2021/04/10 18:00

〈電音部〉が仕掛ける未来のイベント体験の形──「新たなカルチャーとの遭遇体験」は次のフェーズへ

バンダイナムコエンターテインメントが仕掛ける本格的なダンスミュージックを中心とした、音楽原作のキャラクタープロジェクト〈電音部〉。2020年のスタートから音楽とテクノロジーを融合させ、新たなコンテンツとの出会いを提供しているこのプロジェクト。今回OTOTOYでは、〈電音部〉が今後どのような展開をしていくのか、プロデューサーの石田裕亮氏と松田悠太郎氏にインタヴューを実施。さらには、2021年3月27日に行われたイベント〈電音部1st GAME -αテスト-〉の様子をレポートでお届けします。これからもどんどん新しい展開が期待される〈電音部〉から、目が離せません!。

〈電音部〉の音源はロスレスで配信中!!

〈電音部〉とは?

バンダイナムコエンターテインメント内に新しく誕生したレーベル〈ASOBINOTES〉から生み出された、音楽を主体としたキャラクター・プロジェクト。歌やDJ、作曲など、ダンスミュージックをメインにした活動を行う『電音部』に所属する女子高生の姿を追う物語。キャラクターは、それぞれが「エリア」と呼ばれる区域に存在する高校に在籍しており電音部としての活動を行う。それぞれの楽曲にはtofubeats、Yunomiなど“イマ”のクラブシーンを賑わす作家を起用。キャクター・ボイスには、声優、アイドル、Vtuberなどさまざまな分野で活躍中の人物が担当し、話題を呼ぶ。音楽とテクノロジーを中心とした「新しいコンテンツとの遭遇体験」を提案し、クリエーターやユーザーと共に創り上げていくプロジェクトを目指している。

電音部PV vol.0
電音部PV vol.0

〈電音部〉入門編の記事はこちら
音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

INTERVIEW :〈電音部〉プロデューサー・石田 裕亮 & 松田悠太郎

〈電音部〉が新たな展開を見せている。プロジェクトのスタートからのテーマであった「新たなカルチャーとの遭遇体験」を、2021年はイベントという形で提供するという。キャストによる「LIVE」、トラックメイカーによる「PARTY」、そして、AIで行うDJプレイを展開する「GAME」。想像するだけでも、なにか新しいことがはじまる予感に胸の高鳴りを感じる。なぜ、このようなイベントを考えついたのか。プロデューサーである石田氏と松田氏に話を訊くと、そのヒントは意外なところにあった。

インタヴュー&文 : 西田健

ユーザーさんも一緒に電音部の世界を作っていけるような仕掛けを

──2020年を振り返って、電音部というプロジェクトはどうでしたか?

石田裕亮(以下、石田) :ありがたいことに我々が予想していた以上に反響はいただけたなというのがありました。音楽好きな方だけではなく、いろんなカルチャーの方々が、電音部をきっかけに様々なコンポーザーさんの音楽を聴いてくれたり、クリエイターさんの作品を見てくれたり、そういうことが実際に起きているのは、反響以上に嬉しかったですね。関係会社さんにも多くのご協力をいただいたことも含めて、非常に良い一年でした。

松田悠太郎(以下、松田) : これまでアニメとかキャラクターコンテンツのファンだった方たちが、例えばVTuberさんやクラブ、アニソン、そういたところに興味、関心を広げてくれたように感じられ、それ自体が嬉しかったです。ユーザーさんも「電音部のおかげでこういうの知れた」とか「このコンポーザーさんにはまった」みたいな声は嬉しかったですし、配信やイベントでユーザーさんにポジティブな感想をいただけたことはとても有難いですね。

──では早速ですが、電音部は2021年どのように展開していくんでしょうか?

石田 : 電音部の世界を楽しんで頂くための拠り所となるストーリー展開や、楽曲をより楽しんで頂いたくミュージック・ビデオなどもどんどん投入していきたいなと。あとは、イベントも開催予定です。

──ストーリーはどのようにして展開していくんでしょうか?

石田 : ストーリー周りは、基本的にコミックの方で、エリアのメンバーがどうやって出会っているのかを楽しめる入り口のようなものをご用意しつつ、各エリアがどうやって出会ってお互いの関係性ができていくのかはノベライズの方で描きたいなと思っています。その両方を楽しんでいただくことで、電音部のストーリーのベースラインを楽しんでいただけるかなと思っております。ムック本のストーリーラインで意識しているのはコミックとノベルで、起こっているのはだいたい一緒なんですけど、ディティールが違っていたりとか、解釈が2つあるみたいなことは、意識的にやっています。ストーリー自体は結構本線の深い部分を描いてはいるんですけど、我々が描いていくもの以外にも「きっとキャラクターの間にはこういうところがあるんだろうな」とユーザーの皆さんにも想像いただけるようなストーリー構成です。ユーザーさんも一緒に電音部の世界を作っていけるような新しい仕掛けを考えていきたいなと思っていますね。

松田 : あとは、4コマももう一度やっていこうと思っています。Twitterの4コマってコンテンツとしてとか、宣伝として、というのをあまり分けていなくて、ある種宣伝ではあるけど、それを楽しんでもらう意味ではコンテンツなんだよねというところがありますね。

──なるほど。そして、電音部として大きな動きになると思うんですけど、イベントが開催予定とのですが、どのようなものを考えていらっしゃるんでしょうか。

石田 : 「LIVE」というキャストさんのイベントだったり、「PARTY」というトラックメイカーさんをお呼びしてクラブでやるイベント、そして、「GAME」という電音部に登場する”部員”がAIで行うDJプレイをみんなで見て、盛り上がろうみたいな3つのイベントを考えています。

──なるほど、「LIVE」はキャストさんが出るような歌唱のライヴになるんでしょうか?

松田 : そうですね。LIVEはキャストさんたちによるパフォーマンスですね。コンテンツとして「LIVE」をどう表現するかっていうはもちろん考えています。みなさんの期待にも応えられるような出演方法を考えていきたいです。

石田 : この先、もうヴァーチャルとかリアルとかそういったものの垣根が世の中的にも薄れていくんだろうなという想いはあって、フラットにみんな関係なくやりたいなっていうのがプロジェクト全体で思っているところです。

──そして「PARTY」ですね。電音部に参加されたトラックメイカーさんが集合するとなると、かなり豪華なイベントですよね。

松田 : 今回は作家さんが一同に会して行うイベントです。私も、いちユーザーとして期待値があがっているイベントですね(笑)。制作会社、関係各所の皆様のお力添えをいただきつつ、本格的なクラブイベントに出来ればと考えています。

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

TOP