2019/06/07 18:00

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.16


現地で聴きたいノルディック・サウンド

このあいだ本屋の中をみていると、北欧雑貨、北欧家具、北欧の暮らしなどが集まった「北欧」のコーナーが目に入りまして。なんで北欧ってこんなに人気なんだろうな、と思っていたら自分がそのとき聴いていたアーティストも北欧出身のバンドでした。すこし恥ずかしくなりましたが、今回はそんな出来事を思い出しつつ僕のお気に入りの北欧出身アーティストをセレクトしております。ちなみにメタルバンドは入っていません! あしからず!

アイスランドからは、ビョークやシガーロスといった世界的に有名なアーティストも数多く生まれてますよね。デビュー時から、その二人に並ぶとして注目を集めるシンガー・ソング・ライターのアウスゲイルが2017年にリリースした『Aftergolw』は、その歌声だけでなくアルバム全体のサウンド・アレンジも光る素晴らしい一枚です。また、昨年に惜しくも48歳という若さでこの世を去った作曲家・鍵盤奏者のヨハン・ヨハンソン『Orphée』なども必聴。

カーディガンズが生まれたスウェーデンからは、聴いていて気持ちの良いポップなアーティストをセレクト。アズールブルー、レディオデプトのゆるいシンセサウンドやちょっと気だるいヴォーカルなんかは、休日の午後にぼーっと聴くのが最高ではないでしょうか。他にもクラウドベリージャムやアルパカスポーツなど、スウェーデンはゆったりとした時間に聴きたいアーティストが多い印象です。

壮大な音像やポップな楽曲が生まれる一方で、超骨太なパンクサウンドをかき鳴らすデンマークの4人組ロック・バンド、アイスエイジも欠かせない存在。彼らの登場でコペンハーゲンのバンド・シーンが変わったとまで言われていますが、それに続くようにコミュニオンズやザ・ミレニアルズといった、ストレートなバンド・サウンドを鳴らすアーティストが次々と登場しているのも見逃せません。

北欧のアーティストは現地の環境と結びつきが感じられる曲も多く、いつかは現地で聴きたいと思うアーティストばかりですね。

この記事の筆者
伊達 恭平

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.16 現地で聴きたいノルディック・サウンド

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.16 現地で聴きたいノルディック・サウンド

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.13 アニメとゲームのサントラで癒される

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.13 アニメとゲームのサントラで癒される

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.8 足元を見るんです

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.8 足元を見るんです

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.4 クレジットから繋げるアニソンの世界

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.4 クレジットから繋げるアニソンの世界

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTERシリーズ&CD未発売楽曲、CD音質で配信開始!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTERシリーズ&CD未発売楽曲、CD音質で配信開始!

TOP