2022/02/16 12:00

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

JYOCHO

京都発のプログレッシブ・ポップ・バンド、JYOCHO。これまでマクロを意識していたのに対し、“ひとりひとり”というミクロへと目線を移した新作アルバム『しあわせになるから、なろうよ』がリリース。JYOCHOらしさを象徴するサウンドを損なうことなく、今作ではDTMやエレクトロなどの新しい要素や、ギターを引き算することでフルートやベースの音色が引き立つようなサウンドメイクにも挑戦している。100ヶ国以上にリスナーがおり世界各国からも注目されているバンド、JYOCHOに新作について話をきいた。

最新作はこちら

INTERVIEW : JYOCHO

JYOCHOが2022年2月16日、3年ぶりとなるアルバム『しあわせになるから、なろうよ』をリリースした。JYOCHOらしさ満開の数学的に構築されたサウンドメイキングと抒情性を掛け合わせた楽曲はもちろん、ポストプロダクションにこだわって制作された楽曲から、ギターの轟音で聴かせる楽曲まで、これまでになかったアプローチをした楽曲を含む全8曲。基本的に、ギターのだいじろーが楽曲制作を行い、各パートのフレーズも構築して渡すアプローチを取っているJYOCHOに対し、今回OTOTOYでははじめてメンバー全員へのインタビューを行い、どのようなプロセスを経て本作ができたのかに迫った。

インタヴュー・文 : 西澤裕郎

この数年の歩みがまとまっている

──だいじろーさんは今作に対して、「JYOCHO史上いちばんの直接的で直感的な作品」とコメントを寄せています。どういう意味合いで表現された言葉なんでしょう?

だいじろー(Gt/Cho):いままでの作品がマクロな視点で書いてきたのに対して、今作は“私たちひとりひとり“というミクロに焦点を当てているという点で直接的なんです。それとともにサウンド面においてもわりとストレートに表現したところがかなりある作品になっています。

──『しあわせになるから、なろうよ』というアルバムタイトルは、“悲しみのゴール”の曲に出てくるフレーズですが、どういうイメージでつけたタイトルなんでしょう。

だいじろー : もともとアルバムのコンセプトをふわっとイメージしながら制作していたんです。JYOCHOをはじめたときから、遠いところから近いところに来るイメージがあって・ミクロの私たちみたいなところに向かってくることをコンセプトには作っていました。今作が完成したときにそれをいちばん象徴していると思ったのが“悲しみのゴール”だったので、そこからアルバム名にした感じではありますね。

悲しみのゴール - JYOCHO(Official Music Video)
悲しみのゴール - JYOCHO(Official Music Video)

──「ミクロの私たち」というのは、ひとりひとりに向けてダイレクトに楽曲を投げかけているというイメージなんでしょうか?

だいじろー : ひとりひとりに投げかけているというより、自分というものに対して瞑想してほしいというか。自分と向き合うきっかけになればいいなという表現をしているんです。音楽活動を続けてきたり、年齢をとるごとに、自分と向き合うことや自分を深めていくことが楽だなと思うようになってきて。他の人と比べることも重要だと思うんですけど、まず自分が出発点というか、それがいちばん答えに近いんじゃないかなと思っていて。その考えが、それを聴き手に感じさせる歌詞だったり、サウンド面をストレートにしたのに繋がっているかなと思います。

──そうした観念的な話はメンバー間でも話されたりしているんですか?

sindee : 全貌は明かしてくれないですね(笑)。ただ、僕らの楽曲に対する受け取り方もかなり尊重してくれるので、キーワードを話してくれるくらいのほうが逆にメンバー全員で作り上げている感が大きくなるというか。実際、インタビューとかを読んで「あ、だいじろーこう思ってたんや」って知ったりするポイントもあります。

猫田ねたこ(Vo/Key)(以下、猫田) : たしかにそうですね。

sindee : 逆にそれはそれでおもしろいんじゃないかなとも思っています。基本的に大枠で考えていることだったり目指しているところは同じなので。そういう部分を大事に話をしている感じですね。

──だいじろーさんはメンバーにテクニカル的な負荷をかけるぐらいの難しいフレーズを入れて楽曲制作をしていると聞いたことがあるんですけど、難しすぎて弾くのが大変だとか、歌うのが大変だということはあるんですか?

猫田 : 毎回ですよ、毎回(笑)。

だいじろー : 負荷かかるようなフレーズとか、楽器の特性上パッセージが難しいものはあると思うんですけど、なんとかやろうとする人たちが集まっているというか(笑)。結果的に、イメージと違うものになったことはいままで実は少ない気がします。

sindee(Ba) : 僕はだいじろーのおかげで新しい奏法がふたつぐらい身につきました(笑)。

猫田 : だいじろーさんの曲をこれまで歌っていて感じるのは、本当の無茶振りはしていないなってことです。これぐらいできるようになったな、じゃあ次はこれぐらいいけるかな、って課題を渡されている感じがします。着実にどんどん難しくなっている感がある。

はやしゆうき(Fl)(以下、はやし) : 私は逆に、静かな曲の方が難しく感じることがあって。みんなが動かないフレーズの方が何周か回って難しいなと感じるときが最近になって特に増えてきています。でも、それって、みんなが長い時間一緒にいたからこそ発見できたことなのかなと思います。

──だいじろーさんは今作の楽曲制作に関して、どういう部分を意識されましたか?

だいじろー : 大まかには同じなんですけど、受け手にとってストレートなものにしたくて。ポップという言い方とはちょっと違うんですけど、いままでのJYOCHOにないような、サウンド面でもフレーズ面でも修飾的なものを少し削いでいきたかった。それで逆にちょっと時間がかかりました。

──いままでにない部分でいくと、“碧に成れたら”ではサウンドが左右にパンしたり、かなり立体的な音作りになっていますよね。演奏のテクニカルさというより、ポストプロダクションですごく実験的なことをしている。

だいじろー : DTMやエレクトロの要素も僕はすごい好きなので、そういったニュアンスを入れたいと思った楽曲だったんです。これまでJYOCHOでは基本的にライヴでできないことはやらないようにしていたんですけど、今回はライヴのことをあまり考えないでやっちゃった感はあって。作品として表現したかったことを一旦ライヴを意識せずにやってみました。

しあわせになるから、なろうよ - JYOCHO(Official Music Video)
しあわせになるから、なろうよ - JYOCHO(Official Music Video)

──こういう音作りってあまりJYOCHOで感じたことがなかったので新鮮でした。

だいじろー : もともとこういうエッセンスはすごく好きですし、僕の手札のなかにもあったんです。いつ出そうかなとタイミングを伺っていました。実は最初にショートバージョンを作っていて、そのときに納得いくサビが作れたんです。その過程で1サビはめちゃめちゃ地味なサビにして、その後に最高なサビを持ってきたいって思ったんですね。それが間奏からのサビの流れに繋がっているかなとは思います。キックとベースのベッベッベッベっていうところから手拍子を持ってきて、サビが乗ってくるのは自分的にも新しいなと思ったので。その後にすごく壮大なサビが来るっていうのが、自分のなかでハマったというか、そういうアレンジにしました。

──この曲はフルートも印象的です。はやしさんは演奏していてどんなことを感じましたか?

はやし : デモをもらったとき、いつもと違う雰囲気の曲だなと思いました。今回のアルバムは個人的にそう感じた楽曲が何曲かあったんですけど、この曲は歌が入ったあとに私が演奏を録っていて。基本的に私は歌の前に録るんです。だいじろーが最初から考えていたのか、ひらめいたのかはちょっと分からないんですけど、私のレコーディングの後に手拍子が追加されていて、最初のイメージよりもさらに良い意味で全然違う方向のイメージになりましたね。おもしろい仕上がりになって、早く聴いていただきたいなという気持ちと反応が楽しみです。

はやしゆうき(Fl)

──猫田さんは、歌入れはどうでしたか?

猫田 : たぶんJYOCHO過去1で暗い猫田だったかも(笑)。部屋も暗くして、気持ちをちゃんと作って、大人っぽいというか暗いというか。暗いって言ったら違う? だいじろーさん。

だいじろー : いや、全然いいと思います。

猫田:声のキーも低めなのかな。いつものJYOCHOだけど、新しい面を見せられるように、低い声がどう綺麗に出るかバッチリ練習してから挑みました。はちちゃん(はやし)と繰り返しになっちゃいますけど楽しみにしていてほしいですね。

猫田ねたこ(Vo/Key)

──sindeeさんはどうでしょう。

sindee : 先程おっしゃっていただいていたパンの感じとかも結構話し合いました。

──これって、どういう効果を狙っての音作りなんですか?

sindee : おもしろいよねっていう感じで(笑)。

一同:(笑)。

だいじろー : 基本的には楽器の立ち位置で決めているので、どの音をいちばん聴かせたいかとか、おもしろいアレンジか方向性もあります。

sindee : 音が少ない楽曲なので、立体感を出すためにとか、ちょっとした違和感を作った感じというのかな。今回に関しては、マスタリングとかミックスの際、だいじろーに3日間家に泊めてもらって一緒にやっていて。自分もコンポーサー的に活動してきた経験があるので、自分の好きな音楽とか経験値も合算できればいいなと考えていたんです。今回の作品に関しては集大成じゃないですけど、この数年の歩みがまとまっているというか。僕らバラバラに住んでいるんですけど、(コロナ禍で)会えなくなって、楽曲に対してとか未来に対しての話を結構してきた期間を経て、自分でもこういうJYOCHOがいいんじゃないかと溢れてきたタイミングだったので、それをかなりこんつめてやった面もあります。

sindee(Ba)

この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

変化しながらも、大切なものはなくさない──GLIM SPANKYの美学と挑戦を反映したアルバム

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

インスト・ロック・バンド、johannが歩んだ15年間。そして新たに見つけた映像×音楽の可能性とは?

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

バンド解散を乗り越え、ひとりで音楽と向き合うということ──歌心を愛おしむ、岩崎優也の初作

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiOMOTEの新作EP

これは、人生の副作用──“なにもない”現状を映した、illiOMOTEの新作EP

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

さとうもかのポジティヴをあなたへ──素直になることで生まれたシングル「魔法」

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

tacicaのサウンドメイクと歌詞世界を最速で探る──〈『singularity』先行試聴会〉イベント・レポート

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

音楽と遊ぶバンド、Helsinki Lambda Club──気持ちいいサウンドを追求した、ミニ・アルバム

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

もう『正気じゃいられない』! ── マハラージャンの様々な視点と発想が活きた、正直な新作

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

経験と個性を活かす奇才ポップ集団、YAYYAY──セカンド・アルバムに向けて動き出した一歩

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

優河 × 谷口雄(魔法バンド)× 笹倉慎介 ──バンド・サウンドでの表現と追加公演への展望を語らう

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

ネクライトーキーが再び彩る石風呂楽曲──個々の成長が紡ぐ、愛あるセルフ・カヴァー集『MEMORIES2』

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2022年3月〜5月)

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

松本素生(GOING UNDER GROUND) × 半田修土(灰色ロジック) ── なぜ対バンすることになったのか。夢の共演へかける想い

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

UlulUのファーストアルバム、ついに完成──ふたりの評者がそれぞれの視点で徹底レビュー

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

KAGEROとILYOSSを手がける、白水悠────対照的なふたつのバンドの軌跡と可能性を語る

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

これまでのイメージに囚われないで──“THEティバ”というなにかを目指す、ふたりの一歩

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー ── 集団として闘い、大衆を救う決意

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー  ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

TOP