています。

佐藤 : すごく簡単な曲に聴こえると思うんですけど、実際本当に簡単なんです。でも、この簡単な事をやるのに、ものすごい時間をかけています。

—どういう点に時間をかけるのでしょうか?

村井 : 何となくイマイチじゃない? みたいな感じが解決するまでつめるので、時間がかかります。その「何となく」が1年くらい経って、少し変えてみたら突然解決したりとか。演奏してすぐ、もうこれはばっちりだと決まるものもありますね。

佐藤 : 1曲を完成させるのに、ものすごい時間がかかってしまって、なかなか曲ができないんです。ライヴでやるうちに減ったりするし(笑) でも、曲って出来る時は出来るし、出来ない時は出来ないと割り切っていますよ。

photo by 船橋岳大

—その辺りの感性は同じだと?

佐藤 : そうですね。基本的には一緒です。そうじゃないと一緒にバンドをやっていくのは難しいですよね。最初に感性が同じだと思ったので、バンドをやろうと思ったのは大きいですね。

—全体的にポップな印象を受けたのですが、曲作りの際にポップさは意識していますか?

村井 : どちらかというと暗い曲ばかりですけどね(笑)

佐藤 : 暗いかな? 特に意識しないけど、僕たちはポップな曲しかできないんでしょうね。できあがったものがこんな感じだっただけですね。

—佐藤さんは曲を作る時に、ハンバートハンバートとグッバイマイラブのどちらか決めて作るのでしょうか?

佐藤 : そんなことはないですね。出来上がった曲をやろうとすると、自然と分かれて行きますね。でも2つのバンドに同じ曲を持って行く事もあるんですよ(笑) 実は同じ曲をやっていたりするんですけどね。

—違うバンドで、違うアレンジの同じ曲を演奏することに混乱しませんか?

佐藤 : ほんのちょっと違う部分があったりして、混乱することもありますね(笑) でも、別々にアレンジを作っていくから、種が同じでも育ち方が違うんです。最終的には全く違う曲になるんですよ。

photo by 船橋岳大


—ホームページのトップにのっている女性の絵は、誰が書いたのですか?

女性の絵

村井 : 僕が書いたんですけど、良成の家に遊びに行った時に、ビールを飲みながら書いた絵なんです。

佐藤 : 世界中のジプシーを時系列に追って行く「ジプシー」という写真集があって、その中で踊っているおばちゃんの写真があって、それを見て書いた絵ですね。

村井 : その本は80年代に編集されたものなんです。その取材陣がどこかの東欧のジプシーの村へ行って、居酒屋に入ったら、中にその下着の女性がいたんですね。その取材陣が、出された酒を飲んだら、急に意識が朦朧としてきて、「いかん! これは睡眠薬入りだ! 」といって命からがら逃げ出したというエピソードがあるんです。

佐藤 : よく、そんなこと覚えていたね。記憶力がすごい!

—あの人には、実はすごいストーリがあったんですね(笑) 最後に今後の活動の目標を教えてください。

佐藤 : すごく売れる事だと思います。村井君は何かありますか?

村井 : すごく売れる事ですね。

佐藤 : やっぱり、売れる事が大事かなと。CDもライヴも人からお金をいただいてやっていることなので、たくさんの人がお金を出してくれるといいですね。

PROFILE

佐藤良成と村井健也によるギターとドラムのみの小編成ロック・バンド。
2007年、ハンバートハンバートで活躍していた佐藤が、学生時代からの友人・村井を誘って結成。
村井は自身がリーダーを務めるオルタナティブ・バンドを経て、ハンバートハンバートへ楽曲提供を行っていた。
既にお墨付きの創作能力と、魅力ある歌声でリスナーを魅了する佐藤。不器用ながらも純粋で少年のような歌声と詞の世界を持つ村井。
ふたりの個性が融合したグッバイマイラブは、パワフルでポップでさみしげで楽しげなロックを生み出す。

ROCK YOU ! ! ! !


マーガレットズロース 『DODODO』
ライブ感にこだわりつづけたマーガレットズロースがはじめてスタジオ・ワークに目覚めた。70年代フォーク・ロック〜本作ではレゲエ・ダブ・ソウルといった音楽を吸収するまでに成長。どどどと噴出するダイナマイト・マガズロ・ガンボ・ミュージック!!


ドン・マツオ from ズボンズ 『NEW STONE AGE』
90年代中期より日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、世界を股にかけロックンロールし続けている孤高のバンド、ズボンズのフロント・マン、ドン・マツオ。3年ぶり2枚目となるソロ・アルバムは、前作のコンセプチュアルな内容とはうってかわって、ズボンズ本体と表裏一体のエネルギッシュなロック、ファンキーなリズム、深淵なブルース、小気味いいブギなど、本人もズボンズ名義で出そうか迷ったという渾身かつ軽やかな力作。


騒音寺 『THE BEST OF SO-ON☆G』
90年代半ば京都で結成。地元京都の先人“村八分”や明太ロックの雄“サンハウス”の影響が濃い、極めてロック色の強いバンドとして活動。ロック・ファンから絶大な支持を集める。本作は、これまでにリリースした6枚のオリジナル・アルバムから13曲を厳選した新録ベスト・アルバム。"くるり"の"岸田繁"と"佐藤雅史"の両人がフェイバリットにあげる"karasu on my shoulder"をはじめとする最初期の作品や、不朽の名曲として後世に残るであろう"風来坊""帰り道"なども収録した、まさしく【和製ロックンロールの最高峰】とでも言うべきアルバムである。


CLOSE UP : 残像カフェ

CLOSE UP : SOFT

CLOSE UP : 環ROY×DJ YUI

CLOSE UP : HARCO

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事