2021/06/15 18:00

“続きは続きを続けて行く”──30周年のTOKYO No.1 SOUL SET、いまを吹き込んだ8年ぶりの新作

左から川辺ヒロシ、BIKKE、渡辺俊美

それは不思議な体裁のアルバムで、待望の新曲2曲に加えて初期の代表曲──例えば“黄昏'95”など1990年代の楽曲を自ら再録したアルバムとなっている。ベストともセルフ・カヴァーとも言えそうな、今春にソウルセットが8年ぶりにリリースしたアルバム『SOUND aLIVE』。本作は現在、権利上の理由で廃盤&配信できてない、彼らのクラシックな楽曲たちを、いま現在の彼らが新曲2曲とともに新たな息吹を吹き込んだ、そんなアルバムとなっている。『SOUND aLIVE』はいかにして生まれたのかインタヴューをお届けしよう。

8年ぶりの最新作をハイレゾで


INTERVIEW : TOKYO No.1 SOUL SET

1980年代末〜1990年代初頭のクラブ / DJ / サンプリング・カルチャーが生み出したポップ・ミュージックの新たな波、そのまっただ中から出てきたTOKYO No.1 SOUL SET。川辺ヒロシのマジックとしか言い様のないサンプリング・トラック、渡辺俊美の憂いを帯びたメロディ、そしてBIKKEのロマンティックな語りともラップとも言えそうな独自の歌詞。レゲエやヒップホップといった彼らが影響を受け、手法こそ借りているが、どの音楽とも似ていない楽曲たちが生まれた。1990年代以降の華々しい活動の後でも「フォロワーのいない」アーティストと称されることも少なくない。なぜそのようなサウンドになったのか、誕生、そしてその結成譚は、繰り返し語られているようにパーティの「現場」での出来事。下北沢の〈スリッツ〉を舞台に、この3人が集まって自然発生的にスタートしたという以外理由はないのだ。そしてそんな活動もそろそろ30周年を迎えた。本作もまた、その物語の延長上にある。

新作『SOUND aLIVE』では、サンプリングが生んだ新たな制限が彼らにまさかのバンド・サウンドという道を進ませた。今回は唯一のプレイヤーでもある渡辺俊美に加えて、これまでのライヴでのおなじみのサポート・メンバー、さらには渡辺のリーダー・プロジェクト、THE ZOOT16(以下、本文ではズート)の面々を迎えて生演奏で過去のレガシーをリアレンジ・再録している。ライヴのドライヴ感を帯びて生々しく再生される、彼らのクラシカルな楽曲たち。新曲も含めて、彼らのいまを伝える、そんなアルバムとなった。

インタヴュー・文 : 河村祐介

ライヴ・セットの定番曲を中心に聴ける状態にしたい

本作と同じく〈江戸屋レコード〉リリース時代、1990年代の宣材写真用のフォトセッションより、撮影:KENNY

──今回の作品を作るきっかけを教えてください

渡辺俊美(以下、渡辺) : まず、サブスクとか配信にソウルセット初期の4枚のアルバム『TRIPLE BARREL』(1995年)『Jr.』(1996年)『9 9/9』(1999)『OUT SET』(2005年)がないという状況があって。もちろんCDも廃盤だし。やっぱり聴いてもらいたいから配信もやりたいなと、それでいろいろ調べてもらったらやっぱり出版とか権利の関係でなかなか難しいというのがわかって。だったらリメイクを作ろうよという。さらにスタジオ作業のなかで新曲もできたらいいよねというところでスタートしました。

──30周年の記念作品を作ろうという感じはあったんでしょうか?

渡辺 : 30周年に関して言うと作品というよりも、(コロナの前には)ライヴに関してはなにかやろうと考えていたんですけど、それもなかなか難しくなってしまって。でもそれこそライヴでいつも演奏している曲がいまはなかなかサブスクとかで聴けない状況だったから。ライヴ・セットの定番曲を中心に聴ける状態にしたいなというのはありましたね。

──今回レーベルは最初期のアルバムをリリースしていた〈江戸屋レコード〉ですよね。

渡辺 : 今、ソウルセットまわりを手伝ってくれている清水(利晃)くんはもともと、1990年代、僕らが出していた頃の〈江戸屋〉で働いていて、その後もずっと知っていたんだけど。その後は〈江戸屋〉を離れて他の会社で働いたり、いまは〈江戸屋〉に戻ってきたというところで。作品制作が決まる少し前から、声をかけてソウルセットのライヴなんかのマネージメントをやってもらっていたんですよ。そのへんもあって〈江戸屋〉の社長に相談したら「〈江戸屋〉のスタジオが空いてる時間で良ければ作品を作れるよ、それが良いんじゃない」と言ってくれて。

川辺ヒロシ(以下:川辺) : そう、だから『TRIPLE BARREL』とか『Jr.』やってた頃のスタジオにまた戻ってきたんだよ。スタジオの名前がもともと〈SOUND aLIVE〉で、いまは〈aLIVE RECORDING STUDIO〉という名前で、そこから今回のタイトルに。意味もちょうどおもしろいじゃん。だからタイトルの「a」が小文字なのもそこのスタジオ・ロゴからきてて。

──2020年に制作ということになると思うんですけどコロナの影響は?

渡辺 : ソウルセットは3人でレコーディングしないですからね。3人で会ったのは数えるほどしかない。

──ソウルセットはリレー形式というか、スタジオには一緒に入らず、それぞれが順番に入って音入れとかするんですよね。

川辺 : だからスタジオでは会うとしたら、スタジオの前ですれ違うぐらいの感じ。「これは入れといたから」みたいな話をして終わり。今回はズートのメンバーがレコーディングに入ってもらったり。そのへんはいままでと違ったかな。あとはもちろんハナちゃん(笹沼位吉、ベース)と三星(章紘、パーカッション)というサポートがいて。

渡辺 : やっぱりサンプリングがそもそもいま配信とかできていない問題だったので、そのあたりを生で弾き直すというところが今回の作品でしたね。

ライヴに来てない人には「いまこうなってます」という作品でもある

上記写真と同じのフォトセッションより、撮影:KENNY

──俊美さん率いるズートといつものサポート・メンバーが弾き直すということで考えればはじめてのフル・バンド体制ですよね。

川辺 : そう、(今回の編成で)ライヴやろうと思えばできるんだよね。

──その間BIKKEさんは上がってくるのをまってという。

BIKKE : もちろん。ラップ入れるんで送ってもらってそれを聴いてましたよ。

──新曲はどうやって作ったんですか?

川辺 : さっき俊美くんが言ったように、今回、古い曲を録りなおしつつ、一応新曲もできたらいいなという話はしていて。だから新曲のプロトタイプみたいなのは何曲か進行はしていて。そこから良い感じに仮メロができたんで、これは「いけるんじゃないの?」って急に舵を切った2曲という感じかな。

──“止んだ雨のあとに”はどのように。

川辺 : これは今回、俺がプリプロ的にベーシックなトラックを作って持っていて、それを俊美くんが気に入ってくれて。俊美くんが車とかで聴いててくれて、もうすぐにサビができてたんだよね。あの「BABY BABY~」というのが仮歌ですでにできてた。これはもうこの感じでいけるんじゃないかで、そのまま進んだ感じかな。ちょっと要素を足したり引いたりしながら、歌詞はメロディが全部できてから発注した。

BIKKE : 毎回そうですね。トラックが仮でできてる状態でもらって、そこから作ってる。

──結構、ベーシックのプリプロから変わるんですか?

川辺 : いや、これは似てるかな。この感じでリズムとコードでっていうのはやってて。

渡辺 : ちょっとテンポが早くなったぐらい?

川辺 : この曲はスッとできた気がするね、意外と。

──アルバム制作の中ではどのくらいの時にできたんでしょうか?

川辺 : 1曲目は最初の方だよね。

渡辺 : そうそう。仕上げだけ最後だけどね。わりと形は最初から出来てたんだけど、もうちょっとおもしろくしたいねということでいじっていて。

川辺 : 今回はアルバム1枚まるっと新曲10曲と向き合うのとは全然違うからね。基本がある曲、それを練り直すのはわりと得意だと思うから。そこに新曲が2曲加わったという感じで。

──もうひとつの新曲“Let's Get Down”はどのように?

川辺 : これもバックトラックはずっとあって。実は『Jr.』ぐらいからある。いつか使えればなと。でも、そういうトラックは実は何曲もある。今回の“Let's Get Down”は、そういうストックから俊美くんが選んだんだよね。寝かしてたといってもループだけあって、そこにある日、BIKKEがスタジオに入って、そのトラックに仮歌を入れてて。それがすごい歌っぽいんだけど、いままでにない感じの新しい形だったから「これはもういけるな」って完成させていったという感じかな。

──新曲2曲以外は、冒頭のように原盤の関係で弾き直して、録り直すというプロセスだったわけですけど。でも、わりと原曲に忠実なものもあれば、アレンジが結構変わっているものもありますよね。ベーシックはライヴ用のトラックみたいなものが下地にありという感じですか?

川辺 : そうそう。「BOW&ARROW」は長年ライヴをやってるうちにこの速いBPMになってしまって。長年ライヴでやっているのコッチだから、僕らはオリジナル(『9 9/9』)を聴くとすごく遅く感じると思う。でも、いまライヴに来てない人は逆に知らないから。それを「いまこうなってます」という感じ。

──過去の曲を録ってて当時のこととか思い出します?

川辺 : いや、思い出すもなにもそのまま〈SOUND aLIVE〉で録ってるからね(笑)。でも制作以外のいろいろはすっごく思い出すよ。昔はスタジオでの無駄な時間が多かったなとか。(制作の仕組みが)よくわかってなかったからスタジオ代なんてどこからか湯水のようにお金が出ているとか思ってたからね。でも当時のエンジニアはわいそうだったかも。俺が作業終わると俊美くんが歌入れにきて、そのあとにBIKKEが来てという感じだったから、エンジニアは帰れないよね。だからエンジニアが卓とブースの間に布団敷いて寝てた(笑)。

渡辺 : 「風呂入りに帰ります~」ってやっと帰ってたね(笑)。

川辺 : そもそもその日できたラフ・ミックスのダビングだって時間かかってたから。

渡辺 : それぞれカセットに落としてたからね。

川辺 : そりゃ時間かかるよ。スタッフ合わせて、5人分の音源持って帰るのに、ダビングする機械が3台しかないから……。いまのやりかたからすると「あの無駄な時間はなんだったろう」って。レコーディングされた音源と同じ実時間がダビングに費やされてた思うと。当時はMacにしても不安定だったし。今はその日のスタジオ作業終わったらすぐにファイルで音が送られて来るけど。そういう待ちの無駄な時間がないから、いつまでもスタジオにいなくていいからすぐに帰れる。

渡辺 : 当時は「今日録ったの頭から聴きます?」とか言われても「やだよ~」ってなるよね。

元のサンプルに、演奏を寄せていくのか寄せないのかというのがあって

こちらは1990年代に使っていたアーティスト写真、撮影:KENNY

──さきほど出てきたズートのメンバーがレコーディングするというのはやはり俊美さんのアイディア? 以前、例えば『OUT SET』の頃は俊美さんがドラムなんかも弾いていたと聞きましたが。

渡辺 : そうですね。自分で弾くという選択肢もあったと思うんですけど。今回制作する上で全体的にひとつ方向性としてあったのは、もともとのオリジナル、元のサンプルに、演奏を寄せていくのか寄せないのかというのがあって。自分の癖もあるので、寄せて作る方が自分も慣れてるしやりやすいんだけど、せっかくリメイクするなら新しい人の音が欲しいなと。実際僕よりもベースの子の方がギターうまいしって言う、うまさでいったらそう言うところなんですけど。今回は、まずは録ってみて、それをヒロシ君に聴いてもらってジャッジしていきましたね。「ちょっと違うな」ってなったら、「この曲はハナちゃんに弾いてもらう」とか。自分のギターは自分の裁量でやりましたけど。

川辺 : 今回ベースをやってもらった高橋トムは、マコイチ(高橋一、思い出野郎Aチーム)の高校の先輩で、マコイチが言うには、当時高校の頃からスタジオ・ミュージシャンとかやってて有名だったみたい。

渡辺 : お父さんが有名なギタリストで。さらにトムのベースの師匠は、細野晴臣さんとかのツアーでサポートしていたベーシストみたいです。ただやっぱりね、ハナちゃんのベースは特別なんだよね。

──これまでも生ベースが入るときはライヴもレコーディングも基本、ソウルセットは笹沼さんというイメージがありますが。

渡辺 : そうですね。

川辺 : レコーディングの仕方も独特だからね。

渡辺 : 普通はヘッドフォンしてスタジオの別室のブースで弾くというのが普通だと思うんだけど、ハナちゃんはヘッドフォンしないの。そうじゃなくて、スタジオのミキサーのところにあるラージ・モニターで爆音にして、そこで弾くんだよ(笑)。もう、ずっと爆音で引き続けるから。

川辺 : そんなレコーディングするべーシスト、聞いたことないよ。

渡辺 : しかも短ければいいんだけど、これがめっちゃ長いんですよ。

川辺 : すごい細かいんだよね(笑)。

渡辺 : サンプリングして修正するよってもちろん言ってるんだけど、細かく納得いくまで最後までやるんだよ。もう低音がすごくて、みんなこんな顔(眉間に皺を寄せて)聴いている。

──それは昔からなんですか?

渡辺 : 今回やってくれたエンジニアの子が若いんですけど、その子がそんなレコーディングの仕方ってはじめてなんでしょうね。もう長いし、逆に気持ちよくなって寝てましたからね(笑)。

──基本的にアレンジとか、ジャッジを川辺さんがという話がありましたが全体の指揮も?

川辺 : いや割と俊美くんから入れたものをボンともらう感じで。特に“JIVE MY REVOLVER”とか「これ何? 初耳なんだけど」っていうようなアレンジが出てきて。スタジオで入れ替わり作業してるから、勝手に俊美くんがいろいろやっててくれて、スタジオに行って聴いてみると、もう本当に最初は「えっ?」ってなるぐらいいろいろやってて、でも聴いていくうちに「こっちの方がいいかもな」って。

渡辺 : 俺も実はやりながら「ここまでやって大丈夫かな?」とは思ってたけど(笑)。この前の11月にライヴやったんだけど、そのアレンジではじめてやった時に「お、コレでいいんじゃない」という手応えもあって。

川辺 : でもあのオリジナルに入ってたホーン・アレンジが途中に入ってきて、しかも別のネタのホーン・アレンジがくっついて入ってくるというのは思いつかないからね。よく思いつくなと思うったよね(笑)。

渡辺 : もうね、なんかやけくそでしたね(笑)。正解がわかんないんだよね。元の楽曲があるだけに一番難しい。だけどリミックスとは違うじゃないですか。

──わりとBIKKEさんはおふたりの音の制作のやりとりを一番はじめに客観的に見ている立場にいると思うんですが、今回どうでしたか?

渡辺 : さすがにもうBIKKEもちょっとやそっとじゃおどろかいないでしょ。

BIKKE : やっぱりリミックスみたいな感じでもないし、いわゆるセルフ・カヴァーとも違う再録だし、改めてリミックスみたいな作り方を目指してやれば違った方向性になったんでしょうけど。でもそこに対して、なにか新しいチャレンジをもちろんしつつってことだから、難しいなとは思うよね。

川辺 : 普通はこういうのって難しく考えるもんなんだろうけど、そこはもう俊美くんは考え込む前に「やっちゃう」。それがソウルセットでよくあることで、そこに対しては俺らは慎重ではないから。

──それがソウルセットのある時期からの変わってない作り方ってことですよね。

渡辺 : もうね、抜き放題(笑)。

川辺 : もう俊美くんがたくさん入れた楽器のトラックを抜くのが楽しいというか(笑)。もう俊美くんは山盛りだから。100トラック突っ込んであって、最終的に20トラックを使うという感じかな。

渡辺 : ソウルセットはそれでOKなんです。

──そこはずっと変わらずという。ズートといつものサポート系のアーティストを除くとYOUR SONG IS GOODのJxJxさんが“否応なしに”参加してますよね。

川辺 : あの曲はJxJxとか、あとはMU-STARSの藤原ダイスケとかも好きみたいで。会うと「あのサンプリング、ちょっとサックスが入ってますがわざとですか?」みたいなことを聞かれてて(笑)。JxJxはDJとかでもかけてくれていて、前にライヴ用のインスト盤とかもあげてたんだよね。そうやって好きなのは知っていて、さらにもともとのサンプル元も好きみたいだし。だったらもうオルガンだし、アイツしかいないという感じでお願いして。なんかレコーディングのとき「アレをやりますか……」って震えたらしいよ(笑)

──さらに“SALSA TAXI”(原曲はシングル「ヤード」収録、原曲はクボタタケシの英語のナレーション的な語りが入っている)は、新しいラップ・パートがあって登生(トーイ)さんなんですね。ぎぎぎのでにろう名義で。

川辺 : 最高でしょ、俊美君の20年前の声みたいなんだよね。もう少し幼くて、中性的……でもやっぱり似てるんだよね。

渡辺 : 仮でなにかを入れてという感じでやってもらって。もともと“SALSA TAXI”はBIKKEのラップが後半しかなくて、もう少し曲を伸ばしたい感じもあって、「こんな感じでなにか新しく入れてくれない?」ってBIKKEにオファーしようとしてトーイに作ってもらった仮歌なんですよ。そしたらやつが本気だして入れてきたんだよ(笑)。結果「これでいいんじゃないの」ってことになって。前にも(森山)直太朗の曲をプロデュースしたときに、息子に仮のラップを入れさせたら、そのときも直太朗が「これでいいんじゃないの?」って話になって、その曲は鎮座(ドープネス)と一緒に入ってる(森山直太朗「話がしたい」)。それと同じパターン。

川辺 : トーイ、いま『ヒプノシスマイク』の仕事でノッてるみたい。もともと“黄昏'95”の最初のガヤの赤ん坊の声がトーイ。

渡辺 : もちろん『Jr.』はもろにだし。

川辺 : だからあのスタジオで録音するのは2回目なんだよ(笑)。本人1回目覚えてないだろうけど。25年ぶりとかで。

初期の若い頃の歌詞に振れて思ったことがあって

前掲載の写真のフォトセッション、撮影:KENNY

──例えば最近のビンテージ・ソウルみたいな、あえて昔のアナログなサウンドを目指すみたいな音ってあるじゃないですか。サンプリングの元ネタの弾き直しというところで、そっち方面に音作りとして寄せるみたいなことはしなかったんですね。

川辺 : 最終的に今回はバンド・サウンドっぽくなったから、いまの音にしようって。元がヴィンテージな音だから、そっちには持って行かず、生のもう少しいまのバンドの音にしようって。それはなにかを考えたというよりも勢いだよね。“JIVE MY REVOLVER”とか“BOW&ARROW”をレコーディングしはじめたときに「もうこっちだな」っていう。

──冒頭でも言われてますけど、やっぱりライヴのアレンジに引っ張られている感じはあるんですね。

渡辺 : そうですね。

川辺 : “黄昏'95”はラテン・クォーター(DJ、トラックメイカー)が勝手に作ったエデットがあるんだけど、その構成をまるごといただいた(笑)。あのイントロとかリズムの打ち方がおもしろくてそのまま。

──それでクレジットが入ってるんですね。サンプル・ループで作った曲を、また他人のDJがリエデットして、それをさらにバンドで演奏し直すってなんかすごいですね。

川辺 : そうそう。

──ライヴでずっとやっている曲ですが改めてそれぞれ触ってみてどうですか?

川辺 : ほぼ初期の作品、それこそ26年前とかに自分たちが作った作品が、その言葉の力がまったく古びてない、それがすごいなと。当時の時代感がそこにはないというか。

BIKKE : いやぁ、でもまあ新曲に関してもなんですけど。割と初期の若い頃の歌詞に振れて思ったことがあって。普通はたぶん、それなりに歌詞も成長したり大人っぽくなっていくと思うんですけど、でも、なんか、自分が作るものはいまも若いというか、中2みたい感じなんで(笑)。わりとテイストが似ていると思ったんですよね。当時作った歌詞の雰囲気といま作った曲も近いものがあると言うか。前に一時期は「大人になる、大人を気取っていないといけない」と思ったいたときもあったんですけど、だんだんそういうものは面倒で嫌になってしまって。結局「俺はそうはなりきれない」と、そういうことがわかってなかったと(笑)。

──諦めというか、そのままで良いというのが受け入れられたというか。

BIKKE : なんというか、ネット社会の感じも関係あると思うんですが、昔は大人の付き合いできないと仕事とか成立できない感じだったけど、いま自分たちで勝手にやっていろいろ世には出せるし。そういうことも関係ないかなって感じがするんですよね。おもしろいかおもしろくないか、それだけですし。昔は大人の言うこと聞かないとCDとかアナログとか作れなかったからね(笑)。

──たしかに。

BIKKE : いまはさらに自由で、そういう時代で自分の感覚的にもそうなってるのかなっていう。そういえば、できたら俺のパートとか完全に若い子にやってもらったらおもしろいなと思ってて。ほら、ソウルセットは誰もカヴァーしてくれないからさ(笑)。

川辺 : ああ、自分たちがプロデュ―スしてってことか。

BIKKE : そう、俺らやらないで(笑)。

川辺 : トラックを指しだして、コレで遊んでくれと。

BIKKE : 俺もおっさんになったからわかるんだけど、俺みたいな若い奴がいたら、ざわってすると思うし、というかとっくにいると思うんだけど、そういうひとたちと混ざれるかなと。

渡辺 : BIKKEはBIKKEで、ヒロシくんはヒロシくんでとかそれぞれのパート選んでやってもらったらおもしろいかもね。

BIKKE : 曲ごとに変えてもいいと思うし、人選変えたりとかね。いや、いま笑ってますけど、もう俺らも数年後は笑えない体調になってたりとかしているかもしれないからね。

渡辺 : 「俺、ギター弾けないよ」とかね(笑)。

BIKKE : そうなんだよ、意外と笑いごとじゃないからね。10年語のソウルセットなんて。若い子にやってもらったらいいと思う。俺らもやるけど、そっちもやるというね。

まだやれてないやり方はあったなとは思ったよ

こちらは現在の写真

──今回コロナじゃなかったら30周年でやろうとしてたこととかあったんですか?

渡辺 : ライヴはやろうと思ってたよね。あとはアーカイヴの展示をちょっと考えてて、今準備してます。いままでのソウルセットの写真とかグッズなり資料を集めてるんで、そういうのを見せられるといいなと。単にライヴというよりかはこれまでの歴史的なものを見せたいなという感じですね。グッズは僕もだいたい持ってるので、そういう展示は節目としてはいいのかなと。しばらくコロナは続くと思うので、ライヴは状況によってキャンセルになったりするけど、ある程度の期間で見れるようになっているといいかなというか。

──ひさびさに3人で作ってみていかがでしょうか?

川辺 : まだやれてないやり方はあったなとは思ったよ。

──さっきも出てきましたがズートのメンバーに手伝ってもらえれば、フル・ライヴのバンドもできるということですよね。

川辺 : そうなんだよね。どんどん参加する人が増えていくっていうのもやろうと思えばやれるんじゃないかな。

──ターンテーブルというかDJブースと前におふたりというスタイルがもちろんソウルセットの真骨頂というかオリジナル・スタイルの由縁でもあると思いますが。

川辺 : そう、でもDJブースと最小限で狭いところでもできるし、ゲストを呼んで広いところでもどっちでもできるような感じではやりたいよね。そういうの面白いと思うし。

渡辺 : あとはビルボードみたいな座席があるところでやりたいですけどね。メインのお客さんもそれなりに歳いったと思うので、だから座って見てもらう(笑)。そこから楽曲にもアレンジとかで生まれるものもあるかもしれないし。とにかくやってないことはやりたいなと。

BIKKE : 作品で言えばさっき言ったように知らない世代にカバーしてもらいたいかな。というのは本当に死ぬ前にやっといたほうがいいなと最近思っていて。あとライヴはいま状況がちょっと厳しいですけど、いままでのスタイルに加えて、さっき出たように今後は楽器も増やして、エンジニアに音を加工してもらったりとかも含めていろいろアレンジにさらに幅があったら楽しいかなと。と言いながら、ソウルセットはこのあとこういう話は1回も出てこないだろうからどうなるかわからないですけど(笑)。

編集補助 : 津田結衣、安達瀬莉

LIVE INFORMATION

無観客配信ライブ 「SHIMOKITAZAWA ZOO」@CLUB QUE開催決定!!
実に7ヶ月ぶりにライヴが決定! 今回は〈CLUB QUE〉にて行われるライヴを、無観客で配信ライヴ!

TOKYO No.1SOUL SET/無観客配信ライブ
「SHIMOKITAZAWA ZOO」@CLUB QUE
2021年6月25日(金)
開演: 20:00 配信 :¥3,000
●配信チケット購入ページ
購入ページはコチラ
https://clubque.bitfan.id/events/927
購入期間:6/2 19:00~6/25 20:30(アーカイブなし)
info : QUE 03-5433-2500

INFORMATION

原田郁子(clammbon) ヴァージョンを収録した「止んだ雨のあと」を7インチ!

RSD限定で7インチ「止んだ雨のあとEP」発売決定! 『SOUND aLIVE』から、新曲「止んだ雨のあと」を7インチ・シングル・カット!オリジナル・ヴァージョンとAA面には、本作用にヴォーカルに原田郁子(clammbon) を加えてレコーディングされた新たなヴァージョンも収録。

Record Store Day詳細はコチラ公式サイトへ
https://recordstoreday.jp/

アルバム『SOUND aLIVE LP』リリース決定

7年ぶりとなったアルバム『SOUND aLIVE』が、12インチ2枚組LPとしてもリリース決定。リリースは7月21日を予定。新曲2曲と今回新たに取りなおされたソウルセット・クラシックによる16曲に加えて、上記7インチに収録される予定の「止んだ雨のあと(原田郁子(clammbon) on vocal)」を加えた全17曲収録。

詳細・ご予約は下記、ディスクユニオン販売サイトにて
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008303668

PROFILE

TOKYO No.1 SOUL SET

左から川辺ヒロシ、BIKKE、渡辺俊美

BIKKE(写真右:ヴォーカル)
渡辺俊美(写真中央:ヴォーカル&ギター)
川辺ヒロシ(写真左:DJ)

1990年当初結成。フォロワーが存在しない奇跡のオリジナル・バンド。
現在までにシングル15枚、アルバム8枚、その他ライヴ、ベスト・アルバムなど多数リリース。
独自のトラックにメロディアスなヴォーカルとトーキングラップが交差する唯一無二のサウンドスタイル。2020年結成30周年を迎えた。^
■TOKYO No.1 SOUL SET
■公式ウェブ
https://t1ss.jp/
■公式Twitter
https://twitter.com/t1ss19_official
■公式Instagram
https://www.instagram.com/t1ss_official/

この記事の筆者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.125 ジャパニーズ・テクノの涼やかなサウンドを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.125 ジャパニーズ・テクノの涼やかなサウンドを

30年のTOKYO No.1 SOUL SET、いまを吹き込んだ8年ぶりの新作

30年のTOKYO No.1 SOUL SET、いまを吹き込んだ8年ぶりの新作

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.115 ジャングル狂想曲

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.115 ジャングル狂想曲

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.109 メジャー系ダンス・リミックスの世界

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.109 メジャー系ダンス・リミックスの世界

ポスト・サブカル焼け跡派のパースペクティヴ──パンス(TVOD)インタヴュー

ポスト・サブカル焼け跡派のパースペクティヴ──パンス(TVOD)インタヴュー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.101 ディープ・ハウスを聴け!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.101 ディープ・ハウスを聴け!

狂おしいまでの音楽愛に導かれた、伝説の日本人ラテン・シンガーによる半生記──『YOSHIRO 〜世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手〜』

狂おしいまでの音楽愛に導かれた、伝説の日本人ラテン・シンガーによる半生記──『YOSHIRO 〜世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手〜』

いま、ここでも未来で鳴る音──『カン大全──永遠の未来派』──オトトイ読んだ

いま、ここでも未来で鳴る音──『カン大全──永遠の未来派』──オトトイ読んだ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.92 チルでアンビエントなオウテカ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.92 チルでアンビエントなオウテカ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.86 追悼:バニー・リー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.86 追悼:バニー・リー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.80 夏の終わりのギター・アンビエント

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.80 夏の終わりのギター・アンビエント

REVIEW : 電気グルーヴ「Set you Free」

REVIEW : 電気グルーヴ「Set you Free」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP