2021/12/24 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


読んでほしい! 2021年のオススメ記事

偶然にもクリスマスイヴに担当することになり、クリスマスソング特集でも書こうかなという葛藤は確かにありました。が、今日も普通に仕事をしているので、クリスマスよりも年末ムードをひしひしと感じているんですよね。というわけで、もうすぐ入社して1年になるこのタイミングに、この場をお借りして自分が担当させてもらった記事を勝手に振り返っていこうと思います!

本当は全部読んでもらいたいのですが、なかでも特に思いれあるものをピックしました。プレイリストはそのアーティストさんの最新作を収録しています。

わたしが入社してはじめて編集を担当させてもらった記事は、贅沢にもKroiでした。彼らは入社前から聴いていたアーティストだったので、めちゃくちゃ感激で。このあいだリリースされた新作『nerd』も最高でしたよね...。毎回ジャンルレスなサウンドをスタイリッシュにまとめる、その技術に脱帽しています。今年ますます彼らの名前をみるようになりましたが、来年はもっともっと多くの人に届いてほしいと願っております。

続いては、大柴広己さん。大柴さんは中学生の頃から「さよならミッドナイト」を聴いていたので、まさかお話を聞けるなんて...本当に光栄なお時間でした。さらにオンライン・インストア・イベントにも出演してくださり、言葉だけでなく、素敵な生音をオトトイに残してくださいました。アーカイブも残っているのでぜひ!

大柴広己- OTOTOY 配信ライヴ
大柴広己- OTOTOY 配信ライヴ

ポップとアグレッシブが絶妙に重なりあうネクライトーキーや、音で描く情景描写が巧みな灰色ロジックは学生時代から気になっていたバンドだったので、こちらも嬉しい機会でした。どちらも2022年のライヴがすでに決定しているので、一度ぜひみてほしいです。それからchilldspotとPEOPLE 1も絶対に見逃さないでほしい。どちらも2019年に結成したバンドですが、chilldspotはSpotifyが2021年に躍進を期待する次世代アーティストに選出され、PEOPLE 1は先日Spotify O-EASTでワンマン・ライヴを開催しています。しかもソールド・アウト! ぜひ聴いていただきたいです。

少し変わり種の記事になりますが、Lucky Kilimanjaroにもお話をお伺いすることができました。スコッチウィスキーブランドの「ジョニーウォーカー」が主催している、噂のオンライン・ライヴ・シリーズ“The LIVE-HOUSE“に出演された際に、なんと独占インタビューを実施しました。残念ながらそのライヴ映像は期間限定でしたが、彼らが大切にする“ときめき”の根幹に迫った内容になっているので、ファンの方必読です。

それから、すごくお話しがおもしろかったのはさとうもかさんと志磨遼平さん。どちらもライターの高岡洋詞さんが丁寧にインタビューをしてくださいました。「ケーキといちごの関係をずっと気にして生きてきた」というさとうさん、「たとえば明日、世界中のすべてのカップルが別れるとしたら、絶対に失恋ソングを作るのが大衆音楽家だと思う」と明言する志磨さん。おふたりの感性がすごく好きだなぁと改めて感じた機会でした。

最後になりますが、今年から若手アーティストを紹介する連載『OTOTOY Search』を担当しはじめました。来年以降も編集部が気になるアーティストを月1で紹介させてもらいますので、早耳リスナーの皆さんには楽しみにしてもらえると嬉しいです。

いつものコラムより長くなってしまいましたが、特にオススメする特集記事でございました。素敵な機会と音楽を逃すことのないよう、来年も楽しく頑張ります!

※バンドのみ敬称略とさせていただいております。

特にオススメしたい特集記事

楽器で遊ぶひねくれ者集団──あえて邪道を歩むバンド、Kroiの新作EP『STRUCTURE DECK』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

神はサイコロを振らないが遂げた大幅なアップデート ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探る

神はサイコロを振らないが遂げた大幅なアップデート ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探る

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP