2022/01/07 12:00

思い出野郎Aチームが提示した、ライヴの新たな可能性──ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えるまで

2021年11月27日、新木場USEN STUDIO-COASTで思い出野郎Aチームがバンド最大規模となるライヴ〈ソウルピクニック 2021〉を開催。バンドとしては実に1年9ヶ月ぶりの有観客ライヴとなったこの日は、Fukaishi Norio、沼澤成毅、ファンファン、asuka ando、YAYA子もサポートに加わり、感動的な素晴らしいライヴで成功を収めた。そしてこの日はもうひとつ特別な取り組みとして、歌詞をろう者の方々にも伝えるための手話通訳もライヴに参加したのである。日本では前例もほぼない中で、バンドはこの日のライヴに向けてどう取り組んでいったのか。バンドからヴォーカルである高橋一と、当日手話通訳チームとして参加したペン子、バンドのマネージメントを担当する仲原達彦の3人から話を訊いた。

最新シングル「日々のパレード」「君と生きてく」


INTERVIEW : 高橋一、ペン子

左より、高橋一、ペン子

通常、手話通訳というとテレビ画面の片隅に直立不動で手振りをする姿が思い浮かぶだろう。だが、この日の通訳チームは、その常識をくつがえした。彼女たちは思い出野郎が鳴らすリズムやメッセージに共振するように体を揺らし、踊り、顔の表情まで含めてさまざまな体のパーツを使いながら手話をしていた。こんなの見たことない。手話もひとつの楽器やコーラスみたいだ。会場や配信でその様子を目撃した人なら誰もが驚いただろう。その手話通訳スタッフの中心となったのが、音楽と手話の結びつきについて考え、the HIATUSの日本武道館ライヴなど、さまざまな発信を続けているペン子さん。彼女の提案で観劇サポート支援団体〈TA-net〉のみなさんも加わり、思い出野郎のライヴ当日は見事に通訳がやり遂げられた。

しかし、「歌詞を手話にして伝える」と口で言うのは簡単でも、それを実際に実現するにはどういう苦労があるんだろう? どうしてあんなに楽しそうに踊りながら手話をすることができたんだろう? まだまだ僕らにはわからないことが多い。その疑問は、思い出野郎Aチームのリーダーでソングライターとして全曲の歌詞を手がけ、手話によるメッセージを通訳に託したマコイチこと高橋一にも同じだったはず。感動のうちに終了したライヴを終えて数日後、あらためて行われたこのマコイチ × ペン子対談で初めて明かされた、ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えた過程。それは、もしかしたら音楽のとらえ方を変えてしまいかねない発見の連続だった。

インタヴュー&文 : 松永良平
写真 : 中嶋翔(インタヴュー)、廣田達也(ライヴ)

言いたかったことは何なのか逆説的に整理されていく不思議な感覚

──先日(11/27)のスタジオコーストで行われたワンマン・ライヴ〈ソウルピクニック 2021〉の特別演出で、ひときわ目を引いたのが同時手話通訳でした。最初に登場したペン子さんからのダンシング手話や、手話スタッフもバンドの一員であるかのようなチーム感、そして最後の“アホな友達”の手話を使った“黙唱”では全員笑って踊りながら心は大号泣という感動的な演出! 今日は、思い出野郎Aチームのマコイチ(高橋一)さん、ペン子さんのお二人から、実現に至る流れや苦労、そして当日を振り返っての思いを聞かせていただけたらという取材です。

マコイチ : 2019年のサード・アルバム『Share the Light』を出したあと「なんとなくポリティカルなことを歌に入れているだけじゃないか」という反省も自分たちにはあったんです。マジョリティとしての自分が持っている無自覚な加害性や、傍観しているだけで加担してしまっていること、そういったことに対して言及があんまり入れ込めてないなと。この先そういったことも踏まえて歌詞を書いていくなら、曲にするだけではなく、実際の行動に移すようなことができたらなという。そこで今回1年9ヶ月ぶりのライヴをやるにあたって「手話通訳はどうだろう?」というアイデアが出てきました。もともとはサポートの人をいろいろ呼んでスペシャル編成はどうかという、マネージャーのタッツくん(仲原達彦)からの提案からなんですけど。そのなかでケンドリック・ラマーとかチャンス・ザ・ラッパーがライヴに手話通訳を帯同していたとか、そういう知識は以前からぼんやりとあって、凄い、素晴らしいなあとかは思っていたけど、よく考えたら「なんで最初から自分たちのライヴで取り入れない前提で考えていたんだろう?」とも思ったし、実践して学んで変わっていくという意味でも、この機会に自分たちもやってみようという感じでした。バンド内ではスッと「いいんじゃない?」くらいのノリで始まった話だったんですが、アタックする先とか、実際進めていくのがどれくらい大変なのかというのはまったく考えてなく。手話通訳の手配はタッツくんに頼んでいたから、実はペン子さんになった経緯とかはあんまりわかってないんですよね。

ペン子 : まず、「思い出野郎のライヴに手話がつきます」という告知があった段階では、私に全く話は来てませんでした。その後、告知を見た友人から、「思い出野郎が通訳を付けてライヴするらしいよ、すごいよね!」って言われて、Twitterをみたら「広くご意見募集してます」みたいな文面を見たんです。当初、仲原さんは別のところに手話通訳派遣を打診してたんですよね?

仲原 : そうなんです。ただ、最初にお話を聞いていた団体がエンタメ向けの手話通訳を積極的にやっているところではなかったので、話がうまく進まなくて。そのへんもあって「広くご意見募集してます」という告知を出して、何か情報を得ることができたらいいなと思ったんです。そしたら(ペン子さんが)乗ってくれた。

ペン子 : 私も何かできることがあるかもしれないなと思って、インスタで「誰がやるかわからないけどすごくいい試みだと思うから、応援してます!」ってメンションをつけて投稿したら、その日の夜のうちに仲原さんから「話聞かせてください!」という連絡が来て。

仲原 : ペン子さんのアカウントを見たら、偶然共通の知り合いもいたので、この人なら相談できるかもと思った。

ペン子 : 2014年にthe HIATUSのライヴで手話をやらせてもらって。その後にいろんな人に「こうした手話の活動をやっていきたいんです」という話をしていたんですけど、まったく次の機会を得られず。なので今回は「チャンスがあるかも? もしよければ私も出たいです」という思いも込みで連絡してみたらという。

──ペン子さんのnoteを拝見したんですが、もともと渋谷WWWで働いていたんですよね?

ペン子 : オープニングスタッフでした。そんな私が手話通訳士を目指したきっかけは、2011年に起きた東日本大震災なんです。震災後しばらくライヴハウスのスケジュールがガラ空きになり、自宅待機をしていたんですがその間にも尊敬するバンドマンたちは東北に支援物資を運んでいて。対して自分の無力感を味わっていたときに政府の会見で手話通訳士の方々が活動されているのを見て、その瞬間に「これだ!」と思ったんです。手話を覚えれば、その人たちの言葉で「大丈夫ですか?」と話しかけることができるんじゃないか。その翌年には専門学校に入学し、2014年に手話通訳士の資格を取得しました。

仲原 : WWWのスタッフに共通の知り合いがいたんです。そういう繋がりや、手話通訳を始めたきっかけを聞いて、安心して頼めるなと思いましたね。

マコイチ : それ、かなり重要な話題じゃないですか。

仲原 : ペン子さんと打ち合わせしていくなかで〈TA-net〉っていうエンタメに特化した手話の派遣センターを教えてもらって。ペン子さんにお声がけしたタイミングが遅かったので、ひとりで2時間のライヴをやり通すのは準備の時間が足りない。だけど〈TA-net〉に協力してもらう形で、〈TA-net〉から4名、ペン子さんと5名体制であれば何とか間に合うだろうと。

マコイチ : 手話の座組みが決まっていくなかで歌詞を手話に翻訳していくやりとりが始まりました。そこでようやく、僕らも「手話ってこういうことなのか」ってわかってきた。ひとつの歌詞ごとに「ここはこういう解釈ですか?」とか「ここはどういう景色ですか?」というやりとりがあるんです。僕らの曲は、語数が限られた言葉の中にダブル・ミーニングとか含みを入れて作っているけど、それを手話でどう表現するのか、それをメールで相談していくうちに、自分が歌詞で1番言いたかったことは何なのか逆説的に整理されていく不思議な感覚がありましたね。自分でもよく分からず書いてるところも、手話でははっきりと説明できないといけない。例えば、“同じ夜を鳴らす”はペン子さんに訳してもらったんですけど、歌い出しが〈街路樹がコマ切れにする街のあかり〉なんですけど、ペン子さんからは「その街路樹は下から見上げてるのか遠くから見てるんですか?」という質問がきたりする。

ペン子 : 少し補足をすると、日本には大きく、2種類の手話があります。私たちがやっている“日本手話”というのは“日本語”とか“英語”とかと同じように、手の動きと上半身の動きで“意味”を伝えるひとつの“言語”なんです。もうひとつは“日本語対応手話”というタイプもあるんです。これは“手指日本語”と言われたりもするんですけど、視覚的な補助として一語一語、日本語の“音声”に合わせて手話を出していくものです。

※編集注 “日本手話”は手話によるひとつの“言語”として“意味”を手話に“翻訳”して伝えるのに対して、“日本語対応手話”は“日本語”の“一語一語”を、日本語の語順のまま視覚的な補助として手話へ“変換”して伝える。

仲原 : 僕も手話通訳を入れたい、と言いつつ、不勉強だったので、最初は同時通訳みたいなもので、歌詞を聴いてその言葉をそのまま手話の形で伝えるタイプのものだけを想像していたんですが、それは大間違いだったんです。僕らが最初にイメージしてたのは“日本語対応手話”。だから、歌詞をパッと聞けばできるんじゃないかっていうのが根底にありました。

マコイチ : ペン子さんがやっている“日本手話”は、そういったものとは違うということがわかってなかった。日本語の文章を英語にするとしたら“日本手話”は英文にする、“日本語対応手話”は日本語の音をローマ字に書いていくことに近いのかなと。

ペン子 : それに近いです。“日本手話”は生まれたときから音が耳から入らなかった人たちが使う言語で、“日本語対応手話”は中途失聴のかた、難聴のかたなど、言語のベースがすでに日本語で頭に入ってる人が使うものなんです。今回一緒にやったメンバーのなかにもバリバリ“日本手話”の人もいれば、“日本語対応手話”寄りの人もいて、実はいろんな手話でお送りしていました。

──なるほど。“日本手話”では意味を表現するものだから、歌詞の意味や設定が重要になってくるんですね。

ペン子 : “日本手話”の場合は自分の目の前にある空間を自由に使える。なので、最初に1行目で作った街の空間を2行目でどう使おうかとか、そういうふうに考えながら訳していくので、翻訳が進んでいったら最初の街の位置があんまりいい場所になかったから反対側にして作り直したりとか。空間の配置はすごく戦略的にというか、考えながらやってますね。

──だから街路樹をどこから見ているのかという、視点の違いが必要になるんですね。

ペン子 : (その歌詞の視点が)もし遠くから見ているのであれば自分より遠くに街を作るし、自分が見上げているのであれば自分が街のなかにいる状態で作るし。

マコイチ : このやりとりは、もし僕が作家だとしたら、「作品を映像化したいんですけど、その場合こういうカットですよね?」って映像監督さんに相談を受けてる感じに近いかも。それはけっこう初めての感覚でした。そういう意味では、手話通訳をライヴに導入するという本来の目的とは違う勉強ですけど、歌詞を書く人は一度こういう工程を経験してみると感覚が変わるんじゃないかな。(思い出野郎の曲は)説明がめちゃくちゃ少ない映画みたいな感じです。言葉数が少なかったり、なるべくわかりやすい言葉を使っているつもりなんですが、その分意外と聞く人の解釈の幅が広かったりもして、説明しないと分からないよねっていう部分が思っていたよりも沢山ありました。

ペン子 : 街路樹を写真で送ってくださったじゃないですか。こういう感じですって。

マコイチ : Google検索して。「街路樹 街」で。(笑)

この記事の筆者
この記事の編集者
高木 理太 (Rita Takaki)

1993年生まれ、志田未来と同じ生年月日。10代の悶々とした時代にハードコア・パンクを聴いて、グッと音楽にのめり込み、今も悶々としながら日々音楽を掘る日々を過ごしています。お酒はほどほどにしたい。

思い出野郎Aチーム──ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えるまで

思い出野郎Aチーム──ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えるまで

ILL-BOSSTINOが語る、dj hondaの凄み

ILL-BOSSTINOが語る、dj hondaの凄み

FNCY、新作クロスレビュー ── 彼ら流“ニュー・ノーマル”の楽しみかた

FNCY、新作クロスレビュー ── 彼ら流“ニュー・ノーマル”の楽しみかた

Sound Horizon、旧作リマスター音源がPDFブックレット付きハイレゾ配信開始!

Sound Horizon、旧作リマスター音源がPDFブックレット付きハイレゾ配信開始!

“仇児”(ILL KID)、KMCが仲間と文鳥とクラウドファンディングで目指す新作

“仇児”(ILL KID)、KMCが仲間と文鳥とクラウドファンディングで目指す新作

GO TO “ENDRECHERI” FUNK!!! 新時代のENDRECHERI必聴作品が誕生

GO TO “ENDRECHERI” FUNK!!! 新時代のENDRECHERI必聴作品が誕生

90年代J-POPへ愛をこめて──marble≠marbleが目論む“平成リバイバル”

90年代J-POPへ愛をこめて──marble≠marbleが目論む“平成リバイバル”

堂本光一、遊び心溢れる音楽を詰め込んだ、エンターテイメント・アルバム

堂本光一、遊び心溢れる音楽を詰め込んだ、エンターテイメント・アルバム

プリンス、完全新作アルバム『Welcome 2 America』ハイレゾ配信開始

プリンス、完全新作アルバム『Welcome 2 America』ハイレゾ配信開始

堂本光一、ソロ名義作品が一挙デジタル解禁!

堂本光一、ソロ名義作品が一挙デジタル解禁!

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

Weezer、HR/HM愛を炸裂させた新作『Van Weezer』をリリース!

Weezer、HR/HM愛を炸裂させた新作『Van Weezer』をリリース!

ド派手に笑って、泣いて、歌って!──夢がたっぷり詰まった、“のんとも。M”初アルバム『ショーがはじまるョ!』

ド派手に笑って、泣いて、歌って!──夢がたっぷり詰まった、“のんとも。M”初アルバム『ショーがはじまるョ!』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

この県央(マチ)に作らされて、この県央での生存を歌う──DEATHRO、ニュー・シングル「4D」

この県央(マチ)に作らされて、この県央での生存を歌う──DEATHRO、ニュー・シングル「4D」

生きる“尊厳”を奪われるな! 未来に向かって踊れ!──ソウル・フラワー・ユニオン、新作『ハビタブル・ゾーン』

生きる“尊厳”を奪われるな! 未来に向かって踊れ!──ソウル・フラワー・ユニオン、新作『ハビタブル・ゾーン』

アップデートを繰り返して、さらなる加速へ──Limited Express (has gone?)、新作『The Sound of Silence』

アップデートを繰り返して、さらなる加速へ──Limited Express (has gone?)、新作『The Sound of Silence』

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第3回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第3回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第2回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第2回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第1回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第1回

哀楽をラップする“ダーク・トロピカル”な2人組、OGGYWEST

哀楽をラップする“ダーク・トロピカル”な2人組、OGGYWEST

mekakushe、新作EP『うまれる』──二人三脚で歩んできたアレンジャーとふりかえる“これまで”と“いま”

mekakushe、新作EP『うまれる』──二人三脚で歩んできたアレンジャーとふりかえる“これまで”と“いま”

新たなヒップホップの集合地を目指して──新サービス〈PRKS9〉とは?

新たなヒップホップの集合地を目指して──新サービス〈PRKS9〉とは?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.77 - 2020 GUEST SPECIAL : 浜公氣'S CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.77 - 2020 GUEST SPECIAL : 浜公氣'S CHOICE

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは?   ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは? ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

TOP