2020/10/02 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


30歳

ちょっと寒くなったし衣変えでもしようかなんて考えていたら、10月になってしまった。かなり個人的な話なのだけど、10月は僕の誕生月なのである。晴れて30歳。三十路だ。ハッピーバースデー大きなプレゼント、おめでとう自分に。

26歳の時点では全く聴こえていなかった「30」の足音は、27歳くらいから大きくなりはじめた。ぼんやりとした妙な焦りがあったが、いざ30歳を迎える年になるとその焦りはなくなっていった。結局なるようにしかならないのだ、そして、なるようになった。あと、ちょっと太ったし運動すると疲れがめっちゃくるようになった。自分が子どもの頃に思い描いていた30歳は、もっと大人だったような気がするし、もっと若かったような気もする。

今回のプレイリストには今年度30歳になる人たち、学年が一緒の人たちの曲をセレクトした。プー・ルイ、tofubeats、米津玄師、KOHH、エド・シーラン……。錚々たるタメ。俺たち浅田真央世代だ。彼らも幼少期は、自分と同じように幼少期をTKサウンドと小林武史サウンドで過ごしたり、小学生で初代ポケモンとか黄金期のモーニング娘。にどハマりしていたんだろうか。中学の校内放送でオレンジレンジが爆かかりしてたり、高校でヘキサゴンの大波がきたりしていたんだろうか。そんな思い出話ばっかりしてしまうのは、すでにおじさん予備軍だからだろうか。というかもうおじさんだからだろうか。

とはいえ、どんどん出てくる若者のジェネレーション・ギャップを感じながらも、若くありたいという気持ちはある。しかし、なんとなく上の世代からも下の世代からも、もう若者扱いされなくなるのは感じている。30代は中堅ヅラして、世の中をサバイブしていかなければならないのだ。もっと、タフにもっとアグレッシヴに。そして時々、マッサージとかサウナみたいな大人のレジャーで息抜きをしたい。そんなことを、誕生日にサンリオ・ピューロランド(1990年オープン。ある意味タメ)に行く予定をカレンダーに入れながら考えている。

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

TOP