2021/11/26 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.144

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


音による没入

イメージ・フォーラムで上映されていた映画『カナルタ 螺旋状の夢』に、映像体験を塗り替えられた。アマゾン熱帯雨林の先住民であり、かつては首狩族として恐れられていたシュアール族と、映像作家で文化人類学者の太田光海が1年間生活をともにした上で作られたドキュメンタリー。というか、ほとんどサイケデリック映画と言っていいだろう。覚醒植物であるアワヤスカが引き出すビジョンを見つめる視線と誘発される嗚咽、手の痺れを直すために大量のアリを這わせる様子、チチャと呼ばれる口噛み酒の製作工程…このように並べると視覚的にも内容からも、神秘的で自分からは遠い世界のシーンのように思えるが、鑑賞中はそれがごく自然のことかのように見ることができる。

『カナルタ』にはBGMたるものが一切ない。背景で鳴っているのはその現地の音のみだ。ほとんどのシーンは森の中で撮られているため、常に森の中にいるようなあの静けさとわずかに聞こえる風に揺れる葉の音に覆われている感覚に陥る。釜で作られる口噛み酒がグツグツと煮立つ音、家の隣にある草を薬草としてすり潰す音、虚しいからと歌われる歌…彼らは資源が減っていく森の中、工夫をして食材を探し、医者の処方箋を捨てて自分の体で確かめてきた薬草を使う(そして本当にそれで治ってしまう)。独自の生活に誇りを持ち、粛々と生活を進めていく。それは作中のシュアール族・セバスティアンが言うには、若い頃にアワヤスカを通してみたビジョンに向かって生きているからであり、おそらく他の人々も同様の体験をしているのだろう。後半のシーンではアワヤスカの儀式のため、セバスティアンは先祖へ呼びかけるために歌い、器をこちらに渡す。シアターの外に出る頃には、自分が見るビジョンは何か?と言うことばかりが頭を渦巻いていて、それはまるで体験した後のような感覚でもある。先住民たちの語りや映像の色味によるものでもあるだろうが、やはりのめり込ませるフィールド・レコーディングの比重が大きかったように思う。

音楽作品においてもフィールド・レコーディングは、『カナルタ』でみられるような文化の記録という側面から離れて、その作品のテーマを伝えるためのメタファーとしての要素だったり、ミニマルハウスに形式的に使用されていたりする。というくらいのことは知ってはいたが「わかって」はなかった。改めて耳をすませば、没入のための媒介であったり、ほとんど聴こえないがその雰囲気を助長するためだったり、フィールド・レコーディングにも様々な役割がある、ということはプレイリストにあるいくつかのトラックからもわかることだろう。『カナルタ』は自分にとって、映像作品における音の重要さを教えてくれただけでなく、そもそものフィールド・レコーディングについて考えるきっかけをくれた作品だ。もうイメージ・フォーラムでの上映期間は終わってしまったが、機会があったらシアターで見ることをお勧めする。

この記事の筆者
津田 結衣

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.151 冬に溶け出す歌

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.151 冬に溶け出す歌

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.144 音による没入

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.144 音による没入

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.138 街の混沌と閑靜

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.138 街の混沌と閑靜

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.127 真夜中のホラー小説と共に

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.127 真夜中のホラー小説と共に

痛みを受け入れること、その美しさ──NEHANN、ファーストアルバム『New Metropolis』

痛みを受け入れること、その美しさ──NEHANN、ファーストアルバム『New Metropolis』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.116 北の地への憧れ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.116 北の地への憧れ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.110 踊りの再開!(祝)

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.110 踊りの再開!(祝)

REVIEWS : 019 オルタナティヴ / レフトフィールド(2021年3月)──津田結衣

REVIEWS : 019 オルタナティヴ / レフトフィールド(2021年3月)──津田結衣

退廃とファンタジーの狭間で──Ms.Machine、ファースト・アルバム『Ms.Machine』

退廃とファンタジーの狭間で──Ms.Machine、ファースト・アルバム『Ms.Machine』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.102 夏を待つ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.102 夏を待つ

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.93 BOARDというバンドに衝撃を受けた

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.93 BOARDというバンドに衝撃を受けた

yuzuha──浮遊と疾走、自由に羽ばたくロック・アーティスト

yuzuha──浮遊と疾走、自由に羽ばたくロック・アーティスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.87 We Will Have The Power In A Better Way

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.87 We Will Have The Power In A Better Way

東京の新たなシーンの胎動──WOOMANの自主レーベル・コンピが捉えるいまの空気を体感せよ

東京の新たなシーンの胎動──WOOMANの自主レーベル・コンピが捉えるいまの空気を体感せよ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.81 気づけばエモが目の前に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.81 気づけばエモが目の前に!

Psychoheads──ピュアに追い求める「いまのパンク」のあり方

Psychoheads──ピュアに追い求める「いまのパンク」のあり方

幾度目かの変換期を迎えたNOT WONK、70人限定入場のワンマンをレポート

幾度目かの変換期を迎えたNOT WONK、70人限定入場のワンマンをレポート

Sisters In The Velvet──揺らぎを鳴らすオルタナティヴの魂

Sisters In The Velvet──揺らぎを鳴らすオルタナティヴの魂

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.70 真に音楽を止めなかったアーティストたち

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.70 真に音楽を止めなかったアーティストたち

仮想世界配信〈AVYSS GAZE〉が探る、ライヴ体験のネクストステージ

仮想世界配信〈AVYSS GAZE〉が探る、ライヴ体験のネクストステージ

USインディ・ポップ直系のサウンドで熱海まで、Jan flu

USインディ・ポップ直系のサウンドで熱海まで、Jan flu

妖艶なダークネスで異世界へと誘う──Barbican Estate

妖艶なダークネスで異世界へと誘う──Barbican Estate

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.62 TEENAGE VIBEは枯れない

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.62 TEENAGE VIBEは枯れない

illiomote──全てをハッピーに昇華する、コンセプチュアルな宅録ポップ

illiomote──全てをハッピーに昇華する、コンセプチュアルな宅録ポップ

Sorry、アルバム『925』から見るサウス・ロンドン・シーンのアティテュードと新しい波

Sorry、アルバム『925』から見るサウス・ロンドン・シーンのアティテュードと新しい波

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.56 音楽はあなたを殴りはしない

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.56 音楽はあなたを殴りはしない

The Cabins──新世代の感性が繰りなす、ジャンルレスな音楽の煌めき

The Cabins──新世代の感性が繰りなす、ジャンルレスな音楽の煌めき

Gi Gi Giraffe──軽やかに奏でられる宅録インディ/ブルースロックは誠実さから生まれる

Gi Gi Giraffe──軽やかに奏でられる宅録インディ/ブルースロックは誠実さから生まれる

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.48 何も考えずに音楽を聴いたっていい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.48 何も考えずに音楽を聴いたっていい

TOP