2021/12/22 16:00

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー


数多くいるアーティストのなかから編集部がグッときたアーティストを取り上げる新企画〈OTOTOY Search〉。早耳リスナーへ今後さらなる活躍が期待できるアーティストを紹介していた連載〈OTOTOYの「早く時代がついてこい!」〉をバージョンアップし、ショートレヴューとインタヴューで若手アーティストをご紹介していきます。記念すべき第4回は、ソロ・シンガーのSean Oshima。

REVIEW : どんな現実からも目を背けない芯のあるシンガー

文 : 梶野有希

今年ソロ・アーティストとしての活動をスタートしたSean Oshima。1年足らずでシングル6曲をリリース。今年の4月に実施していたクラウドファンディングを自ら行うなど、自身の活動に対しての熱量を持ったアーティストである。そのリターンのひとつで「支援者の希望のお題に合わせて、自身で制作した楽曲のフルコーラスをプレゼントする」というものがあった。そもそもこのクラウドファンディングは、シングル制作のために実施されたのだが、そのリターンがまた楽曲制作という。音楽がよっぽど好きなんだろうと思ったし、すごくパッションがあるアーティストなんだと思った。

そんなSean Oshimaをはじめて知ったのは、「疲れた日の夜に -Hard Day's Night- 」という曲のMVからだった。セッションを聴いているかのような臨場感ある間奏、華やかなブラス・サウンドなどそれぞれのパートが生き生きとするように考えられている楽曲構成がすごく耳に残った。他の作品も、エレクトロ・ロックからゴスペル、ジャズなどさまざまなジャンルを横断した楽曲ばかりで、表情が全く違う。それは彼の強い探究心が故にだと思うが、それが聴き手にも伝わるほどの熱量だからこそ、目が離せないアーティストなのだろう。

疲れた日の夜に -Hard Day’s Night- - Sean Oshima(Official Music Video)
疲れた日の夜に -Hard Day’s Night- - Sean Oshima(Official Music Video)

音の鳴りは違っても、アティテュードは一貫している。彼はどの曲でも「現状から目を背けないで」と常に訴えているのだ。現状を肯定するような優しいエールを送るのではなく、あえて厳しい主張をし続ける。そうやって進むべき道を正してくれるアーティストは貴重な存在だ。なかでも印象的な楽曲は、似たような曲が蔓延る世の中へ一石を投じる「君のバンドが嫌い - I don’t like your band -」と〈金のために曲を書いている〉という歌詞が印象的な「ミュージシャン - Musican - 」。音楽業界に潜む苦悩をアーティスト自身が赤裸々に表現することはすごく意味がある。

ダークで鋭いメッセージは、Sean Oshimaのノンフィクションな表現であり、人としての温かさでもある。次はいったいどんなリアルを音楽にしてくれるだろうか。彼の作る音が今後も楽しみだ。

ミュージシャン-Musician- - Sean Oshima(Official Music Video)
ミュージシャン-Musician- - Sean Oshima(Official Music Video)

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP