2020/12/16 18:00

オキタユウキが生み出す孤高のグルーヴ ── étéのフロントマンが放つ会心のソロ作『Blindness』

オキタユウキ

日本語ギター・ロックを軸にポスト・ロック、激情ハードコア等、様々なサウンド・アプローチを見せるオルタナティブ・ロック・バンドétéのフロントマン、オキタユウキがソロ作を完成させた。étéで聴くことができるバンド・サウンドとは打って変わったダンス・ミュージック的なアプローチのトラック、そして中性的であり、どこか陰りのあるオキタユウキのボーカル。今回は、そんな会心の1stEP『Blindness』を製作するに至った経緯から、いまの時代への思いまで、あますことなく語ってもらった。ぜひ、このインタヴューを読んで、オキタユウキのつくりだす深いサウンドスケープの虜になってほしい。


オキタユウキ “One more night” Official MusicVideo
オキタユウキ “One more night” Official MusicVideo

INTERVIEW : オキタユウキ

春先から思いもよらない生活を余儀なくされた2020年。他者と会うことがままならないなか、誰もが自分自身と向きあい、見つめ直す機会になったはず。そして、アーティストたちは作品にこの時代を色濃く残さざるを得ない。オルタナティブ・ロック・バンドétéを率いるオキタユウキがソロとして世に放つ1stEP『Blindness』もまた、そんな時代を反映した作品だと思う。しかしそれは、オキタにとって常々感じていた世の中への思いを吐露する場にもなったようだ。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : Maho Korogi

オキタユウキ

外出自粛やライヴ規制が音楽を止める理由にはならない

──今年はバンドのétéとしても1月に3rdミニ・アルバム『episode』をリリースしていますが、ソロで作品を出すに至った流れを教えてもらえますか。

étéが作品をリリースして、リリース・ツアーを3月から6月ぐらいまでまわる予定だったんですけど、3本ぐらいまわって残りは全公演中止になってしまったんです。それこそ東京都は緊急事態宣言が出て外出自粛になっていたので、ツアーもなくなってずっと家にいて、メンバーとも会うこともなくなって。普段から、変わらずに家では曲を作るぐらいしかすることがないので、それをずっと続けているんですけど、そうするとバンドの曲以外もどんどんできてくるんです。なので、最初からソロでやろうというよりは、単純に作りためて行った曲が増えていった感じです。そんなタイミングで、今回1曲目 “One more night”と3曲目“Newspeak”のトラックを作ってくれたHyperVideo2というトラック・メーカーの友だちと夜中に電話で音楽の話をしているときに、「最近トラックをいっぱい作ってるみたいだから、一緒に音楽作ろうよ」っていう話になって。それで“One more night”のトラックが2日後に上がってきて。

──2日後ってめちゃくちゃ早いですね(笑)。

そうなんです(笑)。それがめちゃくちゃ良かったので、僕もその2日後ぐらいに歌を乗せて返して。そのときは「良い曲できたね」って完結して、本当に遊びで始まった感じなんですけど、身内のノリでMVを作って世に出そうよっていう話になったんです。そのMVの件でうちのレーベルの社長との打ち合わせに行ったら、「じゃあEPにしよう。何曲ある?」って話になって。僕らはMVの打ち合わせのつもりで行ったんですけど(笑)。そこから5日ぐらいで全部作ったんです。

──じゃあ、リリースを前提で始めたわけではなかったという。

本当に、ピュアなバイブスというか、遊びの延長みたいな感じで作りました。

──HyperVideo2さんはバンドもやっているアーティストですよね。どんな繋がりがあったんですか。

たまに下北沢とかでバンド同士対バンしていて、もともと面識はあったんです。それ以外にも、HyperVideo2とは以前から知り合いで、音楽の趣味も合ってずっと仲が良かったんです。ただ、こうやって一緒に仕事をしてみると、新しくて、全然違う感じがしました。HyperVideo2もまわりの人たちも自粛下でずっと音楽を止めずに家で制作し続けていたので、環境が整っていたというか、とても一緒にやりやすい感じでした。

HyperVideo2氏所属バンド ── Made in Me.「Good Morning」【Music Video】
HyperVideo2氏所属バンド ── Made in Me.「Good Morning」【Music Video】

──HyperVideo2さんとの制作はすべてオンライン上でのやり取りだったのでしょうか。

いや、デモのやり取りがあって、3、4曲目はHyperVideo2の家で歌を録りました。ミックスも立ち会ってアレンジを詰めていきましたね。

──自粛期間中には、お互いにどんな話をしましたか。

僕らも向こうもライヴができなくなったんですけど、でも外出自粛だとかライヴ規制とかっていうことが音楽を止める理由にはならないというか。もちろん、僕らはずっと音楽を作ってきたわけだし、それはずっと家でも続けられると思うので。ライヴ・ハウスとか、色んなアーティストが厳しい状況に陥っていることは肌で感じてましたし、「音楽を止めるな」みたいなムードがありましたけど、そもそもそういうものじゃないというか。止まるようなものでもないっていうことをお互いに思っていて、そんな話をしていました。それで一緒に音楽を作ろうってなったときに、“One more night”のトラックを送ってくれたんですけど、そのときはちょっとローファイな感じのダンス・チューンを作ろうかっていうことをフワッと話していました。

──étéの曲も今回初めて聴かせてもらったんですけど、3ピース・バンドらしからぬアプローチが面白いなと思いました。それは3ピース・バンドという縛りがあった上でそうなってると思うんですけど。

そうですね、ある程度の制約があるからこそ、面白いなと思っています。

──でも、ソロになると言ってしまえば何をやってもいいわけじゃないですか?その辺はご自分で枠組みみたいなものを設けたんですか。

今回でいえば、2曲目の“Dive”は、5月の誕生日にずっと作っていたんですけど、家でギターを弾いてそれにトラックを乗せて行った曲で。リリースが決まってから作ったのが3、4曲目なんですけど、そのときも何かを特別意識したということはなくて。もともと、アウトプットの方向性の1つだったもの、バンドでやらなくてもいいようなものを持ってきたというか。その中で表現したいものというか。何かこれといって、「1人でやるならこれ」ということはなかったです。

──もともと、作っている曲の中で、「これはバンドでは出さないな」というものがあったわけですか。

そうですね。

──そういう曲が今作に繋がった?

溜めていたものを引っ張ってきたというのとはまた違うんですけど、「バンドで無理に表現しなくてよいもの」が詰まってますね。

孤独というのは必ず必要なもの

──バンドにしても今作にしても、歌詞になっている言葉がすごく印象的です。そこも特に区別していないんですか。

リリックは面白いぐらい変わらなかったですね(笑)。ただ、もう少し聞きやすい言葉というか。ある程度フワッとした言葉はソロで出すにあたって入れてもいいかなとは思いました。シンセサイザーの柔らかい音色とか、こもった4つ打ちだとか。そういう音に乗せるってなったときに、バンドで使っている強い言葉とは違う言葉が乗ったとは思います。

──バンドのときはサウンドに伴ってエモーショナルな言葉を選んでいる感じでしょうか。

音楽は身体と地続きであるべきだと思っていて。暴力的な音楽だったら言葉もそれに応じて尖っていくなっていうのはあるんです。向き合えば向き合うほど言葉って鋭く、芯を食うものになってくると思うんですけど、そこの“地続きの身体性”みたいなものっていうのは、やっぱりバンドとは全然違う表現になってくるので。だから一聴したときに、「変わらないな」って思うところもあれば、「あ、ソロだな」って思うところも感じてもらえるんじゃないかと思います。

──敢えて、「これは特にソロだからこそやれた」という曲を挙げてもらうと?

僕は作詞作曲編曲をバンドでずっとやっているので、人のトラックで歌うのが今回初めてだったんです。それで考えると、1曲目と3曲目がHyperVideo2のトラックで、トラック先行でこの歌を乗せたので。特に“One more night”は、フロウ重視というか、4つ打ちのノリを崩さない程度に、細かい刻みのリズムが入っていたので、そこに引っかかるようなフックを書いて。これはバンドじゃ出てこないなって思いました。

──“One more night”は歌詞を見ないと歌い出しでなんて言っているかわからないですよね。

そうですよね(笑)。このリリックを書いたときのことはあんまり覚えてないんですけど、聴き心地とライミングは意識しました。初めて人のトラックで歌った分、やってこなかったリズムの取り方みたいなものは引き出された気がします。

──それにしてもこの曲、短い(笑)。

短いです(笑)。トラックが来てフック、バース、フックで乗せたときに、「もうこれでいいんじゃないか」っていう話になって。最近、海外でも2分尺の曲って全然あるので、その感じで映像にしたらMVも作りやすいし、これで行こうということになりました。

──この自粛期間には、どんな音楽に影響を受けました?

死ぬほど色んな音楽を聴いてましたね。このEPのアレンジやアイディア的なものの中心としては、アイルランドのアーティスト、EDENが今年の頭に出したアルバムがあって。それは結構影響を受けました。声だけでミックスのときのアレンジの面白みというか、もともとの核のシンプルさ、ミニマルな感じとか。それでも見える広がりというか。アレンジで言うと、ジェイムス・ブレイクとかに繋がる雰囲気もあるんですけど。

──もともとバンド・サウンドとは別にダブステップとかそういう方向性が好きなんですか。

そうですね。エレクトロニカとか、暗いダンス・ミュージックみたいなものが好きで、ヒップホップも好きですし。今回はこういう時代に音源を作る、歌詞を書くとなったときに、「1人きりである」ということがある種のテーマになっていて。1人きりというのは必ずしも窮屈だったり、小さいものというのは全然違うと思っていて。僕1人という単位の中の奥深さ、深さみたいなものを表現できればと思っていました。リファレンスは結構そういうところから引っ張られてきました。ああいう孤独というか。

──それは、こういうご時世からそう思ったのか、それとも、1人のアーティストとしての自分を出したときにそうなったのでしょうか。

先ほどの話にあったように、バンドとソロは地続きというか、言ってることはあんまり変わらないんですけど、こういう状況で人と会えなくなったときに、思ったよりもみんな、繋がりを凄く重要視している人が多いなと思って。もちろん、そうではあるし、僕も人と話したいし。でも孤独って寂しいものではあるとは思うんですけど、悪いものではないと思っていて。自分が何を考えていて何を感じているかを知るためにも、孤独というのは必ず必要なものだと思うんです。それが今作の1つのテーマになっています。

──確かに孤独って必要なものだと思います。そういう時間にインプットされるものもあるんじゃないかと思うんですけど、音楽以外にはそういうものはありますか。

映画とか本だったり色々ありますけど、今回は2曲目の“Dive”を作ったときに、アニメの「攻殻機動隊」をずっと見てました(笑)。この期間にハマって、「こんなに面白いものだったのか」って見てましたね。もともとアニメは好きなんですけど、「攻殻機動隊」は気になっていたけど敢えて触れてこなかったものなので、初めて見たんですけど。結構リリックも引っ張ってきたものもちょいちょいあります。

──“Dive”はドラム、ギターが目立ちますし、EPの中だと一番肉体的な印象を受けます。

家でギターを弾いていたときにのリフが出てきて、「これはいいかもしれない」って、4小節か8小節のループを作ったときに、そのときはトラックだけ作ってクリックに合わせてレイドバックした感じで弾いていたんです。そのギターを録ったところにドラムを乗せて。結構インプロみたいな感じで作りました。こう叩いたら面白いだろうなって。

──ドラムに合わせてギターを弾いたんじゃなくて、その逆?

そうです。ギターのレイド・バック感に合わせて、ドラムを打ち込んでいきました。なので、1人ですけどセッション感はあるんじゃないかと思います。今回は、意識的に歪むギターを入れないようにしようというのはありました。ギターもほとんどピックを使わずに指弾きしてますし。

自分を持つことが大事

──ヴォーカルについては、どう表現したいと思っていますか。

僕はもともと、歌を歌おうと思って音楽を始めたわけじゃないので、結構普通のヴォーカリストとギャップはあるかもしれないですけど、めちゃめちゃ意識しているわけじゃなくて、言葉がちゃんと聴こえればいいなというぐらいに思っていて。今回、ラップが結構入っていて。最近はMumbleとか何言ってるかわからないラップが流行ってますけど、逆にどれだけ早口でもゆっくりでも、何を言ってるのかがわかるように、ということは意識しました。

──“Newspeak”はどうやってできた曲でしょう。

これはリリースが決まったときに、1、2曲目はほぼ出来上がっていてHyperVideo2と「じゃあ、あと1曲ずつ持ち寄ってEPにしよう」と話をして、またその2、3日後にHyperVideo2が送ってきた曲です。どんな曲か彼に訊いたんですけど、この曲に関しては、「いつもヴォーカリストのことを考えてトラックを作るんだけど、今回は1対1で、とにかく自分の100%を作って送った」って言っていて。だから歌がどんな風に乗るかはわからなかったみたいなことを言われて。僕も聴いたときにこれはヤバいと思ったんです。2回ぐらい聴いたときに、歌、ラップ、ラップで、というなんとなくのイメージはできて、そこからリリックを乗せた感じです。

──アンビエントな雰囲気のトラックに言葉を乗せるのって難しくなかったですか。

ラップを乗せるのって結構楽なんですけど、Aメロに当たる場所をどう乗ろうかなということは悩みましたね。大きいノリというか、前半は特にハイハットの刻みとかわかりやすいものがないので、逆に言葉でグルーヴを出して行こうかなと思ってやりました。あとその頃、「アンチ・トラップ」みたいな話もしていたんですよ。トラップに食傷気味というか、何を聴いても結局一緒というか。だから、ハイハットの刻みがないところで、トラップのノリ、フロウを使ったりというのは遊びでやってましたね。

──遊びという言葉と裏腹に、歌詞はシビアですよね。

ああ、そうですね(笑)。

──特に、「望み通り生きてみても 誰かの真似みたいで何もないな それでも 手放せずにいるノスタルジー どれもこれも手垢だらけ」という歌詞には心情が表れていて興味深いです。

最初にトラックが来たときに、セミの声みたいなサンプリングが入っていて、「ノスタルジックを意識した」って言っていて。ノスタルジーって1つのテーマになっているんです。いまって、知らないことや身に覚えがないのに懐かしがることがあるなって。夏だったらあぜ道、サイダー、入道雲、給水塔とか。別にそんな記憶が全員にあるわけじゃないじゃないですか?でもそれを郷愁だと思ったりとか、そういうのって作られたものだと思うんです。誰かが思ったことがどんどん拡散されていくと、自分もそう思ったように感じてしまったりとか、映画を観た後にすぐにレビューを見たりだとか。そうなってくると、自分が何を考えているかわからなくなるなっていることを、常々感じていて。そういう悪い意味での共通言語へのアンチテーゼの曲になりました。何が大事かっていうと、「自分を持つこと」だと思うんです。自分を持つことって何かっていうと、最終的な意思決定の土台になる指針というか。自分の意識、思考を持つことだと思っていて。それを持たない人と自分の対比みたいなことは結構バンドのときから書いてますね。

──このタイトルはジョージ・オーウェルの小説『1984』から来てる?

そうです。どんどん語彙が少なくなっているというか、それってみんなの感情の表し方1つ1つが、誰かが発信したものに集約してしまうというか。それは自分で選んでるんじゃなくて、選択肢がどんどん狭くなって行って選ばされているというのは、まさに『1984』に出てくる「新言語」(Newspeak)と一緒だなって。

──ラストの表題曲“blindness”はより世相を反映した内容ですね。これだけ曲が長いですけど、意識的にそうしたんですか。

これは9割がた僕が作ったトラックなんですけど、意識したというよりは最初から長かったというか(笑)。他の曲があまりにも短いのでいいかなって。もともともう少し壮大だったものをスケール感を小さくして、尚且つ奥行きを出しました。アレンジは一番シンプルに考えたところはあります。先にできた3曲を受けて、アレンジがそうなったところはあるかもしれないです。

──このEPは、情報を遮断して没頭できる世界観を持っていると思うんです。これを作ったオキタさんご自身はどう聴いてほしいと思っているんでしょう。

今年に入って、色んなことが根底から変わってしまって、みんなの価値観が揺らいでしまって。新しいルールとか情報とかにみんな右往左往していて。そのなかで、先ほどの話にも出たんですけど、自分を持つことが大事だと思っていて。ダンス・チューンが入っていたり、激しいビートの曲があったりしますけど、1番は1人という最小単位の奥深さを意識して聴いてもらいたいです。

──ご自分にとって、どんな作品になりましたか。

思ったよりも、時代に染められてるなっていうのはありましたね。リリック1つとってもそうですし。“One more night”を作ったのが4月ぐらいで、EPを作る話になって、“Dive”が5月にできて、残り2曲も7月末にはもうできていて。なのでいまになるともうちょっとフィールが違うかもしれないですけど、年内にリリースできてよかったです。今回、こうやって人と共作して開かれた目線みたいなものもありますし、自分ができる可能性がより広がったなという自覚があります。バンドも並行してやってますけど、ソロとしてもう少し踏み込んだというか、深くもあればもっと外側に向けた音楽も作れるのかなってちょっと思いました。まず、この作品がどう届くかを知りたいですね。

編集 : 百瀬涼

『Blindness』のご購入はこちらから

オキタユウキ所属バンド étéの作品はこちらから

新→古

LIVE SCHEDULE(été)

MoonRomanticLIVE été × anewhite

2020年12月28日(月)@青山〈月見ル君想フ〉
OPEN 19:00
START 19:30
ADV¥3,000 DOOR¥3500
配信チケット¥1500

チケット
■会場チケット:https://eplus.jp/sf/detail/3350550001-P0030001
■配信チケット:https://www.moonromantic-channel.com/1228

PROFILE

オキタユウキ

“トーキョー・ニュー・スクール”を掲げるオルタナティブ・ロック・バンド、étéのギター・ボーカル。
ソロではエレクトロニカ、ネオ・ソウル、ポスト・ロック、ヒップホップ等を自在に行き交うジャンル・レスな楽曲に、自身もメロディからラップ、スポークン・ワードまでをこなすシンガー。

■レーベル・アーティスト・ページ:https://codomomental.com/artists/okitayuki/
■公式Twitter:https://twitter.com/mrn_soda

été

ヤマダナオト / オキタユウキ / 小室響
東京都在住の3ピース・オルタナティブ・ロック・バンド。日本語ギター・ロックを軸にポストロック、激情ハードコア等のアプローチを見せるサウンドに、Vo.オキタの甘くも鋭い歌声。自身を取り囲む様々をどこか冷静に見据えた叙情的な詩が聴く人の心を掴む。
「伝えたいのは、日々のこと」

■レーベル・アーティスト・ページ:https://codomomental.com/artists/ete/
■公式Twitter:https://twitter.com/ete_band

この記事の筆者
岡本 貴之

OTOTOYライター講座出身のフリーライター。音楽の他、グルメ 、様々なカルチャーの体験レポート等。忘れらんねえよ『週刊青春』特製本取材・構成等を担当。著書『I LIKE YOU 忌野清志郎』(河出書房新社)発売中。同じ誕生日はアジャ・コングと内山君。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.128 - CONTRIBUTORS SPECIAL : 2021 日本の夏、カラダ動かずともココロは踊る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.128 - CONTRIBUTORS SPECIAL : 2021 日本の夏、カラダ動かずともココロは踊る

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

ターバンの中に秘められた覚悟──マハラージャンが社会へプレゼンする、メジャーデビューEP

ターバンの中に秘められた覚悟──マハラージャンが社会へプレゼンする、メジャーデビューEP

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

楽器で遊ぶひねくれ者集団──あえて邪道を歩むバンド、Kroiの新作EP『STRUCTURE DECK』

楽器で遊ぶひねくれ者集団──あえて邪道を歩むバンド、Kroiの新作EP『STRUCTURE DECK』

20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

芳醇なグルーヴは、よいお酒に似たり──路上のベーシスト、Yuji Masagaki『Wake Up』

芳醇なグルーヴは、よいお酒に似たり──路上のベーシスト、Yuji Masagaki『Wake Up』

オキタユウキが生み出す孤高のグルーヴ ── étéのフロントマンが放つソロ作『Blindness』

オキタユウキが生み出す孤高のグルーヴ ── étéのフロントマンが放つソロ作『Blindness』

結成のキッカケは出会い系サイト?! ──愛すべきダメ人間たち、“東京恋慕”

結成のキッカケは出会い系サイト?! ──愛すべきダメ人間たち、“東京恋慕”

摩訶不思議音楽世界へようこそ──奇才ポップ集団、YAYYAY誕生

摩訶不思議音楽世界へようこそ──奇才ポップ集団、YAYYAY誕生

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

H ZETTRIO、2020年も“炸裂”宣言!!──新アルバム『RE-SO-LA』リリース & 新たな連続配信開始

H ZETTRIO、2020年も“炸裂”宣言!!──新アルバム『RE-SO-LA』リリース & 新たな連続配信開始

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
TOP