ジプシー・ミュージシャン 世武裕子

アカデミー賞作品も手掛ける作曲家ガブリエル・ヤレドが賞賛し、くるりの二人がその類まれなる才能に惚れ込み、即刻自身のレーベルからのリリースを決めたという、作曲家・世武裕子。作り込まれた楽曲は繊細で瑞々しく、彼女の感性が、強く、鮮やかに表現されている。「色んな音楽に影響を受けながらも、自分らしさは変わらない」と語る彼女の、ルーツや今後の展望について話を伺った。

インタヴュー:高橋健太郎
構成:井上沙織

INTERVIEW

自分が昔からやってた音楽は、何をやっても出てくる

—聴いてびっくりしました。素晴らしかったです。

「ありがとうございます」

—音楽はどのようにして勉強されたんですか?

「昔から映画が好きで、ずっと映画の何かがやりたいと思っていて。初めは監督になりたかったんですけどカリスマ性に欠けるし無理やなと思って。で、ずっと音楽やってるし、音楽が一番貢献できるかもしれないと思ったんですね。それでパリで4年弱くらい、クラシックを学びつつ、ジャズと民族音楽をかじったりしてました。音楽やってるなら、音楽シーンが強いドイツに行ったほうがいいってみんな言ってたんですけど、フランスは映画シーンが強くて。そのときは映画音楽がやりたかったので、そりゃ映画の強い国に行ったほうがいいだろうと思ってフランスに行きました」

—今のような作品というか、コンポジションはいつごろから?

「高校生のときにアイルランド民族音楽にはまって、本当にコテコテのトラディショナルなアイルランド音楽ばかりを作っていたことがあって。あと当時リバーダンスが流行っていて、来日公演を観に行ったんですけど、それもすごく良くて。当時はそればっかりやってアイルランドに永住しようと思ってました。でも結局、昔からスタイルは影響されている音楽で変わったりしてるんですけど、『自分っぽさ』みたいなものは変わっていないんですね。そのとき習ってた先生にも、「それはもったいない。自分が昔からやってた音楽は、何をやっても出てくるものだから、民族音楽に限らずもっと幅広くやって、作曲家としてちゃんとやったら?」って勧められて。考え直して、もっと幅広くやろうかなって思いました」

—アイリッシュの音楽以外で自分の中でインパクトがあったものは?

「アラブとか…モロッコあたりの音楽とか。モロッコに実際に行って、現地の音楽探求みたいなことをしてました。あとは、トニーガ・トリュフの映画にでてくるような音楽なんですけど、アルジェリアとかの音楽だったり。あと現代音楽はあんまり聴かないですけど、近代音楽はすごく好きです。バルトークとか、東ヨーロッパの近代の感じとか。ロックも好きですね」

—割と血の気の多いものが好きなんですね?

「そうですね。キレイな音楽ってあんまり心惹かれないんですよ。やっぱりちょっと面白かったり、変だったり、あとはどこから沸いてるのかわからないパワーのある音楽はすごく好きです。でもそれだけじゃ面白くないから、そのためにラベルとかのキレイな音楽があっても、それはそれで好きです」

—曲は反復が多いですよね。

「それは多分民族音楽にもかなり影響されてると思います。またこのフレーズ!みたいな、しつこいのが好きなんですよね。大体ぱっと出てきた短いフレーズがあって、その出てきたものからインスピレーションが沸いて、脚本書いたりカメラ・ワークを考えたりして。そうすると次はその映像のイメージで曲を続ける、っていう同時進行なのが多いです。だから曲も結構ストーリーがあります」

自分の今までを整理するために選んだ曲

—アルバム制作の経緯を教えて下さい。

「曲はフランスに行く年くらいから書きためていて、歌も歌い始めていたんです。東京に帰ってきてからは弾き歌いでライブをしてたんですけど、ほとんど友達とか知り合いばかりが来る感じで、友達呼んでやるんだったら別にお金払ってきてもらわなくても、タダで友達の前で歌ったらいいしって思っていて。かといってこのままずっと趣味で音楽やっていても仕方ないですから。いいんですけど、それならそれでちゃんとした職に就くとか、そういう風に考えなきゃダメだなと思って。それで今まで作った曲の中で自分の今までを整理するために選んだのがあの曲です。自主制作で作る予定だったので、録音を友達に頼み、その友達の友達のアーティストの子に頼んで演奏してもらいました」

—じゃあ、あの音源自体は完全に自主制作で作ったものなんですか。

「そうですね。一日で録りました。学校のスタジオを借りたんですけど、かなり時間がなくて。最後のほうは「なんとなく反復やから、なんとなく!」ってやってました(笑) ピアノは自分だけなので、別にスタジオ借りて一発録りして。後でエンジニアの方に声を足してもらいました」

—日本のミュージシャンってリズム的につまらなかったり、グルーヴというか譜面にならない部分を表現してもらうのが結構難しかったりすると思うんですけど、そういう部分も含めてすごくグルーヴがあるなあと感じました。ノリがいいというか。それは曲自体のフレーズの反復なり、そういうものからでてきているところもあると思うんですけど、演奏もキレイ過ぎない肉感的な感じがあって凄くいいなあと思いました。

「そこが一番苦労しました。クラシックのキレイな演奏というのを求めているわけじゃないので、もっと土臭い感じにしたいなと。練習してる間も「優等生っぽい感じじゃなくて、もっと荒々しく!」とか言ったり、楽譜にも演劇的な要素を書いたりして。アーティストの人に「よくわからないんですけど…これはスタッカートなんですか?」とか言われても「いや、スタッカートとか技術的な問題じゃなくて、心理的なんですよ」とかいって。そういうところを一番出していきたいなって思って」

—京都的な風土みたいなものは自分の中にあると思いますか?

「京都は高校生とかの大事な時期を過ごしていたので思い入れが深いですね。あとは小学生のときからずっと京都に音楽を習いに通っていたので、景色としての京都はすごく断片的に覚えています。そういう意味では下手したら滋賀県よりも色んなものが心に残っている街かなあと思ってます」

—京都の音楽風土はどうですか? 京都だとロックとかクラブ・ミュージックとかクラシックとかジャズとか、あんまり分かれてない気がしますけれど。

「ああ、そうですね。あんまりジャンルは目立たないかもしれないです。京都のアーティストは面白い人が多いんじゃないかなと思います。音楽とは関係ないんですけど、お笑いの人とかでも好きな人は京都の人が多いんですよね。そういう京都のテンポ感ってあるんじゃないのかなって」

—クラシックの世界とそれ以外の世界は、最近近くなった気はしますか?

「クラシックの人の活躍は確かに前より目に付くことは多くなったかな、とは思います。若い人がクラシックやってたり、のだめ(カンタービレ)があったりとか。でもクラシックを知ってもらうのにポップス的にクラシックをやってしまうのは、あまり私の好きな広め方じゃないというか…。クラシックって堅いイメージがあるから、それもひとつの有効な方法だとは思うんですけど、やっぱり大作の凄いものは大作の凄いもの、と私は思っているので、そういう堅さを残したまま一般の人も聴けたらいいのになって思います」

—これからの活動について、聞かせて下さい。

「ライブをすごくやりたいですね。今回のCDに入っていない、レコーディング後にできた曲とかもありますし。でもリズム的にコロコロ変わる曲が多いから、アーティストを集めても、みんな通しては弾けないんですよね。レコーディングは細かく断片的に録って、編集していけますけど、ライブでちゃんと一曲として演奏するとなると、なかなか難しいんですよね。それから、歌ものを書くのも好きなので、2枚目は歌を中心に作ろうと考えています。最近は日本語で歌もちゃんと書いたりもしていて。元々散文とか書くのが好きで、歌と関係なく文を書いたりしてたので、そういうのをちゃんと歌に出来るようにしたいですね」

LINK

世武裕子 MySpace http://www.myspace.com/sebumusique

NOISE McCARTNEY RECORDS website http://www.quruli.net/nmr/cgi-bin/index.cgi

せぶひろこ。滋賀生まれ、京都育ち。5歳で初めて曲を書く。02年、音楽を学ぶためにフランスへ渡る。パリ・エコールノルマル音楽院映画音楽作曲科へ入学。在学中、96年公開アカデミー賞受賞作品「イングリッシュ・ペイシェント」のスコアを手掛けたことで有名な作曲家"ガブリエル・ヤレド"と、ジャン=リュック・ゴダール監督「気狂いピエロ」を手掛けた作曲家"アントワーヌ・ドュアメル"と知り合い、その作曲能力 に賞賛を得る。民族音楽への造詣も深い世武はモロッコ、アイルランドへ数週間渡り、民族音楽を学んだ。05年、同校を首席で卒業、活動拠点を東京へと移し、作曲活動を開始。08年、デビュー・アルバムとなる『おうちはどこ?』をNMRよりタワー・レコード限定でリリース。現在、今作あまり見せていない、ボーカルとしての高い才能を発揮した2ndアルバムを来春リリースに向けて制作中。

CLOSE UP:大橋トリオ

CLOSE UP:SAKEROCK

CLOSE UP:朝日美穂

CLOSE UP:MOONRIDERS

o

 
 

インタヴュー

ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事