2021/10/01 18:00

ファールをホームランに変える、愛と執念のフルスイング──大石規湖 × 谷口健が語る、映画『fOUL』

fOUL

谷口健(G,Vo)、平松学(B)、大地大介(D.)からなる3ピース・バンド、fOUL。bloodthirsty butchersやeastern youthなどともに90年代の日本のオルタナティヴ・ロック・シーンを駆け抜け、2005年にバンドは"休憩"へ。そこから16年、そのオリジナルとしか表現することのできないサウンドがこのたびドキュメント映画『fOUL』として、この2021年に劇場でかき鳴らされている。監督は、〈Less Than TV〉に迫った『MOTHER FUCKER』(2017)、パンク・ロック・バンド、the原爆オナニーズを描いた『JUST ANOTHER』(2020)に続き、長編3作目となる大石規湖。すでに公開中で、"休憩"以前の貴重なライヴ映像を中心に構成され、その内容はすでに一部で話題となっている。現状音源は全て廃盤、サブスクやダウンロードでもほぼ音源が聴くことのできないという、決して広く門戸が開かれているわけではないこのバンドを、なぜ映画として、そして"いま"、作品にしようと思ったのか。監督である大石規湖とバンドから谷口健を招き、fOULへの想いと、活動当時のバンドについて話を訊いた。

映画『fOUL』
映画『fOUL』予告編
映画『fOUL』予告編
・作品情報
出演 : 谷口 健、平松 学、大地大介|監督・撮影・編集 : 大石規湖
音楽 : fOUL|音楽ミックスエンジニア : 二宮友和|音楽ミックス監修 : 今井朋美
宣伝 : 椎名宗之|製作 : 長谷川英行|製作総指揮 : 村上潔|企画・制作 : 長谷川英行、大石規湖
宣伝協力 : ルーフトップ キングレコード配給
・劇場情報
東京 シネマート新宿 2021年9月24日(金) 〜
神奈川 横浜シネマリン 2021年10月23日(土) 〜
北海道 サツゲキ 2021年10月22日(金) 〜
宮城 チネ・ラヴィータ 2021年11月5日(金) 〜 11月11日(木)
愛知 名古屋シネマテーク 2021年10月23日(土) 〜
大阪 シネマート心斎橋 2021年9月24日(金) 〜
京都 アップリンク京都 2021年10月8日(金) 〜
兵庫 神戸アートビレッジセンター 2021年11月20日(土) 〜 11月26日(金)
広島 横川シネマ 順次
福岡 KBCシネマ 順次
鹿児島 Live Heaven 2021年10月8日(金) 〜 10月10日(日)
沖縄 桜坂劇場 2021年11月7日(土) 〜
【HP】
https://foul-film.com/
【Twitter】
https://twitter.com/fOULfILM

INTERVIEW : 大石規湖 × 谷口健

“音楽”の肝は無論その“音”そのものだけれども、鳴らす人の“佇まい”というのも自分にとって魅力的な音楽にさせるなにかがあると思っている。fOULというバンドをリアルタイムで体験することができなかった自分にとって、残された音源とウェブ上に漂っていた僅かな映像だけがこれまでのfOULというバンドの全てだった。それが今回この映画『fOUL』によって、ようやくこのバンドの全てが分かった…いや、むしろ何も分からなかった。映画ではバンドのヒストリーが語られるわけではなく、ひたすらに3人が演奏している映像が繋がれていく。そこに監督である大石規湖のfOULというバンドへの愛と執念のようなものを感じた。このバンドにとって重要なのは“物語”ではなく、その“音”と“佇まい”なのだと。そうした意味でいうと、今回のこの対談はこの映画の意思に対する反則行為かもしれない。けれども、映画まで撮らせてしまうバンドの魅力が一体なんなのか、やっぱり少しでも知りたいじゃないですか!

インタヴュー、文 : 高木理太

映画として大公開になるとは思ってなかった

──大石さんが監督を務めた映画『MOTHER FUCKER』、『JUST ANOTHER』と2作とも観させてもらっていますが、今回の映画が1番ハードコアな映画になってるんじゃないかと思っていて。大石さん自身で撮影している映像はいままで1番少ないですけれど、大石さんが表現したかったエゴが1番出てるような気がしたんですよね。今回fOULというバンドを映画化する上で、どうしてひたすらライヴ映像だけを繋いでいくような構成にしたんでしょうか?

映画『MOTHER FUCKER』予告編
映画『MOTHER FUCKER』予告編

映画『JUST ANOTHER』予告編
映画『JUST ANOTHER』予告編

大石規湖(以下、大石) : 『MOTHER FUCKER』や今作もプロデューサーとして協力してもらっている〈キングレコード〉の長谷川(英行)さんが、私と同じくfOULのライヴにも通われてて、コピー・バンドもやるぐらい大好きな方なんですよ。『MOTHER FUCKER』の上映期間に長谷川さんと話していくなかで「fOULの映画作りましょうよ!」と、この映画を作ることになりました。長谷川さんとfOULの魅力を話していくなかで、このバンドは一言で表現できないものがすごく多いし、どの言葉を形容詞で使っても的確じゃないねっていう話になっていって。だったらfOULの曲の良さだけをただ伝えるだけのものにしようと思って、本当にただそれだけに特化した結果こういう映画になりました。ご本人の前でこういう話をするのも初めてなので恥ずかしいんですけど。

谷口健(以下、谷口) : いや、嬉しいですね。

大石 : 私は〈砂上の楼閣〉の後期くらいにライヴをやっと観れた世代で。インタヴューも多くないバンドだったし、本人たちの人格や生きてきた感じもよく知らないままライヴに行って、ただただfOULの音楽、ライヴっていうものにずっぽりハマって。そこから16年休憩が続いている現在もずっと好きでいつづけたので、バンドの背景というよりもただ音楽、ライヴの良さを伝えられるものを作れば、伝わるものだっていう確信はあった。だからそれが今回の映画になってる。編集前に事実確認のために本人たちにインタヴューをしたんです。それで生活や仲間に対して考えてること、哲学的なところも曲とライヴに全部現れてるなって確認できたってっていうのがすごくあったので、この構成にしました。

──なるほど、健さんをはじめメンバーのみなさんはfOULの映画を作りますっていうのはいつごろ聞いたんでしょうか?

谷口 : いつごろでしたかね…あんまり覚えてないですね。

大石 : 映画を作りたいっていうのは多分話が持ち上がった3、4年前とかにお話していて。2年前の年末にBEYONDSのライヴの終わりにお会いしに行って、「fOULの映画、よろしくお願いしますね。」っていうのを改めて伝えたら「映画!? DVDじゃないの!?」みたいなことをおっしゃってて。「あれ?  伝わってないなこれ…」と思いました(笑)。本気で映画になるって思ってませんでした?

谷口 : そうですね。こんな映画として大公開になるとは思ってなかったです。でもだんだんそれが現実になってきたのは意外な嬉しさですね。びっくりというか。

──実はまだ大石さんがメンバーのみなさんから感想を聞けてないとのことだったんですけど、シンプルに映画を観てみての感想はいかがでしたか?

谷口 : なんか欲が出てくるもので、映像を観てるともっと自分が忘れてるころのライヴを観たいなと思いましたね。映像なんて撮ってなかったころのライヴとか。こんな全開でライヴやってたんだなというのが正直な気持ちですね。自画自賛というかよくこんなライヴやってたなって思います。本当はライヴ1本1本すごい緊張していて、歌詞をちゃんと歌えるかとか、ギター・ソロができるかどうか毎回不安だったんですけど。こういう風に観てもらえるようになったのはよかったなって。残ってた映像はもうガムテープで閉まっていて、公になるなんて思ってなかったんですごく感慨深いというか嬉しいです。

──活動当時も、自分たちの演奏を俯瞰で見ることって無かったですよね。

谷口 : そうですね。特に僕は無かったですね。ベースの(平松)学は真面目なタイプで、1回1回振り返ってそれを観て次に活かすっていうようなことをする人なのでよく「この間のライヴはこうでしたよ」ってよくスタジオで言ってくれてましたけれど。僕は恥ずかしくてほとんど見なかったですね。

──時間を経て、自分たちの演奏を観てみたことで、自分のなかでまたで色々な感情が湧いてきたりはしましたか?

谷口 : すごいあります。やっぱり構成とか歌い回しとか、レコーディングしてたときのことも思い出したし、レコーディングの音源とまた違う演奏の風景っていうのがこんなにあったんだなって。

この記事の筆者
高木 理太 (Rita Takaki)

1993年生まれ、志田未来と同じ生年月日。10代の悶々とした時代にハードコア・パンクを聴いて、グッと音楽にのめり込み、今も悶々としながら日々音楽を掘る日々を過ごしています。お酒はほどほどにしたい。

DEATHRO、OTOTOYオフィスをスタジアムに!?──『up"d"ates』配信記念イベント

DEATHRO、OTOTOYオフィスをスタジアムに!?──『up"d"ates』配信記念イベント

愛と執念のフルスイング──大石規湖 × 谷口健が語る、映画『fOUL』

愛と執念のフルスイング──大石規湖 × 谷口健が語る、映画『fOUL』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.135 再び巡り出す、SAKEROCKの季節

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.135 再び巡り出す、SAKEROCKの季節

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.120 今年の夏も憂鬱なの?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.120 今年の夏も憂鬱なの?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.113 いまの気分でナイアガラ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.113 いまの気分でナイアガラ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.105 ライヴ盤はお好き?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.105 ライヴ盤はお好き?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.99 思い出のスカコア、スカパンク

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.99 思い出のスカコア、スカパンク

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.91 シンプルに最近よかった新譜&リイシュー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.91 シンプルに最近よかった新譜&リイシュー

福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 前編

福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 前編

福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 後編

福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 後編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.85 禁煙の秋、タバコ・ジャケットと向き合う

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.85 禁煙の秋、タバコ・ジャケットと向き合う

やれる限り“ぶっ放し”たい──eastern youth、3年ぶりとなるアルバム『2020』

やれる限り“ぶっ放し”たい──eastern youth、3年ぶりとなるアルバム『2020』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.75 OTOTOYでワーナー作品ロスレス始まりました! 編集部高木の勝手にリクエスト編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.75 OTOTOYでワーナー作品ロスレス始まりました! 編集部高木の勝手にリクエスト編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.68 FINAL JUNKY

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.68 FINAL JUNKY

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.60 おうち時間であぶらだこ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.60 おうち時間であぶらだこ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.52 若手ラッパーが集まる要注目のイベント〈YOUNG PRO〉に遊びに行ってきた

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.52 若手ラッパーが集まる要注目のイベント〈YOUNG PRO〉に遊びに行ってきた

DEATHRO × 藤崎賢一(METALIC/JUSTY-NASTY)──“人間の熱”、それがバンド・サウンドを愛す理由(ワケ)

DEATHRO × 藤崎賢一(METALIC/JUSTY-NASTY)──“人間の熱”、それがバンド・サウンドを愛す理由(ワケ)

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.46 2019年にヤられた1曲

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.46 2019年にヤられた1曲

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.38 今年も重要作品にillicit tsuboiあり、願わくば…

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.38 今年も重要作品にillicit tsuboiあり、願わくば…

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.34 新作リリース記念! 多分王道ではない気がするウィルコ・セレクション

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.34 新作リリース記念! 多分王道ではない気がするウィルコ・セレクション

歌は夜空に消え、人々はまた街に戻っていく──eastern youth、17年ぶりの日比谷野音公演

歌は夜空に消え、人々はまた街に戻っていく──eastern youth、17年ぶりの日比谷野音公演

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.23 もしタイムマシンが使えたら ~フジロック編~

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.23 もしタイムマシンが使えたら ~フジロック編~

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.20 6月は終わっちゃいましたけど…

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.20 6月は終わっちゃいましたけど…

Boris、ポップサイドの帰着点──驚きの〈TRASH-UP!!〉からリリースの新作『tears e.p』を独占ハイレゾ配信

Boris、ポップサイドの帰着点──驚きの〈TRASH-UP!!〉からリリースの新作『tears e.p』を独占ハイレゾ配信

T.V.NOT JANUARYが問う“普通”の意味──新たなサウンドを獲得した3rdアルバム『ふつー』をリリース

T.V.NOT JANUARYが問う“普通”の意味──新たなサウンドを獲得した3rdアルバム『ふつー』をリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.15 祝デビュー30周年! 初期スカパラの“におい“

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.15 祝デビュー30周年! 初期スカパラの“におい“

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.12 新インターン、Sくんに最近のオススメ聞いてみた

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.12 新インターン、Sくんに最近のオススメ聞いてみた

Hei Tanaka、初のフル・アルバム『ぼ〜ん』を〈カクバリズム〉よりリリース!

Hei Tanaka、初のフル・アルバム『ぼ〜ん』を〈カクバリズム〉よりリリース!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.7 ほっかいどうはでっかいどう

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.7 ほっかいどうはでっかいどう

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.3 いEMO(イーモ)のプレミアム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.3 いEMO(イーモ)のプレミアム

俺たちは古墳にUFOを呼びたいんだ──ギターウルフ、自主レーベルから初のアルバム『LOVE&JETT』をリリース!!

俺たちは古墳にUFOを呼びたいんだ──ギターウルフ、自主レーベルから初のアルバム『LOVE&JETT』をリリース!!

【LIVE REPORT】「また1からやり直して始めますよ」──eastern youth、30周年巡業最終公演@渋谷TSUTAYA O-EAST

【LIVE REPORT】「また1からやり直して始めますよ」──eastern youth、30周年巡業最終公演@渋谷TSUTAYA O-EAST

サイプレス上野とロベルト吉野、メジャー1stアルバム『ドリーム銀座』をリリース

サイプレス上野とロベルト吉野、メジャー1stアルバム『ドリーム銀座』をリリース

eastern youth、11年ぶりとなるシングル『時計台の鐘』をハイレゾ配信 & 吉野寿へのインタヴュー掲載!

eastern youth、11年ぶりとなるシングル『時計台の鐘』をハイレゾ配信 & 吉野寿へのインタヴュー掲載!

toe、3年ぶりとなる新作『Our Latest Number』をハイレゾ配信 & ギター、山嵜廣和へのインタヴューを掲載!

toe、3年ぶりとなる新作『Our Latest Number』をハイレゾ配信 & ギター、山嵜廣和へのインタヴューを掲載!

2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)

2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)

過去、現在、未来を繋いで解き放つ──Boris、独占ライヴ音源『eternity』がハイレゾにて配信開始 & インタヴュー掲載!!

過去、現在、未来を繋いで解き放つ──Boris、独占ライヴ音源『eternity』がハイレゾにて配信開始 & インタヴュー掲載!!

Boris、25周年ツアー東京公演の模様を独占ハイレゾ配信決定 & ENDONとの北米ツアー振り返り対談を掲載!!

Boris、25周年ツアー東京公演の模様を独占ハイレゾ配信決定 & ENDONとの北米ツアー振り返り対談を掲載!!

全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!!

全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!!

13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!!

13年の時を経て、再び轟音鳴り響く!!──DMBQ最新作を2週間先行配信 & 増子真二インタヴュー掲載!!

嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!

嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!

インディペンデント・J-ROCK・シーンの雄、DEATHROが両A面シングルをリリース&インタヴュー掲載!!

インディペンデント・J-ROCK・シーンの雄、DEATHROが両A面シングルをリリース&インタヴュー掲載!!

谷ぐち順(Less Than TV) & 安孫子真哉(KiliKiliVilla)によるパンク・レーベル・オーナー対談!!

谷ぐち順(Less Than TV) & 安孫子真哉(KiliKiliVilla)によるパンク・レーベル・オーナー対談!!

CAR10 最新作発売記念!!CAR10 × NOT WONK × SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!!

CAR10 最新作発売記念!!CAR10 × NOT WONK × SEVENTEEN AGAiNによる〈KiliKiliVilla〉3バンド・フロントマン対談!!

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!

堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!

堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!

神奈川県央在住ロック・ヴォーカリスト、DEATHRO待望の1stソロ・アルバムを配信&インタヴュー掲載

神奈川県央在住ロック・ヴォーカリスト、DEATHRO待望の1stソロ・アルバムを配信&インタヴュー掲載

From岡山、ロンリーの2ndアルバムがLessThanTVよりリリース!!

From岡山、ロンリーの2ndアルバムがLessThanTVよりリリース!!

2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLessThanTV主宰、谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!

2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLessThanTV主宰、谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!

1週間先行配信!! 人力ミニマル・バンド、NETWORKSによるミニ・アルバム

1週間先行配信!! 人力ミニマル・バンド、NETWORKSによるミニ・アルバム

西アフリカ発のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる、待望のデビュー作を配信

西アフリカ発のデザート・ブルース・バンド、ソンゴイ・ブルースによる、待望のデビュー作を配信

ハイレゾで配信! the chef cooks meによる、渾身のキラー・シングル

ハイレゾで配信! the chef cooks meによる、渾身のキラー・シングル

グラスゴーの至宝、Belle and Sebastianが4年ぶりの新作をリリース

グラスゴーの至宝、Belle and Sebastianが4年ぶりの新作をリリース

箱庭の室内楽、ミニ・アルバム『Friends』 をハイレゾ配信

箱庭の室内楽、ミニ・アルバム『Friends』 をハイレゾ配信

TOP