2022/12/15 18:00

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 村松拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

Keishi Tanaka × 村松拓

ライブハウスや野外フェスでのバンドセットから、ホールでの11人編成ビッグバンド、さらには小さなカフェでの弾き語りなど、さまざまな形態で楽曲を届けるKeishi Tanaka。そんな彼がソロ活動10周年を迎え、5枚目のフル・アルバム『Chase After』をリリースした。本作にはKeishiとプライベートでも交流がある、村松拓(Nothing’s Carved In Stone、ABSTRACT MASH)が制作からレコーディングまでを手がけた“青のサーカス”も収録されている。今回はKeishi Tanakaと村松拓を招き、同曲をはじめとしたお互いの楽曲制作や同世代ならではのエピソードについて語ってもらった。

村松拓も参加!Keishi Tanakaの新作アルバムはこちらから


INTERVIEW : Keishi Tanaka × 村松拓

ソロ・デビュー10周年を迎えたKeishi Tanakaが12月7日に5枚目のアルバム『Chase After』を配信リリースした。ライヴやツアーを軸に置く彼がライヴでも馴染みのメンバー、小宮山順平、田口恵人(LUCKY TAPES)、四本晶(oysm)、別所和洋(パジャマで海なんかいかない)らに加え、関口シンゴ(Ovall)がギターで参加するなど、新たなミュージシャンも迎えている。そのなかでKeishiと弾き語りライヴを行い、またプライベートの友人でもある村松拓が作詞作曲を行い、レコーディングにも参加した“青のサーカス”も収録。今回はふたりの対談を実施。同曲やアルバムを軸にKeishi Tanakaのアーティスト像、同い歳である1982年生まれの世代観についてもじっくり訊いてみた。

インタヴュー・文 : 石角友香
写真 : 山川哲矢

ここ数年一緒に変わってきている

──そもそもおふたりの出会いのきっかけってどの辺りなんですか?

村松 拓(以下、村松):僕がやってるABSTRACT MASHっていうバンドの方がNothing’s (Carved In Stone)より全然長いんですよね。そのバンドでKeishiがRiddim Saunterのヴォーカルやってる時に対バンして。最初はそうでしたね。

Keishi Tanaka(以下、Keishi):俺は対バンした時に──毎回言ってるんだけど、高松の打ち上げの記憶がすごいあって。拓ちゃんは移動しなきゃいけなくてみたいな行程だったんだけど、その時に場をちゃんと盛り上げてからスッと帰るみたいなことをやってて、「粋な男だな」と思った(笑)。

村松:いや、もっとグダグダだったと思うよ(笑)。

Keishi:そこにある酒をイッキ飲みして帰るみたいな。みんなを納得させてその場を去った記憶がすごい残ってて。しかも同い年だったからその辺から仲良くしたいなあと思った記憶はあります。で、Nothing’sはじめたっていうのを聞いたり、フェスで会った時に喋ったりとかをしてて。グッと近くなったのは、5年ぐらい前に僕の〈ROOMS〉っていう弾き語りのイベントに拓ちゃん呼んでからかな。そうこうしてる間に別の〈四弦一揆〉(Tanaka、村松とストレイテナーホリエアツシ、the band apartの荒井岳史による弾き語りイベント)っていうイベントもはじまったりして。その辺からは皆さんご存知の通りみたいな感じですね。

──おふたりが20代だった頃、いまの弾き語りをやるような状態って想像できました?

Keishi:バンドマンが弾き語りしてとかっていうのがあんまりなかったから、そういう意味では自分では想像できてなかったですけど、30歳ぐらいになった時に僕はソロになって、弾き語りもやれたらいいなみたいなことは、はじまった頃から考えはじめて。もうひとつには震災もあって、ちょっとフットワーク軽くしたいって思った人も多分たくさんいたと思うし。

村松:大きいよね。20代の頃は人のために音楽があるみたいなこととはかけ離れたところが根底にあったりしたんで。でもKeishiも言ったけど、震災のこともそうですけど、音楽続けてきて音楽を人に届けることの意味みたいなのが変わってきて、で、ひとりで音楽を鳴らすみたいなところがだいぶ馴染んできて。それも途中からKeishiみたいにソロで活動してて、その概念をKeishiに輸出してもらって(笑)、取り入れて変わっていくみたいなことがあって、結構デカかった気がしてるんで。ちょっとどのタイミングでこの感覚になったかというのは曖昧なんですけど、ここ数年一緒に変わってきてる感じがありますね。

──たしかに震災のタイミングで、歌ひとつでなにができるのかっていう試行はちょっと上の世代のTOSHI-LOWさん然りGotchさん然り、はじめた事実はありますね。

Keishi:みんな弾き語りをやると思ってた人たちでもないと思うし。でもそうやって変わっていくことがダメじゃないっていうか、むしろ必要じゃないですか。そこで頭硬くなって「弾き語りは好きじゃない」とか決めちゃってもおもしろくないだろうし、それをもし10年前に自分が言ってたとしたら、全然なにも活動できてなかったんじゃないかなと思うし。

Keishi Tanaka

──1982年生まれっていうところでなにか共通するバックボーンは感じますか?

村松:世代が一緒だから聴いてた音楽が結構一緒で。10代の頃に聴いてた音楽は多分似てるよね。

Keishi:それこそTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのコピーを僕が高校生の時やってたという話をしてて、拓ちゃんも「俺もやってた」みたいになって、その曲のカバーを一緒にやったりはしてます。

──70年代後半から80年代生まれぐらいは日本のギター・ロックを形成している厚い層で。そのなかでも82年生まれってどういう世代だなあっていうふうに思いますか?

村松:82年のやつと集まって話すと、“キレる若者”とか言われてたなって(笑)。そんなこともなかった気がするけど。

Keishi:拓ちゃんは久々に同い年で、こんなにつるんでる人だけど、世代が理由じゃないかもしれない。もちろん先輩もたくさんいるし、先輩はいつまでたっても先輩だけど、だからといって自分は言うこともやることも変わってないと思うので、あんまり世代を意識したことないのかもしれないですね。あと例えばLUCKY TAPESのメンバーとかいて、10個くらい下ですけど、そこも別に後輩とバンドやってるって感じもないし。

──いわゆる一生活者としての世代観のようなものはありますか?不惑の40代に突入して。

Keishi:惑ってますけどね(笑)。 ま、ずっと惑ってていいかなっていう曲も書いてて、今回で言うと。みんな悩みとか迷いみたいなものってなくならないと思うし、あんまり悪いもんでもないというか、そういうのをネガティブに捉えてないというか。そういう迷いがあって、解決するために追い求めてくっていう意味での『Chase After』だったりもするので…というか、惑うってなんですか?(笑)

村松:惑うというか、惑わされるっていうね。

Keishi:ああ、そうか。人から言われたり受けることで惑うことは確かに少なくなってきてるかもね。不惑っていうのはそういうことかもしれないけど。自分のなかから出てくる考えみたいなところで、思い悩むことはずっとあるだろうし、それがなくなったら終わりかなとも思うし。それが解決した瞬間から違うなにかを探し求めている方が精神状態が良いというか、健康な感じ、豊かな感じがする、自分が。

──新たに出現する課題をどうにかしたいと思うパワーがなくなったら怖いですね。

Keishi:本当そうです。

この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

“最恐“難易度の曲を収録した問題作、完成──だいじろー(JYOCHO)が語る、細かな音作りへのこだわり

“最恐“難易度の曲を収録した問題作、完成──だいじろー(JYOCHO)が語る、細かな音作りへのこだわり

YAYYAYワールドをさらに広げていく──フリーダムな制作スタイルから生まれる世界観

YAYYAYワールドをさらに広げていく──フリーダムな制作スタイルから生まれる世界観

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

いい曲を作ることがいいライヴへ繋がる──神はサイコロを振らないがパフォーマンスへかける想い

大柴広己が最終的に辿り着いた場所──ひとつのストーリーを締め括る『LOOP 8』から8年間の歩みを辿る

大柴広己が最終的に辿り着いた場所──ひとつのストーリーを締め括る『LOOP 8』から8年間の歩みを辿る

「この10年間でいま、いちばん音楽を楽しめている」──『モンスト』コラボレーションを経て実感したKANA-BOONの変化

「この10年間でいま、いちばん音楽を楽しめている」──『モンスト』コラボレーションを経て実感したKANA-BOONの変化

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

TWEEDEES『World Record』を2名の評者が徹底レビュー!──メッセージ性や音質の違いに迫る

TWEEDEES『World Record』総力特集!4年ぶりの新作の魅力をたっぷりとお届け!

TWEEDEES『World Record』総力特集!4年ぶりの新作の魅力をたっぷりとお届け!

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

世の中を静観し、様々な“世界”を旅したTWEEDEESが新作でみせたい夢

ライブ配信アプリ「17LIVE」でのユニークな音楽活動とは?MASUNARIのいまに迫る

ライブ配信アプリ「17LIVE」でのユニークな音楽活動とは?MASUNARIのいまに迫る

東京初期衝動のしーなちゃんが語る、初の“ビッグ・シングル”と好きなものへの向き合い方

東京初期衝動のしーなちゃんが語る、初の“ビッグ・シングル”と好きなものへの向き合い方

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

一生を終えたあと、貴方のなかに残る音──死生観と向き合いながら、前進したmollyの現在地

一生を終えたあと、貴方のなかに残る音──死生観と向き合いながら、前進したmollyの現在地

社会人になるタイミングで結成!多様な音楽を取り込む気鋭のバンド、Seukolって何者?

社会人になるタイミングで結成!多様な音楽を取り込む気鋭のバンド、Seukolって何者?

SPiCYSOLのいまのベスト盤ともいえる新作──四季の巡りと時代の遷移を湘南サウンドへ

SPiCYSOLのいまのベスト盤ともいえる新作──四季の巡りと時代の遷移を湘南サウンドへ

直江晋太郎(Mercy Woodpecker)× シロナカムラ(ユレニワ)対談──新たな出会いへの期待を胸に挑む〈MASH A&R presents「Treasure Tour」〉

直江晋太郎(Mercy Woodpecker)× シロナカムラ(ユレニワ)対談──新たな出会いへの期待を胸に挑む〈MASH A&R presents「Treasure Tour」〉

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

四方颯人 × 岩渕想太 対談──MASH A&R presents〈Treasure Tour〉で提示する現代のバンド像とは?

四方颯人 × 岩渕想太 対談──MASH A&R presents〈Treasure Tour〉で提示する現代のバンド像とは?

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

どこでも踊ろう!──the telephonesを全員で見つめ、生まれた“極踊”な新作

どこでも踊ろう!──the telephonesを全員で見つめ、生まれた“極踊”な新作

メロコア・シーンの希望、IF──期待の新バンドはなにを思い、なぜ動き出したのか

メロコア・シーンの希望、IF──期待の新バンドはなにを思い、なぜ動き出したのか

谷口貴洋が考える、綺麗なだけではない美しさ──人間らしさを実直に描いた6年ぶりのアルバム

谷口貴洋が考える、綺麗なだけではない美しさ──人間らしさを実直に描いた6年ぶりのアルバム

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiomoteの新作EP

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiomoteの新作EP

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー ── 集団として闘い、大衆を救う決意

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー  ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

TOP