2021/04/30 18:00

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

西村中毒バンド

渚のベートーベンズのメイン・コンポーザー、ラッキーオールドサンらのサポート・ドラマー、宅録音楽家など多くの肩書を持つ京都のアーティスト・西村中毒が歩んできた道のりと、4月28日にリリースされた西村中毒バンドのデビュー作ができるまで、そしてその過程で形成されたアーティスト像についてインタヴューしました。


彼らが所属する〈NEWFOLK〉のクロス・レヴューと、主宰者・須藤朋寿への20の質問のページはこちら!

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

INTERVIEW : 西村中毒

西村中毒という名前にピンとこなくても、例えばラッキーオールドサンのライヴで、主に関西公演においてドラムを叩いているノッポの男のことを覚えている人もいるだろうか。あるいは、全員が作詞作曲を手がけメイン・ヴォーカルを取る京都のバンド、渚のベートーベンズのメンバーとして自ら歌う姿を見たことがある人もいるかもしれない。京都の秘宝とも思えるそんな西村中毒が、西村中毒バンドでいよいよ正式デビューを飾った。デビュー・アルバムは『ハローイッツミー』。タイトルから想像できるかつてのトッド・ラングレンさながらのポップ・フリークスの登場を告げる素晴らしいアルバムだ。

尤も、西村のキャリアは10年ほどにのぼる。イギリスなど海外ツアーも行ってきたビートバンド、メイフラワーズをキャリアの出発点に、ジャップ・カサイなど地元京都のシーンで様々なバンドに関わりながら、時には弾き語りで、時にはバンドでライヴを重ねてきた。自作の曲をサウンドクラウドにアップしたりデモ音源を自主制作で発売したりもしてきたが、ここにきてようやく機が熟したと言ってもいいのだろう。『ハローイッツミー』には、京都に、いや、日本にこういうソング・ライターがいるのだということを世に知らしめるにふさわしい、ロマンティック&メランコリックなポップ・ソングが並んでいる。西村のレパートリーで、渚のベートーベンズとして発表した「雨はひとひら」という曲にノックアウトされてからというもの、この人の持つ、さりげない奥行きとヒューマニズムを持った曲を、一つ一つ大切な宝物が詰まった箱を開けるように味わってきた。この『ハローイッツミー』というアルバムに対しても、そういう気持ちは全く変わらない。ただ、もっと多くの人とその感覚を共有できることがとにかく嬉しい。

そう、西村中毒の曲は、人知れずこっそり夜中に味わいたいと思わせる一方で、もっと誰か一緒に楽しもうよ! と叫びたくなるような曲でもある。ウェルメイドだけど、そこにイヤなプライドは一切ない。このインタビューを読んでくれたあなたと、そんな気持ちを分かち合えたら幸いだ。

インタヴュー&文 : 岡村詩野

創作意欲が鬱積していた

ー西村さんのことを知っていたつもりだったので、今日はとことん伺いたいと思います。

西村中毒(以下西村):(笑)NGなしなんでなんでも聞いてください。

ー生まれは?

西村:1989年京都市生まれです。以来、ずっと京都です。他の場所に住んだことなくて。ずっとこの辺……西院(さいいん/京都市右京区)なんです。西院小学校、西院中学……と、もうずっと西院(笑)。

ーじゃあ、西村さんも普段出入りしている馴染みのライブハウス〈ネガポジ〉が丸太町から西院に移転したりもして、ますます西院から離れなくなりましたね。

西村:そうなんですよ。

ー楽器の遍歴をおしえてください。

西村:15、6歳の時にアコースティック・ギターとエレキ・ギターを、16、7歳くらいからドラムをやり始めました。そこからしばらくはずっとドラムをやっていた感じです。ギターを弾き始めたのは、当時、BUMP OF CHICKENが好きだったことがきっかけです。ギターのコード譜みたいなのを買って弾いたりしていました。その頃はSlipknotみたいなハードな音楽も好きになって、メロコアとかもよく聴いていました。ドラムに関しては高校の軽音楽部に入っていて、そこで仲の良い友達たちとバンドをやろうということになった時、ドラマーがいなかったので僕が回ったって感じです。ドラマーあるあるです(笑)。ただ、やってみたらとても楽しくて。そこからドラムを中心にやるようになりました。

ー曲を作り始めたのもその頃ですか?

西村:いや、もう少しあとで、大学の時です。パソコンのフリー・ソフトを使って作り始めました。ポップス寄りのものを聴くようになったことがきっかけだったと思います。20歳になってからのことなんですけど、XTCの『オレンジズ・アンド・レモンズ』(1989年)に出会って。もちろん、もとからThe Beatlesとかも好きでずっと聴いていたし、ポップな音楽も自然と聴いてはいたんですけど、こういう音楽を自分でも作りたいなと思った、自覚的にそういう気持ちになったのはXTCとの出会いが大きかったですね。もちろん後追いですけど。

ー時期的に言えば2010年代に入った頃ですよね。どういういきさつでXTCに夢中になったのでしょうか。

西村:当時参加していたバンドのメンバーに教えてもらったんです。当時、僕はメイフラワーズというバンドのドラマーをやっていて。リーダーの里山(理)さんがそういうポップスが大好きな人なので、いろいろ教えてもらいました。

ーメイフラワーズ自体は京都を拠点に長く活動しているビート・バンドで、海外ミュージシャンの来日公演のフロントアクトをつとめたり、イギリスなどの海外ツアーもやっているくらいのキャリアがありますが、そこにいきなり西村さんが加入することになったのはどういう流れがあったからなんですか?

西村:これ、結構おもしろい話なんですけど、僕が大学を中退して、音楽をもっとちゃんとやっていこうって思っていた頃、ひとりでスタジオに入ってドラムの個人練習をしていた時にいきなり里山さんたちがブースに入ってきて。「今、ドラムを探してるんだけど」って(笑)。「一緒にやってくれないか」と。

ースカウトされたと。

西村:驚きますよね。僕はメイフラワーズを知っていましたし、その時点で10年くらい活動していて実績もあるバンドで。僕自身、どういう方向でやっていこうかなってまだ決めかねていたところもあったので、そうやって誘ってくれたのは嬉しかったですね。結局、2010年に参加して、2012年の末くらいまで在籍していました。海外ツアーも行きました。海外ツアーも行って、ロンドンとリバプールでライヴやりましたよ。

ーいきなりグローバルに活動!

西村:やっぱり楽しかったですよ。音楽の根付き方が日本とは違って、パブとかでいろんなバンドが演奏しているし、カラオケで20歳くらいの女の子がビートルズを歌ったりしていて……ああ、違うなあって思いましたね。日本で20歳の女の子がそういう昔の音楽を歌うって、なかなか想像できないじゃないですか。価値観の違いというか、衝撃がありましたね。ちゃんと曲を作り始めたのもメイフラワーズに加入してからでした。リーダーの里山さんが「曲作ってみなよ」って言ってくれて。それをきっかけに書いて、世に出たのがメイフラワーズ「You Only Said」(『Plymouth Rock』2012年)という曲です。僕はまだそこでは歌っていないんですけど、僕が最初に参加して発表されたアルバムに曲を提供させてもらえて……しかもアビーロード・スタジオでマスタリングされた作品っていう。

ーいきなり国際派!

西村:嬉しいですよね。そういうわけで、メイフラワーズでの活動、里山さんはじめメンバーからの影響はすごく大きかったんです。2年間、メイフラワーズのドラマーとして活動していたんですけど、自分で曲をもっと作って自分で発信していきたいと思うようになってきて……やりたいと思うことが見えてきたんですね。創作意欲が鬱積していたんで(笑)。メイフラワーズでそれをやるのは少し違うな、というのもあったし、100%自分がやりたいようにやってみたいと。なので、そこから宅録をちゃんとやってみることにしたんです。

ーただ、その頃、江添恵介さんらと渚のベートーベンズを結成していますよね。メンバーが曲を書いて自分で歌う、というコンセプトのバンドをやるということは、結構ガッツリと関わることでもあり、自身のソング・ライティングをより磨いていくことにもなるわけですが。

西村:そうですね。江添さんとは20歳くらいの頃に既に会ってるんです。僕は当時ジャップ・カサイというバンドもやっていて、江添さんがやっているファテリア・バンドと対バンをしたんです。ヤバいバンドがいるな、とは思っていました。その後、僕はメイフラワーズをやめて宅録を始めてはいたんですけど、弾き語りでもライヴをやりたいと思い始めてもいたので、〈ネガポジ〉にデモを持っていって聴いてもらったんです。まあ、正確に言うと、〈ネガポジ〉主催の花見に参加して、親しくなったんですけど(笑)。で、ちょうどその頃、江添さんはベートーベンズの構想を練っているところだったみたいで。各パートが曲を書き、ヴォーカルもとる、というコンセプトですね。江添さんは〈ネガポジ〉でPAもやっているので、毎日そこに出演しているバンドをチェックしながら、誰かいいメンバー候補いないかな……と探していて、そこにちょうどドラマーとして僕が抜擢される、という流れなんです。2013年末くらいの頃ですね。弾き語りではギターしか弾いていないんですけど、前に対バンをしたジャップ・カサイでドラムを叩いていたのと、デモ音源でも自分でドラムを叩いていたので。それで、曲も書けるし、ドラムも叩けるし……って感じで気に入ってくれたみたいです。

この記事の筆者
岡村 詩野

音楽評論家/ 音楽メディア『TURN』(turntokyo.com)エグゼクティヴ・プロデューサー/ 京都精華大学非常勤講師/ オトトイの学校 内 音楽ライター講座(https://ototoy.jp/school/ )講師/ α-STATION(FM京都)『Imaginary Line』(日曜21時〜)パーソナリティ/ 『Helga Press』主宰/ Twitterアカウント ▶︎ @shino_okamura / Instagram ▶︎ shino_okamura

音楽をやっている理由を考え直そうじゃないかと──カネコアヤノの『よすが』はいずこに

音楽をやっている理由を考え直そうじゃないかと──カネコアヤノの『よすが』はいずこに

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

「アメリカ音楽」に魅了され続けた“タンテ”が提示する新解釈

「アメリカ音楽」に魅了され続けた“タンテ”が提示する新解釈

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

アジア・インディー・ロック大研究!!! OTOTOY的ディスク・ガイド

アジア・インディー・ロック大研究!!! OTOTOY的ディスク・ガイド

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

【ハイレゾ配信】4年半ぶりの前野健太、待望の新作『サクラ』

【ハイレゾ配信】4年半ぶりの前野健太、待望の新作『サクラ』

キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信

キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信

スカート、メジャー・デビュー作『20/20』をリリース & 岡村詩野によるロング・インタビュー掲載

スカート、メジャー・デビュー作『20/20』をリリース & 岡村詩野によるロング・インタビュー掲載

【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ

【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

SECOND ROYAL RECORDSからSeussがデビュー・ミニ・アルバムをリリース&リード曲をフリー・ダウンロード!

SECOND ROYAL RECORDSからSeussがデビュー・ミニ・アルバムをリリース&リード曲をフリー・ダウンロード!

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

ムーンライダーズの鈴木慶一が新バンド、Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)を結成!

ムーンライダーズの鈴木慶一が新バンド、Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)を結成!

カジヒデキ『Sweet Swedish Winter』

カジヒデキ『Sweet Swedish Winter』

Controversial Spark待望のファーストフルアルバム配信開始!

Controversial Spark待望のファーストフルアルバム配信開始!

倉内太の新作、岡村詩野によるインタヴューを追加掲載!

倉内太の新作、岡村詩野によるインタヴューを追加掲載!

SWANS、2年ごしの新作は2枚組2時間越えの大作!中心人物へのマイケル・ジラへのインタビュー

SWANS、2年ごしの新作は2枚組2時間越えの大作!中心人物へのマイケル・ジラへのインタビュー

アジカン後藤正文こと"Gotch"、ソロ・アルバムがハイレゾで登場

アジカン後藤正文こと"Gotch"、ソロ・アルバムがハイレゾで登場

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

藤井洋平『Banana Games』を配信開始 & インタヴュー

藤井洋平『Banana Games』を配信開始 & インタヴュー

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

Fold Music 『山々よ容喙するな』配信開始

Fold Music 『山々よ容喙するな』配信開始

NRQ 待望のアルバムを配信開始! 対談:牧野琢磨×佐藤薫

NRQ 待望のアルバムを配信開始! 対談:牧野琢磨×佐藤薫

岡村詩野コンピレーション・アルバム『radio kittenコンピレーション vol.2』

岡村詩野コンピレーション・アルバム『radio kittenコンピレーション vol.2』

folk enough『Exit』レビュー

folk enough『Exit』レビュー

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

虚弱。『孤高の画壇』HQD(高音質)音源で先行配信!

虚弱。『孤高の画壇』HQD(高音質)音源で先行配信!

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

ムーンライダーズ 活動休止前のラスト・アルバム『Ciao』リリース

ムーンライダーズ 活動休止前のラスト・アルバム『Ciao』リリース

ムーンライダーズ 無期限活動休止を発表

ムーンライダーズ 無期限活動休止を発表

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

在日ファンク『爆弾こわい』配信開始!

在日ファンク『爆弾こわい』配信開始!

この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

TOP