2020/03/27 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.57

OTOTOY編集者の週替わりプレイリスト&コラム(毎週金曜日更新)


憂鬱な気分の気晴らしに

仕事や家事をしていて、作業がはかどらなくて気分が憂鬱になるときってありませんか? そんなとき私は、気分や作業効率を上げるべくポップ・ロックやギター・ロックの楽曲をBGMとして流しています。

そのジャンルの中でも歌声や歌詞に特徴があり、メロディがすんなり入ってくる楽曲が個人的に好きで、今回選んだ10曲の中でもthe satellitesの “命の唄”、THEラブ人間 “頭のおかしな男たち”、そしてアフターアワーズ “シャッフル” は特に私のお気に入り。

the satellitesのヴォーカル・白石亮太による、感情を爆発させた力強い歌声は、聴き手も手に汗を握るほど心も身体も熱くなり、作業も次から次へと熱い姿勢で行える。

ヴォーカル金田康平の特徴的なねっとりとした歌声が魅力のTHEラブ人間の “頭のおかしな男たち” では、“タン タタタンッ♪” というポップなメロディを聴いていると、ついついハミングしてしまうけど、これがまた作業が捗るんです。

そして繰り返し出てくる「流れてくる歌」というワードが印象的で一緒に歌いたくなるアフターアワーズの “シャッフル”。曲の終盤になるほどエモくなるゆったりとしたメロディが聴いていてとても気持ちいい。

この他にも不思議と作業をする手がどんどん動いてしまう、そんな楽曲を集めてみたので、家事や仕事中などのBGMとしてぜひ活用してみてはいかがでしょうか? ポップな気分になることで作業効率アップも間違いなし!

この記事の筆者
TOP