2020/10/30 19:00

この曲がなかったらいなかったかも──空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴュー vo.1

左上から、今井なぎさ、松樹マユウ、中山みる、有沢ありさ、仲谷瑠夏、堀井美佑

エモロックとミリタリーロリータ風衣装に身を包み〈絶対的オシャレエモカワ〉をコンセプトに活動中のアイドル・グループ「空想と妄想とキミの恋した世界」がOTOTOYに初登場。
3ヶ月連続で独占ハイレゾ配信とインタヴューをお届けします。

INTERVIEW vol.1 : "未成年とか。"

2018年12月に結成され、2021年1月17日には渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマン・ライヴをひかえている6人組アイドル・グループ、空想と妄想とキミの恋した世界。OTOTOY初登場の彼女たちに、ハイレゾ音源が独占&初配信リリースされる代表曲"未成年とか。"について、そしてグループの現状について話を聞いたところ、メンバーの仲谷瑠夏が今後のために「メンバーとタイマンをしたい」と言い出す事態に。しかし、取材後の10月23日に、堀井美佑が持病へのドクター・ストップによって卒業を選ばざるをえなくなった。その直前のグループの記録をぜひ読んでほしい。

インタヴュー : 宗像明将
撮影 : ペータ

今はライヴができる喜びを歌いたい

──OTOTOY初登場ということで、趣味や好きなアイドルやミュージシャンなど、自己紹介をお願いします。

仲谷 : 最近の趣味はiPadでイラストを描くことと、スパイスカレーを作りにハマっています。あとジンベイザメが好きで水族館もいきます。家にジンベイザメのグッズが増えすぎていて。

──イラストや水族館の写真をTwitterに載せないのはなぜですか?

仲谷 : あまり浮かれた写真を載せすぎるのはよくないな、って。

中山 : 陽キャになろ(笑)。

仲谷瑠夏

仲谷 : じゃあ陽キャっぽく(笑)。最近ずっと好きで見ているグループはBLACKPINKです。バンドはceroがすごく好きです。

松樹 : 私は動物が好きです。今は小動物を飼っていて、ハムスター2匹と、デグーっていうハムスターよりちょっと大きいネズミとチンチラを飼っています。お世話するのも趣味で。アイドルはエビ中(私立恵比寿中学)さんがずっと好きで、(柏木)ひなたちゃんが好きです。アイドル以外だと感覚ピエロやRADWIMPSが好き。

今井 : 私は趣味はゲームとお酒。最近は緑ハイにハマってます。ゲームはポケモンやどうぶつの森をやっています。マリオとか任天堂系列が好き。好きなアイドルはBiSHさん、アユニ・Dさんが好きです。生き方そのものがかっこいい。

──BiSHのどんなところが好きですか?

今井 : 意外とグループで統一感がない気がして。それでも同じ目標を持っていたり、ひとつになる瞬間がかっこいいと思います。妹がもともとBiSHが好きで、〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉や川崎CLUB CITTA’に一緒にいきました。

中山 : 私はアイドルオタクで、休みの日はリリイベやライヴがないか探していってます。最近はBLACKNAZARENEさんが好きです。もともと村田実果子ちゃんが好きで、顔からはいって。曲も好きだし、みんな汗だくになって生歌でするパフォーマンスがめちゃめちゃかっこいい。あとはTENRINさんも好き。顔がいい(笑)。

──イベントで共演するアイドルで気になる人はいますか?

中山 : 今日出演してきた〈アイドル甲子園〉ではワールズエンド。さんの百瀬あぐりちゃんが好きで、さっき見かけて「かわいいな」と思って見ていました。

──声をかけていいと思いますよ?

中山 : お金払わなくちゃ、ってなっちゃう(笑)。楽屋とかでのツーショットも、まずは現場にいって接触して仲良くなってから。

──その手順は飛ばしていいんじゃないですか?

中山 : できないです(笑)。おこがましい。

有沢 : 私の趣味は漫画で、「キングダム」がずっと好きです。少年漫画がけっこう好きです。好きなアイドルはBuono!さんで、あのすごい完成されている感が好きでした。アイドル以外に好きなアーティストはGLAYです。小さい頃、車で流れていて。

堀井 : 私は家にいるときはスヌーピーのパズルゲームをやっていたり、録画していた「サザエさん」を見たりしています。好きなんですよね、ほっこりする。ご飯を食べる時はアニメを見ています。「クレヨンしんちゃん」や「ちびまる子ちゃん」とかも。アイドルは最近はJuice=Juiceさんが好きです。もともとはBerryz工房さん、ハロプロが好きですね。あとはももクロさん、「オレンジノート」がいちばん好きです。あとはダンスと歌がうまいAAAさんも。

堀井美佑

──今日はライヴ後の取材ですが、自粛後にライヴが再開されてみて、ステージに立つ感覚はいかがですか? コールやMIXもなくなりましたね。

中山 : コールがないからレスが送りづらい。みんなサイリウムを黙って前後に動かすみたいな。メンバーカラーのピンクのサイリウムを振ってくれる人もいるけど、恥ずかしくてレスを送れなくなっちゃう。コロナ前はできたのに。「アイドル甲子園」は初めてだったのでめちゃめちゃ緊張しました。

今井 : コールの有無に関係なく、自分の気持ちは変わっていない。今はライヴができる喜びを歌いたいな。

有沢 : ライヴの本数が少ない中で、毎回気合いははいっています。最近はダンスの基礎練をしているので、ダンスも意識してやっています。

松樹 : ぶっちゃけるとコールがなくなって歌いやすくなった。みんながコールをしてくれるのはすごい嬉しいしテンションも上がるけど、空想のお客さんってめちゃくちゃコールがずれるんですよ(笑)。今のライヴも楽しんでいるけど、それよりも緊張感を持って冷静にパフォーマンスできているかな。

仲谷 : 最初はコールがあったほうが楽しいと思っていたし「自分のテンションをどう持っていったらあの時みたいになれるんだろう」と思っていたんですけど、最近はもう慣れて。自分でテンションを持っていけるようになった。

堀井 : 自粛期間後はいっぱい振りを間違えるようになりました(笑)。ずっとやっていなくて。今日は間違えちゃったけど、最近は徐々に戻ってきています。

──素直でいいですね! 世界観や表情など、ステージに立つときにグループとして意識していることがあれば教えてください。

堀井 : 考えたことがない。やりたいようにやっていただけ。でも、私ひとりだけ腕が短くて動きが早くなりがちなので、それは気をつけています。

有沢 : 私も意識していないのかもしれない。全然出てこない。一応かっこよくクールに決めるようにはしているんですけど、無意識にそれはやっていて。

有沢ありさ

──空想のライヴって、曲はシリアスだけど、メンバーがニコニコしているのがいい感じですよね。それは自然とそうなっている?

有沢 : そうなのかもしれない(笑)。

中山 : 私は「笑うな」って言われたんですよ(笑)。ライヴをしていると楽しくなってきちゃって、曲や歌詞に関係なく気づいたら笑っていて。ライヴ動画を見ていたら、みんなシリアスな顔をしているのに私だけニコニコしていて「なんだこいつ」って。笑わないように意識してはいるんですけどね……気をつけます(笑)。

今井 : ダンスのキレのよさは意識しています。あと、みんながニコニコするような曲では後ろの方で見えないように存在感を消しています。別にニコニコできないわけではないんですけど、キャラクター的にあんまりしたくないというか。かっこいい担当でやれたらいいな。髪を短くしたタイミングでだいぶ変わった気がします。

松樹 : 空想の楽曲はほとんどがかっこいい感じなんですけど、楽しくなっちゃうし、意識できていないかも……。重い心情を歌った楽曲もあるから、表情は意識していきたい。

仲谷 : 私は目つきが悪いので、かっこいい表現だけでは怖く見えてしまうこともあって……。かっこいい系の曲はいいんですけど、みんなが一緒に楽しめるような曲ではかわいさも出しておかないと。そういうところは意識して切り替えている。最初はみんなでキメようとしていたんですよ、でも、結局全部崩れて(笑)。だからみんなそれぞれの個性でやっているのかな。

──仲谷さん的には、BLACKPINKのような人に媚びない姿勢や自分の世界観を出すことに憧れたりしますか?

仲谷 : 基本的に人に媚びることはしない。去る者は追わずくる者は拒まずというスタイル。ありのままの自分についてきてくれるファンの人がいちばんだと思うので。

"未成年とか。"がなかったら空想にいなかったかも

──今回、OTOTOYでは記事と連動して、"未成年とか。"の配信も始まります。メンバーは「大人と子供」の子供側として歌っていますが、どんな気持ちで歌っていますか?

「未成年とか。」【公式】MV
「未成年とか。」【公式】MV

仲谷 : オーディションを受けるとき、いちばん最初に"未成年とか。"のデモを聴いて、エモロックみたいな感じでかっこいいなって思って。重要な曲ですね。最初はピッチを合わせて歌うことだけに必死だったけど、何回も歌って慣れてきたから、歌詞でも表現できるように、歌い方も頑張っています。

松樹 : 私も"未成年とか。"を聴いていいな、って思ってオーディションを受けて。ちょうど高校を卒業して周りも大人になっていく環境だったので、すごく共感しました。

今井 : 私も同じです。オーディションの時はみんな確実にこれを通らなきゃいけない。

堀井 : 私は追加メンバー(堀井と今井は2019年3月加入)で全部一気に覚えたので、あまり記憶がない……。でも、いちばん最初に振りいれしたのは"未成年とか。"だった。ここから私にとっての空想が始まった感じがします。

有沢 : "未成年とか。"がなかったら空想にいなかったかもしれない。「満員電車とか絶望とか たったそれだけな世界」って歌詞があって、ちょうど人生に絶望していた時期に聞いていたので、「あぁ、やりたい」と思って。大事な曲ですね。

──グループにとってどんな位置付けの楽曲でしょうか?

有沢 : 始まりの曲。デビューした時の1曲目でもあるし、"未成年とか。"があるから空想があるのかな。

堀井 : 歌詞が空想のコンセプトに合っている。

今井 : いちばんの空想の代表曲のイメージです。自分的には大事なライヴは「未成年とか。」から始めたいんですけど、それがお客さんからはあまりよく思われていないみたいで……。なんでだろう?

今井なぎさ

松樹 : 代表曲であるのは絶対。私の友達がライヴにきてくれたり曲を聴いてくれて、みんな「『未成年とか。』が好き」って言ってくれるので、空想と同年代の若い女の子たちにも刺さるんじゃないかな。

仲谷 : 新規さんに「サビで『先生』って歌う曲がよかった」って言われて。やっぱり耳に残るのかな。

中山 : 「未成年とか。」から空想のコンセプトができたのか、空想のコンセプトがあって「未成年とか。」ができたのか、どっちが先なんですかね?

じょじょ。(プロデューサー) : ほぼ同時です。サウンドはRADWIMPSやBUMP OF CHICKENみたいなザラザラしたものを狙っていて。音を詰めている間に僕自身のムカつくこととか、少年の頃の心情とか、苦しんでいる若い子を見たり、リアルではミサイルが飛んできたり、ネットではいろんなものが飛び交ってすごい時代だな、って思いまして。そういうことが同時に重なってああいう歌詞になって。楽曲をビルドアップすると同時にグループ名やコンセプトも決まりました。

中山 : 歌詞もそうだし、大人と子供の間で揺れ動く心情も空想のコンセプトのひとつとしてあって。「未成年とか。」から始まったのが空想だからメンバーも思いいれがあるんだと思います。

1回みんなとタイマンしたい

──これから2021年1月17日のTSUTAYA O-WEST、そこに向けた追加メンバーオーディションもありますね。今はどんなモードで活動しているんですか?

堀井 : みんな楽しみにしています。

──プレッシャーとかは特にないです?

堀井 : 全然ないです。

──空想にはいってから堀井さんがプレッシャーを感じたり悩んだ時期はないんですか?

堀井 : 前のグループではめっちゃ泣き虫だったんですけど、空想では泣かないようになりました、追加メンバーだったから。前のグループでは初期メンバーで、周りに甘えていたんですよ。今は自然と人に甘えなくなった。今は誰にも甘えていない……嘘です。ちょっと甘えたり。うふふ。

有沢 : パフォーマンスの質をあげて、ワンマンはソールドアウトさせたい。あとはこういう記事とかを拡散してもらって、たくさんの人に知ってもらえたらいいな、って。

──空想はあまりTwitterで日常生活を明かさないですよね。珍しいアイドル・グループだなと思っていて。

有沢 : 告知に埋もれちゃう(笑)。

中山 : みんな何もしていないんじゃない(笑)? 何もしていないからあげることもない。でも、本当に会場を埋めたいので頑張っていきたいんですけど、やっぱり不安ですね。コロナ前は空想を知ってもらうために、〈TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)〉とか大きいイベントにいってビラ配りをしていたんですよ。今はそれが全くできないから、どうやったら認知度があげられるか考えています。

──注目してもらうには何が必要だと思いますか?

中山 : ……プチ炎上?(笑)

中山みる

──やめてください(笑)。

中山 : あはは、何も炎上することがないので大丈夫です。

──今の空想のTwitterの運用なら大丈夫そうですね。今井さんはどうですか?

今井 : 「ダメだな」と思うところ、できていないところを全部解決して、取っ払って、ひとつになってワンマンを迎えたい。もっと自分たちに自信を持って出られるようなワンマンにしたい。

松樹 : そこで自分たちで自信をつけたいですね。自分は小さい頃から自己肯定感がめちゃめちゃ低くて、自信もなくて……。Twitterで自撮りをあげても「え、何これブス……」と思ってすぐに消したくなっちゃったり。病んだりもするんですけど、O-WESTでワンマンすることは目標だったから、完璧にこなしたい。

──空想の活動をやることで自信はつきましたか?

松樹 : 始めた頃よりは病まなくなったし、多少は成長しているんじゃないかな。もっと生きやすい性格になりたい(笑)。

松樹マユウ

仲谷 : このままじゃダメだな、って。なぎちゃん(今井)が言っていたように、ひとつにならなきゃ。熱量ってファンにも伝わると思うんですよ。でも、伝えられる熱量を今の段階じゃ持っていないと思っていて。だから1回みんなとタイマンしたい。

──そういうことは普段からメンバーで話し合っているんですか?

仲谷 : あまりできていない。空想は仲はいいんですけど、その先が言えないというか。「言ったら終わるな感」もあって。でも、それを越えてみんなと1回タイマンした方がいいのかな。学生時代、部活で目標に向かって仲間とぶつかり合ってきたんですよ。ケンカもたくさんして、殴り合いもした。それを経てお互いをもっと分かり合えて、自分たちの役割を確認できた。そういうのって大事だと思うんですよ。だから、ここでひとつになるためにはもっとみんなを知っていかなきゃ。そうしないと目標を越えるのは無理なんじゃないかな。だからそのタイマンは必要だと思う。

──O-WESTを埋めるためにはタイマンするくらいの気持ちが必要だと。堀井さんはそこを解決するにはどうしたらいいと思いますか? 

堀井 : ミーティングしたほうがいいのかも。前のグループにはあったけど、空想に加入してからなくてびっくりしました。2年くらいやっていないからどんな感じか忘れちゃった。

有沢 : 私もミーティングが必要だと思う。タイマンよりはマシ。でも、殴ったほうが言いたいことも言えるかもしれない。

──殴り合いに傾いてきましたね(笑)。中山さんは何が必要だと思いますか?

中山 : 腹割ってしゃべること。まだプライベートのこともあまり知らないんですよ。今まで以上にいろいろ話せる関係になれたらいいな。

今井 : 疲れちゃうので、あまり深く考えすぎないようにしつつ。でも、常に考えています。まだ答えは出ていない。

──それはすごい考えていることの裏返しでもありますよね。松樹さんどうですか?

松樹 : お互いのことを知る。個人間ではそういうことも多少は話すんですよ。それを全体で。もっとメンバーと仲良くなりたい。

──仲谷さんが言ったことによって次の記事のテーマが決まりそうですね。メンバーとタイマンをするにしろ、腹を割って話すにしろ、何を話したいですか?

仲谷 : 大人なタイマンができるといいな。相手に言われたことを「そう思われていたんだ」って客観的に受け止める。自分自身気をつけたいところも前提に話しつつ、自分から見たメンバーに対する「もうちょっとここはこうなんじゃない?」と思うところを伝えたり、逆にみんなが思ううちのダメなところも教えてほしい。もちろんいいところも伝えたいです。

LIVE

10月31日(土)@心斎橋VARON
11月1日(日)@梅田Zeela
11月3日(祝)@横浜1000CLUB
11月9日(月)@大塚HeartsNext(ツーマン)
11月13日(金)@名古屋RADHALL
11月15日(日)@鶯谷某所
12月3日(木)@渋谷某所(初CD「未成年とか。」発売)
12月17日(木)@某所(2周年記念ライブイベント)
2021年1月17日(日)@渋谷O-WEST(単独公演)

INFORMATION

空想と妄想とキミの恋した世界 追加メンバーオーディション

【合格者が手にするもの】
1.来年1月開催「渋谷O-WESTワンマンライブ」ステージ出演
2.1月発売予定、雑誌「MARQUEE」掲載
3.「MARQUEE祭」レギュラー出演
4.MV出演
5.CDリリースに向けプロ仕様スタジオにて全18曲レコーディング
6.ハードだけど充実した毎日
7.グループ活動の収入のみで生活できる人生

応募期間 11月20日まで
詳しくはこちら

PROFILE

空想と妄想とキミの恋した世界

キーワード:絶対的オシャレエモカワ

サウンド:荘厳でゴシック色強めなエモ系バンドサウンドにアレンジされた楽曲に乗せ、オトナとコドモの間で揺れる思春期の不安定な心情を綴った歌詞を歌う

ビジュアル:ミリタリーロリータ風オリジナル衣装やアパレルブランド「ToAlice」から協力を得た衣装を身に纏う

2018年12月
現メンバー仲谷瑠夏、有沢ありさ、松樹マユウ、中山みるを含む6名でステージデビュー

2019年03月
オリジナルメンバー二人の卒業と共に今井なぎさ、堀井美佑が追加メンバーとして加入

2019年05月
結成半年記念、単独公演開催(大塚Hearts+)

2019年07月
結成半年記念単独公演のリベンジワンマン開催(大塚Hearts+)

2019年10月
「…iconic…」「人狼ゲェム」「月に叢雲、花に風。」のMVを三ヶ月連続で公開

2019年12月
結成一周年記念、単独公演を全曲映像シンクロ演出で開催(赤羽ReNYalpha)

2020年02月
「MARQUEE祭レギュラー出演決定

2020年03月
コロナ禍によるライブ活動自粛を発表

2020年04月
「未成年とか。」MV公開
雑誌MARQUEEレギュラー掲載決定
コロナ禍で初CD「未成年とか。」無期限発売延期

2020年07月
ライブ活動再開

2020年10月
2021年01月に渋谷O-WESTにて単独公演開催と追加メンバー募集を発表
無期限延期していた初CD「未成年とか。」発売決定(12/3よりライブ会場限定発売)
OTOTOYより「未成年とか。」のハイレゾ音源ダウンロード販売開始
四ヶ月にわたる空想WEBメディアジャック計画発動(ナタリー、RealSound、OTOTOY、他)
病悪化により堀井美佑がグループを卒業

2020年11月
OTOTOYより「廻廊」のハイレゾ音源ダウンロード販売開始予定

2020年12月
OTOTOYより「廻廊」のハイレゾ音源ダウンロード販売開始予定
赤羽ReNYalphaにて結成二周年記念イベント開催予定

2021年01月
渋谷O-WESTにて単独公演開催予定

HP

この記事の筆者
宗像 明将

音楽評論家/ジャーナリスト/イベントMC。著書「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」発売中。 http://amazon.co.jp/dp/4309920853/ Yahoo!ニュース個人 https://news.yahoo.co.jp/byline/munekataakimasa/

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

私たちの「ポジティブ☆ストーリー」と未来──でんぱ組.inc 根本凪×成瀬瑛美 対談

私たちの「ポジティブ☆ストーリー」と未来──でんぱ組.inc 根本凪×成瀬瑛美 対談

「カッコ可愛い」新境地へ──アップアップガールズ(2)吉川茉優&高萩千夏×ももすももす 同世代対談

「カッコ可愛い」新境地へ──アップアップガールズ(2)吉川茉優&高萩千夏×ももすももす 同世代対談

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

Zoom、SNS、そしてリアルへ──透色ドロップ「透色学概論」

Zoom、SNS、そしてリアルへ──透色ドロップ「透色学概論」

好評対談第3弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × LAVILITH

好評対談第3弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × LAVILITH

B.O.L.T、ファースト・シングル「Don’t Blink」

B.O.L.T、ファースト・シングル「Don’t Blink」

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.2

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.2

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.1

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.1

好評対談第2弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × ZUMI(映像監督・演出家)

好評対談第2弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × ZUMI(映像監督・演出家)

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

新時代のアイドルはジェンダーレスで国境も越える!──meme tokyo.初のメンバー全員インタヴュー!

新時代のアイドルはジェンダーレスで国境も越える!──meme tokyo.初のメンバー全員インタヴュー!

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

でんぱ組.incの“愛”と“ファミリー”とは?

でんぱ組.incの“愛”と“ファミリー”とは?

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

3月に解散したつりビット、55曲収録のラスト・アルバムをリリース

3月に解散したつりビット、55曲収録のラスト・アルバムをリリース

新たなでんぱ組.incを提示した”とにかく大胆すぎる”ニュー・シングル『いのちのよろこび』

新たなでんぱ組.incを提示した”とにかく大胆すぎる”ニュー・シングル『いのちのよろこび』

福岡・久留米市の星、THE FOREVER YOUNGが歌う”現代版日本語青春パンク”に込めた人生の喜怒哀楽

福岡・久留米市の星、THE FOREVER YOUNGが歌う”現代版日本語青春パンク”に込めた人生の喜怒哀楽

でんぱ組.inc、6月のニュー・シングル発売前に清 竜人が手がけた新曲をデジタル・リリース!

でんぱ組.inc、6月のニュー・シングル発売前に清 竜人が手がけた新曲をデジタル・リリース!

新しい時代に、新しい刺激とワクワク感を! でんぱ組.inc 古川未鈴 × もふくちゃん座談会

新しい時代に、新しい刺激とワクワク感を! でんぱ組.inc 古川未鈴 × もふくちゃん座談会

令和の幕開けに清 竜人が最新アルバムをリリース

令和の幕開けに清 竜人が最新アルバムをリリース

【nuance、O-EASTへの道 第3回】わか × みお「歌も自分の中にある言葉も届けたい」

【nuance、O-EASTへの道 第3回】わか × みお「歌も自分の中にある言葉も届けたい」

【nuance、O-EASTへの道 第2回】misaki × 珠理「小さなステージで終わりたくない」

【nuance、O-EASTへの道 第2回】misaki × 珠理「小さなステージで終わりたくない」

【nuance、O-EASTへの道 第1回】佐藤嘉風×フジサキケンタロウ

【nuance、O-EASTへの道 第1回】佐藤嘉風×フジサキケンタロウ

フィロソフィーのダンス、『エクセルシオール』ハイレゾ配信& 旧譜一挙配信開始

フィロソフィーのダンス、『エクセルシオール』ハイレゾ配信& 旧譜一挙配信開始

ただの「ロック・バンド」では終わらない──NoisyCell、表現への衝動に満ちたミニ・アルバム

ただの「ロック・バンド」では終わらない──NoisyCell、表現への衝動に満ちたミニ・アルバム

【ライヴ・レポート】帰還、そして旅立ち──ミントグリーンに染まったでんぱ組.inc 日本武道館2days

【ライヴ・レポート】帰還、そして旅立ち──ミントグリーンに染まったでんぱ組.inc 日本武道館2days

スウィングからジャズ・ファンク、そして宇宙へ! でんぱ組.inc ニュー・アルバムをリリース

スウィングからジャズ・ファンク、そして宇宙へ! でんぱ組.inc ニュー・アルバムをリリース

清 竜人、歌謡曲のエッセンスがさらに詰め込まれた最新シングルをリリース

清 竜人、歌謡曲のエッセンスがさらに詰め込まれた最新シングルをリリース

平成最後の夏の原点回帰! でんぱ組.inc、ニュー・シングル&ツアーBD・DVDをリリース

平成最後の夏の原点回帰! でんぱ組.inc、ニュー・シングル&ツアーBD・DVDをリリース

平成最後の夏に放たれた「歌謡曲」──清 竜人インタビュー

平成最後の夏に放たれた「歌謡曲」──清 竜人インタビュー

【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!

【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!

2人組アイドル、ハッピーくるくる+サウンド・プロデューサーYunomiインタヴュー

2人組アイドル、ハッピーくるくる+サウンド・プロデューサーYunomiインタヴュー

callme、2018年1枚目のニュー・シングルをリリース

callme、2018年1枚目のニュー・シングルをリリース

つりビット、10枚目のニュー・シングルをハイレゾ配信

つりビット、10枚目のニュー・シングルをハイレゾ配信

楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム

楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム

つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信

つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信

「一夫多妻制アイドル」清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー

「一夫多妻制アイドル」清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー

極上の「王道ポップス」を! つりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信

極上の「王道ポップス」を! つりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信

最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート

最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート

「清 竜人TOWN」という街の、はじまりからおわりまで──清 竜人インタビュー

「清 竜人TOWN」という街の、はじまりからおわりまで──清 竜人インタビュー

【新曲追加】演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』

【新曲追加】演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』

清 竜人25、ハーレム回帰なニュー・シングルをリリース♡ 宗像明将インタヴュー

清 竜人25、ハーレム回帰なニュー・シングルをリリース♡ 宗像明将インタヴュー

清 竜人25、アバンチュールなニューシングルをハイレゾ配信

清 竜人25、アバンチュールなニューシングルをハイレゾ配信

ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー

ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー

アーバンギャルドの浜崎容子、菊地成孔や成田忍参加のソロ作第2弾配信&インタヴュー

アーバンギャルドの浜崎容子、菊地成孔や成田忍参加のソロ作第2弾配信&インタヴュー

堀込泰行、洋楽の名曲を「Choice」したカヴァー・アルバム、独占ハイレゾ&インタヴュー

堀込泰行、洋楽の名曲を「Choice」したカヴァー・アルバム、独占ハイレゾ&インタヴュー

清 竜人25、中野サンプラザ公演ライヴ・レポ&デュエット曲を配信限定リリース!

清 竜人25、中野サンプラザ公演ライヴ・レポ&デュエット曲を配信限定リリース!

ハイエンド・オーディオで聴き比べ!アイドルネッサンスの1stアルバムハイレゾ配信開始

ハイエンド・オーディオで聴き比べ!アイドルネッサンスの1stアルバムハイレゾ配信開始

清 竜人25、最高にハッピーな2016年1発目シングルをリリース!

清 竜人25、最高にハッピーな2016年1発目シングルをリリース!

KERA、27年ぶりリリースのアルバムをハイレゾ配信

KERA、27年ぶりリリースのアルバムをハイレゾ配信

清 竜人25、初のクリスマス・ソングを配信限定でリリース!

清 竜人25、初のクリスマス・ソングを配信限定でリリース!

乙女新党、清 竜人がプロデュースした新曲をハイレゾ配信&「乙女新党 vs 清 竜人25」ライヴレポート

乙女新党、清 竜人がプロデュースした新曲をハイレゾ配信&「乙女新党 vs 清 竜人25」ライヴレポート

清 竜人25、1stアルバム『PROPOSE』予約受付中! 6人の夫人への個別インタビュー掲載!!

清 竜人25、1stアルバム『PROPOSE』予約受付中! 6人の夫人への個別インタビュー掲載!!

清 竜人25、待望の1stアルバムをハイレゾ配信! 全員インタビュー掲載!!

清 竜人25、待望の1stアルバムをハイレゾ配信! 全員インタビュー掲載!!

清 竜人25、新夫人加入で最高潮に到達した3rdシングルをハイレゾ・リリース!

清 竜人25、新夫人加入で最高潮に到達した3rdシングルをハイレゾ・リリース!

清 竜人25、最新シングルをハイレゾで配信開始!& インタヴュー!

清 竜人25、最新シングルをハイレゾで配信開始!& インタヴュー!

この記事の編集者
田尻 菜穂子

エディター兼ライター。東京ヤクルトスワローズを応援しています。

私たちの「ポジティブ☆ストーリー」と未来──でんぱ組.inc 根本凪×成瀬瑛美 対談

私たちの「ポジティブ☆ストーリー」と未来──でんぱ組.inc 根本凪×成瀬瑛美 対談

「カッコ可愛い」新境地へ──アップアップガールズ(2)吉川茉優&高萩千夏×ももすももす 同世代対談

「カッコ可愛い」新境地へ──アップアップガールズ(2)吉川茉優&高萩千夏×ももすももす 同世代対談

Zoom、SNS、そしてリアルへ──透色ドロップ「透色学概論」

Zoom、SNS、そしてリアルへ──透色ドロップ「透色学概論」

好評対談第3弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × LAVILITH

好評対談第3弾! ねもぺろ from でんぱ組.inc × LAVILITH

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.2

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.2

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.1

空想と妄想とキミの恋した世界、3ヶ月連続インタヴューvo.1

TOP