2021/03/03 18:00

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

nonoc

北海道在住のシンガーnonocがニュー・シングル「Believe in you」を3月3日にリリース。本作は、現在放送中の人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下『リゼロ』)2nd season後半のエンディング主題歌に起用されており、2018年にリリースされたシングル「Relive」から数えると、6曲目のタイアップ曲。またプライベートでも、アニメを欠かさずチェックし、公式スマートフォンゲームもプレイするほど深く関わりがある『リゼロ』は、nonocにとってどのような作品なのか。これまでのタイアップ曲の制作背景を時系列順に辿ると、そこには『リゼロ』という作品へ真摯に向き合ってきた彼女の姿があった。また新作「Believe in you」カップリング曲である“ヒトリイロ”は、nonoc自身が作詞と楽曲のプロデュースに初めて携わったという渾身の1曲。こちらもお見逃しなく。

希望に満ちた未来を歌う『リゼロ』2nd season後半EDテーマ

『Re:ゼロから始める異世界生活』とは?

2012年4月より小説投稿サイト「小説家になろう」にて掲載された長月達平による長編小説を原作としたアニメ。『Re:ゼロから始める異世界生活』は、2016年よりTVアニメ1st seasonが放送され、2020年には2nd seasonがスタート。小説やアニメに止まらず、ゲーム、漫画など多方面から親しまれている人気作品。コンビニからの帰り道に突然異世界へと召喚されてしまった主人公の少年ナツキ スバルが、「死に戻りの力」(タイムリープ能力)を駆使しながら、異世界で出会ったヒロイン、エミリアのために最悪の運命に抗うダーク・ファンタジー・ストーリー。

『Re:ゼロから始める異世界生活』ストーリー

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』PV
TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』PV

無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す"死に戻り"の力。

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年・菜月昴。
頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。
大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。

INTERVIEW : nonoc

nonocにとって、『Re:ゼロから始める異世界生活』という作品はとても大きな作品である。劇場公開もされたOVA作品『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』のイメージソングでキャリアをスタートし、これまで6曲の歌で作品の世界を表現してきた彼女。今回のインタヴューで話を訊いていくうちに、彼女の『リゼロ』への想いや成長を感じることができた。彼女の『リゼロ』愛が本物であることは、この記事を読んでも感じられるだろう。物語も佳境へと入ったTVシリーズと併せて、nonocが歌い紡いだ『リゼロ』の音楽を楽しんで欲しい。

インタヴュー&文 :西田健
撮影 :宇佐美亮

一瞬一瞬を大切にして噛み締めて忘れないようにしていこう

──nonocさんは『Re:ゼロから始める異世界生活』にはもう6曲携わっていらっしゃいますよね。まず、最初にタイアップが決まったときはどういう心境だったんでしょう。

nonoc:TVアニメの1st seasonがすごく知名度もあったので、「本当に私なの?」っていう思いでした。歌手としてのスタートラインに立ったばかりの私が最初の一作を投じる時に、自分なりのベストでやっていくことはもちろんなんですけど、リゼロファンの方々にどう受け入れてもらえるかなっていうことを常に感じていました。

──nonocとしての活動は、劇場公開もされたOVA作品『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』のイメージソング“Relive”からですね。

nonoc:主人公のスバルとヒロインのエミリアに寄り添って、2人を軸に作っていった曲です。『リゼロ』という作品のなかでもキャラクターたちの成長や心情の変化だったり、いろいろな場面を切り取ってシーンに合うような楽曲を作ってくださっているので、その時々のキャラクター達の気持ちを想って歌っています。

──『Memory Snow』の中で印象に残っているところはありますか?

nonoc: 『Memory Snow』という作品は、主人公達の壮絶な戦いの後のロズワール邸での幸せな日常というほんの一時の平穏のお話なんですよね。番外編らしいキャラクターの可愛い一面とかも知れたりして。1st seasonを観ていろんなことがあったからこそ、「その時の平穏を確かに感じたい、絶対に覚えていたい、ずっと続いていて欲しい」みたいなことを想った歌がエンディングの“White White Snow”ですね。その想いは2nd seasonに入った今でも忘れることはないなと思います。

──“White White Snow”は2人のデートが初めて実現するタイミングで流れるのがすごく良いですよね。

『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』PV
『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』PV

nonoc:スバルのあまり伝わっていない恋心や、デートの大切さを本編でも所々散らしていた部分があったので、やっと叶ってよかったなっていう想いがあります。振り返ってみると『Memory Snow』のメインビジュアルが、花畑で花冠を作って2人でデートを楽しんでるっていう様子なんですけど、その花にも意味があったのかなと思って観られるのがよかったです。辛いシーンがあったときに、『Memory Snow』を見返してよかったね、こういう時間も確かに存在したんだって振り返る作品になったなと思います。実は“White White Snow”を録ろうと言うタイミングで北海道で地震があって、札幌でのレコーディングを急遽キャンセルし、東京でスタジオ入りしたことがあったんです。普通の毎日が続くことが全然普通ではなくて。こういう幸せなとき、一瞬一瞬を大切にして噛み締めて忘れないようにしていこうと強く思って挑んだ曲でもあります。

──実際に『Memory Snow』のなかでnonocさんが歌われた曲が流れたときはどういう心情でしたか?

nonoc:“White White Snow”は、劇場で初めて完成した音源を聴いたんです。公開初日に家族で観に行ったんですけど、しっかりレコーディングされたものを聴いてもらうのははじめてだったので「本当にのんちゃんの声なの?」って言われましたね(笑)。自分も完成されたバージョンを聴いて、音響もオーケストラで厳かな雰囲気でしっかり曲として作り上げられたものを受け取ったときは、とても感動しました。たくさんの方が携わってレコーディングの瞬間に作り上げたものが、一個にギュッとなっていて、すごくパワーを感じましたね。

──続いてOVA作品『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』では主題歌“雪の果てに君の名を”を担当されています。この曲はアコースティックギター1本ではじまって、段々壮大になっていくアレンジが印象的です。

『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』主題歌「雪の果てに君の名を」
『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』主題歌「雪の果てに君の名を」

nonoc:ヒロインのエミリアの過去と本人に対して想いを込めて歌った曲ですね。彼女の感情や心の動きに楽曲が寄り添って、最初はギターが1本のところから段々後半は生楽器も入れてオーケストラですごく壮大なメッセージの強いものになっていくので、物語の流れと彼女の心の移り変わりを表現できるように意識しました。

──歌唱で表現をしていく上で工夫された部分はありますか?

nonoc:少女のエミリアの心細い気持ちを表現するため、なるべく幼い声で録るようにしました。でもそのなかで、なにかわからないけど確証のようなものを得て、少し勇気が出てきたというか、自分の心に対しての力強さを曲の展開に合わせて歌いました。

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

メンバー全員が作詞・作曲・編曲まで手がける音楽ギルド、月蝕會議──特異な楽曲制作の秘密に迫る!

メンバー全員が作詞・作曲・編曲まで手がける音楽ギルド、月蝕會議──特異な楽曲制作の秘密に迫る!

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

TOP