2022/05/06 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


音楽からあのキャラクターを

「笑顔の裏も笑顔でいてくれよ」(秋山黄色「うつつ」) 。この歌詞からなにを想像しますか?

私が真っ先に思い浮かべたのは、『鬼滅の刃』の登場キャラクター、「胡蝶しのぶ」ちゃんでした。複雑な思いを抱えながらも、人前では亡き姉の想いを継ごうと笑顔を絶対に絶やさない、しのぶちゃん。彼女の笑顔をみるたびに、その裏側の姿を想像しながら読んでいた自分にとって、これ以上ない言葉だと思いました。

このように日々音楽を聴いているなかで、「この曲、あのアニメ・漫画の〇〇(登場人物)のことみたいだな」と勝手ながら思うことがあります。もちろん、あくまで個人的な解釈にすぎません。ですが、自分主体で聴く場合と、自分以外の立場から曲を聴くのでは、聴こえ方がだいぶ変わります。そのキャラクターの心情を想像しながら、今回のプレイリスト収録曲を聴いてもらうと、またひとつ新鮮な感覚になれるかと思います。

さて、今回のプレイリストの曲から連想したアニメ・漫画作品のキャラクターはこんな感じ。

スキマスイッチ「ボクノート」→ 『四月は君の嘘』有馬公正
majiko「エミリーと15の約束」→『おおかみこどもの雨と雪』花
PENGUIN RESEARCH「敗北の少年」 → 『鬼滅の刃』我妻善逸
キタニタツヤ「聖者の行進」 → 『チェンソーマン』早川アキ
SUPER BEAVER「予感」 → 『SHIROBAKO』宮森あおい
RADWIMPS 「リユニオン」 → 『宇宙よりも遠い場所』
HoneyWorks「可愛くなりたい」 → 『五等分の花嫁』中野二乃
AliA 「かくれんぼ」 → 『ブルーピリオド』矢口八虎
majiko「世界一幸せなひとりぼっち」 → 『進撃の巨人』ミカサ

共感してもらえるでしょうか。すでに別の作品の主題歌になっている曲もいくつかありますが、上記の作品にもマッチしていると個人的に感じたので、リストインさせてもらいました。なかでも、PENGUIN RESEARCH「敗北の少年」(セルフカバー版) と、キタニタツヤ「聖者の行進」 は、それぞれのキャラクターの心情や生い立ちにリンクする箇所が特に多いかと。

『宇宙(そら)よりも遠い場所』(以下、『よりもい』)は、親子の関係、夢、羨望など、色々なテーマが描かれているアニメ作品。なかでも最も印象的だった部分は、不器用ながらにゆっくりと紡がれていく友情でした。『よりもい』の中心となるのは4人の女子高生ですが、その彼女たちは「友達」がどういう存在か最初はわかっていません。ですが、共通の目標を持つことで、眩しい関係を自分たちのペースで築いていくようになるんです。そんな凸凹な4人の心情にすごく近い歌詞だと思ったのが、「友達の意味なんか 俺は知らないけど もしもこれがそうじゃないなら いらないや もう知らないや」(RADWIMPS「リユニオン」)。 あえてどんな存在かは明言しないけど、話が進むにつれ、お互いを大切に思っていることは伝わってくるんです。その関係性がまるでこの歌詞みたいだったので、上記の一覧に人物名はあえて記載していません。

(ここから『進撃の巨人』のネタバレを若干含みます。)

先月『進撃の巨人』を最後までみたのですが、すっかり魅了されてしまいまして。何かにハマるとそのことで頭がいっぱいになるタイプの私は、高層ビルをみては「何m級かな」とか、湯気をみては「傷口が回復している」とかそんなことばっかり考えてしまうわけです。その進撃脳モードのときに、majiko「世界一幸せなひとりぼっち」を何気なく聴いてみたんですよね。そうしたらもう、本当にミカサとエレンの関係性を歌っているようで。「ただ、そばにいたくて 僕ら、世界一孤独なふたりぼっちだったね」なんて、もう...。本当に素晴らしい作品です。

このままの勢いで1曲ずつ解説したいのですが、とっっっても長くなってしまいそうなので...。好きなものの話って、ついつい喋りすぎちゃいますよね。それでは、ここらへんで!

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP