2021/02/05 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.102

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


夏を待つ

いつからか、行ける限りライヴには行ったほうがいい、という取り決めに近いものが自分のなかに存在している。途端に紙切れと化したandymoriのチケットが原因のような気もしている。あの時の、バンドというより生きること自体があっさり途切れるものなんだな、という感覚。その記憶が今のいままでついて回ってきている。それもあってか、バンドの活動休止やメンバー脱退に対する自分の反応は結構単調だ。2020年から続けざまに発表される脱退・活動休止の数々は、これまでのものとは系統が違ってくるからやるせなかったけど、それでもぼんやりとそうか、、くらいに思っていた。

今週GEZANがベースのカルロス脱退を発表した。そうか、と思いながら高円寺には行かずそのまま帰り、友人のインスタでアコギをぶち壊すマヒトゥ・ザ・ピーポーの姿をみる。人だかりができているようだった。日本の特定のアンダーグラウンドな音楽に接している人にとって、まあ若い人に限っての話かもしれないけど、GEZANは特別な存在だと思う。あらゆるコミュニティのハブになりながらどこにも寄りかかりすぎることなく、触れたもの全てからインスピレーションを得て誰も思いつかないorやろうとは到底思えないことをやりきってしまう。セミ・ファイナル・ジャンキー、全感覚祭、BODY ODD…体験することに意味を持たせるイベントをきっかけに新しく知る音があったし、場のパワーに圧倒されていた覚えがある。それぞれが、一発思いついたアイディアとか行動力とか、そういう鮮やかなものだけじゃなくて、もっと気が遠くなるような多くの人とのやり取りや発注なんかの地味なことの積み重ねからできたものだったはず。高円寺ドムスタの天井が突き破られた時、焦るメンバーと後からどこかからやって来て笑っていたマヒトゥ・ザ・ピーポーの対照的な反応がなんかよかったのとか、覚えてる。いつも挑戦的で行く先を決めてしまわないバンドはこちらから見ると最高に美しいけれど、ギリギリのバランスで保たれていたんだろうというのは想像に難くない。だからこそGEZANは特別であり続けて来たのだろうとも思う。そのフロントマンである彼が、闇雲にうねり粉々にしたアコギの上に突っ伏す姿はなんだか象徴的だった。袋小路に入り込んでどうにも行かない今のどこに希望ってあったんだっけ? それでも今は冬だ。夏が来れば、、とかふざけたことを考えている。夏は赤がよく似合う。

この記事の筆者
津田 結衣

OTOTOY EDITOR'S CHOICE 144 音による没入

OTOTOY EDITOR'S CHOICE 144 音による没入

OTOTOY EDITOR'S CHOICE 138 街の混沌と閑靜

OTOTOY EDITOR'S CHOICE 138 街の混沌と閑靜

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.127 真夜中のホラー小説と共に

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.127 真夜中のホラー小説と共に

痛みを受け入れること、その美しさ──NEHANN、ファーストアルバム『New Metropolis』

痛みを受け入れること、その美しさ──NEHANN、ファーストアルバム『New Metropolis』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.116 北の地への憧れ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.116 北の地への憧れ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.110 踊りの再開!(祝)

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.110 踊りの再開!(祝)

REVIEWS : 019 オルタナティヴ / レフトフィールド(2021年3月)──津田結衣

REVIEWS : 019 オルタナティヴ / レフトフィールド(2021年3月)──津田結衣

退廃とファンタジーの狭間で──Ms.Machine、ファースト・アルバム『Ms.Machine』

退廃とファンタジーの狭間で──Ms.Machine、ファースト・アルバム『Ms.Machine』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.102 夏を待つ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.102 夏を待つ

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.93 BOARDというバンドに衝撃を受けた

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.93 BOARDというバンドに衝撃を受けた

yuzuha──浮遊と疾走、自由に羽ばたくロック・アーティスト

yuzuha──浮遊と疾走、自由に羽ばたくロック・アーティスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.87 We Will Have The Power In A Better Way

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.87 We Will Have The Power In A Better Way

東京の新たなシーンの胎動──WOOMANの自主レーベル・コンピが捉えるいまの空気を体感せよ

東京の新たなシーンの胎動──WOOMANの自主レーベル・コンピが捉えるいまの空気を体感せよ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.81 気づけばエモが目の前に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.81 気づけばエモが目の前に!

Psychoheads──ピュアに追い求める「いまのパンク」のあり方

Psychoheads──ピュアに追い求める「いまのパンク」のあり方

幾度目かの変換期を迎えたNOT WONK、70人限定入場のワンマンをレポート

幾度目かの変換期を迎えたNOT WONK、70人限定入場のワンマンをレポート

Sisters In The Velvet──揺らぎを鳴らすオルタナティヴの魂

Sisters In The Velvet──揺らぎを鳴らすオルタナティヴの魂

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.70 真に音楽を止めなかったアーティストたち

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.70 真に音楽を止めなかったアーティストたち

仮想世界配信〈AVYSS GAZE〉が探る、ライヴ体験のネクストステージ

仮想世界配信〈AVYSS GAZE〉が探る、ライヴ体験のネクストステージ

USインディ・ポップ直系のサウンドで熱海まで、Jan flu

USインディ・ポップ直系のサウンドで熱海まで、Jan flu

妖艶なダークネスで異世界へと誘う──Barbican Estate

妖艶なダークネスで異世界へと誘う──Barbican Estate

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.62 TEENAGE VIBEは枯れない

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.62 TEENAGE VIBEは枯れない

illiomote──全てをハッピーに昇華する、コンセプチュアルな宅録ポップ

illiomote──全てをハッピーに昇華する、コンセプチュアルな宅録ポップ

Sorry、アルバム『925』から見るサウス・ロンドン・シーンのアティテュードと新しい波

Sorry、アルバム『925』から見るサウス・ロンドン・シーンのアティテュードと新しい波

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.56 音楽はあなたを殴りはしない

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.56 音楽はあなたを殴りはしない

The Cabins──新世代の感性が繰りなす、ジャンルレスな音楽の煌めき

The Cabins──新世代の感性が繰りなす、ジャンルレスな音楽の煌めき

Gi Gi Giraffe──軽やかに奏でられる宅録インディ/ブルースロックは誠実さから生まれる

Gi Gi Giraffe──軽やかに奏でられる宅録インディ/ブルースロックは誠実さから生まれる

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.48 何も考えずに音楽を聴いたっていい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.48 何も考えずに音楽を聴いたっていい

TOP