2020/12/23 19:00

20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

イナダミホ

シンガー・ソングライター、イナダミホがクラウドファンディング・プロジェクトを経て作り上げたアルバム『johoo』をリリース! 音楽活動20周年を迎えた彼女が語る、自身の音楽との関係性の変化とは? また、クラウドファンディングを経て、届けられる今回のアルバムに込められた思いや、募集期間中の意外な出会い、などなど今作に至るまでのエピソードがたっぷりと詰まったインタヴューをお届けします。ぜひインタヴューとともに、彼女が生み出すカラフルでポップな『johoo』の世界に耳を傾けてください。またOTOTOYでは、ハイレゾ版の独占配信とともに、ここだけの特典としてアルバムのカラオケ音源がボーナス・トラックとして付いてきますのでこちらも要チェックですよ!

ボーナス・トラック付き、ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!


that's all folksとのユニット、都市とカンタータのアルバムも同日発売!

INTERVIEW : イナダミホ

音楽活動20周年を迎えたシンガー・ソングライター、イナダミホが、クラウドファンディング・プロジェクトを経て作り上げたアルバム『johoo』は、セルフ・プロデュースにより、坪光成樹、クノシンジ、タカユキカトー、タカタタイスケ、山本英武といったミュージシャンをアレンジャーに迎えて一曲ずつ趣向を凝らした、音楽的ボキャブラリー豊富なアルバムだ。収録された11曲からはサウンドへの強いこだわりが感じられると共に、歌詞からはこれまでの歩みが感じられる自叙伝的な作品だと思った。そこでインタヴューに臨んだのだが、ちょっと思っていたのとは違っていた。語られる言葉の端々から、曲たちのことをとても客観的に見ているように感じられたからだ。その言葉からは、自分が生み出した曲たちを子どものように愛でつつも、大切に育てた我が子に自立を促し世に送り出そうとする意思を感じ取ることができた。『johoo』がどんな人々の元に届いて、受け取った人々の中でどんな物語に成長していくのか。そこから返ってくるこだまを、イナダミホは曲たちの母親としてきっと楽しみにしているに違いない。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

誰が聴いても、すごく心が近くなれるような作品を

──イナダさんは今年で音楽活動20周年ということで、それに合わせて2019年からクラウドファンディングでアルバム制作に動いていたんですね。

はい、そうです。今回のアルバムは、19年分ぐらい遡ってリリースしたかったけど、なにか収まりどころが悪かったり、あとは自分の表現力が追い付いていなくて、このままだとまだパッケージングできないっていう気持ちになっていたものも含めて、ここ最近の作品から21歳ぐらいのときの作品まで、一斉に入れました。

──これまで音源化しなかった曲をこのタイミングで出そうと思ったのはどうしてなんですか。

このアルバムって、クラファンを募って制作しているので、1番は支援者の方々のための作品になると思うんです。19年間ライヴでしか聴けなかった曲がようやく収録されるということがあると、支援してくださる方々がすごく楽しいなと思ったのと、「いまだ!」っていう気持ちになれたので、思い切ってそういう曲を引っ張ってきました。“君と僕、海になる”なんかは19年かかってしまったんですけど、19年間ずっとコンスタントに「音源にならないんですか?」とは言われていて(笑)。「そうですね~」とか言いながら、なかなか。やっぱり、思い入れが強すぎたり、瞬発力で形にできない作品があって。この曲はちょっと特例ですけど。あとは “フアンテイ”、“テレビスタ”なんかは20代後半に書いた曲です。

──“テレビスタ”は、前作に収録されていた曲ですよね。

そうです。ただ、アレンジがどんどん発展していって、それがすごく気に入っていたので、じゃあこっちも形にしようということで新録しています。もともと、ビッグ・バンドが鳴っているイメージだったので、それをちゃんと入れてあげたいなって。結構細かいこだわりがあって、まだ展開とかが甘いなと思っていたんですけど、ある日この曲を弾いて遊んでたら、どんどん展開していって、転調したり、もっとやれって気持ちになって(笑)。そうしたらワーっと間奏ができたので、「これだったらビッグ・バンドがちゃんと活かせる」と思ったんです。

──アルバムを通して、どんな構成の1枚にしようと思っていたのでしょう。

あれも入ってる、これも入ってるっていう「幕の内弁当」みたいにしたかったです。20年間知ってくださっているかたもいれば、ここ1、2年で知ってくれたかた、クラファンを始めたころにたまたまTwitterがバズって、それを見て知ってくれたかたとかもいて、色んな入り口のかたがいるので。小沢健二さんのライヴで偶然隣り合ったかたが仲良くなって支援してくださったりとか(笑)。そういう素敵な出会いがいっぱいあって。誰が聴いても、内輪ではなくて、20年大事に聴いてくださった方々も嬉しいし、初めましてで出会った方々も、隅々まで楽しかったり、すごく心が近くなれるような作品を作ろうと思いました。

──「幕の内弁当」というイメージで言うと、これはメインのおかず、みたいな曲もあったんですか?

“ハロー、新しい僕”という曲は、絶対に入れようと思っていました。2年前にできた曲なんですけど、身近な人で8年ぐらい引きこもりだった子が、ようやく外に出たんですよ。私も25歳ぐらいのときに鬱になって1年間家から出られなくなったんです。自分のことってあんまりちゃんと把握できていないけど、その子のことを俯瞰して見ているなかで、「一歩踏み出すってこんなにすごいことなんだ」って思ったら胸がいっぱいになって。そんな出来事があったときにピアノの前に座ったらできた曲なんです。別に引きこもりということじゃなくても、なにか一歩踏み出せたときの、嬉しくてしょうがない気持ち、「あ、できた!」っていう、自分が決めてた枠組みから「エイッ」って外に出られたぞっていう瞬間の喜びみたいなものを絶対に閉じ込めたいなと思っていて。その曲がきっかけになって、アルバムを作ろうと思ったんです。ちょうど20年だし、もっともっと突き詰めてみんなが喜んでくれるものを作りたいなって、そこから構想し始めました。

──そこに、新曲と未音源化の曲を集めてアルバムにしていったんですね。

そうですね。先ほどお話した“君と僕、海になる”の歌詞は、じつは〈さよなら 幼い夢の続き〉からの3行を付け足しているんです。ライヴでしか聴いたことがない人は、アルバムを聴いて「あ、こういう風に収まったんだ」って感じるところだと思います。これは21歳のころの私を再現するんじゃなくて、21歳で作った曲を39歳で歌うことの意味をちゃんと持ちたいなと思って、完結させたかったんです。

──21歳のころに作った曲で、いまは歌えないな、という曲もあったりします?

いっぱいありますね(笑)。だから、最初に出したアルバムはほとんど歌ってないんじゃないでしょうか。

──それはどうして?

サウンド的にも歌詞としても、全部好きなんですけど、あのときの私が歌ってたから好きなので、もうちょっと色んな出会いや経験をして深まった私が歌うと意味が変わっちゃうから、歌いたくないなという気持ちがあります。

──なるほど、そういう意味もあって音源化されていない曲もあったわけですね。

そうなんですよ。例えば、前作に入ってた“オルゴール”という曲はファミリーの曲なので、「さすが、お子さんがいらっしゃるとこういう曲が書けるんですね」って言われるんですけど、(出産以前の)23歳ぐらいのときに作った曲なんです(笑)。ただ、実生活と実感が伴って30代中盤で歌えたという。

みんなはどんな気持ちでプレイリストを作ってるのかな

──僕はこのアルバムは音楽活動20年の総括として、イナダさんの自叙伝的な1枚にしたかったのかなと思って聴いていて。だからご自分のことを幼少期から順に歌ってるのかと思ってたんですけど、必ずしも自分のことを歌ってるわけじゃないんですよね。例えば1曲目の“フアンテイ”に出てくる“ふたり”というのは?

“フアンテイ”は、ドラムの女の子と2人組をやっていたころで、リズムが入ったし楽しい曲を作ろうと思ってできた曲だったんです。完全に不安定な時期に作ってたので、自分が不安定な状態がめっちゃウケるって思える曲が作りたかったんです。

──じゃあ、この曲のなかにはご自分がいるんですね。

いますね。この曲はたぶんノンフィクションなんじゃないでしょうか。全部そうではないですけど、思いがないとリアリティがなくなってしまうので、思いは全部ノンフィクションですね。

──このアルバムでいちばん、自分を歌ってるなと思う曲を上げるとしたら?

歌詞で言うと、“マイプレイリスト”なんじゃないでしょうか。この曲は完全に自分と音楽の関係性を歌っているので。昔、好きな曲を入れたカセットを作って友だちと交換したりしたじゃないですか? よく覚えているのが、友だちがスチャダラパーのカセットを作ってくれたときに、『5th WHEEL 2 the COACH』のジャケをそっくりそのまま模写してくれて、「すげー!」って(笑)。自分もなにくそ、と思ってビートルズの1stアルバムのジャケを書いたりして。あの時間が、本当に楽しかったんですよ。いまはスマホで聴けちゃいますけど、みんなはどんな気持ちでプレイリストを作ってるのかなって。やっぱり、音楽を聴くことってめちゃくちゃロマンじゃんって思うんですよ。聴くときって、だいたいひとりじゃないですか? いちばんロマンティックな時間というか、その風景と音楽といまの自分の気持ちが全部溶けて、自分だけの街、自分だけの風景になったような、映画の主人公になったみたいな気持ちになれるあの時間を、たぶんみんなもいまは各々過ごしていて、「みんなのプレイリストを聴かせてくれよ」っていう。

──そう言われてみると、確かにカセット・テープでプレイリストらしきものを作ってました。

そうですよね。あれがプレイリストの始まりなんじゃないかなって思います。

──“泣き虫みっちゃん”は、イナダさんのお母さんの目線で歌ってるんですか? “みっちゃん”はご自分のことだと思うんですが。

いや、“みっちゃん”は私のことじゃないんです(笑)。これはですね、子どもを公園で遊ばせてたときに、ベンチで隣に座ったミツコさんというおばあちゃんとお話してできた曲なんです。ミツコさんと話すなかで、自分の母や祖母だったり、生活の後姿を色々と思い出して、「お母さんって素敵だね、ありがとう」っていうことだけじゃない曲を作りたくて。Bメロで、みっちゃんが布団にくるまって自分のお母さんのことを呼ぶんですけど、本当は私たちのお母さんだって、夜布団にくるまって自分のお母さんのことを思い出して、いくつになっても娘に戻って泣きたくなることがあるっていう瞬間も、美しいと思うしグッときちゃうんですよね。ミツコさんがそういうお話をしてくださったので、「ああ、これだ!」と思って書いた曲です。

──なるほど、それは訊かないとわからなかったです(笑)。アルバムのなかでは“グレイな気持ち”がいちばん好きなんですけど、どんな曲か教えてもらえますか。

ありがとうございます。6月に出来た曲で、洗濯物を干し終わって子どものお迎えまであと1時間あるからピアノを弾こうと思って。〈この頃スッキリしない天気だから〉って歌ってたらだんだん気持ち良くなってきて、1番の歌詞とメロディがスルスルって出てきて曲になっていったんです。合間合間でそういう曲作りをしていて、いつもスマホで録音をしているんです。でも、頭のなかに鳴っている音が急に弾けるわけではないので、コードを探りながら作っていきます。

──この曲はコード進行とかすごく凝ったことをやっているんじゃないかなって思ったんですけど、どうなんでしょうか。

凝ってはいると思うんですけど、奇をてらってるわけではなくて、自然に聴こえないといけないなとは思ってます。

──流れるような感じなんですけど、どこか耳に引っかかる感じなんですよね。

ありがとうございます。それがやりたかったので、まんまと(笑)。

ここからまた20年進めるような作品を作ろう

──イナダさんは、東京音大チェロ科に入られたんですよね。

そうです。もともと家系的にクラシックで育っていて、大晦日も『ニュー・イヤー・コンサート』を見るので、小さいころは紅白歌合戦も見せてもらえなかったんですよ。本当は光GENJIとかLINDBERGとか見たかったんですけど、なかなか見せてもらえずに。クラシックから入っていって、オーケストラとかは、父が指揮者なので指揮台の下でおやつを食べながらリハを見たりしていて(笑)。そういう暮らしから急にポップスがバーンと入ってきたのが小学校高学年ごろでした。父が丸くなって紅白を見せてもらえるようになったりして。

──ちなみにお父さまはファミリーマートの入店時に鳴るチャイムの作曲者らしいですね。

そうなんです。40年ぐらい前に、パナソニックの製品用に作った曲で、それがファミマで使われていて、「ファミマの音」っていう認識になっているんです。だから他でもあのチャイムは使われているんです。あと、高速エレベーターの「ピンポーン」っていう音とか、父が作曲した製品は何種類かあるんですよ。

──ご家庭では厳格で、「娘を音楽家にしたい」と思ってた感じなんですか。

う~ん…音楽家にしたくなかったみたいですけどね(笑)。苦労するから駄目だ、と。でも私が見事に音楽しかできなかったので、これは諦めてちゃんと食べていけるチェロ奏者にしよう、ということで私はチェロで音大に行くんですけど、ずっと歌いたかった気持ちをぶつけまして。

──歌うようになったのはどうしてなんですか?

母が声楽家なので、歌うときにピアノを弾きながら練習していたので、ピアノというのは歌の伴奏なんだという認識だったんです。なので弾きながら歌うというのは小さい頃から自然にやっていて、中学生ぐらいからは、「私は曲を作って歌うだろうな」と思ってたんです。きっとそれがいちばん向いているんじゃないかなって。本当になにもできなくて、音楽しかできることがなかったんですよね(笑)。

──「これならできる!」っていう?

「やっぱりそれしかないじゃん!」みたいな感じですね。私、小学生のときにいじめられっ子だったんですけど、当時流行っていた槇原敬之さんの“どんなときも”を音楽室で授業の前になんとなく弾いていたんです。そうしたらみんなが、「あ! “どんなときも”だ!」ってピアノの周りに集まってきて、私のことを絶対好きじゃない子も、一緒に楽しそうに歌ってたんです。なんかもう、「こんな世界があるんだ!?」ってビックリして。普段全然仲良くないのに、ピアノを弾ければみんなと一緒に歌えるんだと思ったら、人と仲良くするにはなにか歌うしかないんだって、4年生ぐらいのときに思ったんです。でも、大きくなってチェロ科に行くことになったので、1日10時間練習していて。チェロも大好きで必死に練習していたんですけど、「どういうきっかけで歌えばいいんだろう?」って、ず~っと考えていたんです。そのころ、実家から徒歩2、3分のところにあるホリプロ付近の喫茶店でバイトもしていたんですけど、ある日信号のところで目が合った人が追いかけてきて、「君、シンガー・ソングライターにならへんか?」って声をかけられて。それがシンガー・ソングライターになったきっかけです(笑)。その人はホリプロのマネージャーさんだったんですけど。

──歌を聴いたこともないのにですか(笑)。ライヴもやってなかったんですよね。

全然ないです。その人になんで声をかけたのか訊いたら、自分でもわからないって言ってました。でも、「なんかできそうな気がするし、この子歌わないのかな?」って思ったそうです。それで、1週間で3曲作って持っていったら社長に気に入ってもらえて、「じゃあうちで預かろう」ということになったんです。音大も合格して並行してやっていたんですけど、原宿の路上で曲を作ってプレゼントしている活動が、わりとメディアに取り上げてもらったりして、新聞社のかたが来たり「TVタックル」に出してもらったりとか、不思議な経験をしました。それで曲もリリースして、ラジオもやって、という風にシンガー・ソングライターとしてスタートしたんです。でも、自分がなにをしたいのかがわからずに、運命だけが動いて行ってる時期だったんですよね。なので、自分を掴めたのは30代の半ばなんじゃないでしょうか。

──そのころはすでに出産もされていたわけですよね。よく訊かれるんじゃないかと思うんですけど、4人の育児をしつつ音楽活動を続けていくというのは大変じゃないですか?どうしてできているんでしょう。

う~ん…やりたいからじゃないでしょうか。コロナ禍になって、自分を振り返る機会って私にもありましたけど、毎日忙しく人と会っていたのが、ある日急にバンッて分断されてしまって。「これからどうなるんだろう?」と思いましたけど、これからは「好き力」というか、いかにそれが好きかどうかしか試されないなって思ったんです。だって絶対に、音楽を続けるのは大変でしかないですしね。ずっと茨の道と言えば茨の道なんですけど(笑)。好きだったら続けるだろうし、それ以上にマイナスの方がクローズアップされてしまったら好きという気持ちも潰されていくんでしょうけど。音楽をやるのが好きなんですよね。毎日の生活のなかにその気持ちがあるので、今後もなにがあってもコツコツ続けていこうと思っています。

──そうして出来上がった『johoo』はイナダさんにとってどんな作品になりましたか。

私はこの『johoo』というアルバムが大好きです。20周年なので、20年前の自分が聴いたときに喜ぶものを作ってあげたいなと思ってました。世の中も生活も全部変わっちゃったけど、あなたは変わらずに歌ってるよって。聴いたときに、「うわぁ、すごい!こんな未来が待っているんだ!?」って、ワクワクしてくれるようなメッセージを過去の自分に残してあげたかったんです。それと、さらに20年後の自分が、「あのころ大変だったけど大好きな作品をみんなと作ったな。」っていう、これが宝物になってここからまた20年進めるような作品を作ろうというのは、自分自身に課したところはありました。クラファンで応援してくださった方々や制作チームの存在もこれからのイナダミホを支えていくんだと思います。

──タイトルの『johoo』はどんな意味で付けたのでしょう。

ドイツ語でやまびこのことなんです。英語にしちゃうとYahooになっちゃうので(笑)。色々調べたら、日本の登山スタイルはドイツから来たものらしくて。自分が「ヤッホー」って言ったときに、みんながクラファンという形でやまびこを返してくれてできたアルバムだというのと、それに対して私もまたやまびこを返していこうという意味で付けました。「ヤッホー」って、「元気かい? やってるかい?」って、無事に登山していますよっていうことを知らせるためのものだったりするっていうのを知って、すごくしっくりきたというか。このアルバムのどの曲でもいいから、生活のなかにやまびこのように返し続けていければいいなと思ってます。

──アルバムを携えてライヴの予定はありますか?

2021年3月27日(土)のお昼に、吉祥寺の〈STAR PINE'S CAFE〉でライヴをやります。それまでは、家族もいるしコロナのこともあるので、ライヴをやらずにこのレコ発にドンッと持っていきたいと思います。めっちゃ時間があるのでアルバムの曲が全部覚えられるんじゃないかと思います(笑)。制作だけはずっと止まらずに続けますけど、ライヴは数をたくさん打てなくなった分、1つ1つをものすごくビビットなものにして、これまで以上にもっともっとショーとして考えられたものにしたいって考えています。

──20年の音楽活動、また今年のコロナ禍を経て、イナダさんの中で音楽はどんな存在になっていますか。

20年前もいまも私と人を繋いでくれる大切なツールで、なにより楽しいことだと言う点は変わりないです。しかし歳も重ね、色んな人生の出来事やコロナ禍を経て「音楽を生み出せること自体希望そのもの」だと思うようになりました。コロナ禍で大きな作品を作りましたが、感謝しっぱなしの日々でしたから。だからこそ、これからも少しでも未来に太陽が昇るようにと祈りを込めながら取り組みたいです。コロナに限らずこれから時代も目まぐるしく変わっていくと思うんですけど、活動スタイルを柔軟にしていきながら音楽を作けたいです。なにかのせいでできなくなるのはつまらないし、こんなに楽しいことはないので!

編集 : 百瀬涼

『johoo』のご購入はこちらから!


同日発売、都市とカンタータ「都市とカンタータ」のご購入はこちら

過去作品もこちらにて配信中!

LIVE SCHEDULE

アルバム発売記念ワンマン・ライヴ Everybody say! johoo!

2021年3月27日(土)@吉祥寺STAR PINE'S CAFE
開場 16:00 / 配信開始 16:50
開演 17:00

来場チケット(来店順入場・自由席)
前売¥4000+1drink(¥700)
当日¥4500+1drink(¥700)

配信チケット¥3000

チケット
■来場チケット : https://eplus.jp/sf/detail/3345940001-P0030001
■配信チケット : https://eplus.jp/sf/detail/3345950001-P0030001
アーカイブ視聴期間:2021年3月29日(月)23:59
視聴にあたっては「Streaming+視聴者ご利用ガイド」もご確認ください。
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide

PROFILE

イナダミホ

1981年1月1日 東京・目黒生まれ 湘南暮らし ファミマの入店音の作曲者である指揮者の父と、声楽家の母の元に生まれる。小さなころから聞こえてくる音楽をピアノで弾き、心を揺らして遊び育つ。東京音大チェロ科に入学。19歳、実家近くのホリプロにスカウトされシンガー・ソングライターになる。原宿の路上で即興で曲をプレゼントする活動がメディアに注目されるようになる。4人の子どもを出産。35歳で本格的に音楽活動を再開。近年では元Folder5のAKINAのアルバム「Flash」のプロデュース、SSWのthat’s all folks 氏と「都市とカンタータ」を結成し、鍵盤やコーラスであらゆるアーティストの制作に携わるなど、表現の場を広げる。2020年音楽活動20周年を迎えるにあたり、昨年クラウドファンディングに挑戦し250万を達成。弦楽器や管楽器の生録音、4人のアレンジャーに委託するなど、色とりどりで豊かなPOPS を閉じ込めた「johoo(ヨーホー)」を完成させた。歌声はさらに幅を広げ、豊かさが増し、聴く人の心を揺さぶり包み込む。「生きる喜びを閉じ込めた作品作り」を続けていく。

■イナダミホ official web site:https://www.inadamiho.net/
■公式Twitter:https://twitter.com/mihocov

この記事の筆者
岡本 貴之

OTOTOYライター講座出身のフリーライター。音楽の他、グルメ 、様々なカルチャーの体験レポート等。忘れらんねえよ『週刊青春』特製本取材・構成等を担当。著書『I LIKE YOU 忌野清志郎』(河出書房新社)発売中。同じ誕生日はアジャ・コングと内山君。

20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

芳醇なグルーヴは、よいお酒に似たり──路上のベーシスト、Yuji Masagaki『Wake Up』

芳醇なグルーヴは、よいお酒に似たり──路上のベーシスト、Yuji Masagaki『Wake Up』

オキタユウキが生み出す孤高のグルーヴ ── étéのフロントマンが放つソロ作『Blindness』

オキタユウキが生み出す孤高のグルーヴ ── étéのフロントマンが放つソロ作『Blindness』

結成のキッカケは出会い系サイト?! ──愛すべきダメ人間たち、“東京恋慕”

結成のキッカケは出会い系サイト?! ──愛すべきダメ人間たち、“東京恋慕”

摩訶不思議音楽世界へようこそ──奇才ポップ集団、YAYYAY誕生

摩訶不思議音楽世界へようこそ──奇才ポップ集団、YAYYAY誕生

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

H ZETTRIO、2020年も“炸裂”宣言!!──新アルバム『RE-SO-LA』リリース & 新たな連続配信開始

H ZETTRIO、2020年も“炸裂”宣言!!──新アルバム『RE-SO-LA』リリース & 新たな連続配信開始

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
TOP